人生の教科書



プラス思考
明るい毎日を送るためのキーポイントは「人間関係」。
失恋・別れ
失恋して、あらためて家族の大切さを痛感する。
プラス思考
自然と切れる人間関係も、あっていい。
生き方
人間関係に挟まれる40代は、1人で遊ぶ時間が必要。
プラス思考
他人を信じるより、まず自分を信じよう。
出会い
割り勘より、おごったほうが、人間関係は長続きする。
プラス思考

心が疲れたときの
30の言葉

お気に入り5 読んだ
4

人間関係とは、
携帯用カイロのようなもの。
もまないと、
温まらない。

人間関係とは、携帯用カイロのようなもの。もまないと、温まらない。 | 心が疲れたときの30の言葉

寒いときに欲しくなるものと言えば、携帯用カイロ。

最初は冷たいのですが、手で揉んでいるうちに、だんだん温かくなります。

中にある素材が化学反応を起こして、だんだん温かくなっていきます。

強くもむと、温まるスピードも速くなるのが特徴です。

人間関係も、携帯用カイロのようなものです。

人間関係があるだけではいけません。

人間関係があっても、接することがなければ、冷たいまま。

大切なのは、やり取りです。

会ったときには、きちんと挨拶をする。

困ったときには、話し合ったり協力し合ったりする。

頼ったり頼られたりする。

時には、喧嘩もする。

揉んだり揉まれたりすることで、相手の心に触れることができ、だんだん温かくなっていきます。

心のぬくもりが発生して、人間関係が温まっていくのです。

人間関係に揉まれることを、避けるのではなく、楽しみましょう。

むしろ、揉まれることを歓迎しなければいけないのです。

まとめ

心が疲れたときの言葉 その4
  • 人間関係に揉まれることを楽しむ。
落ち込んだときは、いつもと違った道を通る。

もくじ
(心が疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品