人生の教科書



生き方
祈ると言えば、自分の幸せばかり、祈っていませんか。
プラス思考
ぎりぎりの行動は、おおむねうまくいかないのが人生の法則。
プラス思考
人生の質を上げるために必要なのは、20パーセントの余裕。
気力
朝に余裕がない人は、人生にも余裕がない。
ニート

ニートが人生逆転する
30の方法

お気に入り17 読んだ
23

人生は、
少しくらい無駄があったほうが、
充実する。

人生は、少しくらい無駄があったほうが、充実する。 | ニートが人生逆転する30の方法

「人生から無駄をなくそう」という生き方が叫ばれています。

時間もお金も、無駄のない使い方が大切と言われています。

仕事でも効率を求められ、無駄を省こうとする動きが盛んです。

 

たしかに無駄を省くことは大切ですが、完全に無駄がなくなるのも問題です。

無駄のない生き方は、余裕のない生き方です。

本棚に、隙間なく本が並べられているようなものです。

無駄はありませんが、余裕もありません。

無駄が完全にない状態では、本も取り出しにくくなるでしょう。

詰め込まれている本にとっても、きっと窮屈で苦痛に違いありません。

人生は、少しくらい無駄があったほうがいいのです。

適度な無駄は、余裕になります。

本棚に、適度な空白があると、本を取り出しやすくなります。

本にとっても、適度な余裕のある空間は心地よく感じるでしょう。

無駄が有益を生むこともあるでしょう。

そのときは無駄に思えても、しばらくしてから、役立つことがあります。

無駄があるから、余裕をもって行動できます。

無駄があるから、思いもよらぬ出会いや発想につながることもあるでしょう。

余分な無駄が余裕を生み出し、余裕が幸せを生み出します。

無駄を認めましょう。

無駄を完全に省こうとするほうが、無駄です。

人生は、少しくらい無駄があったほうが、充実するのです。

まとめ

ニートが人生逆転する方法 その23
  • 人生の無駄を、認める。
次のページ >>
まっすぐより、曲がった人生のほうが、面白い。

もくじ
(ニートが人生逆転する30の方法)

同じカテゴリーの作品