人生の教科書



ニート
生きがいがなくて、大いに結構。
ニート
なぜ、レールから脱線した生き方のほうが面白いのか。
ニート
後悔も、人生の一部。
ニート
元気だから笑顔になるのではない。
笑顔になるから元気が出る。
ニート

やる気が出ないニートを励ます
30の言葉

お気に入り1 読んだ
30

何もしなかった80年より、
何かをした80年を、
生きる。

何もしなかった80年より、何かをした80年を、生きる。 | やる気が出ないニートを励ます30の言葉

生きるとは、何かをするということです。

「何かをする」という意味に「食べる」と「寝る」は省きます。

目的もなく怠けて過ごす生活も「何かをする」という意味から省きます。

自分の生活を振り返って、いかがでしょうか。

目的もなく、怠けて過ごす日々になっていませんか。

もし、何もしていないと思うなら、生活改善が必要です。

生きている実感を得るなら、やはり仕事をするのが一番です。

仕事をしていれば、社会や人とつながれます。

自分が大きなネットワークの一部になって仕事をすることで、ネットワーク全体によい影響が波及します。

苦しい仕事だからいけないわけではありません。

苦しくても、人の役に立つ仕事ができていれば、有意義な苦しみです。

あなたが苦しんだ分、誰かが救われます。

大変な仕事でもいいのです。

大変な仕事であるほど、終わったときは、達成感や充実感で満たされます。

生きているなら、仕事を通して、何かをするのです。

生きていても、何もしない毎日では、死んでいるようなものです。

せめて外に出て、仕事をしましょう。

自分のできる範囲でいいのです。

何もしなかった80年は、自慢になりません。

何かをした80年のほうが、人生の充実感は大きくなるのです。

まとめ

やる気が出ないニートを励ます言葉 その30
  • 生きているかぎり、
    人と社会の役に立つために、
    何かをする。
まとめ

もくじ
(やる気が出ないニートを励ます30の言葉)

同じカテゴリーの作品