人生の教科書



ニート

ニートが社会復帰する
30の方法

お気に入り15 読んだ
8

妄想しやすい人は、
悪化する前に行動。

妄想しやすい人は、悪化する前に行動。 | ニートが社会復帰する30の方法

あなたは、妄想しやすい人ですか。

妄想しやすいかどうかも、性格の1つであり、個人差があります。

妄想しやすい人は、その性格に悩まされることがあります。

意思の力で恐怖や緊張を抑えようとすると、かえって大きくなることがあります。

「恐怖に勝て!」と思うと、恐怖と戦っている自分を妄想してしまい、余計に恐怖が大きくなるでしょう。

「緊張するな!」と思うと、緊張から逃げている自分を妄想してしまい、余計に緊張が強くなるでしょう。

不安を抱えている自覚が強くなるため、余計に悪化するのです。

最初は小さな恐怖でも、妄想が繰り返されると、最終的に動けなくなるのです。

性格は、なかなか変えられません。

「妄想するな」と考えるのも難しい。

いい方法があります。

妄想しやすいなら、妄想する前に行動しましょう。

「怖い」「緊張する」と思いそうになれば、すぐ行動する。

妄想する時間を、自分に与えないのです。

 

たとえば、面接です。

採用担当者から面接の日程を聞かれたときは、できるだけ早くお願いしましょう。

面接までの日程が長いと、待っている間に妄想が働き、本番のときには最悪の状況になっているでしょう。

妄想してしまうなら、妄想する時間をなくすのです。

 

「3日後」より「明日」です。

 

 

「明日」より「今から」です。

 

早く面接を終わらせれば、待ち時間が最短になるため、妄想する時間も最短になります。

深く考えすぎず、さっさと面接の日程を決めてしまいましょう。

恐怖や緊張を、最小限に抑えることができます。

まとめ

ニートが社会復帰する方法 その8
  • 妄想しやすい人は、
    妄想する前に、
    行動する。
ニートの問題は、自然に解決するものではなく、自分から解決させるもの。

もくじ
(ニートが社会復帰する30の方法)

同じカテゴリーの作品