心の健康

先入観をなくす
30の方法

  • 先入観をなくすことは、
    人生の可能性を切り開く力になる。
先入観をなくす30の方法

もくじ
  1. 先入観をなくすことは、人生の可能性を切り開く力になる。

    私たちは日々、先入観を持って生きています。
    意識的に先入観を持つつもりはなくても、いつの間にか持っています。
    まったく先入観を持っていないのは赤ちゃんだけであり、普通は誰でも何らかの先入観を持っています。

  2. 先入観をなくすには、疑問を持つことから始まる。

    先入観をなくすにはどうすればいいのか。
    先入観をなくす基本は、疑問を持つことから始まります。
    人から言われたことをすべて信じるのではありません。

  3. 先入観・偏見・固定観念の違いとは。

    先入観・偏見・固定観念。
    それぞれ似た意味であるため、違いを区別していない人も多いのではないでしょうか。
    人によっては、同じ意味と考えている人もいるかもしれません。

  4. 知識が問題なのではない。
    偏った知識が問題。

    先入観ができるきっかけは、知識を得ることです。
    何らかの情報に触れ、知識を得たとき、少なからず先入観を持ってしまいます。
    極論としては「知識を得ることはすべて先入観に関わる」ということになります。

  5. たくさん本を読んで、幅広く知識を吸収する。

    先入観をなくすには、本を読みましょう。
    知識量が少ないと、自分の知っている範囲でしか物事を考えられません。
    生きている時間で得た経験は限られています。

  6. 情報源が偏ると、知識も偏る。

    情報を集めるとき、複数の情報源から集めましょう。
    各メディアによって特徴が異なります。
    男性向けのメディアもあれば、女性向けのメディアもあります。

  7. 「先入観はすべて悪い」と考えるのも、先入観。

    「先入観」という言葉にどんな印象を持っていますか。
    一般的に「先入観」という言葉には、悪い印象を持っていることが多いのではないでしょうか。
    「先入観で決め付けないでほしい」

  8. 「自分は正しい」と思い始めたら、失敗の始まり。

    「自分は正しい」という思い込みをしていませんか。
    猛烈に勉強をして博識になれば、自分の知識や教養に自信がつくでしょう。
     

  9. 反発心や嫌悪感のあることこそ、学びの対象。

    先入観をなくすときに邪魔になるのが、反発心や嫌悪感です。
    反発心を感じる考え方。
    嫌悪感のある人。

  10. 嫌いな人のよいところを見つけて、褒めてみよう。

    あなたには、嫌いな人が何人いますか。
    「嫌いな人は1人もいない」という人もいるかもしれませんが、まれでしょう。
    表向きに平静を装っていても、実際は何人か嫌いな人がいるのではないでしょうか。

  11. 価値観の違う人は、先入観をなくす助っ人。

    人付き合いは、仲のいい人を中心に付き合う傾向があります。
    好きな人には自分から話しかけますが、嫌いな人からは逃げようとします。
    居心地のよい人には近づきますが、居心地の悪い人とは接触を拒否したくなります。

  12. 相手の意見は何であれ、まず受け入れよう。

    議論・討論・話し合い。
    話し合いの中で「それは違う」と思う意見を言われることもあるでしょう。
    そんなとき、とっさに否定したくなりますが、ここが注意ポイントです。

  13. 外国人の友達を作ることは、新しい自分と出会うことになる。

    あなたには、外国人の友達が何人いますか。
    たくさんいる人もいるでしょうが、1人もいない人も多いのではないでしょうか。
    限られた場所、限られた地域、限られた行動パターンでは、なかなか新しい友達を作る機会がありません。

  14. 交友関係が広がるにつれて、あなたの見識や世界観も広がっていく。

    先入観をなくす一環として、交友関係を広げてみませんか。
    現在の人付き合いも悪くありませんが、限られた人付き合いでは、刺激の範囲が限られます。
    同じ人間関係のままでは、変化も発見も乏しいでしょう。

  15. 実際に経験することで、先入観を解消できる。

    こう考えてみてください。
    「経験のないことはすべて、何らかの先入観がある」と。
    先入観をなくすには、実際に経験することが効果的です。

  16. アルバイトを始めて、提供する側を経験してみる。

    アルバイト経験も、先入観をなくすのに役立ちます。
    商品やサービスを受ける立場も悪くありませんが、受け手しか経験がないと、見方が偏りがちです。
    職業に対して差別的な見方をすることもあるでしょう。

  17. ドキュメンタリー番組のストレートな内容は、正しい現実を知るのに役立つ。

    先入観をなくすには、さまざまな経験を積むことが大切ですが、人によって難しい場合もあるでしょう。
    本来なら、自分が直接経験できればいいのですが、時間や場所が限られると難しくなります。
    アルバイトをするのもいいですが、拘束時間があって難しい場合もあるはずです。

  18. 一部で全部を決め付ける癖があると、現実を正しく認識できなくなる。

    一部で全部を決め付けていませんか。
    人によっては、一部で全部を決め付ける癖を持っている人があります。
     

  19. 「すべき」「しなければならない」と思うところに、先入観が隠れている。

    先入観は、自分では気づきにくいのが難点です。
    自分では「それが正しい」と思い込んでいるため、気づきたくてもなかなか難しい。
    先入観をなくしたくても、指摘されたり恥をかいたりする経験がないと、なかなか気づきにくい特徴があります。

  20. 「先入観をなくそう」と意識するのではない。
    「物事を正しく理解しよう」と意識しよう。

    先入観をなくすには、意識が大切です。
    先入観をなくそうとするとき、どんな意識を心がけますか。
    普通に考えると「先入観をなくしたい」と意識することが多いのではないでしょうか。

  21. 先入観が出てきそうでも、何も考えない。
    徹底的に「無」を意識する。

    何かに取り組むとき、過去に経験があると、当時を思い出します。
    膨大な記憶から情報を検索して、当時の状況や感情を思い出そうとします。
    何らかの先入観が出てきて、余計なことを考えてしまいます。

  22. ネガティブ思考ほど、先入観をなくす邪魔になるものはない。

    思考の癖は、先入観をなくすときに影響するポイントです。
    先入観をなくすには、ネガティブ思考よりポジティブ思考が有利です。
    思考の癖は、先天的な影響もありますが、後天的な影響も大きくあります。

  23. アウトプットは、先入観に気づき、改善するチャンス。

    勉強、勉強、また勉強。
    勉強ばかりしていませんか。
     

  24. 練習だけで、先入観はなくせない。

    技能を身につけるには、練習が欠かせません。
    練習問題を解く。
    スポーツの練習をする。

  25. 過去のものを捨てることで、先入観をなくす。

    あなたが大事にしている「あるもの」が、先入観をなくす妨げになっているかもしれません。
    それは「過去のもの」です。
    過去に買った服。

  26. 裁判の傍聴をしてみよう。

    裁判の傍聴をしたことはありますか。
    先入観をなくす方法として、裁判の傍聴が役立ちます。
    私たちは「罪を犯した人はすべて悪い」と思いがちです。

  27. 恋愛をして、とことん人を好きになってみる。

    先入観をなくすために意外と思われる取り組みがあります。
    恋愛です。
    恋愛と先入観は無関係に思えますが、意外なつながりがあります。

  28. 海外旅行や海外生活は、あなたを変える出会いがたくさん待っている。

    先入観をなくす究極の方法は何でしょうか。
    それは、海外旅行・海外生活です。
    どちらもお金と手間暇のかかる方法ですが、先入観をなくす方法としては究極と言っていいでしょう。

  29. 先入観のない人が素晴らしいのではない。
    先入観をなくしていこうとする人が素晴らしいのだ。

    「先入観があってはいけない」
    「先入観のない人はすごい」
    「先入観のない人を尊敬する」

  30. あなたが先入観を持つことがあるように、あなたが先入観を持たれたときも、腹を立てないこと。

    あるとき、人から不本意な先入観を持たれることがあります。
    「成績がいいから、この問題も簡単に解けると思っていました」
    「口数が少ないから、やる気がないと思っていました」

同じカテゴリーの作品