勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

読んだ お気に入り26
3

音読をすると、
覚えやすく忘れにくくなる。

音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

私は、勉強しているときには、ぶつぶつ話します。

しゃべりながら勉強するほうが、明らかに記憶力がよくなるからです。

覚えやすく、忘れにくくなります。

体験から、声を出したほうが記憶力はよくなるという事実を体感しています。

私は勉強するときには、自分の部屋以外で勉強するタイプです。

いつもファストフード店やコーヒーショップなどを利用して勉強しています。

漢字検定の勉強をしたときも、店員さんに怪しい人かと思われるくらいにぶつぶつ話して勉強していました。

いえ、怪しい人だと思っていたに違いありません。

隣の席には、誰もお客さんが座ってくれませんでした。

私の周りには、いつもドーナツ化現象が起こっていました。

そのくらい声を出して勉強しないと、本当の勉強ではありません。

もちろん黙読することも悪くはないのですが、記憶効率が悪い。

視覚しか刺激していないので、脳への記憶の定着力が低くなるからです。

だんだん眠くなるという、いつものパターン……。

できるかぎり、五感を通して勉強したほうが、記憶力が高まります。

脳が活性化され、頭の回転がよくなります。

ぶつぶつしゃべりながら勉強すると「目」と「口」と「耳」を使います。

目で文字を見て、口で声を出し、出した声を耳で聞きます。

できるだけたくさんの体の感覚を刺激して覚えることが、記憶のコツです。

頭が悪いと嘆いている人は、覚えにくくて忘れやすい覚え方をしているからいけないのです。

そもそもの頭の善しあしではなく、覚えられないような覚え方をしているからいけないわけです。

頭は、使い方がポイントです。

記憶力がいい人は、記憶しやすい方法を使って勉強しているだけです。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その3
  • ぶつぶつしゃべりながら、勉強する。
椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。

もくじ
頭の使い方がうまくなる30の方法
音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

  1. 頭の使い方を、上手になろう。
  2. 勉強の第一歩は、恥ずかしさを捨てること。
  3. 音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
  4. 椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。
  5. 休憩を挟まない。
  6. 謙虚な人こそ、本当に強い人。
  7. 頭がいい人は、頭を使わないようにする。
    頭が悪い人は、頭を使おうとする。
  8. 集中力は頭の善しあしではない。
    興味を持つか、持たないかである。
  9. 捨てるから、集中できる。
    捨てないと、集中できない。
  10. 集中力は、仕事の質に比例する。
  11. 社会では「専門家」という生き方しかない。
    何でも屋はつぶれてしまう。
  12. 本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
  13. やる気がなければ、もらえばいい。
    音楽からパワーをもらおう。
  14. 紙の辞書と電子辞書。
    どちらが自分にふさわしいのか。
  15. 勝つ人は、スピードより、継続を重視している。
  16. 本を読むことは、先を読むことである。
  17. システムの自動化は、成功への第一歩。
  18. 失敗する人は、1人でしようとする。
    成功する人は、協力を得ようとする。
  19. 結びつけて覚えることが、記憶のポイント。
  20. 本当に優良な情報は、人からやってくる。
  21. 情報の独り占めをする人は、失敗する。
    情報の公開をする人が、成功する。
  22. 成功者は、知識より、人柄を磨く。
  23. 頭で覚えないようにしよう。
  24. 記憶が苦手な人は「文章」で覚える。
    記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。
  25. 自分を変えない。
    「ありのままの自分を生かす」と考えよう。
  26. すべての人は、才能そのものである。
    自分にしかない味を生かそう。
  27. 自分らしく生きると、元気になる。
  28. 不得意なところは克服しなくていい。
    得意なことだけを伸ばして生きる。
  29. 愚者は、先生だけを頼りにする。
    賢者は、すべての人を先生にする。
  30. さっと動く。
    ダメならさっと引く。

同じカテゴリーの作品