会話

口癖を直す
30の方法

  • 口癖を直すことも、
    スキルアップの1つ。
口癖を直す30の方法

もくじ
  1. 口癖を直すことも、スキルアップの1つ。

    「スキルアップ」
    そう聞いたときイメージするのは、どんな様子でしょうか。
    新しい仕事を覚えること。

  2. 口癖には、2種類ある。
    良い口癖と悪い口癖。

    「口癖はすべて直さなければいけない」
    そう思っていないでしょうか。
    「口癖」という言葉にネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。

  3. 口癖を直すために一番必要なのは、意識。

    口癖を直すために一番必要なのは何でしょうか。
    体力でしょうか。
    時間でしょうか。

  4. 直せない口癖は、1つもない。
    どんな口癖も、努力をすれば必ず直せる。

    「うっかり言ってしまう言葉がある」
    「口癖があって、なかなか直らない」
    「子供の頃からの口癖があって、悩まされている」

  5. 「口癖を直したい」と考えるのではない。
    「口癖を直す」と考えよう。

    口癖を直すとき、大切なのは「考え方」です。
    口癖を直そうとするとき、どんな考えで取り組もうとするでしょうか。
    「口癖を直したい」

  6. 直したい口癖を書き出すと、改善も早くなる。

    あなたにはどんな口癖がありますか。
    あなたには、あなた特有の口癖があるはずです。
    口癖を直すなら、まず自分の口癖を書き出してみましょう。

  7. 無自覚の口癖に気づくなら、自分の会話を録音するとスムーズ。

    自分の口癖は、なかなか自分では気づきにくいもの。
    自分で気づかないと、注意も改善もできません。
    自分では普通に話しているつもりでも、他人から聞くと、口癖が目立つことがあります。

  8. 直したほうがいい6つの口癖。

    直したほうがいい口癖には、どのような種類があるのでしょうか。
    口癖を直したくても、どんな口癖が悪いのか分かっていなければ、直しようがありません。
    自分の印象を下げたり、話が分かりにくくなったり、相手に不快感を与えたりする口癖は、改善する必要があるでしょう。

  9. 話す前に一呼吸置く習慣をつけよう。

    口癖を直すなら、話す前が重要です。
    話してから言葉を取り消したり言い直したりすることもできますが、スマートではありません。
    「今の言葉は忘れてね」

  10. 早口で話していると、口癖が直らない。
    ゆっくり話すと、口癖が直る。

    口癖を直したいなら、話すスピードが大切です。
    話すスピードは、口癖の改善に関係する重要ポイントの1つです。
     

  11. うっかり口癖を言ってしまったら、恥ずかしくても、きちんと言い直そう。

    うっかり口癖を言ってしまうことがあります。
    注意していたにもかかわらず、口が滑るのは、誰でもあること。
    「しまった。注意していたのに言ってしまった」と、一瞬焦ります。

  12. 言葉の置き換えで、口癖を直す。

    口癖を直す方法として有効なのが「言葉の置き換え」です。
    直したい口癖があるなら、ただ禁句にするのではなく、別の言葉に置き換えることができないか考えてみてください。
    禁句にするより、別の言葉で置き換えたほうが、話し方がスマートになることがあります。

  13. 口癖を直すときは、目標とイメージが大切。

    口癖を直すなら、目標を作りましょう。
    口癖を直した結果、どんなふうになりたいか、目標を作るのです。
    単に口癖を直すのもいいですが、より具体的に取り組むためにも、目標を作ったほうが効果的です。

  14. 沈黙を恐れるな。
    会話が途切れても、気にしないことが一番。

    「えー」
    「あの~」
    「えっと」

  15. 口癖を指摘されたら、むっとするのではなく、感謝する。

    人から口癖を指摘されることがあります。
    「変な口癖があるね」
    「少し気になる口癖だね」

  16. 会話の機会なくして、口癖は直せない。

    「口癖に注意しよう」
    そう思ったとき、自然と会話に消極的な心理が働く傾向があります。
    自然と自分から話しかけることが少なくなり、会話量も減ってしまいます。

  17. 周りの協力を得ることで、口癖の改善も早くなる。

    口癖を直すためには、協力を得ておくことも大切です。
    もし周りの協力が得られるなら、ぜひ得ておきましょう。
    家族や友達など、身近な人にお願いしてみましょう。

  18. 1文が長いと、うっかり口癖を言ってしまう。
    1文が短いと、きちんと口癖に注意できる。

    会話のとき、1文がやたら長い人がいます。
    「~のことなんだけど~と思っていたら~だったけど、途中で都合が悪くなって~とも言いにくく~要するに~だから~」
    接続詞で話をつなげ、長々した話し方になっています。

  19. 最初から完璧を目指す必要はなし。

    口癖を直すとき、最初から完璧を目指そうとしていませんか。
    「今すぐ口癖を卒業する!」
    「今すぐ完璧に口癖を直したい!」

  20. 口癖を直すときに大切なのは「早く直すこと」より「確実に直すこと」。

    あなたが直したい口癖は、いくつありますか。
    「直したい口癖は、1つではない。たくさんある」
    そんな人も多いのではないでしょうか。

  21. 人前で発表する機会は、口癖を直すチャンスになる。

    口癖を直すための基本的な対策があります。
    それは、練習です。
    スピーチ、プレゼン、会議。

  22. 頑固なままでは、口癖は直せない。
    素直になると、口癖が直る。

    あなたは頑固なほうですか。
    人から「頑固だね」と言われることはありませんか。
    もし心当たりがあるなら、口癖を直すのに苦労するかもしれません。

  23. なかなか口癖が直らないのは、まだ意識が弱い証拠。

    口癖を直そうとするとき、苦労することがあります。
    なかなか口癖が直らない。
    注意をしているにもかかわらず、うっかり口癖が出てしまう。

  24. ポジティブになるから、口癖が直るのではない。
    口癖が直るから、ポジティブになる。

    「口癖を直すには、どうすればいいだろうか」
    そんなとき、ポジティブになることを心がける人もいるかもしれません。
    ・明るい気持ちになる

  25. 耳障りな口癖のある人を反面教師にすれば、あなたにとって「良い教師」になる。

    あなたの身近に、耳障りな口癖を連呼する人はいませんか。
    変な口癖を言う人。
    下品な口癖を言う人。

  26. 口癖を直すには、時間がかかる。
    時間をかけるから、きちんと直る。

    口癖を直すには、時間がかかります。
    「あまり時間をかけたくない。さっさと口癖を直したい」
    あまり手間をかけず、できるだけ早く直したいと思うもの。

  27. 口癖が直ると、決断力と行動力が高まる。

    口癖が直ると、ある2つの能力が高まります。
    それは「決断力」と「行動力」です。
    口癖と決断力・行動力は無関係に思えますが、実は大いに関係があります。

  28. 罰則を作ってみるのも、有効策の1つ。

    口癖を直す方法として罰則を作る方法があります。
    口癖は違法行為ではありませんが、マイルールとして罰則を作っておくのも1つのアイデアでしょう。
    前もって罰則を作っておき、口癖を言ったとき、自分に罰則を科すようにします。

  29. 口癖を直すのは、家の修繕のようなもの。
    「いつでも直せる」と思いながら、いつまでも直さない。

    家に不具合が発生することがあります。
    雨漏りや水漏れなど、生活に支障が出ているトラブルなら「今すぐ直そう」と思うのでアクションも早い。
    すぐ業者に連絡したり、自分で直そうとしたりすることでしょう。

  30. 口癖を直す最高の方法は、楽しむこと。

    口癖を直す最高の方法は何でしょうか。
    ・意識を高めること
    ・ゆっくり話すこと

同じカテゴリーの作品