人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ニート
後悔も、人生の一部。
生き方
「したいか、したくないか」より「後悔するか、しないか」。

やるないニートます
30言葉

お気に入り6 読んだ
17

後悔ないほうがいい
しかし、
1つはあったほうがいい

後悔は少ないほうがいい。しかし、1つはあったほうがいい。 | やる気が出ないニートを励ます30の言葉

悔は少ないほうがいいです。

後悔が少ないほど心が軽くなり、心が軽くなるから明るい人生が歩めます。

人間は、行動した後悔より、行動しなかった後悔のほうが長く残ります。

やるだけのことをやり、後悔のない人生を歩むことが大切です。

 

では、人生に後悔がまったくない状態が理想かというと、そうではありません。

後悔が少ないほうがいいとはいえ、1つはあったほうがいいのです。

一度後悔すると、一生涯、解決ができません。

どんなに悔いても、気持ちが晴れないでしょう。

だからこそ、得られるメリットもあります。

「一生悔いる」ということは「一生注意が続けられる」ということです。

苦しいことですが、役立つ一面もあります。

 

たとえば、悪徳商法に引っかかると、後悔します。

未然に防げればよかったのですが、犯してしまった過ちは仕方ありません。

「悔しい。恥ずかしい」と自分を責めて、気持ちが晴れないでしょう。

もし後悔があれば「次から絶対に繰り返さない」と、強く注意するはずです。

その結果、これまで以上に安全な人生を歩める可能性があります。

一度の後悔で、一生続く注意力が得られるのです。

後悔は少ないほうがいいですが、1つはあったほうがいい。

後悔が1つくらいあるほうが、後悔のない人より身が引き締まるため、かえって人生が素晴らしくなるでしょう。

後悔によって、もたらされる益もあるのです。

やる気が出ないニートを励ます言葉 その17

  • 後悔を、
    1つは
「世の中や社会が悪い」という批判をしない。

もくじ
(やる気が出ないニートを励ます30の言葉)

同じカテゴリーの作品