人生の教科書



プラス思考
「この人も疲れているのだろう」と考えると、優しくなれる。
ストレス対策
いらいらするのは、余裕がないから。
子育て
もたもたする子供にいらいらするのは、自分に余裕がなくなっている証拠。
ストレス対策
寝るか忙しくすれば、嫌なことを忘れる。
ストレス対策
いらいらしない人になるために「余裕のある生活」を心がけよう。
トラブル対処
完璧な人は1人もいない。
だからおおらかになろう。
プラス思考

心が疲れたときの
30の言葉

お気に入り4 読んだ
16

赤信号くらいでいらいらするのは、
赤信号。

赤信号くらいでいらいらするのは、赤信号。 | 心が疲れたときの30の言葉

赤信号になったとき、いらいらしていませんか。

  • 「あと少し早ければ、進めたのに」

ちょうど赤信号になった瞬間に出くわすと、少し嫌な気持ちがします。

急いでいるときに赤信号にぶつかると、なおさらいらいらしがちです。

 

しかし、悔しい気持ちがふつふつわき上がるなら、そんな自分の心こそ、赤信号です。

あらためて考えてみましょう。

赤信号くらい、人生では大したことではありません。

交通ルールは、交通ルール。

ほんの1分くらい進むのが遅れますが、それだけのことです。

人生に何の影響もありません。

もし赤信号でいらいらするなら、そもそも余裕のない生活を送っている自分を反省する必要があるでしょう。

赤信号くらいで、いらいらしないことです。

青信号になるまで、余裕を持って待てる人になりたいですね。

まとめ

心が疲れたときの言葉 その16
  • 赤信号くらいで、
    いらいらしない。
勝ってから「勝った」と言うのでは遅い。
戦う前に「勝った」と言うから勝てる。

もくじ
(心が疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品