人生の教科書



プラス思考
積極性すら、習慣。
プラス思考
歩く習慣は、元気になる習慣だ。
緊張・あがり症
普段から緊張を感じている人は、ぼけない。
プラス思考
自分への期待を忘れていませんか。
プラス思考
「振り返る」
生き方
口癖も、習慣の1つ。
プラス思考

心が疲れたときの
30の言葉

お気に入り6 読んだ
30

親切をしている人は、
ぼけにくい。

親切をしている人は、ぼけにくい。 | 心が疲れたときの30の言葉

ぼけを予防するには、誰かに親切を心がけましょう。

親切は「される状態」より「する状態」であることがポイントです。

自分から好意を持って人のために尽くすとき、脳は活発に活動します。

まず自分のことを考えているのが、普通の状態ですね。

自分の利益や都合を最優先に考えるでしょう。

 

しかし、常にそればかりではよくありません。

弱い立場にある人のことを考え、喜んでもらえる行動をしましょう。

ただ助けるのではなく、思いやりの気持ちを抱きながら親切を心がけることが大切です。

親切にあたることなら、何でもかまいません。

困っている人がいれば、自分のできる範囲で協力する。

誰かの悩みを聞いてあげる。

心が弱っている人を励ます。

こうしたことを考えるとき、脳の活動は活発になります。

親切をしているときの脳は、自分のことだけでなく、相手のことも考える状態になります。

考え方が2倍になり、思考力も2倍になります。

双方の考え方ができているため、頭をより深く使っているのです。

そして、自分が誰かの役に立つ実感が得られると、脳は喜びを感じ、いっそう活性化されます。

誰かに親切することを考えましょう。

この習慣は、ぼけになりかけてから始めるより、ぼけになる前から始めるほうが効果的です。

ぼけの予防だけでなく、本人の人生も豊かにできる習慣になるでしょう。

まとめ

心が疲れたときの言葉 その30
  • 親切を習慣にして、
    ぼけを予防する。
まとめ

もくじ
(心が疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品