心の健康

感情のコントロールがうまくなる
30の方法

読んだ お気に入り18
30

本を読んでやる気が出れば、
すぐ実行。
いつもできないことが、
今ならできる。

本を読んでやる気が出れば、すぐ実行。いつもできないことが、今ならできる。 | 感情のコントロールがうまくなる30の方法

本は、気力の塊です。

作家の気持ちがたくさん込められています。

本を読むと、作家の訴えが伝わるため、胸が熱くなったりやる気が出たりするのです。

 

さて、本を読んでやる気が出たときが大切です。

本を読んでやる気が出れば、すぐ実行してほしい。

明日でもいいですが、できれば今すぐです。

本を読み終わってからと言わず、読んでいる途中でもいいですから、行動に移しましょう。

「明日から行動しよう」と思っても、明日になると、やる気が失われているでしょう。

やる気は生ものです。

「思ったより失われやすい」と考えたほうがいいでしょう。

行動は、気持ちが熱いうちにするのが正解です。

やる気は、出た瞬間が一番熱い状態です。

いつもできないことが、今ならできるはずです。

その瞬間を、大事にしてほしいのです。

何事も、第一歩が一番大変です。

第一歩は、やる気が起こった瞬間に行動すれば、うまく踏み出せます。

一度経験ができれば、2回目や3回目の行動もしやすくなります。

勢いがあるうちに行動を繰り返し、体に染みつかせ、習慣にさせていきましょう。

読者の生活を改善させ、幸せに導くのが作家の仕事です。

そうなれるように、今日も私は頑張っています。

まとめ

感情のコントロールがうまくなる方法 その30
  • 本を読んでやる気が起こった瞬間に、行動する。
まとめ

もくじ
感情のコントロールがうまくなる30の方法
本を読んでやる気が出れば、すぐ実行。いつもできないことが、今ならできる。 | 感情のコントロールがうまくなる30の方法

  1. 人生の答えは、探すのではなく、作っていくもの。
  2. 第1段階は、軽くなければいけない。
  3. 期待と不安は、交互にやってくる。
    リズムと思えばいい。
  4. 想定するなら、最高より最悪。
  5. やる気は「出そう」と思うと、出なくなる。
    「出なくていい」と思うと、出始める。
  6. 「頑張ろう」という気持ちが、空回りしていないか。
  7. リスクを取らないことが、最大のリスク。
  8. 大差で負けるのは、大差で勝つくらい、気持ちいい。
  9. いらいらは、暴力や破壊にぶつけるのではない。
    社会的に価値のある行動にぶつける。
  10. 気合を入れたい瞬間は、椅子の背もたれに寄りかからない。
  11. いらいらしたら冷たい飲み物。
    火は水に弱い。
  12. レベルアップしないのは、経験値がまだ一定量に達していないから。
  13. 恥ずかしさを感じるあなたは、素晴らしくなる可能性を秘めている。
  14. 落ち込んでいるときは、落ち込んでもできることをすればいい。
  15. 心の扉には鍵がかかっている。
    扉を開ける合言葉は「できる」。
  16. 泣けるなら大丈夫。
    心はまだ死んでいないから。
  17. 以前失敗したことを、再挑戦しよう。
    今のあなたは、以前よりレベルが高いのだから。
  18. 失敗するなら、中途半端より、完全がいい。
  19. 失敗するのはいい。
    大切なのは、失敗の後、何をするか。
  20. 最も心に突き刺さる言葉を言ってくれるのは、自分。
  21. あなたが勝てないのは、かっこよく勝とうとしているから。
  22. 負け方がかっこ悪いのは、本気を出していないから。
  23. 体調が悪いとき、素直に休めるのがプロ。
  24. いらなくなった新聞や雑誌は、怒りの発散に活用できる。
  25. 人生は、泥んこ祭り。
    泥にまみれるほど、豊作祈願につながる。
  26. 理解されないことを、1つくらい持っておいたほうがいい。
  27. 大切な事実は、早く知っておくほうがいい。
  28. なぜ私たちは「大切」と分かっていても、見落としてしまうのか。
  29. 今の時代、触れる文章すべて、一期一会。
  30. 本を読んでやる気が出れば、すぐ実行。
    いつもできないことが、今ならできる。

同じカテゴリーの作品