人生の教科書



心の健康

先入観をなくす
30の方法

  • 先入観をなくすことは、
    人生の可能性を切り開く力になる。
先入観をなくす30の方法

もくじ

1
★2

先入観をなくすことは、人生の可能性を切り開く力になる。

私たちは日々、先入観を持って生きています。 意識的に先入観を持つつもりはなくても、いつの間にか持っています。 まったく先入観を持っていないのは赤ちゃんだけであり、普通は誰でも何らかの先入観を持っています。 先入観を持つきっかけは、情報に触れることから始まります。 学校で学んだこと、人から聞いた話、メディアから得られる情報。 さまざまな媒体や機会を通して情報に触れ、知識を得ています。 ハウツーの知識があると、生活が便利で快適になります。 方法や手順を知っていれば、仕事を効果的かつ効率的に行えます。 また物事を判断するときの手がかりになります。 迷う場面があったとき、あらかじめ知識があれば、より正しい決断をすることができるようになります。 知識は力であり、武器です。 知識は、私たちが生きる上で欠かせません。 しかし、知識はメリットばかりではありません。 時として知識は、先入観に変わり、生活の妨げに変わることもあります。 過度の先入観は偏見や固定観念になり、いつの間にか悪影響を及ぼしていることがあります。 たとえば、新しいことに挑戦する人の多くが失敗している様子を見聞きしたとします。 挑戦者の多くが失敗していると「挑戦を避けるのが無難」「余計な行動はしないほうがいい」という先入観を持ってしまいます。 その影響で、新しいことに挑む勇気が出なくなり、人生の可能性をつぶしてしまうことがあります。 また、ある国の不祥事が多く報道されているのを見聞きすると、だんだんその国に悪い印象を持つようになります。 その国や人々に対して悪い印象を持ったり、その国に旅行したくないと思ったりするでしょう。 知識が偏ると見方も偏ってしまい、物事を正しく判断できなくなります。 知識の偏りによって先入観が生まれると、判断や行動の妨げになることがあります。 正しい現実が認識できなくなり、大切なチャンスを逃したり、重要な事実を見過ごしたりすることもあります。 周りの言葉に流されていると、自分らしくない生き方になってしまうことも少なくありません。 もし先入観にとらわれているなら、できるだけ対策が必要です。 知識を頼りにしながら生きる一方、余計な先入観にとらわれてはいけません。 特定の知識や偏った考えに惑わされず、考え方をフラットにすることで、先入観をなくしていくことが可能です。 素直で純粋な心を取り戻すことで、やる気や勇気が湧いたり、決断力や行動力が高まったりします。 先入観をなくすことは、人生の可能性を切り開く力になるのです。 先入観をなくして、人生の可能性を切り開く力を高める。

2
★2

先入観をなくすには、疑問を持つことから始まる。

先入観をなくすにはどうすればいいのか。 先入観をなくす基本は、疑問を持つことから始まります。 人から言われたことをすべて信じるのではありません。 メディアから得た情報をそのまま受け入れるのもよくありません。 世間で言われている「普通」や「常識」は、意外と曖昧なことが多い。 たとえ伝統に関わることであっても、一度考えをリセットした状態にして、疑問を持ってみます。 「なぜこうするのが普通なのだろうか」 「常識と言われているが、本当にそうだろうか」 もちろんあらためて考えた結果「やはり普通だ。常識だ」と再確認できることもあるでしょう。 たとえば「学校を卒業したら、就職をするのが常識と言われているのはなぜだろうか」という常識を疑います。 調べてみると「就職をしなければいけない理由は憲法で定められているから」と分かれば、納得できるでしょう。 普通や常識の存在は、文化や時代背景など、何らかの理由とつながっている場合が大半です。 しかし、中には「おかしいな」と気づくこともあるでしょう。 今まで普通や常識と思っていたことでも、あらためて冷静に考えてみると、不可解であることに気づきます。 「人はいつか結婚をするのが普通と言われているが、本当だろうか」 「社会人になったら、毎日新聞を読むのが常識と言われているが、なぜだろうか」 疑問を持ってみると、先入観の束縛から解放され、世の中の矛盾や不条理に気づけることもあります。 先入観をなくせば、時には大発見につながることもあります。 ニュートンが万有引力の法則に気づけたのも、リンゴが木から落ちるのを見たとき、疑問を持ったからです。 木からリンゴが落ちるのを見たとき、普通や常識にとらわれず「なぜ落ちるのだろう」と疑問を抱きました。 先入観をなくして考えることで、万有引力の法則の発見にいたりました。 アメリカ大陸を発見したコロンブスも「地球は平面」という説に疑問を持ったからです。 先入観にとらわれず「地球は球体」という説を信じたことで、常識破りの偉業を成し遂げました。 こうした気づきや発見が得られるのも、疑問を持って、先入観をなくしたおかげです。 ニュートンやコロンブスのような偉業をなし得なくても、普段から「普通や常識に疑問を持つ」という習慣さえあればいいのです。 人から言われたことを何でも肯定するのではありません。 普通や常識と思うことでも、まず疑問を持ってください。 疑問を持つことが、先入観をなくす基本です。 深く真理を追究することは、高度に脳が発達した人間だからできること。 先入観をなくすには、疑問を持つことから始まります。 普通や常識と言われていることであっても、あらためて疑問を持って考えてみる。

3
★3

先入観・偏見・固定観念の違いとは。

先入観・偏見・固定観念。 それぞれ似た意味であるため、違いを区別していない人も多いのではないでしょうか。 人によっては、同じ意味と考えている人もいるかもしれません。 たしかに意味は似ていますが、厳密には異なります。 一言で言えば「偏見も固定観念も、先入観の一種」ということです。 どちらも最初は先入観ですが、情報の偏りや時間の経過によって、偏見や固定観念に変わっていきます。 悪影響も、先入観より偏見や固定観念のほうが大きくなります。 それぞれの違いについて具体的に確認していきましょう。 ●先入観 先入観とは、最初に知ったことで作り上げられた、固定的な観念をいいます。 私たちは、最初に知ったことを正しいと信じやすい傾向があります。 学校で学んだこと、人から聞いた話、メディアから得られる情報。 生活を通してさまざまな知識を得ていく中で、自然と先入観ができ、影響を受けます。 先入観は、生活に役立つことがある一方、自由な思考の妨げとなることもあります。 もし先入観が強かったり偏っていたりするなら、生活に悪影響が及びやすくなるため、できるだけなくしていく努力が必要です。 先入観をゼロにするのは難しくても、最小限に抑える努力が必要です。 ●偏見 偏見とは、否定的な先入観です。 先入観の一種であり、否定的な情報に偏った見解のことをいいます。 最初はささいな思い込みですが、否定的な情報ばかり知るにつれて認識に歪みが生じて、偏見に変わっていきます。 たとえば、ある国の不祥事ばかり見聞きしていると、その国や人々に対して悪い印象を持ち、偏見に変わります。 「その国に行くと危ない」「その国の人に関わってはいけない」などの誤った認識が生じます。 一部の事例で全部を決め付けている状態です。 偏見にはマイナスの作用しかありません。 偏った考えにとらわれると正しい現実が見えなくなるため、偏見は、できるだけなくしていくことが大切です。 偏見をなくすことは可能です。 偏見は、否定的な情報に偏って吸収しているため、なくしていくのは先入観より時間がかかります。 否定的な情報だけでなく、肯定的な情報も知ることで、視野と見識が広がり、偏見をなくしていけます。 ●固定観念 固定観念とは、一度正しいと思い込んだ結果、容易に変えることができなくなった考えをいいます。 固定観念も先入観の一種ですが、先入観より固定の度合いが頑強です。 たとえば「お酒は健康によくない」という固定観念ができると、後からプラスの情報を知っても、素直に納得をしません。 たとえお酒の効果・効用を知っても「信じられない」「嘘に決まっている」と反発して、受け入れにくい現象が生じます。 固定観念は、それが正しいと強く信じているため、後から矛盾する事実を知っても修正しにくいのが特徴です。 そのため、固定観念をなくすのは、先入観より難しくなります。 § それぞれの違いを分かりやすく説明すれば、次のようになります。 ・先入観とは、あらかじめ持っている考え ・偏見とは、否定的な先入観 ・固定観念とは、固定化された先入観 ・偏見も固定観念も、先入観の一種 偏見も固定観念も、人を不幸にすることはあっても、幸せにすることはありません。 偏見も固定観念も、先入観と同じく、できるだけなくしていく努力が大切です。 先入観・偏見・固定観念の違いを理解する。

4
★3

知識が問題なのではない。
偏った知識が問題。

先入観ができるきっかけは、知識を得ることです。 何らかの情報に触れ、知識を得たとき、少なからず先入観を持ってしまいます。 極論としては「知識を得ることはすべて先入観に関わる」ということになります。 知識を得ることは便利な面がある一方、不便な面もあります。 知識さえなければ先入観もありません。 まったく先入観がないのは、赤ちゃんだけと言えるでしょう。 では、知識を得るのが問題かというと、そうではありません。 知識が問題なのではありません。 偏った知識が問題なのです。 便利な知識も、偏ると、偏見に変わります。 私たちが知識を得るとき、いつの間にか偏ることがあります。 自然に任せて情報に接していると「プラスの情報だけ」「マイナスの情報だけ」といった偏りができやすくなります。 メディアには立場や方向性があり、偏った情報を流してしまうことが少なくありません。 視聴者やスポンサーも意向も無視できません。 また人間には「信じたい情報を信じる」という心理があります。 正しいから信じるとは限りません。 多くの情報に触れても、自分にとって都合のよい情報のほうが心地よいため、取捨選択も偏る傾向があります。 メリットだけを知るのも、デメリットだけを知るのも、最終的に偏見に変わり、悪影響があるのです。 偏った知識が問題なら、対策は単純です。 すなわち、反対の知識を得るのがポイントです。 メリットの知識ばかりを得ていたなら、デメリットについても確認してみます。 メリットしかない話も存在しますが、少数です。 現実では、メリットとデメリットの両方が存在しています。 それぞれの知識をバランスよく吸収していけば、知識を得ても、先入観による悪影響を最小限に抑えられます。 たとえば、ダイエットです。 あらかじめ「食事制限をすれば痩せられる」という知識があっても、併せてデメリットを確認しておくことが大切です。 カロリーの摂取を制限すれば、脂肪の燃焼が促進されて早く痩せられますが、一方で何らかのデメリットもあるはずです。 調べてみると「筋肉が減って基礎代謝が衰える」「太りやすく痩せにくい体質に変わる」などのデメリットが判明するでしょう。 急激なダイエットは「脂肪肝になりやすい」といった意外な危険性にも気づけます。 メリットとデメリットの両方を知れば、情報の偏りが解消され、フラットな考え方ができるようになります。 結果として、自分に合ったダイエット法なのか、適性を判断できるようになるのです。 何事も2面性が存在します。 メリットだけでなく、デメリットもあります。 効果だけでなく、副作用もあります。 プラスの情報だけでなく、マイナスの情報もあります。 すでに知っている知識だけで満足せず、反対の知識も得ていきましょう。 つまり「両面を見る癖をつける」ということです。 両面の知識を得ることで、思考のバランスが整います。 情報の偏りが解消されることで、先入観が解消されます。 両面を見る癖をつける。

5
★4

たくさん本を読んで、幅広く知識を吸収する。

先入観をなくすには、本を読みましょう。 知識量が少ないと、自分の知っている範囲でしか物事を考えられません。 生きている時間で得た経験は限られています。 自分の見識や世界観も、知っている範囲だけになり、偏った思い込みが生まれがちです。 知らないことは、正しい思考も正確な判断もできません。 そこで、読書です。 本は、短時間で多くの知識が学べるツールです。 知識は先入観を生み出しますが、先入観をなくすのも知識です。 テレビやインターネットから得られる情報も大切ですが、より正確で整った情報を求めるなら、本が一番です。 1人の人間が体験できる人生には限りがあります。 また自分の立場では、どうしても経験できないこともあるでしょう。 オリンピック選手の苦悩は、オリンピック選手になってみないと分かりません。 本を読めば、著者の人生を疑似体験でき、効率よく学べます。 著者が一流の仕事をする人なら、一流の思考が学べます。 本を読むことは、楽しくて贅沢な娯楽です。 本を読むだけで知識が増え、見識や世界観が広がります。 「本が高い」という人がいますが、誤解です。 小さな金額で、著者の体験を学ぶことができるのですから、むしろ安すぎると言ったほうが正確です。 普通の人ではできない経験も、本を読めば、疑似体験が可能になります。 本屋や図書館に行けば、さまざまな著者の本と出合えます。 「気になる」「面白そう」「読んでみたい」と思ったら、読書のゴーサインです。 実用書でもビジネス書でもいいので、自分の興味関心のある本を読んでいくといいでしょう。 時には子供向けの本を読んでみるのも悪くありません。 かみ砕いた内容のほうが理解しやすく、初心を思い出す効果も期待できるでしょう。 多くの知識を得ることで、見識や世界観が広がるだけでなく、知識の偏りも解消されます。 価値観が一変することもあるでしょう。 結果として、先入観・偏見・固定観念の解消につながります。 ●さまざまな著者やジャンルの本を読む 特定の著者やジャンルの本を集中して読むのもいいですが、できるだけさまざまな著者やジャンルの本を読むのがおすすめです。 著者が変われば、経験内容が変わるだけでなく、価値観や考え方も変わります。 ジャンルが変われば、別の視点で物事を考えられるようになります。 たとえば、小説が好きな人はハウツー本を読んでみたり、歴史小説が好きな人は恋愛小説を読んでみたりという具合です。 さまざまな著者やジャンルの本から知識を吸収していくことで、ますます先入観の悪い影響から脱却できるのです。 たくさん本を読んで、幅広く知識を吸収する。

6
★0

情報源が偏ると、知識も偏る。

情報を集めるとき、複数の情報源から集めましょう。 各メディアによって特徴が異なります。 男性向けのメディアもあれば、女性向けのメディアもあります。 初級者向けのメディアもあれば、上級者向けのメディアもあります。 「広く浅く」を意識したメディアもあれば「狭く深く」と意識したメディアもあります。 人づてから聞いた情報と専門家から聞いた情報では、信頼度が違います。 情報源が偏ると、知識も偏る原因になります。 たくさんの情報が得られたとしても、偏っていると、いつの間にか偏見を増やしていることがあります。 そのため情報源は、できるだけ複数あったほうがいいでしょう。 たとえばニュースを読むなら、1つの媒体ではなく、複数の媒体を利用してみます。 同じニュースであっても、媒体が違うと視点や立場が変わるため、記事にもわずかな違いがあります。 もちろん重なる部分もありますが、偏りを最小限に抑えられるでしょう。 また「本だけ」「インターネットだけ」といった媒体の偏りも避けたい。 できれば、それぞれの媒体から情報を得たほうがいいでしょう。 できるだけ信頼できる情報源を選んで情報を得ていくことがポイントです。 複数の信頼できる情報源からデータを集めることで、公平かつ中立的な視点が得られ、総合的な判断ができるようになります。 先入観・偏見・固定観念もなくなっていくのです。 複数の情報源から情報を得て、総合的に判断する。

7
★2

「先入観はすべて悪い」と考えるのも、先入観。

「先入観」という言葉にどんな印象を持っていますか。 一般的に「先入観」という言葉には、悪い印象を持っていることが多いのではないでしょうか。 「先入観で決め付けないでほしい」 「それは単なる先入観です」 「先入観で考えるのはよくない」 たしかに日常で先入観という言葉が使われるのは、ネガティブな場面が目立ちます。 先入観を持ちすぎると、正しい現実が見えなくなり、判断を誤りやすくなります。 また不安や恐怖が必要以上に膨らんで、行動力を妨げることがあります。 できるだけ先入観をなくしたいと考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、ここに誤解があります。 先入観の全否定はよくありません。 むしろ一定の先入観は、私たちが生きていく上でなくてはならないものです。 先入観がないと、勘が働きにくくなったり、危険予知ができなくなったりします。 たとえば、一定の知識は危険の察知に役立ちます。 「浮気は一生治らない」 「暴力を振るう人とは、結婚しないほうがいい」 「ギャンブルにのめり込んでいる人には注意する」 世間でよく聞かれる言葉の一例です。 「それは違う。先入観だよ」と思うかもしれません。 もちろんすべてに当てはまるわけではありませんが、現実として一定の傾向があるのも事実。 失敗した人が忠告する共通点には、何らかの理由があるため、注意して聞く価値があります。 こうした先入観なら、ミスや失敗を防ぎ、健全な人生を導いてくれるでしょう。 絶対正しいと言い切ることはできませんが、あくまで傾向として知ることは役立ちます。 先入観があるからこそ「念のためやめておこう」「とりあえず気をつけよう」という注意喚起が促せます。 先入観の全否定をするのではありません。 肯定しながら上手に利用していくことが大切です。 先入観があるから判断を誤るデメリットがある一方、先入観があるおかげでリスクを回避できるメリットもあります。 「先入観がすべて悪い」と考えるのも、先入観なのです。 一定の先入観は生活に役立つものであり、先入観を全否定しないようにする。

8
★5

「自分は正しい」と思い始めたら、失敗の始まり。

「自分は正しい」という思い込みをしていませんか。 猛烈に勉強をして博識になれば、自分の知識や教養に自信がつくでしょう。 たしかに知識は多いに越したことはありません。 多くの知識があればあるほど、世の中のことが分かるようになります。 知識が増えるにつれて、物事を判断するときの手がかりも増えるので、より正しく選択できるようになるでしょう。 生活に役立つ知識が増えれば、生産性を上げる工夫ができるようになり、スマートな生き方を実現しやすくなるでしょう。 博識であることは素晴らしいこと。 情報力は、武器になります。 勉強は、一生続けたい習慣です。 時代は常に変化していますから、時代に取り残されないよう、ずっと勉強が必要です。 しかし、どんなに博識になったとしても「自分は正しい」という思い込みはよくありません。 「自分は正しい」と思い始めたら、失敗の始まりです。 「自分は正しい」と思い込んだ瞬間から、外部の情報を遮断するようになります。 気の入らない情報に触れると「間違っている」と否定して、受け入れを拒否するでしょう。 自分が間違っていたとしても、自分が正しいと思い込んでいるかぎり、気づけなくなります。 また自分の知識に自信がつくにつれて、横柄で傲慢な態度も目立ってきます。 相手の意見に誤りがあれば「あなたは間違っている」と攻撃したり「そんなことも知らないの」と見下したりするでしょう。 人との摩擦が生じやすくなって、人間関係から孤立しやすくなります。 自分が正しいと思い込むことで、先入観・偏見・固定観念を改善が難しくなる。 自分の思い込みによって、いつか取り返しのつかない大失敗を犯してしまうのです。 大切なのは「自分は間違っているかもしれない」という謙虚な姿勢です。 どんなに勉強して博識になっても「自分は間違っているかもしれない」という意識だけは持ち続けたい。 間違っているかもしれないと思えば、相手の話を聞けます。 抵抗や違和感のある情報でも、ひとまず吸収できるようになります。 吸収できるから、自分の間違いにも気づきやすくなります。 自分の知識に自信は持っても、相反する情報を受け入れる余地は残しておくことが大切です。 先入観・偏見・固定観念も、学び続ける姿勢があってこそ改善できます。 絶対正しいということはあり得ません。 「自分は正しい」と思い始めたら、失敗の始まりなのです。 どんなに勉強して博識になっても「自分は間違っているかもしれない」という謙虚な姿勢は持ち続ける。

9
★4

反発心や嫌悪感のあることこそ、学びの対象。

先入観をなくすときに邪魔になるのが、反発心や嫌悪感です。 反発心を感じる考え方。 嫌悪感のある人。 反発心も嫌悪感も、感情的に強い抵抗を感じるため、勘違いや思い込みが発生しがちです。 生理的に受け付けないことは、視界に入るやいなや、反射的に拒否してしまいます。 良しあしを深く検討しないで「悪いに決まっている」「間違っているに決まっている」と思い込む傾向があります。 ネガティブな感情があると「学んでみよう」「経験してみよう」という気持ちすら湧きません。 そのため誤った先入観があっても、それに気づく機会が限られるのです。 しかし、反発心や嫌悪感のあることを避けていると、誤った先入観があっても、ずっと気づけません。 同じ思考パターン・同じ行動パターンのまま、先入観をなくしていくのは難しい。 新しい知識や価値観を学ばないかぎり、知識・見識・世界観も制限されたままになります。 そこで心がけたいのは「寛大に受け入れる姿勢」です。 反発心や嫌悪感があることでも、できるだけ心を大きくして受け入れてみてください。 不快で嫌な気持ちになるかもしれませんが、これも先入観をなくす一環です。 「単に誤解しているだけではないだろうか」 「間違っているのは、自分のほうではないか」 心を真っ白にしたつもりになると、反発心や嫌悪感のあることでも受け入れやすくなります。 自分を成長させるつもりで体当たりすれば、やる気も出やすくなるでしょう。 新しい自分に出会うつもりで挑戦すれば、勇気も湧きやすくなるでしょう。 きちんと接して理解してみると、自分の誤った認識に気づきやすくなります。 誤った先入観を訂正する機会に恵まれます。 反発心や嫌悪感のあることこそ、学びの対象なのです。 反発心や嫌悪感のあることでも、毛嫌いせず、できるだけ寛大に受け入れてみる。

10
★2

嫌いな人のよいところを見つけて、褒めてみよう。

あなたには、嫌いな人が何人いますか。 「嫌いな人は1人もいない」という人もいるかもしれませんが、まれでしょう。 表向きに平静を装っていても、実際は何人か嫌いな人がいるのではないでしょうか。 もちろん嫌いな人はいてもいいのです。 人それぞれ個性も性格も違います。 相性や好き嫌いもありますから、中には嫌いな人もいて当然です。 実は、その嫌いな人こそ、先入観をなくすために必要な人物です。 嫌いな人がいたら、その人のよいところを見つけて、褒めてみてください。 けなすのではなく、褒めるのです。 「褒めるところはない」 「気持ち悪いからしたくない」 抵抗を感じるかもしれませんが、一度本気になって取り組んでみてください。 嫌いになるくらいですから、悪いところが多かったり目立ったりすると思いますが、実際にはよいところもあるはずです。 どれだけ最低最悪な人でも、長所や美点が1つくらいはあるでしょう。 たとえ大嫌いな人であっても、褒めることができる点が1つくらいはあるはずです。 嫌いな人を褒めるためには、普段とは違った角度で相手を見なければいけません。 自分の価値観や考え方を見直したり、受け止め方を変えたりする必要もあります。 すると、今まで見えなかったことが見えてくるようになるでしょう。 たとえば、言葉遣いは汚いけど、きちんと約束だけは守るところ。 身だしなみは不潔だけど、仕事のスピードだけは早いところ。 動きはのろいけど、礼儀作法だけはきちんと整っているところ。 新しい発見が得られ、先入観・偏見・固定観念がなくなっていくのです。 「自分はまだまだ小さい人間だな」 「自分は狭い見方をしていただけかもしれない」 「自分は独りよがりの考え方をしていたな」 自然と反省の念がこみ上げ、自戒の言葉が出てくるでしょう。 大人の見方ができるようになって、心の器が大きくなるでしょう。 普段することのない取り組みですが、だからこそ取り組む価値があります。 あなたの嫌いな人を、褒めて、褒めて、褒めまくってください。 褒めることができるようになったとき、相手の印象が変わっているでしょう。 つまり、先入観・偏見・固定観念が変化したのです。 嫌いな人を褒めてみる。

11
★4

価値観の違う人は、先入観をなくす助っ人。

人付き合いは、仲のいい人を中心に付き合う傾向があります。 好きな人には自分から話しかけますが、嫌いな人からは逃げようとします。 居心地のよい人には近づきますが、居心地の悪い人とは接触を拒否したくなります。 気の合う人とはもっと仲良くなろうとしますが、合わない人とはできるだけ距離を置こうとします。 人付き合いに相性や好き嫌いがあるのは間違いありません。 仲のいい人と過ごす時間は、さぞ楽しいひとときになるでしょう。 もちろんプライベートな人付き合いは自由ですが、付き合い方が偏っていると、なかなか先入観をなくせません。 人間関係には、自然と似た者同士が寄り集まる傾向があります。 自分と似ている人のほうが、話も合い、居心地がよく、安心感が得られるからです。 しかし、自分に似た人と付き合ってばかりでは、居心地はよくても、考え方や価値観の変化も乏しいままになります。 先入観があったとしても、なかなか脱するきっかけが得られません。 人付き合いに偏りがあるせいで、むしろ先入観が深まる可能性もあるのです。 そこで、あえて近づきたい人がいます。 自分とは価値観の違う人です。 知り合いの中に、自分と価値観の違う人はいませんか。 性格が真逆。 趣味が合わない。 生き方が違う。 価値観の違うなら普通は避けたくなりますが、そういう人こそ近づいて接するようにしてください。 反発心や嫌悪感など、嫌な気持ちになりますが、先入観をなくすためには必要な取り組みです。 もちろんずっと付き合い続けるわけではなく、一時的でかまいません。 価値観の違う人と接すると、自分にはない新しい刺激や発見を得る機会になります。 一緒にいると落ち着かないかもしれませんが、相手に興味を持って接すると、反発心や抵抗感が和らぐでしょう。 自分の価値観や考え方を押し付けるのではなく、相手から吸収するような気持ちで接することもポイントです。 「そういう考え方もあるね」 「なるほど。こういう趣味も面白いね」 「こんな世界があったのだね。初めて知った」 新しい価値観や考え方に触れることで、今まで持っていた先入観がなくなる機会が得られます。 偏見・思い込み・固定観念をなくしていくこともできます。 価値観の違う人と接するのは、遠くに旅行をするようなもの。 さまざまな刺激が得られ、見識や世界観を広げてくれるでしょう。 きっとあなたを新しい世界に導いてくれるでしょう。 価値観の違う人は、先入観をなくす助っ人なのです。 価値観の違う人と過ごしてみる。

12
★4

相手の意見は何であれ、まず受け入れよう。

議論・討論・話し合い。 話し合いの中で「それは違う」と思う意見を言われることもあるでしょう。 そんなとき、とっさに否定したくなりますが、ここが注意ポイントです。 納得できなくても、いきなり否定するのはよくありません。 「それは絶対違う」 「受け入れることはできない」 「あなたの考えは間違っている」 いきなり相手の意見を否定すると、そこで話が中断します。 言い方によっては、相手をむっとさせてしまうでしょう。 自分の意見を否定されて嬉しい人はいません。 時には喧嘩に発展してしまう可能性もゼロではありません。 きちんと相手の話を聞かないで否定するのは、話し合いとしてふさわしくない態度です。 往々にして違和感のある意見ほど、自分にはない価値観である可能性が高い。 いきなり相手の意見を否定すると、新しい価値観を受け入れるチャンスまで失います。 では、どうするか。 相手の意見は何であれ、まず受け入れましょう。 「たしかにそうですね」 「なるほど。一理ありますね」 「その考え方も大切ですね」 肯定の意味が伝われば、相手も「自分の意見が受け入れられた」と安心できるでしょう。 反発を感じる意見ほど、ぐっと我慢して、まず大切に受け入れてみてください。 いったん受け入れることで、自分の中に新しい価値観を取り込めます。 それが自分の中で消化できるかどうかは別として、まず自分の中に取り込むことです。 取り込まないと、吸収することもできません。 心を広げて「そういう考え方もあるかもしれない」と思えば、受け入れられる範囲が広がります。 最初は納得できなくても、一度受け入れてみると、後から納得できるようになることがあります。 最初は意味がまったく理解できなくても、一度受け入れてみると、後から意味を理解できることがあります。 こうすれば、余計な反発を避けながら、新しい価値観を受け入れていけます。 結果として、先入観・偏見・固定観念の解消にもつながっていくのです。 ●反対意見を言うなら、受け入れた後に言う 「それでは反対意見が言えない」と思いますが、もちろんずっと我慢するわけではありません。 反対意見を言うなら、受け入れた後に言うといいでしょう。 相手の話を受け入れてから反論意見を述べれば、相手は比較的穏やかに聞けるでしょう。 建設的な話し合いを進めていけます。 相手の意見は何であれ、まず受け入れる。

13
★1

外国人の友達を作ることは、新しい自分と出会うことになる。

あなたには、外国人の友達が何人いますか。 たくさんいる人もいるでしょうが、1人もいない人も多いのではないでしょうか。 限られた場所、限られた地域、限られた行動パターンでは、なかなか新しい友達を作る機会がありません。 先入観をなくす方法として、外国人の友達を作ってみませんか。 同じ国の人と接するのもいいですが、人種が同じであるかぎり、文化・常識・礼儀作法などの共通部分が目立ちます。 共通部分が多いから居心地がよく感じますが、それではなかなか知識の幅が限られます。 偏った考えがあっても、解消されにくくなります。 だからこそ、外国人と接してみたい。 外国人なら、人種や国籍が違うので、生まれも育ちも大きく変わります。 文化・常識・礼儀作法など、基本的な部分が異なるため、接することで多くのギャップを知ることができるでしょう。 「知識だけで知っている外国人の印象」と「実際に接して知る外国人の印象」は違います。 やはり直接接したほうが、より具体的で正確な印象を理解できるでしょう。 「先入観のとおり」と思うことがある一方で「先入観と違っていた」と思うことも多くあるはずです。 外国人と話していると、お互いの常識や価値観が違うことに気づけるでしょう。 国籍が変わると、生まれ育った文化背景が変わるため、常識も価値観も変わります。 自分たちでは普通と思うことでも、外国人と接していると、ところどころに相違点があることに気づきます。 ●まず違いを受け入れる 外国人と接する上で大切なのは「まず違いを受け入れる」ということです。 常識や価値観が違っても「変だ」「おかしい」などと言って安易に否定しないことです。 否定すると、せっかく新しい価値観を学ぶチャンスを失います。 先入観が解消されないままになります。 違いがあっても、ひとまず良しあしには触れません。 素直な気持ちになって「そうなのですね」と肯定して受け入れましょう。 心を大きく広げて受け入れようとすると、違和感のある違いも受け入れやすくなるでしょう。 中には抵抗を感じる違いもあるかもしれませんが、できるだけ寛大になって受け入れたい。 「教養になる」「心の成長につながる」と思えば、冷静に違いを受け入れ、理解しやすくなります。 違いを受け入れていくにつれて、先入観・偏見・固定観念が解消されていくでしょう。 ●自分から友達を作っていく 友達を作るきっかけは自由です。 学校内で外国人がいれば、勇気を出して話しかけてみるのもよし。 外国人が集うコミュニティーに参加してみるのもよし。 外国人とつながりのある友達から紹介を受けるのもよし。 行動範囲を広げれば、知り合うきっかけを作りやすくなります。 「外国人は怖い」と思っていると、なかなか友達を作ることはできません。 自分から勇気を出して話しかけると、意外とすぐ仲良くなれるかもしれません。 外国人の友達が1人できれば、ほかの外国人の知り合いも紹介してもらいやすくなります。 1人との出会いは、本100冊以上の価値があります。 新しい自分に出会うつもりで、外国人の友達を作っていきましょう。 外国人の友達を作ることは、新しい自分と出会うことになるはずです。 外国人の友達を作る。

14
★3

交友関係が広がるにつれて、あなたの見識や世界観も広がっていく。

先入観をなくす一環として、交友関係を広げてみませんか。 現在の人付き合いも悪くありませんが、限られた人付き合いでは、刺激の範囲が限られます。 同じ人間関係のままでは、変化も発見も乏しいでしょう。 現在の人付き合いも大切にしながら、余裕があれば、交友関係を少し広げてみてはいかがでしょうか。 先入観をなくしていくには、さまざまな人と出会っていくことが大切です。 新しい出会いは、新しい価値観との出会いでもあります。 新しい友達を作って交友関係を広げると、さまざまな価値観に触れるチャンスが得られます。 変わった人に出会って驚くこと。 尊敬できる人に出会って感動すること。 そして魅力的な人に出会って衝撃を受けること。 多種多様な人と出会うことで、見識や世界観を広げていくことができるでしょう。 「世の中にはこんな人もいるのか」と思った瞬間、心の器がぐっと広がります。 同時に先入観・偏見・固定観念も解消していくのです。 ●まず知り合うことが大切 交友関係とはいえ、深い付き合いをしなければいけないわけではありません。 もちろん仲良くなれればベストですが、浅い関係であってもかまわないので、まず知り合うことが大切です。 普通に出会って、コミュニケーションを取るだけでも、新しい刺激になります。 交友関係を広げるとはいえ、難しく考えることはありません。 出会いは、身近な範囲から十分得られます。 たとえば、習い事です。 教室に通えば、生徒と知り合う機会ができるので、自然と友達が増やせます。 SNSやブログを通じて、共通の趣味を持った友達を増やしてみるのもいいでしょう。 インターネット上の付き合いだけでなく、実際に会ってみると、思わず意気投合するかもしれません。 多くの人が集うイベントやパーティーに出席すれば、新しい出会いのチャンスもあるはずです。 単純に出会う人の数を増やせば、交友関係を広げるチャンスも上がるでしょう。 人との出会いは「奇跡」と考えてみてください。 普通の出会いに思えても、地球の全人口の中でその人と出会えたのは、極めて低い確率を当てたのと同じです。 だから奇跡です。 じっとしているだけでは、なかなか交友関係を広げていけません。 待っているだけでは受け身の人生になります。 自分から出会いに行くことで、積極的に交友関係を広げていきましょう。 交友関係が広がるにつれて、あなたの見識や世界観も広がっていきます。 自分から出会いに行くことで、積極的に交友関係を広げていく。

15
★1

実際に経験することで、先入観を解消できる。

こう考えてみてください。 「経験のないことはすべて、何らかの先入観がある」と。 先入観をなくすには、実際に経験することが効果的です。 知識だけで頭でっかちの状態では、先入観で物事を判断しがちです。 実際に経験したことがないと、大まかに把握はできても、きちんと把握ができません。 抽象的には理解できても、具体的には理解できない。 いつの間にか知識が偏っていて、悪い先入観になっていることがあります。 知識だけ頼りにしていると、狭い世界で生きることになります。 「自分の知っていることがすべて」という誤解をして、傲慢やうぬぼれも生まれやすくなります。 そのため、先入観をなくすには、実際に経験するのが近道です。 経験を通して、座学だけでは学べないことを数多く得られます。 自分が直接体験してみることで、今まで曖昧で抽象的だったことが、明確で具体的になるでしょう。 誤解をしていたことに気づけるかもしれません。 中には経験したくても難しいこともあるかもしれませんが、できるだけ経験してみるように心がけてみてください。 たとえば、夫の立場なら、たまには妻の立場を経験してみます。 炊事・掃除・洗濯・買い物・ごみ捨て。 こまごました雑用もすべて経験してみます。 赤ちゃんがいれば、赤ちゃんの世話も一手に引き受けて頑張ってみます。 「専業主婦なんて楽だろう」という考えは先入観です。 専業主婦は、過酷な重労働です。 実際に自分が専業主婦の立場を経験してみると、意外と難しく大変で、四苦八苦の連続であることが分かるでしょう。 今まで誤った先入観を持っていたことに気づき、正しい認識が得られるはずです。 専業主婦の立場が理解できれば、妻に対して、より優しく丁寧に接することができるようになるでしょう。 共感や同情もしやすくなり、コミュニケーションも活性化されます。 「経験のないことは、すべて何らかの先入観がある」と考えると、謙虚な気持ちになれます。 「一度も経験がない状態」と「一度は経験がある状態」とは、似て非なるもの。 一度でも経験があると、誤解が減って、認識が具体的になります。 お金や手間暇がかかっても、一度経験してみると、認識が変わるでしょう。 実際に経験してみる。

16
★0

アルバイトを始めて、提供する側を経験してみる。

アルバイト経験も、先入観をなくすのに役立ちます。 商品やサービスを受ける立場も悪くありませんが、受け手しか経験がないと、見方が偏りがちです。 職業に対して差別的な見方をすることもあるでしょう。 業界に対して何らかの固定観念を持つこともあるでしょう。 「もっとこういう機能があればいいのに」と不満なこともあるかもしれません。 受け手の立場だけでは、知識や認識に偏りが生まれ、商品やサービスを提供するまでの苦悩や困難が分かりません。 一方的な見方しかできないため、自分勝手でわがままな気持ちも出てきます。 そこで役立つのが、アルバイト経験です。 実際にアルバイトを経験してみると、商品やサービスを提供する側に回れます。 商品やサービスが小規模であっても、多くの人の協力によって成り立っていることが実感できるでしょう。 舞台裏では、多大な苦労と努力があると分かるはずです。 想像とは違う現実を経験することで、驚きや発見の連続になるに違いありません。 職業や業界への偏見も、自分が経験してみると大きく変わります。 プラス面だけでなくマイナス面も経験できるので、より正しい現実を知ることができるようになります。 一度社会に出て仕事をしてみると、世の中の見方が変わります。 未経験の職種や業界であっても「きっとこういう事情があるのではないだろうか」と想像力が働くようになります。 「きれい事ばかりではない」という現実を知ることも、よい社会経験です。 社会では、矛盾や不条理、汚いことや醜いこともたくさんあります。 こうした経験を積み重ねていくことで、先入観だけでなく、偏見や固定観念の解消にもつながっていくのです。 ●興味のあるアルバイトから始めてみよう アルバイト経験も、れっきとした社会経験です。 仕事の技能を習得できたり、社会経験を積んだりできるので、成長にもつながります。 アルバイトなら、お金を稼ぎながら先入観をなくしていけるので、損はありません。 まず興味のあるアルバイトから始めてみてはいかがでしょうか。 あなたを必要としている仕事は、きっとどこかにあります。 少なくともキャリアの1つにはなるので、今後の就職にも役立つでしょう。 アルバイトを経験してみる。

17
★2

ドキュメンタリー番組のストレートな内容は、正しい現実を知るのに役立つ。

先入観をなくすには、さまざまな経験を積むことが大切ですが、人によって難しい場合もあるでしょう。 本来なら、自分が直接経験できればいいのですが、時間や場所が限られると難しくなります。 アルバイトをするのもいいですが、拘束時間があって難しい場合もあるはずです。 海外旅行や海外生活を実現するにも、まとまったお金がかかります。 そんなときに役立つのが、ドキュメンタリー番組です。 ドキュメンタリー番組は、実際にあった出来事をそのまま記録した映像です。 映画やドラマとは違い、虚構や幻想は一切ありません。 自分が直接経験していなくても、現場の様子を知ることで、疑似的な体験をすることができるでしょう。 生々しい現実の様子を知れば、先入観・偏見・固定観念にも気づきやすくなります。 たとえば、お金持ちの生活を映したドキュメンタリー番組があるとします。 お金持ちに意地汚い印象があったとしても、実際は先入観という場合が少なくありません。 ドキュメンタリー番組でお金持ちの実生活を見ると、努力家で仕事熱心で社会貢献に尽くしていることが多いでしょう。 実際の生活ぶりを見ることで、お金持ちに対する見方が変わり、先入観・偏見・固定観念がなくなっていきます。 ドキュメンタリー番組は見るのが基本なので、本を読むのが苦手な人にもおすすめです。 番組の大半は、シンプルにまとめられているため、短時間で価値観や考え方の変化を実感できるでしょう。 たとえ有料であっても、貴重な現実を知ることができるなら、支払う価値はあるはずです。 自分の立場では経験できないような場面を見ることで、貴重な気づき・新しい発見が得られるでしょう。 できればさまざまなジャンルのドキュメンタリー番組を見るといいでしょう。 自分に関係する内容だけでなく、関係しない内容もおすすめです。 ドキュメンタリー番組の内容が、自分の人生に無関係であっても「現実を知る」ということが重要です。 とあるワンシーンが目に焼き付いて、その後のあなたの人生に影響することもあるでしょう。 ドキュメンタリー番組のストレートな内容は、正しい現実を知るのに役立ちます。 先入観・偏見・固定観念がなくなれば、視野が広がり、新しい世界も開けてきます。 ドキュメンタリー番組を見る。

18
★1

一部で全部を決め付ける癖があると、現実を正しく認識できなくなる。

一部で全部を決め付けていませんか。 人によっては、一部で全部を決め付ける癖を持っている人があります。 たしかに一部しか分からない状況なら、それを手がかりにして、全体を推し量るしかありません。 犯罪捜査のように、有力情報が限られている状況なら、一部から全体を想像することもあるでしょう。 また古代遺跡から古い土器が見つかれば、当時の状況を知る手がかりになるでしょう。 一部から全体を想像することが必要な場面も、少なからず存在します。 しかし、普段から一部で全部を決め付ける癖があるなら要注意です。 一部で全部を決め付ける癖があると、正しい現実が見えなくなり、誤解や勘違いが発生しやすくなります。 正しい認識を見誤り、誤解を招きやすくなります。 たとえば、第一印象です。 初めて会ったとき、相手の言葉遣いや態度が悪いと悪印象ですが、決め付けるのはよくありません。 たまたまプライベートでトラブルがあって、余韻を引きずっていただけかもしれません。 たまたま体調が悪く、態度が悪かっただけかもしれません。 第一印象が長く残りやすいのは事実ですが、それですべて決め付けるのはよくないでしょう。 また、あるレストランで食事をしたとき、接客態度の悪い店員がいたとします。 「教育ができていない。あのレストランは最低だ」と店全体を悪く思いがちですが、注意が必要です。 接客態度が悪いのは、その店員だけかもしれません。 普段はきちんとできていても、その日にかぎって疲れがたまっていただけかもしれません。 そのほかにも、次のようなセリフに心当たりがあれば要注意です。 「男とはこういうものだ」 「女とはこういうものだ」 「最近の若者は○○だ」 不快な出来事だったのは事実であっても、それだけですべてを決め付けるのはよくありません。 一部で全部を決め付ける癖があると、現実を正しく認識できなくなります。 先入観が生まれてしまい、偏見や固定観念に発展する可能性があるのです。 あらためて自分の癖を振り返ってみてください。 「自分にそんな癖はない」と言う人にかぎって、無意識のうちに一部で全部を決め付けていることがあります。 1つの事実だけで、全体を決め付けていないか。 1人の事例だけで、すべてを決め付けていないか。 一部で全部を決めるのではなく、複数の信頼できる情報源からデータを集め、総合的に判断するのが得策です。 一部で全部を決め付ける癖をやめる。

19
★3

「すべき」「しなければならない」と思うところに、先入観が隠れている。

先入観は、自分では気づきにくいのが難点です。 自分では「それが正しい」と思い込んでいるため、気づきたくてもなかなか難しい。 先入観をなくしたくても、指摘されたり恥をかいたりする経験がないと、なかなか気づきにくい特徴があります。 ところが、簡単に先入観を見つける方法も少なからず存在します。 実は「あるポイント」を意識するだけで、先入観に気づきやすくなります。 自分の考え方に、次の2つのキーワードが登場すれば、注意フラグを立ててください。 ・「○○すべき」 ・「○○しなければならない」 「したほうがいい」「かもしれない」などの柔らかい表現なら、まだいいのです。 義務の程度が低く、強制でもありません。 しかし「すべき」「しなければならない」というキーワードには注意が必要です。 どちらも主観的義務を意味する表現です。 そのためこの2つの言葉が登場したら、自分の中で決め付けが発生していることが分かるため、先入観の疑いがあります。 もちろんすべてではありませんが、注目ポイントに値すると言えるでしょう。 たとえば、次のような一言に心当たりはありませんか。 「結婚前は同棲すべき」 「結婚したら子供を産むべき」 「仕事が終わらなければ残業すべき」 「とにかく親の言うことには従わなければいけない」 「社会人になったら貯金しなければいけない」 「燃え尽きるまで頑張らなければいけない」 あらためて意識してみると「先入観ではないか」と疑うことができるのではないでしょうか。 単なる思い込みかもしれません。 偏見や固定観念かもしれません。 「すべき」「しなければならない」という一言にフラグを立てると、自分の先入観に気づきやすくなります。 願わくは、自分の中から「すべき」「しなければならない」という考え方を取り除くといいでしょう。 ゼロにできなくても、できるだけ減らしていきたい。 大人になるにつれて過去やしがらみが増え、自由な考え方が制限されますが、少しでも減らす努力をしていきたい。 「すべき」「しなければならない」という考え方が減るにつれて、余計な先入観もなくなっていきます。 「すべき」「しなければならない」と思うことは、先入観ではないか疑ってみる。

20
★3

「先入観をなくそう」と意識するのではない。
「物事を正しく理解しよう」と意識しよう。

先入観をなくすには、意識が大切です。 先入観をなくそうとするとき、どんな意識を心がけますか。 普通に考えると「先入観をなくしたい」と意識することが多いのではないでしょうか。 もちろん当然の意識であり、間違ってもいません。 しかし、ここが落とし穴です。 「先入観をなくそう」と思うだけで先入観がなくなるなら、誰も苦労しません。 思うように先入観・偏見・固定観念がなくならないから、私たちは苦悩しています。 実のところ「先入観をなくそう」という意識では、効果が不十分です。 そもそも先入観は、自分で気づきにくい性質があります。 認識が歪んでいても、自分が正しいと思い込んでいるため、気づきたくても気づきにくい。 鋭い人や慎重な人なら気づけるかもしれませんが、そうでないなら難しいはずです。 気づけなければ、なくしようもありません。 「先入観をなくそう」という意識は、ベストと言い切れないのです。 では、どんな意識を心がけるべきか。 「先入観をなくそう」と意識するのではありません。 「物事を正しく理解しよう」と意識するのです。 物事を正しく理解しようと意識すると、公平・中立的な立場から物事を見ようとする姿勢になります。 物事の見方が主観から客観に切り替わるため、より正しい現実を把握しやすくなります。 自分の考えが偏っていたり固定的な観念があったりすれば「おかしいな」と感じるでしょう。 結果として、先入観をなくしていくことにつながるのです。 この意識は、先入観だけでなく、偏見や固定観念をなくしたいときにも有効です。 「先入観をなくそう」ではなく「物事を正しく理解しよう」と意識しましょう。 「物事を正しく理解しよう」と意識することは「先入観・偏見・固定観念をなくそう」と同じ意味になるのです。 「先入観をなくそう」ではなく「物事を正しく理解しよう」と意識する。

21
★3

先入観が出てきそうでも、何も考えない。
徹底的に「無」を意識する。

何かに取り組むとき、過去に経験があると、当時を思い出します。 膨大な記憶から情報を検索して、当時の状況や感情を思い出そうとします。 何らかの先入観が出てきて、余計なことを考えてしまいます。 「たしか前回は失敗したよね。今回も失敗するかな」 「過去にも経験したことがあった。ミスをしたらどうしよう」 「ひどい目にあったのを思い出した。今回はどうなるだろうか」 前回がひどい経験だったなら、心と体が拒否反応を起こして、足がすくんでしまうでしょう。 抵抗感や苦手意識があると、自然と不安や恐怖が湧いてきて、避けてしまいがちです。 再挑戦したくても、先入観が邪魔するのです。 こうしたときにおすすめなのが「何も考えない」という取り組みです。 とにかく何も考えないようにしてみてください。 「何も考えないのがベスト」という場合があります。 ぼんやりしながら「無」を意識して、頭を空っぽの状態にします。 何か考えそうになってもぐっと抑えて、できるだけ考えないようにします。 過去に経験があったとしても「自分はこれを知らない」という気持ちになってみる。 すると、初めて挑戦するのと同じ状態になります。 何も考えないことで、先入観もなくしていけます。 真っ白な気持ちになれるので、謙虚にもなれます。 たとえば、興味のあることは、とりあえず素直に挑戦してみます。 上司から依頼された仕事は、とりあえず素直に引き受けてみます。 人から誘われたら、とりあえず素直に参加してみます。 無を意識しながら素直に行動してみると、過去に経験があったとしても、余計な先入観に振り回されなくて済みます。 最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、何度か取り組んでいくうちにコツをつかめてくるでしょう。 なかなかうまくいかないときは、一度目を閉じて呼吸に意識を向けると、うまくいきやすくなります。 何も考えず無を意識することも、心の管理の1つ。 静かな場所で呼吸を整えると、何も考えない状態に整えやすくなります。 先入観が出てきそうでも、何も考えないで行動する。

22
★1

ネガティブ思考ほど、先入観をなくす邪魔になるものはない。

思考の癖は、先入観をなくすときに影響するポイントです。 先入観をなくすには、ネガティブ思考よりポジティブ思考が有利です。 思考の癖は、先天的な影響もありますが、後天的な影響も大きくあります。 家庭環境や生い立ちの影響で、いつの間にかネガティブに考える癖を持っている人もいるのではないでしょうか。 たとえば、親がネガティブ思考なら、いつの間にか影響を受け、自分もネガティブ思考になっていることがあります。 友達がネガティブ思考なら、自然と自分までネガティブ思考の影響を受けていることもあるでしょう。 不運や不幸の多い人生なら、自分は貧乏神に取りつかれていると信じて、ポジティブ思考になりにくいかもしれません。 しかしネガティブ思考のままでは、先入観をなくすのは困難です。 「先入観はなくせない」 「偏見も固定観念も、なくすのは無理」 「どうせ無理に決まっている」 ネガティブ思考になると、最初からできない言い訳を考えるので、なかなか改善がはかどりません。 心も閉ざしてしまうため、新しい情報も得にくくなります。 心が暗いままの状態で、どうやって先入観をなくしていけるのでしょうか。 何もかも悪い方向に考える癖があるかぎり、先入観はおろか、偏見や固定観念の改善も難しくなります。 ネガティブ思考ほど、先入観をなくす邪魔になるものはないのです。 いま一度、ポジティブ思考になりましょう。 何事も明るく前向きに考え、建設的と未来志向を意識しましょう。 「先入観は心がけで簡単になくせるよね」 「偏見も固定観念も、必ず改善できる」 「大丈夫。きっとできる!」 ポジティブに考えることで心がオープンになり、さまざまな情報を受け入れやすくなります。 悪い情報や暗い情報だけでなく、よい情報や明るい情報にも目を向けやすくなるので、先入観の改善がスムーズになります。 今までネガティブ思考であってもいいのです。 過去はもう過ぎ去ったこと。 大切なのは、今です。 今までネガティブ思考であっても、これからポジティブ思考になればいい。 何事もプラスに考えれば、自然と元気とやる気が高まっていくでしょう。 今すぐポジティブ思考になれないなら、意識をするだけでもかまいません。 ポジティブ思考を意識して、心の器を広げましょう。 そして前向きな力で、先入観をなくしていきましょう。 ポジティブ思考で、先入観をなくしていく。

23
★4

アウトプットは、先入観に気づき、改善するチャンス。

勉強、勉強、また勉強。 勉強ばかりしていませんか。 たしかに先入観をなくすためには、勉強が必要不可欠。 知識が偏っていたり不足していたりすると、物事の見方が狭くなるため、先入観を持ってしまいがちです。 学ぶ情報に偏りがあれば、偏見に変わります。 先入観を持ったまま時間が経過すれば、固定観念になります。 先入観をなくしていくには、プラスとマイナス、メリットとデメリットの両方を学んでいくことが大切です。 バランスよく知識を吸収していくことで、先入観だけでなく、偏見や固定観念もなくしていけます。 では、勉強ばかりすればいいかというと、ここがポイントです。 勉強ばかりしているのも問題なのです。 勉強は、あくまで知識のインプット。 インプットばかりでは、それが正しいかどうか検証できません。 学ぶばかりでは、きちんと理解できているのか分からない。 正しいと思い込んでいるだけかもしれません。 勘違いをしたまま理解しているのかもしれません。 インプットだけでは、誤解や勘違いがあっても気づきにくいため、やはり先入観に発展してしまうのです。 そこで大切なのは、アウトプットです。 インプットだけでなく、アウトプットも心がけましょう。 情報を吸収するばかりではなく、外に向けて発表してみるのです。 たとえば、ブログです。 自分が学んだことを、ブログを通して発表してみます。 話題になっている社会問題について意見してみるのもいいでしょう。 本を読んだなら、単純に書評を書いてみるのもよいアイデアです。 無料のブログなら、維持費もかからず、インターネット環境さえあれば、いつでもどこでも投稿できます。 もし誤解や勘違いがあれば、アウトプットをする過程の中で「おかしい」と気づけるので、修正ができます。 時には、読者からのメッセージをもらうこともあるでしょう。 意見やコメントを通して、自分の誤解や勘違いに気づかされることもあります。 家庭教師をやってみるのもよい方法です。 学ぶ側と教える側はまったく違います。 教える側になったとき、物事を見る視点が変わって、自分の理解不足に気づかされることもあるでしょう。 「よく知っている」と思っていても、実際は知っているつもりかもしれません。 「完全に理解している」と思っていても、実際は理解しているつもりだけかもしれません。 アウトプットは、先入観に気づき、改善するチャンスです。 頭の中にある知識をアウトプットすることで、先入観に気づき、なくしていけます。 インプットだけで満足せず、積極的にアウトプットもしていきましょう。 インプットだけで満足せず、積極的にアウトプットもしていく。

24
★0

練習だけで、先入観はなくせない。

技能を身につけるには、練習が欠かせません。 練習問題を解く。 スポーツの練習をする。 資料作成の練習をする。 いきなり本番に挑むのは、惨敗をしに行くようなもの。 練習量に応じて技能が身につき、習熟度も上がり、スムーズに行えるようになります。 練習は裏切りません。 こつこつ練習を続けていくことで、着実に実力を身につけていけます。 しかし、練習だけではいけないのです。 練習はあくまで練習です。 いくら失敗してもやり直しができます。 緊張感もほとんどありません。 恥をかいたり、悔しがったりする場面もありません。 練習だけでは、本番でどのくらい通用するか分かりません。 練習ばかりでは「できる」と思い込んでしまい、うぬぼれたり傲慢になったりします。 当然ですが、自分に先入観や固定観念があっても、なかなか気づくチャンスがありません。 練習だけで先入観はなくせないのです。 そこで必要なのが「本番」です。 練習だけでなく、本番も経験してみましょう。 本番に挑むと、練習だけでは分からなかったことが分かるでしょう。 「簡単」と思っていても、実際はもっと難しいかもしれません。 「できる」と思っていても、できるつもりになっているだけかもしれません。 「自分がすごい」と思っていても、世の中を広く見渡せば、もっとすごい人はまだまだ大勢いるでしょう。 実際に本番を経験してみると、自分の誤解や勘違いに気づけるでしょう。 練習ではうまくできていても、本番になると独特の雰囲気と緊張感があって、うまくできない状況はよくあること。 たとえば、勉強していることがあるなら、試験を受けてみます。 自分では「正しい」と思っていても、試験を受けてみると、間違いというのはよくあること。 実際に試験を受けてみると、自分の誤解や理解不足に気づけます。 ダンスの練習をしているなら、実際に大会に出場してみます。 大会では、点数や順位がつけられ、刺激になるでしょう。 自分より優れた出場者を見ることで「自分はまだまだ未熟者だ」と気づかされることもあるはずです。 資料作成ソフトの使い方を練習しているなら、実際に仕事で活用してみます。 実践で試してみると、どれだけ仕事で通用するスキルなのかよく分かるでしょう。 本番を経験することで、練習だけでは分からなかった誤解や勘違いに気づきやすくなります。 いつの間にか発生していた先入観・偏見・固定観念にも気づきやすくなるのです。 練習だけでなく、本番も経験してみる。

25
★2

過去のものを捨てることで、先入観をなくす。

あなたが大事にしている「あるもの」が、先入観をなくす妨げになっているかもしれません。 それは「過去のもの」です。 過去に買った服。 元交際相手の写真。 昔の友達からもらったプレゼント。 古いものには、愛着や思い入れがたっぷりあるでしょう。 それぞれのものには思い出があったり、思い入れが詰まっていたりするでしょう。 過去のものを持ち続けることで、昔を懐かしむこともあれば、勇気や自信をもらうこともあるかもしれません。 自分にとっては大切なものであり、ずっと大事に持っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、過去のものは、先入観をなくす妨げになっていることがあります。 大切にしているつもりでも、実際は過去に執着していることが少なくありません。 部屋に過去のものがあると、それを見たり触れたりするたびに、フラッシュバックが起こります。 脳裏に当時の出来事や情景がはっきり思い出され、感情がよみがえります。 「昔はこうだった」 「昔はよかった」 「あの頃は楽しかった」 過去を振り返る癖がつき、くよくよしやすいのです。 たまに懐かしむ程度ならいいですが、限度を超えると、自由な行動を妨げる足かせになります。 過去のものが、いつの間にかあなたを縛り付ける鎖になっていることがあります。 過去のものは、本当に必要なものでしょうか。 ものを大切にする姿勢は素晴らしいですが、人生の足かせになっているなら、本当に素晴らしいとは言えません。 思いきって過去のものを処分してはいかがでしょうか。 部屋の中がすっきりして、快適に過ごしやすくなるだけではありません。 過去のものを減らすと、過去への執着が減り、心も軽くなります。 心が軽くなれば、発想やアイデアも湧きやすくなります。 やる気や勇気が湧いて、チャレンジ精神が芽生え、行動力も出やすくなるでしょう。 過去に買った服も、使わないなら捨てたほうがいいでしょう。 1年間着なかった服は、必要のない服。 古い服を捨てると「新しい服を買おう」という気持ちが湧いてきます。 元交際相手との写真も、もう終わった関係なら、捨てても問題ないでしょう。 アナログ写真だけでなく、デジタル写真も削除します。 過去の写真を処分すれば、新しい出会いを求めたくなります。 昔の友達からもらったプレゼントも、使う用事がないなら、処分してかまいません。 使わないものを持ち続けていても、仕方ありません。 「ありがとう」と言いながら捨てれば、捨てやすくなるでしょう。 「なくなったら生きていてない」と思っても、大げさに考えている場合が多い。 意外となくても、生きていけるはずです。 過去にこだわっていても仕方ありません。 過去は心の中にしまっておきましょう。 ものを捨てるからと言って、思い出まで捨てるわけではありません。 私たちには「記憶」という素晴らしい保管場所があります。 ものを捨てても、思い出はずっと心の中に残り続けます。 先入観をなくすためにも、過去の執着を振り切ることです。 物理的なものにこだわるより、精神的なものにこだわったほうが、幸せになれます。 過去のものを処分する。

26
★3

裁判の傍聴をしてみよう。

裁判の傍聴をしたことはありますか。 先入観をなくす方法として、裁判の傍聴が役立ちます。 私たちは「罪を犯した人はすべて悪い」と思いがちです。 もちろん更生の余地が見当たらない最低の犯罪行為もあります。 最初から悪意があって罪を犯した場合であれば、情状酌量の余地もないでしょう。 身勝手で悪質な犯罪を行えば、相当の罪を償わなければいけません。 しかし、すべてがその限りではありません。 罪を犯した人にも、そこに至るまでには複雑な事情がある場合が大半です。 家庭環境や生い立ちなど、酌量すべき事情があるかもしれません。 中には、本人の努力では避けようのない事情があることも少なくありません。 裁判の傍聴をすると、原告と被告が争うことになります。 双方の言い分を聞いて詳しく事情を知ると「正義とは何か」「善悪とは何か」と考えるきっかけになります。 多くの人たちは、何らかの事情や問題を抱えながら生きていることを理解できます。 裁判の傍聴を通して「自分は、恥じることのない生き方ができているだろうか」と振り返る機会にもなるでしょう。 公平な立場で事情を知ることで、見識が広がります。 自分が持っていた先入観・偏見・固定観念が変わっていく体験が得られるはずです。 また裁判の傍聴をすることで、社会を見る目を養われます。 テレビで裁判の話が登場したとき、話の筋が理解しやすくなるでしょう。 ニュースを読み解きやすくなり、現代社会の抱える問題についても見方が鋭くなるはずです。 「執行猶予」「情状酌量」「冤罪」などの意味が身近に感じられるようになれば、ニュースを正しく読み解く力にもなるはずです。 裁判の傍聴は難しいと思っているなら、誤解です。 裁判の傍聴に費用はかかりません。 年齢制限もなく、服装も自由。 裁判中の入室や退室も可能です。 注目裁判でないかぎり、傍聴席の抽選もありません。 裁判の傍聴を通して、本だけでは学べないことを多く得られるはずです。 先入観をなくす取り組みの一環として、裁判の傍聴はいかがでしょうか。 裁判の傍聴をしに行く。

27
★3

恋愛をして、とことん人を好きになってみる。

先入観をなくすために意外と思われる取り組みがあります。 恋愛です。 恋愛と先入観は無関係に思えますが、意外なつながりがあります。 人を好きになったときのことを思い出してください。 誰かを好きになって恋をすると、無条件にその人のすべてを受け入れたくなるでしょう。 もともと無関心のことであっても、好きな人が夢中になっていることなら、気になって興味が湧いてくるはずです。 たとえ苦手なものであっても、好きな人が楽しんでいることなら「少し挑戦してみようかな」という気持ちに変わるはずです。 苦手であるはずの食べ物さえ、好きな人と一緒なら抵抗感が小さくなるから不思議です。 誰かを好きになると、固い心が柔らかくなって、冷たい心も温かくなります。 心が自由な状態になり、オープンになります。 自分の常識や価値観にとらわれず、無条件に相手のすべてを受け入れ、情報の吸収力が高まります。 結果として、自分の中にある先入観・偏見・固定観念がじわじわなくなっていくのです。 それだけではありません。 恋愛とは、人生で最も価値のあること。 恋愛を通して、人を好きになる素晴らしさを学ぶでしょう。 人を好きになると、毎日が明るく楽しくなり、幸せな気持ちで満たされます。 時にはなかなか思いが伝わらず、もどかしい気持ちに悔しくなるでしょう。 相手のすべてをありのまま受け入れることで、見識や世界観が広がっていきます。 早速恋愛をしてみましょう。 恋愛対象がいなければ、今から見つけましょう。 恋愛といえば、交際や相思相愛をイメージしがちですが、それだけではありません。 片思いでも恋愛です。 一方的に好きになっている状態も、れっきとした恋愛です。 また恋愛対象が、2次元世界の人物であってもかまいません。 生身の人間だけが恋愛のすべてとは限りません。 漫画やアニメのキャラクターであっても、その人のすべてを好きになることが大事です。 大切なことは、人を好きになることです。 恋愛をすると、誰でも価値観が激変します。 余計な先入観があって恋愛ができないなら、ますます恋愛が有効です。 恋愛を経験した後は、新しい自分に生まれ変わっているでしょう。 片思いでもいいので、恋愛をしてみる。

28
★0

海外旅行や海外生活は、あなたを変える出会いがたくさん待っている。

先入観をなくす究極の方法は何でしょうか。 それは、海外旅行・海外生活です。 どちらもお金と手間暇のかかる方法ですが、先入観をなくす方法としては究極と言っていいでしょう。 国内で暮らしていると、安全安心で居心地が良い分、異文化の幅が限られます。 国内だけで生活しているかぎり、文化や価値観、常識やマナーも似たり寄ったりです。 異文化を求めるとはいえ、国内の生活圏では限られているでしょう。 そこで目指すは、海外です。 国が違えば、常識やマナーも変わります。 人種・文化・通貨など、さまざまな環境が大きく変わります。 全体を見ているつもりが、実はまだ一部しか見ていなかったと気づけるでしょう。 今まで「正しい」と思っていた考えは、実は偏った考えだったと気づけます。 見たことも聞いたこともない異文化に触れることで「世の中にはこんな世界があったのか」と驚きます。 よい意味でショックを受け、広大な世界を実感できるでしょう。 自分の価値観が一変するに違いありません。 そのため海外に行くことは、先入観をなくす方法としておすすめです。 海外旅行をするなら、パック旅行より個人旅行のほうがいいでしょう。 自分で計画を立てて、自分の判断で旅に出る個人旅行は、責任が大きい分だけ、すべての体験をしっかり吸収できます。 お金はかかりますが、学割や早割を最大限に活用すれば、上手に費用を抑えられます。 もっと本格的に挑戦したいなら、海外生活です。 海外生活する方法としては、留学やワーキングホリデーなどがあります。 短期間であってもかまわないので、現地で直接生活してみると、文化や価値観の違いを肌で感じることができます。 留学なら、語学力を磨きながら、異文化を吸収していけます。 ワーキングホリデーなら、海外生活を送りながら、お金を稼ぐこともできます。 ホームステイを組み合わせることで、海外生活をより深く楽しめるでしょう。 海外の友達は国内でも作れますが、直接海外に行ったほうが、もっと多くのチャンスに恵まれます。 海外生活を通して、見識と世界観が一気に広がり、数多くの先入観をなくすチャンスが得られます。 「海外は怖い」と思って、行きそびれていませんか。 「海外は怖い」というのも先入観です。 きちんと防犯対策を立て、保険に入り、出歩く場所と時間帯に注意しておけば、少なくとも大きな被害は避けられるはずです。 人生は、泣いても笑っても、一度しかありません。 人生で一度くらい「冒険」と呼べる経験もあっていいのではないでしょうか。 海外旅行や海外生活は、あなたを変える出会いと感動がたくさん待っているはずです。 海外旅行や海外生活に挑戦してみる。

29
★0

先入観のない人が素晴らしいのではない。
先入観をなくしていこうとする人が素晴らしいのだ。

「先入観があってはいけない」 「先入観のない人はすごい」 「先入観のない人を尊敬する」 私たちは先入観のない人を、素晴らしいと褒めたたえます。 たしかに過度の先入観は邪魔になります。 先入観は生活に役立つ面もありますが、偏ったり固定化したりすると、かえって快適な生活を妨げます。 誤った情報ばかり吸収していると、偏見になります。 偏見にとらわれると、正しい現実を認識できなくなり、誤解や差別を生む原因になります。 先入観を持ったまま時間が経過すると、固定観念になります。 いったん固定観念が形成されると、後から正しい情報に触れても、修正が難しくなります。 先入観や思い込みが激しいと、新しい挑戦を妨げたり、行動力を失わせたりします。 余計な不安や恐怖をかき立て、焦りや緊張を生み出します。 被害妄想を生んで、つまらないトラブルを引き起こすことも少なくありません。 そのため、できるだけ先入観や思い込みはなくしていくことが大切です。 しかし、ここに誤解があります。 先入観のない人が素晴らしいのではありません。 先入観をなくしていこうとする人が素晴らしいのです。 そもそも先入観は誰にでもあるもの。 初めて知った情報なら、それを手がかりにして物事を考えたり決めたりするのは普通です。 大切なのは、先入観ができてから、どうするかです。 現実では先入観があっても、そのままにする人が大勢います。 「仕方ない」「どうでもいい」「そのままでよい」と軽視して、改善の努力を怠っている人が大勢います。 そもそも自分の先入観に気づこうとしない人もいます。 「自分は正しい」という思い込みがあると、先入観があってもなかなか気づけません。 そんな中、あなたはきちんと自分の先入観に気づき、なくしていこうと努めています。 だから素晴らしいのです。 先入観をなくせるかは今後の努力次第ですが、ひとまずスタートは順調です。 後はその調子で少しずつ先入観をなくしていけばいいのです。 正しい取り組みを続けていれば、ゆくゆく偏見や固定観念もなくしていけます。 先入観をなくしていこうとする自分を誇りに思うことが大切です。 先入観をなくしていこうとする自分を誇りに思う。

30
★3

あなたが先入観を持つことがあるように、あなたが先入観を持たれたときも、腹を立てないこと。

あるとき、人から不本意な先入観を持たれることがあります。 「成績がいいから、この問題も簡単に解けると思っていました」 「口数が少ないから、やる気がないと思っていました」 「この仕事は難しい。あなたにできるはずがないよね」 そうしたことを言われると「そんなことはない。先入観で決め付けないで!」と言い返したくなるでしょう。 自分を悪く誤解されるのは不本意。 ネガティブな先入観で、決め付けたように判断されると、気分がよくありません。 しかし、ここで注意したいことがあります。 実際はあなたも、誰かに先入観を持つことがあるはずです。 初対面の印象が悪ければ、それだけで「感じの悪い人」というレッテルを貼りたくなるでしょう。 本を読んでいて、不快な文章を1行でも見つけたら、本全体を「低評価」と決め付けたくなるでしょう。 仕事の遅い人を見れば「お願いしてもミスをされそうだ」と思い込むこともあるかもしれません。 ある人のネガティブな噂を聞けば、実際に初めて会うとき「要注意人物」という先入観で接してしまうでしょう。 あらためて振り返ると、自分も先入観を持って人を決め付けていることが多いのではないでしょうか。 ですから、こう考えてください。 あなたが先入観を持つことがあるように、あなたが先入観を持たれたときも、腹を立てないこと。 お互い様です。 完璧な人間は1人もいません。 小さな誤解から認知の歪みが生じて、先入観・偏見・固定観念ができるのは、誰にでも起こること。 先入観は、悪気があってできるものではなく、仕方ない場合もあります。 あるとき、不本意な先入観を持たれたとしても、腹を立てないことです。 「先入観を持つのは仕方ない。そういうときもあるよね。これから誤解を解いていこう」 そう思えば、穏やかな気持ちで、心を整理しやすくなるでしょう。 小さなことにいらいらせず、おおらかな心を持とうではありませんか。 不本意な先入観を持たれても「お互い様」と思って腹を立てない。

同じカテゴリーの作品