人生の教科書



仕事効率化
人の数だけ、可能性は大きくなる。
勉強法
本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
プラス思考
私たちは、ポジティブ思考という勉強が、ぽっかり抜けている。
勉強法
知識を操るためには、知恵が必要になる。
勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

お気に入り40 読んだ
22

成功者は、
知識より、
人柄を磨く。

成功者は、知識より、人柄を磨く。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

「自分は頭が悪い」

そう思えば、知識で勝負するのではなく、人柄を勝負ポイントに変えることです。

幸せになるためには、知識より人柄を磨くほうが大切です。

人柄を磨けば、協力が得られます。

人づてで大切な情報を教えてもらえたり、手伝ってもらえたりします。

結果として、大きな結果を出すことができるのです。

Panasonicの創業者である松下幸之助氏は、小学校を中退しています。

小学校を中退である松下氏が、なぜ会社を大きくできたかというと、知識より、人柄を磨いたからです。

松下氏は著書の中で、こう言っています。

「自分の頭に自信がないから、人を動かす方法を考えた」

自分にできないことは、他人の協力を得られるように人柄を磨いたのです。

松下氏は、謙虚なことで有名です。

失敗する人のパターンは、知識を磨くことに一生懸命です。

もちろん知識は大切ですが、人格はさらに大切です。

ある時期から、1人の知識の限界に気づき、向上が止まります。

1人の知識は知れていますが、大勢の知識には無限の可能性があります。

一人の力は小さくても、たくさんの人が集まれば、巨大な力になります。

多くの人からの協力が得られるほど、可能性は広がっていくのです。

そのために必要なのが、人柄です。

「助けたい。協力したい」と思わせるような人柄を磨くことです。

成功者ほど、温厚で性格も明るいです。

温厚で性格も明るいから、成功できたと言えます。

一人の力は小さくても、たくさんの人が集まれば、巨大な力になるのです。

まとめ

頭の使い方がうまくなる方法 その22
  • 知識より人柄を、磨く。
次のページ >>
頭で覚えないようにしよう。

もくじ
(頭の使い方がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品