プラス思考

心が疲れたときの
30の言葉

読んだ お気に入り5
19

本番前は
無駄な言い訳をしない。
「大丈夫」と豪語する人が、
成長する。

本番前は、無駄な言い訳をしない。「大丈夫」と豪語する人が、成長する。 | 心が疲れたときの30の言葉

試験・試合・プレゼン。

本番前、言い訳から始めていませんか。

「今日は少し体調が悪い」

「何だか気分が乗らない」

「練習が足りないから、うまくいくか分からない」

うまくいかなかったとき、少しでも恥を減らすため、予防線を張ろうとします。

 

しかし、言い訳ばかりするのも疲れます。

そういうところで大事な体力を使っているから、本番で力を発揮しにくくなるのです。

本番前は、言い訳はしません。

言い訳がなくなると、限りある気力・体力・精神力を、すべて本番に使えるでしょう。

そして「大丈夫」と豪語しましょう。

堂々とした発言をすると、うまくいかなかったときは、思いきり恥をかけます。

自分で自分を追い込むことになりますが、これでいいのです。

恥を感じるべきときに、しっかり恥をかいておくほうが、人生経験になります。

その恥ずかしさがあるから「もう同じことを繰り返したくない」という力が湧いてきます。

次から、もっと頑張れます。

短期的には苦しいですが、中長期的には、成長を促すのです。

まとめ

心が疲れたときの言葉 その19
  • 本番前は無駄な言い訳をせず「大丈夫」と豪語する。
「○○さえあれば」と考えているうちは、それを手に入れてもうまくいかない。

もくじ
心が疲れたときの30の言葉
本番前は、無駄な言い訳をしない。「大丈夫」と豪語する人が、成長する。 | 心が疲れたときの30の言葉

  1. 自分の能力が生かせる仕事をする。
    仕事を通して、能力をさらに伸ばす。
  2. 「3歩進んで、2歩下がる」。
    思いどおりに行かないから、人生は面白い。
  3. 落ち込んだときこそ、花の力を借りよう。
  4. 人間関係とは、携帯用カイロのようなもの。
    もまないと、温まらない。
  5. 落ち込んだときは、いつもと違った道を通る。
  6. 自然と切れる人間関係も、あっていい。
  7. 自分が納得しているなら、友達の数はゼロでもいい。
  8. 「ありがとうございます」と言えたあなたは、偉い。
  9. きちんと謝れたあなたは、偉い。
  10. 間違えたのではない。
    勉強すべきところを見つけたのだ。
  11. 大変と言えるうちは、まだ大丈夫。
    大変と言えなくなったら、本当に大変。
  12. 誰かになるのは不可能。
    自分は自分しかなれない。
  13. 悪口を言うのは簡単。
    褒め言葉を言うのは難しい。
  14. いくら懐かしんでも、過去は戻ってこない。
    大切なのは、これからの未来。
  15. 靴ひもをきゅっと締めるだけで、気持ちも引き締まる。
  16. 赤信号くらいでいらいらするのは、赤信号。
  17. 勝ってから「勝った」と言うのでは遅い。
    戦う前に「勝った」と言うから勝てる。
  18. 友達と楽しい会話ができた。
    これだけで幸せ。
  19. 本番前は、無駄な言い訳をしない。
    「大丈夫」と豪語する人が、成長する。
  20. 「○○さえあれば」と考えているうちは、それを手に入れてもうまくいかない。
  21. 今日のあなたの課題。
    嫌いな人にも、笑顔で挨拶すること。
  22. 何が何でも、心だけは上向きを維持しよう。
  23. 笑う気分ではないときは、笑えないことを笑えばいい。
  24. あなたは、常に見守られている。
  25. 何だか刺激のない生活と思ったときの対策。
  26. 心を癒すイメージを思い浮かべば、苦手な人にも優しくなれる。
  27. 時間だけは取り戻せない。
    だから、いつも真剣に生きること。
  28. 本音で話せる人が1人でもいれば、あなたは幸せ。
  29. お礼に時効はない。
  30. 親切をしている人は、ぼけにくい。

同じカテゴリーの作品