口癖を直す
30の方法

7
3

無自覚の口癖に気づくなら、
自分の会話を録音するとスムーズ。

無自覚の口癖に気づくなら、自分の会話を録音するとスムーズ。 | 口癖を直す30の方法

自分の口癖は、なかなか自分では気づきにくいもの。

自分で気づかないと、注意も改善もできません。

自分では普通に話しているつもりでも、他人から聞くと、口癖が目立つことがあります。

自覚している口癖もあれば、無自覚の口癖もあるでしょう。

自覚している口癖はまだ対処のしようがありますが、問題なのは「無自覚の口癖」です。

無自覚の口癖は、気づかないかぎり、直しようがありません。

自分で普通に感じているかぎり、スルーしてしまいます。

では、自分の無自覚の口癖に気づくにはどうすればいいか。

そこで役立つのが「自分の会話を録音して聞いてみる」という方法です。

自分の会話を録音して聞くと、他人の話し方を聞いているような感覚になるでしょう。

客観的に自分の話し方を確認することができるため、変な口癖があれば、気づきやすくなります。

録音した自分の会話を聞いていると「何か引っかかる」「何だか耳障り」という言葉遣いに気づくことがあります。

「あのー」「えっと」といった余分なつなぎ言葉があるかもしれません。

「ある意味~」「要するに~」「変な話だけど~」などと連呼していることもあるでしょう。

面倒くさいと思わず、一度試しに録音してみてください。

「そこまでしなくてもいいのではないか」と面倒に感じる人もいるかもしれませんが、消極的な姿勢はよくありません。

大きな手間暇がかかることでもないでしょう。

きちんと口癖を直したいなら、これくらいの手間暇はかけたいところ。

ボイスレコーダーを買ってもいいですが、パソコンやスマートフォンに付属のボイスレコーダーでも代用できます。

あくまで録音ができればいいので、音質にこだわる必要はありません。

録音時間の長さに決まりはありませんが、長ければ長いほど気づきやすくなります。

積極的に気づいて直していくためにも、自発的なアクションを起こしましょう。

たとえば、友人と電話しているときの会話を録音してみましょう。

友人と電話をしているとき、手元で自分の会話を録音してみます。

後から聞き直すと、同じ口癖が目立っていたり、くどい話し方に気づいたりすることがあります。

職場でスピーチやプレゼンをする機会があれば、絶好のチャンスです。

話す様子を録音して、客観的にチェックしてみましょう。

恥ずかしく思うかもしれませんが、恥ずかしがっていると、口癖が直るのも遅くなります。

「自分に変な口癖はない」と思っている人でも、一度試しにやってみてください。

「自分は大丈夫」と豪語する人に限って、意外な口癖があるもの。

自分では普通に話しているフレーズが、客観的に聞くと、うっとうしく感じるかもしれません。

たとえ自覚済みの口癖であっても「やはり不自然だ」と再認識ができます。

自分の会話を録音することは、無自覚の口癖に気づくための基本的な方法なのです。

口癖を直す方法(7)
  • 自分の会話を録音して、口癖に気づく。
直したほうがいい6つの口癖。

口癖を直す30の方法
口癖を直す30の方法

  1. 口癖を直すことも、スキルアップの1つ。
    口癖を直すことも、スキルアップの1つ。
  2. 口癖には、2種類ある。<br>良い口癖と悪い口癖。
    口癖には、2種類ある。
    良い口癖と悪い口癖。
  3. 口癖を直すために一番必要なのは、意識。
    口癖を直すために一番必要なのは、意識。
  4. 直せない口癖は、1つもない。<br>どんな口癖も、努力をすれば必ず直せる。
    直せない口癖は、1つもない。
    どんな口癖も、努力をすれば必ず直せる。
  5. 「口癖を直したい」と考えるのではない。<br>「口癖を直す」と考えよう。
    「口癖を直したい」と考えるのではない。
    「口癖を直す」と考えよう。
  6. 直したい口癖を書き出すと、改善も早くなる。
    直したい口癖を書き出すと、改善も早くなる。
  7. 無自覚の口癖に気づくなら、自分の会話を録音するとスムーズ。
    無自覚の口癖に気づくなら、自分の会話を録音するとスムーズ。
  8. 直したほうがいい6つの口癖。
    直したほうがいい6つの口癖。
  9. 話す前に一呼吸置く習慣をつけよう。
    話す前に一呼吸置く習慣をつけよう。
  10. 早口で話していると、口癖が直らない。<br>ゆっくり話すと、口癖が直る。
    早口で話していると、口癖が直らない。
    ゆっくり話すと、口癖が直る。
  11. うっかり口癖を言ってしまったら、恥ずかしくても、きちんと言い直そう。
    うっかり口癖を言ってしまったら、恥ずかしくても、きちんと言い直そう。
  12. 言葉の置き換えで、口癖を直す。
    言葉の置き換えで、口癖を直す。
  13. 口癖を直すときは、目標とイメージが大切。
    口癖を直すときは、目標とイメージが大切。
  14. 沈黙を恐れるな。<br>会話が途切れても、気にしないことが一番。
    沈黙を恐れるな。
    会話が途切れても、気にしないことが一番。
  15. 口癖を指摘されたら、むっとするのではなく、感謝する。
    口癖を指摘されたら、むっとするのではなく、感謝する。
  16. 会話の機会なくして、口癖は直せない。
    会話の機会なくして、口癖は直せない。
  17. 周りの協力を得ることで、口癖の改善も早くなる。
    周りの協力を得ることで、口癖の改善も早くなる。
  18. 1文が長いと、うっかり口癖を言ってしまう。<br>1文が短いと、きちんと口癖に注意できる。
    1文が長いと、うっかり口癖を言ってしまう。
    1文が短いと、きちんと口癖に注意できる。
  19. 最初から完璧を目指す必要はなし。
    最初から完璧を目指す必要はなし。
  20. 口癖を直すときに大切なのは「早く直すこと」より「確実に直すこと」。
    口癖を直すときに大切なのは「早く直すこと」より「確実に直すこと」。
  21. 人前で発表する機会は、口癖を直すチャンスになる。
    人前で発表する機会は、口癖を直すチャンスになる。
  22. 頑固なままでは、口癖は直せない。<br>素直になると、口癖が直る。
    頑固なままでは、口癖は直せない。
    素直になると、口癖が直る。
  23. なかなか口癖が直らないのは、まだ意識が弱い証拠。
    なかなか口癖が直らないのは、まだ意識が弱い証拠。
  24. ポジティブになるから、口癖が直るのではない。<br>口癖が直るから、ポジティブになる。
    ポジティブになるから、口癖が直るのではない。
    口癖が直るから、ポジティブになる。
  25. 耳障りな口癖のある人を反面教師にすれば、あなたにとって「良い教師」になる。
    耳障りな口癖のある人を反面教師にすれば、あなたにとって「良い教師」になる。
  26. 口癖を直すには、時間がかかる。<br>時間をかけるから、きちんと直る。
    口癖を直すには、時間がかかる。
    時間をかけるから、きちんと直る。
  27. 口癖が直ると、決断力と行動力が高まる。
    口癖が直ると、決断力と行動力が高まる。
  28. 罰則を作ってみるのも、有効策の1つ。
    罰則を作ってみるのも、有効策の1つ。
  29. 口癖を直すのは、家の修繕のようなもの。<br>「いつでも直せる」と思いながら、いつまでも直さない。
    口癖を直すのは、家の修繕のようなもの。
    「いつでも直せる」と思いながら、いつまでも直さない。
  30. 口癖を直す最高の方法は、楽しむこと。
    口癖を直す最高の方法は、楽しむこと。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION