勉強法

頭の使い方がうまくなる
30の方法

7
14

紙の辞書と電子辞書。
どちらが自分にふさわしいのか。

紙の辞書と電子辞書。どちらが自分にふさわしいのか。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

辞書には大きく分けて、2種類あります。

 

「紙の辞書」と「電子辞書」です。

 

どちらの辞書のほうが、ふさわしいか。

その答えは、一概には言えません。

人の性格がそれぞれであるように、ふさわしい辞書もそれぞれです。

それぞれの違いを整理してみましょう。

  • 紙の辞書の特徴

まず紙には、独特の感覚があります。

紙の手触り、におい、重みなどです。

紙の辞書は、電子辞書に比べて重く、場所も取ります。

調べるのも、ページをめくる手間があり、時間がかかります。

 

しかし、その手間暇が、記憶に結びつきやすいと感じる人もいるでしょう。

紙の生々しい感触に触れるほうが、記憶の手応えを強く感じる人もいるはずです。

  • 電子の辞書の特徴

電子辞書の一番の特徴は、手軽さとスピードです。

軽くて、持ち運びやすい。

調べるときも、一瞬です。

紙の辞書に比べて、体力や時間などを節約しやすい効果があります。

節約や効率を重視したい人には、電子辞書がふさわしいでしょう。

 

しかし一方で、そうした無味乾燥な状態を好まない人がいるのもたしかです。

紙の辞書のような、手触り・におい・手間などがありません。

効率がよすぎて、調べる効率は高くても、頭に入らない状況もあるでしょう。

いくら効率がよくても、頭に入らないのでは意味がないのです。

 

さて、こうした手応えは、人によって感じ方が異なります。

紙の辞書には、紙の辞書ならではの特徴があります。

電子辞書には、電子辞書ならではの特徴があります。

大切なことは、自分に合った辞書を選ぶことです。

一度、両方の辞書を経験して、手応えを確認してみましょう。

それぞれの違いを実際に経験すれば、自分にふさわしい辞書もはっきりするでしょう。

どちらの辞書がふさわしいのか。

その答えは、あなたの中にあるのです。

頭の使い方がうまくなる方法(14)
  • 自分に合った辞書を、選ぶ。
勝つ人は、スピードより、継続を重視している。

もくじ
頭の使い方がうまくなる30の方法
紙の辞書と電子辞書。どちらが自分にふさわしいのか。 | 頭の使い方がうまくなる30の方法

  1. 頭の使い方を、上手になろう。
    頭の使い方を、上手になろう。
  2. 勉強の第一歩は、恥ずかしさを捨てること。
    勉強の第一歩は、恥ずかしさを捨てること。
  3. 音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
    音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。
  4. 椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。
    椅子に座っているより、歩きながらのほうが、勉強ができる。
  5. 休憩を挟まない。
    休憩を挟まない。
  6. 謙虚な人こそ、本当に強い人。
    謙虚な人こそ、本当に強い人。
  7. 頭がいい人は、頭を使わないようにする。<br>頭が悪い人は、頭を使おうとする。
    頭がいい人は、頭を使わないようにする。
    頭が悪い人は、頭を使おうとする。
  8. 集中力は頭の善しあしではない。<br>興味を持つか、持たないかである。
    集中力は頭の善しあしではない。
    興味を持つか、持たないかである。
  9. 捨てるから、集中できる。<br>捨てないと、集中できない。
    捨てるから、集中できる。
    捨てないと、集中できない。
  10. 集中力は、仕事の質に比例する。
    集中力は、仕事の質に比例する。
  11. 社会では「専門家」という生き方しかない。<br>何でも屋はつぶれてしまう。
    社会では「専門家」という生き方しかない。
    何でも屋はつぶれてしまう。
  12. 本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
    本当に役立つ学びとは、知識ではなく知恵。
  13. やる気がなければ、もらえばいい。<br>音楽からパワーをもらおう。
    やる気がなければ、もらえばいい。
    音楽からパワーをもらおう。
  14. 紙の辞書と電子辞書。<br>どちらが自分にふさわしいのか。
    紙の辞書と電子辞書。
    どちらが自分にふさわしいのか。
  15. 勝つ人は、スピードより、継続を重視している。
    勝つ人は、スピードより、継続を重視している。
  16. 本を読むことは、先を読むことである。
    本を読むことは、先を読むことである。
  17. システムの自動化は、成功への第一歩。
    システムの自動化は、成功への第一歩。
  18. 失敗する人は、1人でしようとする。<br>成功する人は、協力を得ようとする。
    失敗する人は、1人でしようとする。
    成功する人は、協力を得ようとする。
  19. 結びつけて覚えることが、記憶のポイント。
    結びつけて覚えることが、記憶のポイント。
  20. 本当に優良な情報は、人からやってくる。
    本当に優良な情報は、人からやってくる。
  21. 情報の独り占めをする人は、失敗する。<br>情報の公開をする人が、成功する。
    情報の独り占めをする人は、失敗する。
    情報の公開をする人が、成功する。
  22. 成功者は、知識より、人柄を磨く。
    成功者は、知識より、人柄を磨く。
  23. 頭で覚えないようにしよう。
    頭で覚えないようにしよう。
  24. 記憶が苦手な人は「文章」で覚える。<br>記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。
    記憶が苦手な人は「文章」で覚える。
    記憶が得意な人は「キーワード」で覚える。
  25. 自分を変えない。<br>「ありのままの自分を生かす」と考えよう。
    自分を変えない。
    「ありのままの自分を生かす」と考えよう。
  26. すべての人は、才能そのものである。<br>自分にしかない味を生かそう。
    すべての人は、才能そのものである。
    自分にしかない味を生かそう。
  27. 自分らしく生きると、元気になる。
    自分らしく生きると、元気になる。
  28. 不得意なところは克服しなくていい。<br>得意なことだけを伸ばして生きる。
    不得意なところは克服しなくていい。
    得意なことだけを伸ばして生きる。
  29. 愚者は、先生だけを頼りにする。<br>賢者は、すべての人を先生にする。
    愚者は、先生だけを頼りにする。
    賢者は、すべての人を先生にする。
  30. さっと動く。<br>ダメならさっと引く。
    さっと動く。
    ダメならさっと引く。

同じカテゴリーの作品