人生の教科書



会話

口癖を直す
30の方法

  • 口癖を直すことも、
    スキルアップの1つ。
口癖を直す30の方法

もくじ

1
★1

口癖を直すことも、スキルアップの1つ。

「スキルアップ」 そう聞いたときイメージするのは、どんな様子でしょうか。 新しい仕事を覚えること。 本を読んで、知性を磨くこと。 学校に通って、新しい技術を習得すること。 はたまた資格取得をスキルアップと考える人もいるでしょう。 仕事に関係する資格を取得すれば、仕事力の向上とキャリアアップに直結します。 もちろんどれもスキルアップではありますが、もっと身近なスキルアップを見逃していないでしょうか。 口癖の改善です。 口癖を直すことも、スキルアップの1つです。 話し方が明瞭になり、言いたいことが伝わりやすくなります。 言葉遣いがスマートになり、印象がよくなります。 はきはき話せるようになって、説得力が向上します。 下品な口癖がなくなることで、知性と品性が漂うようになります。 ネガティブな口癖がなくなることで、明るい印象が出るようになります。 これをスキルアップと言わずして何というのでしょう。 口癖を直すことによる、プラスの波及効果は幅広い。 口癖が直ることで、コミュニケーション能力全体が底上げされます。 したがって、口癖を直すことも、れっきとしたスキルアップの1つになるのです。 スキルアップを考えるなら、ぜひ口癖を直すことにも注意を向けてください。 コミュニケーション能力は、職種や業界を問わず、どんな仕事でも必要です。 口癖が直れば、コミュニケーションがスムーズになるのは確実です。 会議では発言が研ぎ澄まされ、スピーチでは話し方がスマートになり、プレゼンでは説得力が向上するでしょう。   直したほうがいい口癖があるなら、きちんと直しましょう。 知識や技術を身につけることばかりに注意が向いて、口癖の改善がおろそかになっていないでしょうか。 語学やパソコンのスキルを身につけることも大切ですが、口癖を直すことも大切です。 口癖の改善は、スキルアップの盲点です。 身近すぎるテーマなので、盲点になっていることが少なくありません。 多くの人が「たかが口癖」と軽視して、真面目に取り組もうとしません。 「直したほうがいいよね」と思いつつも、そのままにしています。 悪い口癖があるなら、きちんと直しておくのが賢明です。 口癖を直すことを「スキルアップ」と思えば、印象や感じ方が変わるのではないでしょうか。 スキルアップの一環として、口癖を直そうではありませんか。 「たかが口癖」と軽視せず、スキルアップの1つとして真剣に取り組んでください。 あなた自身の印象や評価に大きな影響を与えるポイントなのです。 口癖を直すことも「スキルアップの1つ」と考える。

2
★1

口癖には、2種類ある。
良い口癖と悪い口癖。

「口癖はすべて直さなければいけない」 そう思っていないでしょうか。 「口癖」という言葉にネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。 もちろん口癖の中には、明らかな悪影響をもたらすものもあります。 自分の印象や評価を下げたり、人に違和感や不快感を与えたりするなら、きちんと直したほうがいいでしょう。 相手をいらいらさせたり不快感を与えたりする口癖なら、できるだけ早めに直したいほうがいいでしょう。 いつの間にか相手に不快感を与えて嫌われてしまうのは、自分にとっても損になるはずです。 時間はかかるかもしれませんが、少しずつ口癖を直したほうが、自分のためにもなります。 では、どんな口癖でも直すべきかというと、そうではありません。 口癖は、大きく分けて2種類あります。 「良い口癖」と「悪い口癖」です。 口癖はすべて直したほうがいいとは限らず、直さなくていいものもあります。 口癖の種類に応じて、直すべきかどうか区別することが大切です。 ●良い口癖 良い口癖は、悪影響がなかったり、好影響があったりするものです。 「おはようございます」「お久しぶりです」「今日は天気がいいですね」といった挨拶言葉。 「お忙しいところ失礼します」「お時間があるときに~」「もしよろしければ~」といった適切なクッション言葉。 「そうですね」「なるほど」「うんうん」といった相槌の言葉 「さすがですね」「すごいですね」「センスがいいですね」といった褒め言葉。 「大丈夫、大丈夫」「きっとうまくいくよ」「あなたがいてくれてよかった」といったポジティブな口癖 どれも口癖の1つではありますが、悪影響はありません。 周りから「口癖」と思われても、迷惑や不快感がありません。 口癖が、コミュニケーションを促す潤滑油になっています。 良い口癖は、直す必要がありません。 相手を明るい気持ちにさせる口癖なら、むしろ積極的に身につけたほうがいいでしょう。 ●悪い口癖 悪い口癖は、直したほうがいい口癖です。 自分の印象や評価を下げたり、人に違和感や不快感を与えたりするものです。 「あの~」「え~」「えっと」といった無意味なつなぎ言葉。 「うざい」「やばい」「ぶっちゃけ」といった下品な言葉。 「くだらない」「今さら手遅れ」「どうせうまくいかない」といったネガティブな言葉。 こうした口癖は悪影響があるため、早めに直したほうがいいでしょう。 大きな悪影響ではないものの、少なからず悪影響があるのは事実。 口癖の改善には意識が必要なので時間はかかりますが、こつこつ続けていくことで、少しずつ直していけます。 § 「口癖はすべて直さなければいけない」と考えるのは要注意です。 良い口癖と悪い口癖を区別しましょう。 直すべきは、悪影響のある悪い口癖のみです。 ●該当するか判断しにくいときの対処法 どちらに該当するか判断しにくいなら、次の2つの観点から確認してみてください。 「客観的に聞いたとき、どう感じるか」 「自分が言われたとき、どう感じるか」 もし違和感やストレスを感じるなら、直したほうがいい悪い口癖に該当する可能性があります。 「良い口癖」と「悪い口癖」を区別する。

3
★0

口癖を直すために一番必要なのは、意識。

口癖を直すために一番必要なのは何でしょうか。 体力でしょうか。 時間でしょうか。 協力でしょうか。 いいえ、どれも違います。 もちろんどれも大切なポイントですが、一番大切なことはもっと基本的なことです。 意識なのです。 口癖を直すためには、一にも二にも、意識です。 「自分が発する言葉にしっかり注意を向ける」ということです。 意識なくして、口癖を直すことは不可能。 「意識しないで口癖が直った」はありません。 意識しないで自然と口癖が直るなら、誰も苦労しません。 成長とともに自然と口癖が直ることもありますが、現実的な方法ではありません。 自然に任せていて、時間がかかりすぎる上、直る保証もありません。 きちんと口癖を直したいなら、運任せも自然任せも厳禁です。 口癖は、体に染みついているもの。 体に染みついている習慣を変えるには、意識をすることが欠かせません。 いったん定着した口癖を直すには、自発的な取り組みが必要です。 「この口癖をやめよう」と意識するから、言葉遣いに注意ができます。 喉まで出かかった言葉を、ぐっと我慢することができます。 口癖を別の言葉に置き換えることができるようになります。 そのため、口癖を直したいなら、意識をすることから始めてください。 意識をするから、自発的に取り組むことができ、直るのも早くなります。 意識がなくて困ることはあっても、あって困ることはありません。 意識、意識、また意識。 口癖が直るかどうかは、意識の強さにかかっています。 しっかり意識ができれば、口癖の改善の半分は成功したも同然です。 ●紙に書いて、目立つ場所にところに貼る 人は、忘れる生き物です。 最初は意識していても、油断していると、意識を忘れます。 なかなか意識ができないなら、紙に書いて、目立つところに貼るといいでしょう。 紙に書けば、はっきり目に見える形になります。 書き方は、注意書き・決意表明のどちらでもかまいません。 書いた紙は、部屋やトイレの壁に貼ったり、デスクマットの下に挟んだりします。 生活の中で自然と見る機会ができるので、無理なく意識を保てます。 家族に見られるのが嫌なら、手帳や日記に書き込んだり、財布の中にメモ書きを入れたりするといいでしょう。 やりすぎに感じるかもしれませんが、きちんと口癖を直すためには有効な方法です。 口癖をやめるなら、まずしっかり意識をする。

4
★0

直せない口癖は、1つもない。
どんな口癖も、努力をすれば必ず直せる。

「うっかり言ってしまう言葉がある」 「口癖があって、なかなか直らない」 「子供の頃からの口癖があって、悩まされている」 口癖にお悩みですか。 余計な口癖があって悩んでいる人も多いでしょう。 ポジティブな口癖ならいいですが、問題は、ネガティブな口癖です。 ネガティブな口癖の場合、明らかな悪影響があります。 自分の品位や印象を下げたり、話し方が冗長になったり、相手に不快感を与えたりなどです。 口癖が人生に影響する可能性もゼロではありません。 「たかが口癖」と思いますが、悪影響がある口癖は、やはり早めに直しておくのが得策です。   口癖は直すのに手こずることがあります。 何とか口癖を直そうと頑張っているにもかかわらず、なかなか直らなくて、困っている人も多いでしょう。 口癖を直そうとしても、うっかり油断すると、元に戻ってしまうことがあるので厄介です。 直りかけては元に戻り、また直りかけては元に戻る。 口癖は、言葉遣いの習慣です。 体に染みついた習慣は、そう簡単に変えることができません。 なかなか口癖が直らなくて、うんざりしている人も多いのではないでしょうか。 しかし「口癖は直せない」と思っているなら誤解です。 どんな口癖も、意識をすれば、必ず直せます。 直りにくい口癖はありますが、直せない口癖はありません。 口癖は、けがでも病気でもありません。 あくまで癖にすぎません。 つまり、習慣になっている言葉遣いです。 習慣になっている言葉遣いですから、きちんと意識をすれば、必ず直せます。 もちろん直るまでに時間や手間暇はかかりますが、きちんと意識をすれば、必ず直せます。 たとえ子供の頃から続いている長年の口癖であっても、意識と努力さえすれば、必ず直すことが可能です。   「口癖を直せない」と思わないことです。 「直せない」と思うのが一番よくありません。 消極的になっていると、直るものも直りません。 口癖はけがでも病気ではなく、習慣的な言葉遣いにすぎないのですから、努力をすれば、きちんと直せます。   もしなかなか口癖が直らないなら、まだ意識が弱いだけです。 口癖の改善は、意識の強弱で、結果が変わります。 普段からもっと強い意識を心がければ、必ず口癖を直すことが可能です。 飽きず、焦らず、諦めず、意識を続けていくことが大事です。 直せない口癖は、1つもありません。 どんな口癖も、努力をすれば必ず直せるのです。 どんな口癖でも、意識と努力をすれば、必ず直せることを理解する。

5
★0

「口癖を直したい」と考えるのではない。
「口癖を直す」と考えよう。

口癖を直すとき、大切なのは「考え方」です。 口癖を直そうとするとき、どんな考えで取り組もうとするでしょうか。 「口癖を直したい」 そう考えながら取り組む人が多いのではないでしょうか。 口癖を直すのですから「直したい」と考えて当然です。 不自然なところはなく普通のことに思えますが、ここに注意点があります。 「口癖を直したい」という考えでは不十分です。 「直したい」は希望です。 「直ってくれればいいな」という程度。 運に任せているようなところがあります。 決意も覚悟も弱い。 これでは直るものも直りません。 希望があるのはいいですが、決意や覚悟が中途半端な状態はよくありません。   癖を直すことは、言葉の習慣を変えることになります。 変化を受け入れることになるのですから、適当な取り組み方はよくありません。 安易な気持ちで取り組むのは、失敗しにいくようなものです。 だらだらしているとうまくいきません。 決意も覚悟もなく、安易な気持ちで取り組んでいると、失敗に終わるのです。   口癖を直すときの大事な考え方があります。 「口癖を直したい」と考えるのではありません。 「口癖を直す」と考えましょう。 断言してかまいません。 むしろ断言しましょう。 はっきり言い切ることが大切です。 言い切ることは、決意と覚悟を固めることにつながります。 小さな違いに感じるかもしれませんが、大きな違いです。 「口癖を直す」と言い切るからこそ、意識的に行動できます。 心に火がつき、モチベーションが高まります。 なかなか口癖が直らなくても、簡単に諦めることはありません。 口癖を直すのに苦労や時間がかかっても、決意と覚悟が固まっているなら、ぐっと踏ん張れます。   口癖は、癖の1つです。 癖を直すためには、意識と努力が欠かせません。 意識と努力を促すためにも「直したい」ではなく「直す」と断言することが大切です。   決意と覚悟を固めましょう。 「口癖を直したい」ではなく「口癖を直す」と考えるのが正解です。 考え方は小さな違いですが、結果は大きな違いをもたらします。 自分で自分の心に火をつけることです。 「口癖を直す」と考えるから、きちんと口癖が直るのです。 「口癖を直したい」ではなく「口癖を直す」と考える。

6
★1

直したい口癖を書き出すと、改善も早くなる。

あなたにはどんな口癖がありますか。 あなたには、あなた特有の口癖があるはずです。 口癖を直すなら、まず自分の口癖を書き出してみましょう。 頭で「自分にはこんな口癖がある」とイメージするのも悪くありませんが、注意が必要です。 イメージは雲のようにもやもやしているため、油断すると、すぐ忘れます。 頭で考えているだけでは、ぼんやりしがちなので、きちんと自覚するのが難しくなります。 自覚ができていなければ、改善も難しくなります。 だからこそ、まず紙に書き出してみることが大切です。 書き出せば視覚化がされるので、自覚を促せるようになります。   書き出す口癖は、直したいものだけでかまいません。 良い口癖は書き出す必要はなく、あくまで悪い口癖だけ書き出しましょう。 「よく言う口癖」だけでなく「ときどき言う口癖」も書き出してみましょう。 「不快な口癖」だけでなく「少し違和感のある口癖」も、念のため書き出しておくといいでしょう。 書き出しておけば、後から検討しやすくなります。   紙に書き出すくらいなら、それほど手間はかからないはずです。 ほんの数分程度の作業で終わるでしょう。 面倒くさく思うかもしれませんが、大切な第一歩ですから、ぜひ書き出してみてください。   ぱっと口癖が出てこないこともあるでしょう。 今すぐ自分の口癖が出てこないなら、普段から書き留める準備をしておくといいでしょう。 日常の中で自分の口癖に気づく瞬間があれば、さっとメモしておけばOKです。   書き出したら、自分の口癖を眺めてみてください。 「明らかに不自然だ」と驚くことがあるでしょう。 「これは直したほうがいい」と、反省することもあるでしょう。 改めて振り返ると、恥ずかしくて赤面するような口癖もあるかもしれません。 後から見直したとき「少し違和感はあるが、ぎりぎり問題ないかな」と思えば、除外すればいいでしょう。 自分の不自然な言葉遣いを自覚することが大切です。 自分の悪い部分を見ることになりますが、きちんと口癖を直したいなら大切な作業です。 「自分にはこんな口癖がある」と思うことで、その口癖に注意を払えます。 紙に書き出したら、今後その口癖に注意を払うようにしましょう。 自分の口癖が明確になれば、自覚が促され、しっかり意識ができるようになります。 意識ができるから、言わないように注意することができます。 直したい口癖を紙に書き出して、自覚を促す。

7
★0

無自覚の口癖に気づくなら、自分の会話を録音するとスムーズ。

自分の口癖は、なかなか自分では気づきにくいもの。 自分で気づかないと、注意も改善もできません。 自分では普通に話しているつもりでも、他人から聞くと、口癖が目立つことがあります。 自覚している口癖もあれば、無自覚の口癖もあるでしょう。 自覚している口癖はまだ対処のしようがありますが、問題なのは「無自覚の口癖」です。 無自覚の口癖は、気づかないかぎり、直しようがありません。 自分で普通に感じているかぎり、スルーしてしまいます。 では、自分の無自覚の口癖に気づくにはどうすればいいか。 そこで役立つのが「自分の会話を録音して聞いてみる」という方法です。 自分の会話を録音して聞くと、他人の話し方を聞いているような感覚になるでしょう。 客観的に自分の話し方を確認することができるため、変な口癖があれば、気づきやすくなります。 録音した自分の会話を聞いていると「何か引っかかる」「何だか耳障り」という言葉遣いに気づくことがあります。 「あのー」「えっと」といった余分なつなぎ言葉があるかもしれません。 「ある意味~」「要するに~」「変な話だけど~」などと連呼していることもあるでしょう。   面倒くさいと思わず、一度試しに録音してみてください。 「そこまでしなくてもいいのではないか」と面倒に感じる人もいるかもしれませんが、消極的な姿勢はよくありません。 大きな手間暇がかかることでもないでしょう。 きちんと口癖を直したいなら、これくらいの手間暇はかけたいところ。 ボイスレコーダーを買ってもいいですが、パソコンやスマートフォンに付属のボイスレコーダーでも代用できます。 あくまで録音ができればいいので、音質にこだわる必要はありません。 録音時間の長さに決まりはありませんが、長ければ長いほど気づきやすくなります。 積極的に気づいて直していくためにも、自発的なアクションを起こしましょう。 たとえば、友達と電話しているときの会話を録音してみましょう。 友達と電話をしているとき、手元で自分の会話を録音してみます。 後から聞き直すと、同じ口癖が目立っていたり、くどい話し方に気づいたりすることがあります。   職場でスピーチやプレゼンをする機会があれば、絶好のチャンスです。 話す様子を録音して、客観的にチェックしてみましょう。 恥ずかしく思うかもしれませんが、恥ずかしがっていると、口癖が直るのも遅くなります。 「自分に変な口癖はない」と思っている人でも、一度試しにやってみてください。   「自分は大丈夫」と豪語する人に限って、意外な口癖があるもの。 自分では普通に話しているフレーズが、客観的に聞くと、うっとうしく感じるかもしれません。 たとえ自覚済みの口癖であっても「やはり不自然だ」と再認識ができます。 自分の会話を録音することは、無自覚の口癖に気づくための基本的な方法なのです。 自分の会話を録音して、口癖に気づく。

8
★1

直したほうがいい6つの口癖。

直したほうがいい口癖には、どのような種類があるのでしょうか。 口癖を直したくても、どんな口癖が悪いのか分かっていなければ、直しようがありません。 自分の印象を下げたり、話が分かりにくくなったり、相手に不快感を与えたりする口癖は、改善する必要があるでしょう。 相手の迷惑になるだけでなく、自分の印象も悪くなってしまいます。   ここでは、直したほうがいい口癖をご紹介します。 直したほうがいい口癖は、大きく分けて6種類あります。 (1)つなぎ言葉の口癖 (2)曖昧な口癖 (3)幼稚な口癖 (4)若者言葉の口癖 (5)かまってもらいたい口癖 (6)ネガティブな口癖 ●つなぎ言葉の口癖 「あっ」 「えー」 「あのー」 「えっと」 「なんか」 「まあ」 「あのね」 「何と言うか」 「あのですね」 「それでですね」 会話が途切れそうなとき、沈黙を避けるため、よく使われる言葉です。 つなぎ言葉が口癖になっていると、いちいち話が中断されるため、会話が冗長になります。 つなぎ言葉は「雑音」と言い換えてもいいでしょう。 会話中に雑音が増えることになり、耳障りな印象を与えることもあります。 つなぎ言葉には意味がないため、省略することが可能です。 日常でよく聞かれる言葉ですが、心当たりがあるなら、できるだけ省略したほうが話が聞きやすくなります。 ●曖昧な口癖 「一応~」 「ある意味~」 「ちなみに~」 「要するに~」 「逆に言うと~」 「変な話だけど~」 「早い話をすると~」 適切に使うぶんにはいいですが、多用するのは控えておくのがいいでしょう。 何度もしつこく使っていると、会話が曖昧になり、相手に不快感を与えたりすることがあります。 口癖として何度も会話に出てくると、耳障りな印象や偉そうな印象を与え、不快感を与える可能性があります。 ●幼稚な口癖 「なんてね」 「嘘ぴょん」 「わけわかめ」 「そんなバナナ」 「まいうー」 相手に迷惑をかけるわけではありませんが、幼稚や低俗な印象を与えます。 中には聞いている側が恥ずかしくなるものも少なくありません。 言い方によっては、相手をばかにしているように聞こえることもあります。 プライベートの会話でたまに使うくらいならまだいいですが、ビジネスの会話では避けたほうがいいでしょう。 会話の中で何度も登場すると、ふざけている印象が強く、真面目に話を聞いてもらえなくなる可能性があります。 ●若者言葉の口癖 「まじで」 「うざい」 「やばい」 「超ウケる」 「ぶっちゃけ」 「なんか~」 「~って言うか」 若者言葉が口癖になっている場合も注意です。 ふざけた印象や軽い印象を与えることがあります。 言い方によっては、相手をばかにしているように聞こえることも少なくありません。 若者が使うならまだいいですが、大人が使うのは注意したほうがいいでしょう。 ●かまってもらいたい口癖 「忙しい」 「だるい」 「しんどい」 「面倒くさい」 「つまらない」 「暇」 「疲れた」 かまってもらいたい人によく見られる口癖です。 「自分を理解してほしい。自分に関心を持ってもらいたい」と言わんばかりのアピールがあるため、相手は気を遣います。 たまに言うくらいならいいですが、何度も繰り返していると、相手はうっとうしく感じることがあります。 これらの言葉が口癖になっていると、相手を疲れさせることが増え、人が遠ざかっていきます。 ●ネガティブな口癖 「くだらない」 「ばかばかしい」 「嫌だ、嫌だ」 「ダメだ、ダメだ」 「今さら手遅れ」 「どうせ無理に決まっている」 「私なんて必要ない」 「最近に若者は~」 ネガティブな口癖は、消極的・否定的な印象があるため、不快感を与えたり会話のテンションを下げたりする悪影響があります。 相手を傷つけ、人間関係にひびを入れることも少なくありません。 本音であっても、相手に不快感を与えることがあるため、できるだけ避けておくのがいいでしょう。 直したほうがいい口癖の種類を確認する。

9
★1

話す前に一呼吸置く習慣をつけよう。

口癖を直すなら、話す前が重要です。 話してから言葉を取り消したり言い直したりすることもできますが、スマートではありません。 「今の言葉は忘れてね」 「今の一言はなかったことにして」 「今の話は、聞かなかったことにしてほしい」 後から発言を撤回できますが、ちぐはぐな印象を与えるでしょう。 後から発言を取り消したところで、相手の耳に届いています。 記憶にも残っています。 「忘れてください」と言われても、簡単に忘れることはできません。 むしろ印象深くなって、余計に記憶してしまいます。 「忘れろ」と言われると、余計に覚えてしまうのが人間です。 そのためスマートな印象を与えるなら、できるだけ最初から言わないようにしておくことが大切です。   ここで大切になるのが「話す前に一呼吸置く習慣」です。 一呼吸を大切にしてください。 一瞬であってもいいのです。 話す前に一呼吸を置き、言葉に注意を向けましょう。 一呼吸が、1秒でもいいのです。 たった1秒であっても、一呼吸としては十分です。 「そうですね」という定番の相槌フレーズをゆっくり言えば、1秒くらい簡単に時間稼ぎができます。 3秒もあれば、十二分です。 一瞬であっても、時間的余裕ができているので、自分の言葉遣いに意識を向けて注意することができます。 一呼吸置くと「これは余計な口癖ではないだろうか」と考える余裕が生まれます。 言葉が喉のところまで出かかっても、ぐっと飲み込めます。 「おっと危ない。口癖を言ってしまうところだった」と発言前に注意ができます。 どれだけ言いそうになっても、結果として言わなければ、セーフです。 小さな習慣ですが、言葉遣いに大きな違いをもたらします。 話す前に一呼吸置く習慣は「口癖対策」だけでなく「失言対策」にもなるので、一石二鳥です。   話す前に一呼吸置くことを「習慣」にしましょう。 誰とどんな話をするときも、話す前に一呼吸置くことを普通の状態にします。 話す前に一呼吸置くだけですから、難しくないはずです。 早口で話すのは避け、一言ずつゆっくり話すようにすれば、一呼吸置くことも容易になります。 最初のうちは注意が行き届かず、うっかり言ってしまうこともありますが、諦めず続けていきましょう。 習慣になるまで時間はかかりますが、根気よく続けていれば、いずれ意識することが普通になります。 たかが一呼吸、されど一呼吸。 話す前に一呼吸置く習慣がつけば、口癖の改善がスムーズになります。 話す前に一呼吸置く習慣をつけ、口癖に注意を向ける。

10
★0

早口で話していると、口癖が直らない。
ゆっくり話すと、口癖が直る。

口癖を直したいなら、話すスピードが大切です。 話すスピードは、口癖の改善に関係する重要ポイントの1つです。   まず注意したいのは、早口です。 早口で話していませんか。 焦るような話し方になっていませんか。 まくし立てるような話し方になっていないでしょうか。 話したいことがたくさんあると、次々話したくなって早口になることが多いでしょう。 自然とマシンガントークになってしまいがちです。 もともと頭の回転が速い人なら、早口が普通になっていることでしょう。 考えるスピードが速いと、話すスピードも速くなる傾向があります。 もちろん早口で話すことは悪いことではありませんが、口癖を直したいなら注意が必要です。 口癖を直すには、言葉に注意を向ける余裕が必要です。 早口で話していると、時間的な余裕が短くなり、言葉に注意を向けることがおろそかになります。 「この言葉を言っていいだろうか」と考える余裕がなくなる。 口癖に注意していても、うっかり言ってしまい、失言が多くなるでしょう。 早口で話していると、口癖が直らないのです。   口癖を直すときに心がけたいのは「ゆっくりした話し方」です。 早口は避けて、できるだけゆっくり話しましょう。 ゆっくり話すと、考えながら話す余裕が生まれます。 話すスピードがスローになると、言葉を選ぶ余裕が生まれ、失言を減らせます。 うっかり口癖が喉のところまで出かかっていても、注意が行き届き、言葉を飲み込めます。 もともと頭の回転が速い人は、早口が普通かもしれませんが、意識的にゆっくり話すようにしましょう。 ゆっくり話すのがまどろこしく感じるかもしれませんが誤解です。 ゆっくりした話し方は、落ち着いた話し方でもあります。 余裕のある雰囲気が漂うようになり、大人らしい品格を印象付けることができるでしょう。 意識的にゆっくりした話し方を心がけると、気持ちを落ち着かせ、リラックスを促す効果もあります。 会議やプレゼンでは、まくし立てるような話し方より、ゆっくりした話し方のほうが、説得力が出ます。   沈黙があってもいいのです。 会話が途切れることは悪いことではありません。 ゆっくり話せば、少しくらい沈黙があっても、自然に聞こえます。 うっかり失言をして相手を不快にさせるくらいなら、沈黙になってもいいので静かにうなずいているほうが、まだ好印象です。   話したいことがたくさんあっても、気持ちを落ち着かせ、ゆっくり話しましょう。 ゆっくりした話し方は、口癖を直すための基本であり、極意でもあるのです。 早口は避け、ゆっくりとした話し方を心がける。

11
★1

うっかり口癖を言ってしまったら、恥ずかしくても、きちんと言い直そう。

うっかり口癖を言ってしまうことがあります。 注意していたにもかかわらず、口が滑るのは、誰でもあること。 「しまった。注意していたのに言ってしまった」と、一瞬焦ります。 もちろんこういうこともあります。 口癖は口癖です。 意識して注意していても、完全に口癖を防ぐのは難しい。 注意を始めた直後から、完璧に口癖が直ればいいですが、なかなか難しいのが現実です。 特に口癖を直し始めた頃は、注意が行き届かず、うっかり口癖を言ってしまうことも多いでしょう。 この瞬間が大切です。 うっかり口癖を言ってしまったとき「言ってしまったものは仕方ない」とそのまま放置しそうになりますが、よくありません。 そのままにしていると、いつまで経っても口癖を直せません。 口癖を直すことが面倒くさくなってきて、諦めの気持ちが強くなってしまいます。 スルーすることが癖になり、いつの間にか口癖の改善が立ち消えになっているのです。   うっかり口癖を言ってしまったら、きちんと言い直しましょう。 「あの~」「えっと」などの口癖は言い直せませんが、言い直せる口癖は、きちんと丁寧に言い直すことが大切です。 たとえば、あるとき油断して「まじでやばい」という普段の口癖が出てしまったとします。 その直後に「本当に素晴らしい!」と言い直しましょう。 会話の流れが少し不自然になりますが、それでもかまいません。 くすっと笑われるかもしれませんが、きちんと言い直すことが大切です。 「言葉を言い直したのだな」と、相手は理解してくれるでしょう。 たとえ恥ずかしくてもいいのです。 言い直すのは少し恥ずかしいですが、きちんと言い直すことが大切です。 恥ずかしさを乗り越えてこそ、口癖は直せます。 聞いている相手に笑われてもかまいません。 少し会話の流れが不自然になっても気にしなければいいこと。   うっかり口癖を言ってしまっても、直後に言い直すことができれば、セーフです。 うっかり口癖は言ってしまいましたが、きちんと言い直すことができました。 なかなか直らなくても、根気よく続けていくこと。 きちんと言い直すからこそ、改善意識を保てます。 だんだん注意が行き届くようになり、口癖が直っていきます。 うっかり口癖を言ってしまったら、恥ずかしくても、きちんと言い直す。

12
★1

言葉の置き換えで、口癖を直す。

口癖を直す方法として有効なのが「言葉の置き換え」です。 直したい口癖があるなら、ただ禁句にするのではなく、別の言葉に置き換えることができないか考えてみてください。 禁句にするより、別の言葉で置き換えたほうが、話し方がスマートになることがあります。 耳障りな口癖があるなら、響きのいい口癖に変えます。 悪印象な口癖があるなら、好印象な口癖に置き換えます。 ネガティブな口癖があるなら、ポジティブな口癖に置き換えてみます。 できるだけ肯定的なフレーズに置き換えるするのがポイントです。 もちろんすべての口癖が置き換えられるわけではありませんが、一部の口癖には有効でしょう。 ポジティブな言葉に置き換えることができれば、悪い口癖が一転して良い口癖に変わります。 たとえば「やばい」という口癖は「素晴らしい」という口癖に置き換えます。 「ウケる」という口癖は「面白いですね」という口癖に置き換えます。 「ぶっちゃけ」という口癖は「本当のことを言うと」という言葉に置き換えます。 意味は同じですが、上品な言い方になることで、好印象になるでしょう。   「その~」「あの~」「えっと」といった口癖があるなら「そうですね」と言い換えてみましょう。 相手の話を受け止める一言なので、不自然な感じはありません。 「そうですね」という一言は、ビジネスでも使えるフレーズであり、幅広く活用できます。   人から親切にしてもらったとき「すみません」ではなく「ありがとうございます」という言葉に置き換えましょう。 謝罪の言葉より感謝の言葉のほうが、前向きで明るい印象を与えます。   「忙しい、忙しい」という口癖があるなら「リラックス、リラックス」と言い換えてはいかがでしょうか。 癒やしの言葉に置き換えれば、肩の力が抜け、体が軽くなるでしょう。   早速今日から別の言葉に置き換えてみましょう。 できるだけ響きのいい口癖に置き換えれば、ベターです。 知恵を働かせて、発想力を膨らませば、何らかの言葉が浮かぶでしょう。 別の言葉に置き換えるだけですから、それほど難しくないはずです。 言葉を置き換えるだけで、結果として口癖が直っていきます。 別の言葉に置き換えてみる。

13
★1

口癖を直すときは、目標とイメージが大切。

口癖を直すなら、目標を作りましょう。 口癖を直した結果、どんなふうになりたいか、目標を作るのです。 単に口癖を直すのもいいですが、より具体的に取り組むためにも、目標を作ったほうが効果的です。 目標は何でもいいですが、理想とする自分になれるものがいいでしょう。 具体的な目標があると、口癖を直すやる気が出てくるでしょう。 試験勉強では、目標があるかないかで頑張り方が変わるように、口癖を直すときも、目標があるかないかで頑張り方が変わります。 あなたの人生ですから、どんな目標でもかまいません。 少し欲張った内容でもいいので、きちんとした目標を立ててみましょう。 「知的で上品な話し方をしたい」 「大人っぽくて魅力的な話し方をしたい」 「スマートでかっこいいな話し方をしたい」 「プレゼンで通用する話し方をしたい」 目標を作れば、努力の方向が分かります。 目標を持ち、それに向かっていくことは「なりたい自分になる」ということです。 「口癖を直すのは、理想的な自分になるための手段だ」と思えるようになります。 ●目標を作ったら、イメージしよう 目標を作ったら、それだけで終わりにするのではありません。 実際に目標を達成している自分をイメージしましょう。 「知的で上品な話し方をしたい」という目標なら、知的で上品な話し方をしている自分をイメージします。 「大人っぽくて魅力的な話し方をしたい」という目標なら、冷静で落ち着いた話し方をしている自分をイメージします。 「スマートでかっこいいな話し方をしたい」という目標なら、スマートでかっこよく話している自分をイメージします。 「プレゼンで通用するスマートな話し方をしたい」という目標なら、スマートな話し方で聴衆を魅了している自分をイメージします。 目標とする話し方を身につけ、生まれ変わった自分をイメージしてください。 自然と明るい気持ちになり、わくわくする気持ちが高まってくるでしょう。 もはや口癖を直すのが、楽しくなってくるはずです。 わくわくした気持ちを持ったほうが、口癖を直すのもスムーズになります。 § 目標もイメージも、口癖を直すために絶対必要なものではありませんが、あったほうがいいものです。 やる気が出るから目標を作るのではありません。 目標を作るからやる気が出るのです。 少しずつ口癖を直していくことで、目標に近づいている実感が湧くようになります。 目標を作ることで努力が続けやすくなり、口癖の改善を達成しやすくなります。 できるだけ目標をイメージして、口癖を直す起爆剤にしてください。 目標を作って、具体的にイメージする。

14
★1

沈黙を恐れるな。
会話が途切れても、気にしないことが一番。

「えー」 「あの~」 「えっと」 つなぎの言葉が口癖になっている人がいます。 たまに使うくらいならさほど気になりませんが、頻繁に言っていると、話に締まりがなくなり、くどい印象を与えます。 相手をいらいらさせてしまうことも少なくありません。 なぜこうした口癖が出てしまうのかというと、沈黙を恐れることになります。 沈黙を恐れていると、会話が途切れないよう、常に何かを話し続けなければいけなくなります。 とりあえず適当に声を出しておけば、沈黙を避けることができます。 言葉が途切れて沈黙になりそうなとき、つなぎの言葉を発して、沈黙を補ってしまうのです。 しかし、つなぎの言葉とはいえ、意味があるわけではありません。 単なる雑音です。 つなぎの言葉が多くなればなるほど、雑音が目立ってしまい、相手をいらいらさせてしまいます。 相手を不快にさせてしまい、スマートな印象を妨げます。 口癖を直すなら、沈黙を恐れないことが大切です。 「沈黙があると不自然になる」と思い込んでいるだけではないでしょうか。 沈黙を入れると不自然になると思うなら誤解です。 ゆっくり話せば、途中で数秒間の沈黙があっても不自然にはなりません。 沈黙があっても、考えている様子やリラックスしている様子など、静かに会話を楽しんでいる様子に映ります。 たとえば、次のような会話を聞いてみてください。 「休日の日は、どう過ごされているのですか」 「そうですね……スポーツジムに行くことが多いですね……」 「健康的ですね。走ったり泳いだりされているのですか」 「泳ぐことはないかな……だいたい筋トレとランニングが中心ですね……運動の後はサウナにも入っていますよ……」 「私は運動が苦手なので尊敬します」 「意外ですね……運動すると気持ちいいですよ……もしよかったら、今度一緒に走りませんか」 話の途中で沈黙があっても、まったく不自然ではありませんね。 穏やかで落ち着いた会話を楽しめるでしょう。 丁寧に会話していることが伝わって好印象です。 会話の進み方は遅くても、一言一言に重みができるので、印象的になります。   沈黙を恐れないでください。 たとえ会話が途切れても、気にしなければいいことです。 別に悪いことをしているわけではありません。 会話が途切れたときは、むしろ沈黙を楽しむ余裕を持ちたい。 沈黙を楽しめるようになれば、口癖が直るのも早くなります。 沈黙を恐れない。 会話が途切れても、気にしないようにする。

15
★0

口癖を指摘されたら、むっとするのではなく、感謝する。

人から口癖を指摘されることがあります。 「変な口癖があるね」 「少し気になる口癖だね」 「その口癖は直したほうがいいよ」 口癖を指摘されたとき、どう感じますか。 特に何も感じない人もいるでしょうが、あまりいい気分はしないでしょう。 自分の悪口を言われたような感じがして、中にはむっとする人もいるかもしれません。 口癖を指摘されるだけでなく「直したほうがいい」と改善まで促されると、なおさらです。 命令されて嬉しい人は少ないでしょう。 特に親から指摘されると、子供扱いされたように感じて「うるさい」「ほっといて」と言い返したくなるでしょう。 悪口を言われたように感じて、腹を立てる人もいるかもしれません。 しかし、むっとしたからといって無視するのはよくありません。 無視すると、貴重な指摘を捨てることになります。 指摘は貴重です。 口癖は、誰かに指摘してもらわないと、気づきにくい特徴があります。 自分で普通に感じているかぎり、口癖に気づけず、スルーしてしまいます。 その人は、貴重な時間を割いて、無料でわざわざ指摘してくれました。 指摘のおかげで、無自覚だった口癖に気づくチャンスが得られました。 指摘とは、アドバイスです。 「その口癖を直せば、もっとすてきになれるよ」という前向きな意味が込められています。 あなたがもっと素晴らしくなるために「こうしたほうがいいのでは?」と教えてくれました。 ありがたいことです。 指摘されなければ、ずっと気づかなかったかもしれません。 むっとするのではなく、むしろ感謝したい。 誠実に指摘を受け止め、素直に感謝しましょう。 できるだけ笑顔で感謝したい。 その人は、普段からがみがみ言ってくる人かもしれませんが、それでも感謝したい。 人生では、人生に厳しい人が1人くらいいたほうが、自分のためになります。 むっとするのではなく、心を大きくして受け入れてみてください。 「気づきませんでした。たしかにそうですね。ありがとうございます。口癖を直しますね」 素直に受け止め、口癖を直せばいいことです。 口癖が直れば、あなたの言葉遣いはもっとスマートになります。 口癖を指摘されたら、むっとするのではなく、感謝する。

16
★1

会話の機会なくして、口癖は直せない。

「口癖に注意しよう」 そう思ったとき、自然と会話に消極的な心理が働く傾向があります。 自然と自分から話しかけることが少なくなり、会話量も減ってしまいます。 「口癖を言うかもしれないから、会話は控えめにしておこう」という心理が働く。 たしかに話すことがなくなければ、口癖を言うことも減るでしょう。 話すことが増えれば増えるほど、口癖を言う確率も高くなります。 話すことが減れば減るほど、口癖を言う確率も下がります。 口数を増やすより減らしたほうが、口癖が出ることも減るでしょう。 口癖を直そうとすると、いつの間にかコミュニケーションから逃げようとすることが少なくないのです。 しかし、ここが注意ポイントです。 安易に会話の機会を減らすのはよくありません。 「会話の機会が減る」ということは「口癖を直す機会も減る」ということになります。 口癖が出ないだけで、きちんと口癖が直ったわけではありません。 直ったのではなく、直ったような気がしているだけです。 口癖を直すには、体に覚えさせる必要があるため、会話が不可欠です。 癖を直すためには、触れる機会を増やしていくことが必要です。 たとえば、野球でバッターがスイングの癖を直そうと思えば、練習しながら直していくしかありません。 バットを振って、振って、振りまくる。 大量の練習をこなしていくうちに、少しずつ新しいスイングの動きを体が覚えていきます。 最終的に意識しなくても、新しいスイングができるようになっています。 口癖も同じです。 口癖を直そうと思えば、会話をしながら直していくしかありません。 話して、話して、話しまくる。 大量の会話を交わしていくうちに、少しずつ言葉の癖が直っていきます。 最終的に意識しなくても、口癖を言わないようになっています。 会話の機会なくして、口癖は直せません。 したがって、口癖を直すなら、会話の機会を減らすのではなく、むしろ増やしていくことが大切です。   失敗を恐れず、積極的に会話の機会を増やしていきましょう。 会話、会話、また会話。 うっかり口癖を言ってしまったら、すぐ言い直せばいいだけです。 相手を不快にさせてしまったときは、すぐ謝ればいいこと。 うっかり口癖が出ることがあってもいいので、どんどん会話をする機会を増やすことです。 体が覚えるまで、大量の会話を経験していきましょう。 会話の機会が練習の機会になります。 普段の会話こそ、口癖を直すトレーニングなのです。 積極的に会話の機会を増やし、口癖を直していく。

17
★1

周りの協力を得ることで、口癖の改善も早くなる。

口癖を直すためには、協力を得ておくことも大切です。 もし周りの協力が得られるなら、ぜひ得ておきましょう。 家族や友達など、身近な人にお願いしてみましょう。 「この口癖を直したい。うっかり言うことがあったら指摘してね」 あらかじめお願いをしておけば、うっかり口癖が出たとき、指摘してくれるでしょう。 相手に指摘をお願いするだけなら、大きな負担になることもないでしょう。 「いちいち人にお願いするのは大げさ」 「わざわざ人にお願いするほどでもない」 「相手に迷惑がかかって申し訳ない」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 たしかに口癖の改善は、1人で行うのが基本と言えるでしょう。 「自分のことくらい自分でしておきたい」と思うのは立派なこと。 人に指摘をお願いしてもらうのは、子供のように感じる人もいるはずです。 わざわざ人に指摘してもらうのは恥ずかしくて、気が引ける人もいるはずです。 しかし、意地を張って1人で頑張るのもよくありません。 得られる協力は、素直に得ておくことです。 せっかく頼れる人が近くにいるなら、甘えておくことも大切です。 本気で口癖を直したいなら、素直で積極的になっておくことが正解です。 意地を張って1人で頑張るより、人に協力してもらったほうが、改善も早くなるでしょう。 口癖の指摘をお願いすると、中途半端な気持ちではいられなくなり、きちんと直す責任感も出てきます。 監視の目が増えることになって、適度な緊張感とプレッシャーも生まれます。 結局のところ、口癖の改善は、人間関係の改善にもつながります。 親しい関係であれば、口癖を直そうと頑張るあなたを応援してくれるはずです。 あなたの口癖が直れば、相手もストレスが小さくなって楽になるはずですから、協力的になってくれるでしょう。 親や友達でも知り合いでもかまいません。 親しい人がいれば、ぜひお願いしてみませんか。 誰でもお願いできるわけではありませんが、身近にお願いできそうな人がいれば、ぜひ検討してみてください。 素直に協力をお願いしたほうが、口癖が直る近道になります。 周りの人に口癖の指摘してもらう。

18
★1

1文が長いと、うっかり口癖を言ってしまう。
1文を短いと、きちんと口癖に注意できる。

会話のとき、1文がやたら長い人がいます。 「~のことなんだけど~と思っていたら~だったけど、途中で都合が悪くなって~とも言いにくく~要するに~だから~」 接続詞で話をつなげ、長々した話し方になっています。 接続詞をうまく使えば、一方的に長く話し続けることが可能です。 たくさん話したいことがあると、気持ちが抑えきれず、長々した話し方になりやすいでしょう。 もちろんたくさん話をするのはいいですが、1文が長くなるのは注意したい。 1文が長いと、口癖を言ってしまうことが多くなります。 1文が長くなればなるほど、注意が散漫になります。 不注意が増えてしまい、うっかり口が滑りやすくなるのです。 当然ですが、1文が長くなるにつれて、頭の中で行う論理の組み立てが難しくなります。 話の筋も変になって、ぐだぐだした話し方にもなりやすい。 相手にとっても聞くのが大変になり、ストレスを増やしてしまいます。   口癖を直したいなら、1文を短くしましょう。 長話になってもいいので、自分が話す1文を短くします。 「私は~です。~ですね。~だから~になります。~ですが~したいです」 1文を短くすることで、それぞれのフレーズにきちんと注意を向けることができます。 「です」「ます」を使って、1文を短く区切ります。 1文が短いと、話し方が「一言」になるので、論理の組み立てもシンプルになります。 相手も聞きやすくなり、話が続きやすくなります。 「たくさん話したい」という人でも、やはり意識的に1文を短く区切って話すといいでしょう。   コミュニケーションはキャッチボールです。 短く話を区切ることで、すぐ相手にボールを投げることができます。 キャッチボールをイメージしながら、話したり聞いたりすることを繰り返すことで、話のテンポもよくなります。 「短く」を意識するだけで、コミュニケーション全体のリズムよくなります。 長話になっても違和感がなく、自然な形で話が続きます。 言葉の節々に注意が行き届くため、口癖を言いそうになっても「これは言ってはいけない一言だ」と気づけます。 1文を短いと、きちんと口癖に注意できるのです。 1文を短くする。

19
★1

最初から完璧を目指す必要はなし。

口癖を直すとき、最初から完璧を目指そうとしていませんか。 「今すぐ口癖を卒業する!」 「今すぐ完璧に口癖を直したい!」 「もう二度と言わないようにしよう!」 もちろんきちんと直そうとする姿勢は素晴らしい。 口癖を直すためには、意識することが欠かせません。 しっかり意識ができているなら、言葉に注意が向いて、口癖が直りやすくなるでしょう。 完璧に口癖を直そうとする心がけは立派です。 だからとはいえ、最初から完璧を目指すのは要注意です。 人間は、機械やロボットではありません。 人間ですから油断することもあれば、誤解することもあります。 お酒に酔っているときは、注意力が低下しているため、直りかけていた口癖が戻ってくることもあるでしょう。 あまり厳しい課題を課してしまうと、ストレスとプレッシャーが大きくなります。 うっかり口癖が出てしまうたびに「また言ってしまった……」と落ち込むことになる。 なかなか口癖が直らないと、自分を責める回数が増え、自己嫌悪になるでしょう。 自分を責めてしまっては、ますますストレスが増えるばかり。 だんだん自分に自信がなくなって、途中で嫌になり、挫折を招いてしまうのです。   一定の緊張感は必要ですが、ぴりぴりしすぎていても疲れるだけです。 もう少しリラックスして取り組もうではありませんか。 口癖を直すとき、最初から完璧を目指す必要はありません。 口癖は、少しずつ直っておけば十分。 夢の実現は、努力をすれば報われるとは限りませんが、口癖の改善が、努力をすれば必ず報われます。 時間をかけて少しずつ直していきましょう。   肩に力が入っていないでしょうか。 肩に力を入れるより、抜いたほうが、意識がスムーズにできて、口癖が直りやすくなります。 自分を優しくいたわっていきましょう。 人間ですから、たまにはうっかりすることもあります。 あまり難しく考えすぎず、1歩ずつ前に進むイメージです。 うっかり口癖が出ることがあっても、責める必要はなければ、落ち込む必要もありません。 癖ですから、少しずつ直していけば十分です。 なかなか口癖が直らなくても、諦めないようにだけはしてください。 口癖を直すのは、新しい習慣を身につけることと同じです。 新しい習慣を身につけるには、手間も時間もかかります。 少しずつ直っていくだけで、十分な結果であり、進歩です。 トライアンドエラーを繰り返しながら、じわじわ新しい習慣が身についていけばいいのです。 最初から完璧を目指さず、少しずつ直していく。 うっかり口癖を言ってしまうことがあっても、自分を責めない。

20
★2

口癖を直すときに大切なのは「早く直すこと」より「確実に直すこと」。

あなたが直したい口癖は、いくつありますか。 「直したい口癖は、1つではない。たくさんある」 そんな人も多いのではないでしょうか。 直したい口癖が1つだけなら簡単ですが、たくさんあると大変です。 こんなとき、努力家や頑張り屋の人なら「すべて一気に直してしまおう!」と考えがちです。 たくさんあるからこそ「一度にまとめて直したい」と思う人もいるでしょう。 もちろん一度に口癖を直すのも悪くありませんが、気をつけたほうがいいでしょう。 口癖を直すためには、意識をすることが欠かせません。 「この口癖を直す」と意識するから、喉まで出かかった言葉を飲み込めます。   ところが、一気にすべての口癖を直そうとすると、意識があちこちに向いて、注意が散漫になります。 意識の量が半減して、言葉遣いに配慮できなくなる可能性が高くなります。 また、一度に直そうとすると、言葉遣いの制限が増えてしまいます。 言いたいことが言えなくなって、会話が不自然になり、大きなストレスを感じます。   癖とは、無意識のうちに身についた言動です。 口癖を直すためには、新しい癖を身につけることになるため、時間がかかります。 口癖によっては、なかなか直らず、長い時間がかかることも少なくありません。 「早く直さなければいけない」と焦って、一度に多くの口癖を直そうとすると、頭が混乱してストレスに苦しむことになります。 違和感に耐えきれず、ストレスに負けてしまい、中途半端に終わる可能性があるのです。   口癖を直すときに大切なのは「早く直すこと」ではありません。 「確実に直すこと」です。 まず確実に直すことに注力しましょう。 「まずこれを直したい」という口癖を決めて、意識を向けるようにします。 しばらく意識を続け、完全に口癖が直ってから、次の口癖を直していきます。 無理をしないことが大切です。 1つずつ口癖を直していくため時間はかかりますが、確実に直すことが大切です。 スピードは遅くても、確実に直っているのですから合格です。   まどろっこしく感じるなら、以前の自分と比較してみてください。 以前の自分より言葉遣いがスマートになっているでしょう。 少しでも口癖が直っていることを実感できれば、モチベーションも維持しやすくなります。 口癖を直すときに大切なのは「早く直すこと」より「確実に直すこと」なのです。 直したい口癖がたくさんあるなら、一度に直そうとするより、1つずつ直していく。

21
★1

人前で発表する機会は、口癖を直すチャンスになる。

口癖を直すための基本的な対策があります。 それは、練習です。 スピーチ、プレゼン、会議。 人前で発表する機会があるなら、しっかり練習をしておきましょう。 練習しないでいきなり本番を迎えると、スムーズに発表できず、言葉に詰まるでしょう。 あたふた態度になったり、発言がたどたどしくなったりなど、大恥をかいてしまうはずです。 頭がパニックになると、口癖も出てしまいます。   人前でスムーズに発表するなら、練習が欠かせません。 練習をすればするほど、慣れることができるため、本番はスムーズに発表できます。 ここで気づいてほしいことがあります。 「人前で発表する機会は、口癖を直すチャンスになる」ということです。 「スムーズに話せるようになる」ということは「口癖を直していくことができる」ということでもあります。 人前で話すのは少し恥ずかしいですが、むしろ積極的に利用していきましょう。 しっかり練習をしておくことで、本番対策になるだけでなく、同時に口癖も直していけるのです。 たとえば、スピーチです。 あらかじめスピーチをする予定があれば、徹底的に練習をしておきます。 きちんと声を出して、すらすら話せるようになるまで何度も練習です。 練習すればするほど話し方がうまくなり、口癖も直っていきます。 ボディーランゲージを交えて話ができれば、自信のある様子をアピールできて、説得力が生まれます。 しっかり練習ができていれば、発表にも自信が付いて、緊張対策にもなります。   プレゼンなら、リハーサルが重要です。 スライドと発表内容が完成すれば、いざリハーサルです。 実際にスライドを使って、本番さながらのリハーサルを行いましょう。 1回や2回の練習で満足せず、スムーズに行えるまで何度も練習したい。 体が覚えるくらい何度もリハーサルを行えば、自信がついてきます。 本番では口癖が出ることもなく、スムーズに発表できるでしょう。   会議で発言することが決まっているなら、イメージトレーニングが有効です。 たかがイメージトレーニングとはいえ、効果があります。 話すときの台詞を何度もイメージトレーニングすれば、会議本番ではスムーズに発言できるでしょう。 もちろん余裕があれば、きちんと声を出して練習しておくといいでしょう。 会議では、口癖を言うことなく、すらすら話せるようになるでしょう。   きちんと練習をしておくことで、話し方も話す内容もスムーズになります。 「これでもか」というくらい、何度も繰り返し練習しましょう。 時間の許すかぎり、1回でも多く練習しておきたい。 しっかり発表の練習をすることで、丁寧な言葉遣いが身につきます。 練習に勝る口癖対策はないのです。 人前で発表する機会があれば、前もって徹底的に練習をしておく。

22
★1

頑固なままでは、口癖は直せない。
素直になると、口癖が直る。

あなたは頑固なほうですか。 人から「頑固だね」と言われることはありませんか。 もし心当たりがあるなら、口癖を直すのに苦労するかもしれません。 口癖の改善を妨げる要因の1つが「頑固」です。 頑固になっていると、口癖を直すのが難しくなります。 「変化をしたくない」 「今のままでいい」 「新しい習慣には嫌だ」 「古い習慣が心地よい」 「自分は正しい」 「自分は間違っていない」 自分の価値観や考え方があるのは素晴らしいことですが、あまり執着していると、新しい変化を受け入れることができません。 頑固も個性の1つと言えますが、自分の考え方に固執するのはよくありません。 融通の利かない考え方が思考を支配すると、視野も狭くなります。 他人の意見を聞こうとしなくなると、頭が固くなる一方。 自分の殻に閉じこもっていると、内面まで暗くなってしまいます。 口癖を直すことは、新しい習慣を身につけることと同じです。 新しい変化を受け入れ、新しい行動パターンを定着させることになります。 新しい変化を拒み、古い習慣に固執していると、口癖を直す妨げになります。 せっかくの魅力も半減します。   思い出してください。 幼い子供たちは、口癖があっても簡単に直せます。 それは、素直だからです。 さっと新しい変化を取り込み、すぐ生かします。 素直であればあるほど、新しい変化を柔軟に取り入れるのがスムーズになるため、口癖を直しやすくなるのです。 さあ、素直な心を取り戻しましょう。 幼い頃を思い出し、頭を柔らかくしましょう。 見栄やプライドに固執するのもやめましょう。 大きな心をイメージして、新しい変化も受け入れる準備をしましょう。 自分に非があることは、素直に認めたい。 素直になればなるほど、新しい変化に対応しやすくなって、口癖を直すのが簡単になります。 素直になれば、あっという間に口癖が直るのです。 素直になる。

23
★1

なかなか口癖が直らないのは、まだ意識が弱い証拠。

口癖を直そうとするとき、苦労することがあります。 なかなか口癖が直らない。 注意をしているにもかかわらず、うっかり口癖が出てしまう。 一時的に直ったように思えても、油断すると、再び口癖が戻ってしまう。 口癖は、言葉の習慣です。 一度定着した口癖は、体に染みついていて、なかなか簡単には直ってくれません。 しかし、気づいてください。 直せない口癖は1つもありません。 口癖は、けがでも病気でもありません。 どんな口癖も、本人の心がけ次第で必ず直せます。 では、なかなか口癖が直らない理由は何か。 原因はただ1つです。 意識が弱いのです。 口癖を直すには、とにかく意識です。 意識をすることなくして、口癖を直すのは不可能。 「口癖を直したい」と思っているだけでは口癖は直りません。 天に祈っているだけでは口癖が直るなら苦労しません。 人に助けてもらうことはできますが、口癖を直すのは本人しかできません。 口癖を直すには、意識をすることが欠かせません。 「この口癖を直す!」 そう強く意識するから、自分の言葉遣いが少しずつ癖を直せます。 口癖が喉まで出かかっていても、ぐっと飲み込めます。 不要な言葉を抑えたり別の言葉に置き換えたりできます。 口癖の改善は「意識に始まり、意識で終わる」と言っても過言ではありません。 そのくらい「意識が重要」ということです。   なかなか口癖が直らないのは、まだ意識が弱い証拠です。 「自然と口癖が直ってほしい」と安易に考えていないでしょうか。 意識をしているつもりになっていませんか。 口癖を直すことは、新しい習慣を身につけるのと同じです。 最初は違和感がありますが、慣れてくるにつれて、だんだん普通に感じてきます。 うっかり意識が抜けるなら、意識せざるを得ない仕組みを作ってください。 「口癖を直す」と書いた紙を貼ったり、毎日日記に記録をつけたりなどです。 強くしっかり意識をしましょう。 意識、意識、また意識。 あなたの意識の強さが、口癖の改善を決めるのです。 なかなか口癖が直らないなら、もっと強く意識する。

24
★1

ポジティブになるから、口癖が直るのではない。
口癖が直るから、ポジティブになる。

「口癖を直すには、どうすればいいだろうか」 そんなとき、ポジティブになることを心がける人もいるかもしれません。 ・明るい気持ちになる ・何事も肯定的になる ・常に感謝の気持ちを持つ ・前向きな生き方を心がける ・明るく建設的な未来を想像する たしかにポジティブになれば、口癖も直りやすく感じるでしょう。 明るい気持ちでいたほうが、口癖を直すときのストレスも小さくなります。 ポジティブになって熱意と意欲があれば、口癖の改善も早くなるでしょう。 しかし、ここに誤解があります。 ポジティブになるだけで口癖が直ると思うなら、誤解です。 口癖は、あくまで癖です。 いくらポジティブになったところで、口癖は癖にすぎません。 普段の言葉遣いとして定着しています。 ポジティブになったところで、ネガティブ口癖があると、気力の妨げになります。 普段から「疲れた」「しんどい」「面倒くさい」という口癖がある人が、やる気を出そうとするのは難しいでしょう。 やる気を出そうとした直後「面倒くさい」と言ってしまうと台無しです。 せっかく心に火がついても、自分で水をかけて、鎮火させることになります。 つまり「悪い口癖は、ポジティブな気持ちを妨げる」ということです。   ポジティブになりたいなら、悪い口癖を直すことです。 口癖が直ると、言葉遣いがすっきりします。 話が分かりやすくなり、はきはきした話し方で好印象になり、気持ちの表現も上手になります。 会話がスマートになることで心まで明るくなり、結果としてポジティブな気持ちになっていくのです。 口癖を直すことは、空から曇を取り除くことに似ています。 空から雲を取り除けば、太陽の光が地上に届きやすくなり、明るくなります。 口癖を直すことも同じです。 口癖を直すことで、心や気持ちが相手に届きやすくなり、明るいコミュニケーションができるようになります。 ポジティブになるから、口癖が直るのではありません。 口癖が直るから、ポジティブになるのです。 ポジティブになりたいなら、口癖を直しましょう。 悪い口癖を良い口癖に変えれば、ますますポジティブになれます。 すでにポジティブであれば、口癖を直せば、もっとポジティブになれるはずです。 言葉遣いがスマートになると、考え方もスマートになります。 余計な口癖がなくなることで、心がすっきりして、気持ちも明るくなるのです。 話し方をスマートにするために、口癖を直す。

25
★0

耳障りな口癖のある人を反面教師にすれば、あなたにとって「良い教師」になる。

あなたの身近に、耳障りな口癖を連呼する人はいませんか。 変な口癖を言う人。 下品な口癖を言う人。 ネガティブな口癖を言う人。 もしそんな人がいれば、ぜひ参考にしてください。 真似をするのではありません。 反面教師として、真似をしないようにするのです。 人の口癖は、気になってしまうもの。 特にネガティブな口癖のある人は、聞いているこちらまでいらいらしてくるでしょう。 相手の耳障りな口癖に接したとき、むっとして終わるのではありません。 口癖を直すモチベーションに変えましょう。 あなたに直したい口癖があるなら、いつの間にか周りに不快感を与えているかもしれません。 「この人の口癖は感じが悪いな。自分はどうだろうか。自分もこうならないように注意しよう」 そう思えば、ますます心が引き締まり、口癖を直すモチベーションがみなぎってくるでしょう。 たとえば「要するに」という口癖がある人です。 適切な使い方なら問題ありませんが、立て続けに何度もしつこく繰り返していると、意味も効果も薄れます。 1回の会話に「要するに」という言葉が何度も登場すると、相手をうんざりさせます。 その人は「要するに」と連呼することが、どれだけ相手を不快にさせるか教えてくれました。 反面教師にして「自分は『要するに』という口癖に注意しよう」と自戒すれば、言葉遣いが引き締まるでしょう。   「あの~」「えっと」「まあ」といった口癖が目立つ人もいるでしょう。 「すっきりしない口癖が目立つなあ」と思えば、自分も注意するのです。 「自分も同じ口癖があるかもしれない。言葉遣いに注意しよう」と思えば、口癖を直すモチベーションがアップするでしょう。   「ある意味~」「変な話だけど」「逆に言うと」といった口癖のある人がいます。 これらのフレーズを言われたとき「余計な一言だな」と感じたなら、反面教師として、自分は言わないように注意しましょう。 反面教師にすれば、耳障りな口癖に接することがあっても、前向きに受け止めることができます。   耳障りな口癖のある人を反面教師にすれば、自分のためになるので、ストレスも半減するでしょう。 その人は、反面教師という嫌な役を演じながら、無料であなたに大切なことを教えてくれています。 「私みたいな口癖はやめたほうがいいよ」と教えてくれています。 スマートな話し方を参考にするのもいいですが、耳障りな口癖のある人を反面教師にするのも参考になります。 悪いお手本として生かそうではありませんか。 耳障りな口癖のある人を反面教師にすれば、あなたにとって「良い教師」になるのです。 耳障りな口癖のある人を反面教師にする。

26
★0

口癖が直すには、時間がかかる。
時間をかけるから、きちんと直る。

口癖を直すには、時間がかかります。 「あまり時間をかけたくない。さっさと口癖を直したい」 あまり手間をかけず、できるだけ早く直したいと思うもの。 悪い口癖は、悪影響があります。 自分の印象を下げたり、人に不快感を与えたりなど、いいことはありません。 悪影響がある口癖なら、早めに直しておくのが賢明です。 しかし、いくら早く直したいとはいえ、一瞬や一晩で直すのは困難です。 意識や考え方を変えるなら、一瞬で可能ですが、口癖を変えるとなると難しい。 無意識の口癖は、しっかり定着しています。 定着した口癖は、口元だけでなく、思考回路にも染みついています。 睡眠中に見る夢の中でも、口癖が伴った会話になっているでしょう。 意識をすることで、そのときの口癖は直せても、あくまで一時的です。 集中的に取り組めば少しは早く直せるでしょうが、定着した口癖をきちんと直すには時間がかかります。 口元や思考回路が癖を覚えていて、油断すると、うっかり普段の口癖が出てしまいます。 むしろ急いで直そうとするほうがよくありません。 口癖の直し方が、雑になったり中途半端になったりします。 時間がたつと元に戻ってしまい、頑張って取り組んだ意味がなくなります。   口癖は、迅速に直すより確実に直すほうが大切です。 言葉は、一生使い続けるツールです。 コミュニケーションは、死ぬまでずっと関わっていくもの。 「一生もののツールを改善するチャンス」と思えば、時間をかける価値があると分かるでしょう。 焦って口癖を改善するより、時間がかかってもいいので、きちんと直すことが大切です。   きちんと口癖を直すためには、時間がかかることを受け入れましょう。 口癖を直すのは、新しい習慣をつけるのと同じことなので、時間をかけたほうがいいでしょう。 どのくらい時間がかかるかは、癖の強さによりますが、どんなに短くとも3週間は必要です。 口癖は、時間をかければかけるほど、きちんと直ります。   時間がかかるのがおっくうなら、楽しむことです。 口癖の改善を楽しめば、時間が気にならなくなります。 ゲームを楽しめば、時間がすぐたちますが、口癖を直すことを楽しめば、時間がすぐたちます。 あっという間に3週間がたっているでしょう。 気づけば、口癖も直っているはずです。 口癖を直すのに時間がかかることを受け入れる。

27
★1

口癖が直ると、決断力と行動力が高まる。

口癖が直ると、ある2つの能力が高まります。 それは「決断力」と「行動力」です。 口癖と決断力・行動力は無関係に思えますが、実は大いに関係があります。   口癖を直すと、はきはきした話し方になり、言葉遣いがスマートになります。 暗い表現が減って、明るい表現が増えます。 ネガティブな心が消え、ポジティブな心が生まれます。 無意味な言葉が減ることで、話が分かりやすく・聞きやすくなります。   「口癖を直す」ということは「言葉遣いがスマート」になるだけでなく「思考もスマートになる」ということです。 口癖が直ることで、ストレートな表現が増え、価値観や考え方がシンプルになります。 価値観や考え方がシンプルになると、判断や意思決定もスムーズになります。 好きなことなのか、嫌いなことなのか。 正しいことなのか、間違っていることなのか。 やりたいことなのか、やりたくないことなのか。 いわば、曇り空から雲が消え、晴天が広がるような状態になります。 心のゴミを取り除くことになり、心が軽くなります。 自分が持つ本来のパワーをスムーズに発揮できるようになる。 その結果、心に張りと潤いが生まれ、決断力と行動力が出てくるのです。 決断力と行動力のある人は、曖昧な口癖がありません。 曖昧な口癖がないから、決断力と行動力が高まっていったのです。   あなたは今、決断力と行動力がなくて悩んでいるかもしれません。 もしそうなら、なおさら口癖を直す価値があると言えます。 「たかが口癖」とはいえ、人の思考にも影響を及ぼす大切なポイントです。 あなたの口癖が直っているころには、決断力と行動力がレベルアップしているはずです。 口癖を直して、決断力と行動力を高める。

28
★1

罰則を作ってみるのも、有効策の1つ。

口癖を直す方法として罰則を作る方法があります。 口癖は違法行為ではありませんが、マイルールとして罰則を作っておくのも1つのアイデアでしょう。 前もって罰則を作っておき、口癖を言ったとき、自分に罰則を科すようにします。 「いちいち罰則を作るのは大げさ」 そう思う人も多いのではないでしょうか。 たしかに罰則を作るのは「やりすぎ」という感じが否めません。 口癖を直すのに罰則と作るのは、少しインパクトがあります。 つらいことは誰でも経験したくないでしょう。 「もっとのんびり気軽に直したい」という人もいるでしょう。 「罰則を作ると、ストレスが増えて嫌だ」と思う人もいるはずです。 しかし、きちんと口癖を直したいなら、効果的な方法であるのは事実です。 肉体的・精神的・経済的苦痛が伴う罰則があれば、気合が入って心が引き締まります。 「苦しみたくない」という緊張感が、口癖を直す行動を推し進めてくれるでしょう。 緩い罰則でも、厳しい罰則でもかまいません。 大切なのことは「罰則を作って順守する」ということです。 罰則と聞けば、厳しいイメージがありますが、自分のためや社会のためになるような罰則なら、楽しく取り組めるはずです。 たとえば、腕立て伏せです。 うっかり口癖を言ったときは、一定回数の腕立て伏せをするようにします。 腕立て伏せの回数に決まりはありませんが「少し大変」というくらいがいいでしょう。 肉体的苦痛が伴いますが、見方によっては筋トレにもなるので、健康的とも言えるでしょう。   ストレートに罰金を作ってみるのもいいでしょう。 うっかり口癖を言ったときは、100円の罰金を払います。 罰金は、コンビニやファストフード店で設置されている寄付金箱に入れるようにします。 表向きは罰金ですが、寄付になっているので、無駄金になっているわけではありません。   そのほかにも、さまざまな罰則があります。 「夕食は抜き」という罰則なら、ダイエットになるでしょう。 「その日の飲酒は禁止にする」という罰則なら、健康的です。 「親の手伝いをする」という罰則なら、親に喜ばれるでしょう。 意義のある罰則なら、比較的取り組みやすいでしょう。 罰則の内容そのものが、健康や社会のためになるので、前向きに取り組めます。 もちろん罰則を作って終わりにするのではなく、きちんと順守すること大切です。 苦痛が伴う罰則があれば、気合が入って、心が引き締まります。 すべての人に有効な方法ではありませんが、罰則方式が合っている人もいるでしょう。 自分に合っているなら、無理をしない範囲で罰則を作ってみてはいかがでしょうか。 罰則を作って、順守する。

29
★1

口癖を直すのは、家の修繕のようなもの。
「いつでも直せる」と思いながら、いつまでも直さない。

家に不具合が発生することがあります。 雨漏りや水漏れなど、生活に支障が出ているトラブルなら「今すぐ直そう」と思うのでアクションも早い。 すぐ業者に連絡したり、自分で直そうとしたりすることでしょう。 ところが、軽微な不具合は後回しにされがちです。 ・床がきしむようになった ・浴室ドアが劣化してきた ・クロスの継ぎ目が剥がれてきた 軽微なトラブルは大きく困っているわけではありません。 床がきしんだり、浴室のドアが劣化したり、クロスの継ぎ目が剥がれたりしても、我慢すれば何とかなります。 不便があるわけでもなければ、緊急性のあるトラブルというわけでもありません。 違和感や不快感といったストレスは感じるものの、少し我慢すれば済む話。 「特別困っているわけではない」 「時間があるときに直せばいいよね」 「いつか何とかしないといけないよね」 そう思いながら、ずるずる後回しにされ、なかなか直さないのです。 「いつでもできる」「いつかやろう」と思っていることに限って、いつまでも実行されない。 ぼろぼろの状態になって、不便が本格的になってから、ようやく重い腰を上げることになるのです。   口癖も、家の修繕のようなものです。 ・変な口癖 ・違和感のある口癖 ・周りにストレスを与える口癖 「今すぐ直さないと困る」というものでもありません。 今すぐ人間関係に亀裂ができるわけでもなければ、今すぐ人事評価に響く悪影響でもない。 不便があるわけでもなければ、緊急性のあるトラブルというわけでもありません。 口癖があっても、今まで普通に生きてくることができました。 そのため「いつか直そう」と後回しにされやすいのです。 しかし、少なからず悪影響やストレスがあるのは事実です。 いつの間にか周りに不快感を与えているかもしれません。 知らず知らずのうちに、自分の印象や評価を落としていることがあります。 「周りに迷惑をかけていない」と思っていても、自分では気づいていないだけで、実際は迷惑をかけているかもしれない。 改善を後回しにしているかぎり、いつまで経っても口癖を直すことはできません。 もう後回しにやめて、今すぐ改善に取りかかりましょう。 軽微だからとはいえ、後回しにしていいわけではない。 大きな悪影響がなくても、少なくとも直したほうがいいのは事実です。 「今日から直す」と思ったら、今すぐ口癖を直すことに取りかかりましょう。 ずるずる後回しにし続けていると、改善が遅れるばかりです。 なかなか予定を立てることができないなら、口癖を直す期日を作ればいいことです。 スケジュール帳を開き、期日を書き込みましょう。 3週間先を目安に期日を作れば、急に気持ちが引き締まり、体が動き始めるでしょう。 身近な人から「直したほうがいい」と言われなくても、自分で悪いと感じているなら、直したほうがいい。 「いつでも直せる」と思うなら、なおさら今すぐ取りかかるのが賢明です。 「いつでも直せる」と後回しにするのはやめ、今すぐ口癖を直す。

30
★1

口癖を直す最高の方法は、楽しむこと。

口癖を直す最高の方法は何でしょうか。 ・意識を高めること ・ゆっくり話すこと ・罰則を作ること ・しっかり話し方の練習をすること ・話す前に一呼吸置く習慣をつけること どれも効果的な方法ですが「最高」と呼ぶには、少し違います。 最高の方法は、マインドの部分にあります。 それは「楽しむこと」なのです。 口癖を直すとき、ネガティブな気持ちになっていないでしょうか。 「嫌だ」 「苦しい」 「面白くない」 「つまらない」 「面倒くさい」 正直な気持ちかもしれませんが、ネガティブな気持ちになっていては、口癖を直すことがつらい作業になります。 嫌な気持ちで口癖を直そうとすると、なかなかモチベーションが上がりません。 口癖を直すことにストレスを感じ、しんどくなります。 うっかり口癖が出ただけで、恥を感じ、自分を責めてしまいます。 罪悪感に苦しみ、劣等感にさいなまれます。 せっかくやる気があっても、途中で投げ出し、長続きしなくなるのです。   もっと前向きになりましょう。 口癖を直すことを楽しむのです。 自分の口癖が少しずつ変化していくことに喜びを感じましょう。 そうすれば、わくわくしてきて、心が躍り始めます。 口癖を直すことが苦でなくなります。 口癖を直すことを「楽しいイベント」と考えてみてください。 せっかく口癖を直すのですから、楽しいイベントにしようではありませんか。 話す前に一呼吸置くことを楽しみましょう。 言葉を置き換えることも楽しみましょう。 自分が変化していくことを楽しみましょう。 遊び感覚・ゲーム感覚で楽しめば、面白くなります。 楽しんでいると、ストレスが半減して、喜びが倍増します。   スマートな話し方を身につけ、生まれ変わった自分をイメージしてください。 自然と明るい気持ちになり、わくわくする気持ちが高まってくるでしょう。 口癖を直すのは、もっと素晴らしい自分になるための手段です。   うっかり口癖が出ることがあっても、落ち込む必要はありません。 反省を生かして、次から改善すればいいことです。 なかなかうまくいかなくても、きっと乗り越えられるでしょう。 何事も、つまらないより楽しいほうが長続きします。 楽しむことこそ、口癖を直す最高の方法なのです。 口癖を直すことを楽しむ。

同じカテゴリーの作品