会話

コミュニケーション能力が向上する
30の方法

読んだ お気に入り47
25

人と会うたびに、
言うべきお礼がないか、
考える癖をつける。

人と会うたびに、言うべきお礼がないか、考える癖をつける。 | コミュニケーション能力が向上する30の方法

人と会ったときには、何かお礼を言うことはないかという癖をつけておきましょう。

話すネタを考える前に、言い忘れていたお礼はないかと考えるということです。

「何かお世話になったことはなかったか」

「言い忘れていたお礼はないか」

「前回会ったときに、言い忘れていたお礼はないか」

すると会うたびに、気持ちのいいコミュニケーションができるようになります。

感謝の言葉を述べる機会が格段に増えて、仲良くなりやすくなります。

人間には「鏡の法則」というものがあります。

あなたが好意を持って話しかけると、相手も好意を持って返してくれる法則です。

好意は、言葉だけでなく、態度・表情・雰囲気などから、じわりと伝わります。

鏡の法則に従い、誰かと会えば、感謝をする癖をつけておけばいいのです。

「ありがとう」や「お世話になりました」などから始まる会話は、お互いにとって、気持ちのいい会話の始め方です。

言われる側にとっても、決して悪い気はしません。

相手も「こちらこそありがとう」と返すことで、お互いに気持ちのいいコミュニケーションを始められます。

まとめ

コミュニケーション能力が向上する方法 その25
  • 人と会ったら、お礼を言い忘れていないか思い出す。
褒められたときには、素直にお礼を言うことが大切。

もくじ
コミュニケーション能力が向上する30の方法
人と会うたびに、言うべきお礼がないか、考える癖をつける。 | コミュニケーション能力が向上する30の方法

  1. コミュニケーションは、キャッチボールと同じこと。
  2. コミュニケーションの基本は、何でもない会話ができること。
  3. 相手の興味に合わせた会話がベスト。
  4. 一度に1つ以上の話をしない。
  5. 失敗談こそが、一番聞きたい話。
  6. 同情には、癒す力がある。
  7. 「この間はどうもありがとう」と言って、前回の会話のお礼から入る。
  8. 面白い話だけをすればいい。
  9. 話に割り込まれても「流れ」を大切にする。
  10. 話をしたくても、カットできる部分は思いきってカットする。
  11. 話をしない人に話しかけるほうが、好感が持てる。
  12. 具体的な話が、面白い。
  13. 「短く」を意識するだけで、リズムよくなる。
  14. 話しかけられたら、最低一言は返す。
  15. 言葉による返事より、態度による返事のほうが効果的。
  16. 身ぶり手ぶりを加えて、少し大げさなくらいでいい。
  17. 吐き出すと、吸収したくなる。
    話をすると、勉強がしたくなる。
  18. 楽しくなる前から、笑顔になろう。
  19. うまく話ができないわけは、単純に吸収が足りないから。
  20. ネタのために勉強をする必要はない。
    一生懸命に遊ぶだけでいい。
  21. できるだけ珍しい話をしたほうが、コミュニケーションは弾む。
  22. みんながしそうな話は、あえてしないこと。
  23. テンポのよいコミュニケーションのために、答えをじらさないこと。
  24. コミュニケーションとは、心を添えた会話のこと。
  25. 人と会うたびに、言うべきお礼がないか、考える癖をつける。
  26. 褒められたときには、素直にお礼を言うことが大切。
  27. 「話しかけられる人」ではなく「話しかける人」になる。
  28. 相手の表情は、あなたの顔を映し出している鏡。
  29. 自分が太陽になり、周りに光を与える存在になる。
  30. チャンスは、人から手に入れよう。
    出会いから、成長のチャンスが生まれる。

同じカテゴリーの作品