勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

読んだ お気に入り23
10

集中力は、
仕事の質に比例する。

集中力は、仕事の質に比例する。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

集中力は、あらゆる作品の質の高さに比例します。

勉強や仕事をするときをはじめ、音楽を作るとき、絵を描くとき、本を書くときなど、作品を作る際に欠かせないことです。

集中力の高低が、仕事の質の高低と比例しています。

1つのことに集中したときには、心も体も活性化されています。

1つだけに的を絞り、ほかの誘惑を断ち切って熱中するとき、最も集中できていますから、比例して質も高くなります。

質を上げようとするならば、集中力をつけることです。

私は仕事をするときには、集中力を大切にしています。

どうしても間違ってはならない作業を始めるときには「集中するから話しかけないで」と言ってしまいます。

話しかけられないだけで、ある程度集中ができます。

電話の電源もオフにします。

電話がかかってくることも、集中力の妨げです。

マナーモードにしていても、着信の際の「ぶるぶる」という振動が気になり、集中力を持っていかれます。

机の上は、きれいにして、作業に必要な物以外は置きません。

机の上に置いてあるものは視界に入ってしまうため、見た瞬間に考えてしまい、集中力を持っていかれます。

必要な物だけを置けば、それだけしかありませんから、集中せざるを得ない状況になります。

集中力は、成功へのキーワードです。

速く、間違いなく正確に、確実に作業を進めることができます。

それは集中力があってこその話です。

「勉強に集中できません」という人に限って、自分の部屋で勉強をしています。

自分の部屋は、誘惑の塊です。

ベッド、漫画、テレビ、ステレオ、電話、ポスターなど、集中力を邪魔するものばかりが置いてある部屋です。

こんな誘惑ばかりの部屋で、なぜ集中ができるのでしょうか。

勉強ができる人は、自分の部屋では勉強しない人が多いものです。

勉強ができる人ほど、図書館やコーヒーショップのような、自分の部屋以外で勉強しているケースが多いのです。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その10
  • 自分の部屋以外で勉強する。
社会では「専門家」という生き方しかない。
何でも屋はつぶれてしまう。

もくじ
頭の使い方がうまくなる30の方法
集中力は、仕事の質に比例する。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

  1. 頭の使い方を、上手になろう。
  2. 勉強の第一歩は、恥ずかしさを捨てること。
  3. 音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
  4. 椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。
  5. 休憩を挟まない。
  6. 謙虚な人こそ、本当に強い人。
  7. 頭がいい人は、頭を使わないようにする。
    頭が悪い人は、頭を使おうとする。
  8. 集中力は頭の善しあしではない。
    興味を持つか、持たないかである。
  9. 捨てるから、集中できる。
    捨てないと、集中できない。
  10. 集中力は、仕事の質に比例する。
  11. 社会では「専門家」という生き方しかない。
    何でも屋はつぶれてしまう。
  12. 本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
  13. やる気がなければ、もらえばいい。
    音楽からパワーをもらおう。
  14. 紙の辞書と電子辞書。
    どちらが自分にふさわしいのか。
  15. 勝つ人は、スピードより、継続を重視している。
  16. 本を読むことは、先を読むことである。
  17. システムの自動化は、成功への第一歩。
  18. 失敗する人は、1人でしようとする。
    成功する人は、協力を得ようとする。
  19. 結びつけて覚えることが、記憶のポイント。
  20. 本当に優良な情報は、人からやってくる。
  21. 情報の独り占めをする人は、失敗する。
    情報の公開をする人が、成功する。
  22. 成功者は、知識より、人柄を磨く。
  23. 頭で覚えないようにしよう。
  24. 記憶が苦手な人は「文章」で覚える。
    記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。
  25. 自分を変えない。
    「ありのままの自分を生かす」と考えよう。
  26. すべての人は、才能そのものである。
    自分にしかない味を生かそう。
  27. 自分らしく生きると、元気になる。
  28. 不得意なところは克服しなくていい。
    得意なことだけを伸ばして生きる。
  29. 愚者は、先生だけを頼りにする。
    賢者は、すべての人を先生にする。
  30. さっと動く。
    ダメならさっと引く。

同じカテゴリーの作品