人生の教科書



ニート
叱る人を拒み続けているかぎり、ニートから抜け出せない。
ニート
ニートから脱出するには、自分で自分を褒める習慣が必要。
ニート
「元ニート」も、立派な肩書。
ニート
ニートも社会人も、実情は、同じことの繰り返し。
ニート

やる気が出ないニートを励ます
30の言葉

お気に入り3 読んだ
4

ニートにも、
幸せを願う権利はある。

ニートにも、幸せを願う権利はある。 | やる気が出ないニートを励ます30の言葉

  • 「仕事もしていない」

  • 「友達も恋人もいない」

  • 「勤労の義務を放棄している」

  • 「国民保険や健康保険を納めていない」

ニートには、親や社会に迷惑をかけてばかりで、申し訳ない気持ちがあります。

そんな状況になると、どんどんニートには、自分に対する自信がなくなります。

「自分のような人間に、幸せを願う権利はあるのか」と思い始めるのです。

自信がなくなると、幸せを願うことすら、自信がなくなる状態です。

 

しかし、幸せを願うのは、すべての人に与えられた権利です。

どんな人にも幸せを願う権利はありますし、ニートにも幸せを願う権利はあります。

自分から、幸せを願う権利を捨ててはいけません。

幸せを願わなくなったらおしまいです。

幸せを願わなくなることは、不幸を願うことになります。

完全に力が出なくなり、人生に絶望するのです。

どんな状況でも、幸せになる願いだけは持ち続けることです。

「どうせ無理だ」と思わないことです。

「どうせ無理だ」と思うと、不可能に傾いてしまいます。

たとえニートの立場でも、堂々と自分の幸せを願いましょう。

幸せを願うから、可能性に目を向けるようになります。

「挑戦してみたい」「頑張りたい」という気持ちが高ぶり、人生が前向きになるのです。

まとめ

やる気が出ないニートを励ます言葉 その4
  • ニートの立場でも、
    堂々と、
    自分の幸せを願う。
明るい未来は、最初からあるのではない。
明るい未来を想像するから、明るい未来がやってくる。

もくじ
(やる気が出ないニートを励ます30の言葉)

同じカテゴリーの作品