人生の教科書



プラス思考
自分で選んだ道しか、幸せになれない。
ニート
後悔も、人生の一部。
生き方
1人のときに、ぼうっとするな。
心の健康
1人になる時間で、自問自答の時間を作ろう。
プラス思考

心が疲れたときの
30の言葉

お気に入り16 読んだ
7

自分が納得しているなら、
友達の数はゼロでもいい。

自分が納得しているなら、友達の数はゼロでもいい。 | 心が疲れたときの30の言葉

友達の数は、重要ではありません。

ちまたでは「友達の数が多ければよい」という話を聞きますが、流されないことです。

人の人生なんて、人それぞれ。

 

たしかに友達は、大切な存在です。

友達は、悲しみを半分にしたり、幸せを2倍にしたりする力があります。

心が通じ合う友達は、悩みの相談にも乗ってくれるでしょう。

心の支えにもなり、人生の大切なパートナーになるはずです。

 

では、友達が絶対必要かというと、そうではありません。

あくまで「いたほうがいい」という程度にすぎません。

人間関係とはいえ、表面だけの付き合いもあるでしょう。

関わりたくない付き合いに振り回されるのも疲れます。

気休めにしからならない人間関係なら、いっそのこと「必要ない」と思う人もいるはずです。

そもそも人付き合いが苦手という人もいるでしょう。

「友達はいなくていい」

それもまた人生です。

大切なことは、自分が納得しているかどうかです。

友達がいない寂しさに耐えられる人もいるはずです。

煩わしい人付き合いをなくしたい人もいるはずです。

自分で納得しているなら、友達がゼロでも、大いに結構。

自分が決めたことなら、それが正解です。

逆に考えてみましょう。

友達がいないメリットも、たくさんあります。

自由な時間が生まれます。

煩わしい付き合いから解放されます。

圧倒的な1人の時間が手に入ります。

周りに流される心配もありません。

自分の人生ですから、自分で決めることです。

自分で決めたことなら、たとえ友達がゼロの人生でも、立派な生き方です。

まとめ

心が疲れたときの言葉 その7
  • 自分が納得しているなら、友達のいない人生も受け入れる。
次のページ >>
「ありがとうございます」と言えたあなたは、偉い。

もくじ
(心が疲れたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品