人生に行き詰まったときの
30の言葉

6
4

「楽しまなければいけない」と思うと、
逆に楽しめない。
「楽しもう」と思うと、
スムーズに楽しめる。

「楽しまなければいけない」と思うと、逆に楽しめない。「楽しもう」と思うと、スムーズに楽しめる。 | 人生に行き詰まったときの30の言葉

「しなければいけない」には要注意

人生を楽しむために、次の考え方に注意です。

「もっと楽しまなければいけない」です。

前向きな言葉であり、どこが悪いのだろうかと思いますが、よくないのです。

「楽しむ」という部分はいいのです。

いけないのは「しなければいけない」というMUSTの部分です。

「しなければいけない」には、強制感がある

「しなければいけない」という言葉には注意が必要です。

「MUST」であり、強制感があります。

「楽しむ」という心がけは素晴らしいのに、肝心のところで強制感が出ていては本末転倒です。

誰でも強制されるのはストレスです。

「しぶしぶ頑張る」「仕方なく取り組む」というニュアンスがあり、抵抗を感じます。

苦痛が生まれしんどくなります。

自発的とはいえ、強制感があるかぎり、なかなかうまくいきません。

純粋な気持ちをゆがめるからです。

「楽しまなければいけない」と思うと、逆に楽しめなくなります。

「楽しもう」と考えるだけでいい

では、どう考えるのがいいのでしょうか。

シンプルに考えましょう。

「楽しまなければいけない」ではありません。

「楽しもう」でいいのです。

シンプルに考えるのが一番いい。

「○○しよう」という考え方には、熱意と意欲、勢いとスピード感があります。

生き生きとした躍動感があります。

ふわっとした軽さがあります。

背中に翼が生え、羽ばたいていくような高揚感があります。

前向きな気持ちになれるため、行動したい気持ちになるのです。

「勉強を楽しまなければいけない」ではありません。

「勉強を楽しもう」です。

「仕事を楽しまなければいけない」ではありません。

「仕事を楽しもう」です。

「人付き合いを楽しまなければいけない」ではありません。

「人付き合いを楽しもう」です。

この考え方は、すべてのことに共通です。

趣味も恋愛も子育ても同じことです。

あらゆることを楽しみましょう。

「楽しまなければいけない」と考えそうになれば、頭の中で二重線を引っ張って「楽しもう」に書き換えてください。

すべてのことを「エンターテインメント」と考え、楽しもうとすると、ゆくゆく人生全体を楽しむことにつながります。

「楽しもう」と思うと、スムーズに楽しめます。

人生に行き詰まったときの言葉(6)
  • 「楽しまなければいけない」ではなく「楽しもう」と考える。
付き合いが長くなるにつれて、相手のことを見なくなっていませんか。

人生に行き詰まったときの30の言葉
人生に行き詰まったときの30の言葉

  1. あなたの失敗は、ちょっと転んだだけのこと。<br>また起き上がって歩き始めればいい。
    あなたの失敗は、ちょっと転んだだけのこと。
    また起き上がって歩き始めればいい。
  2. 壁にぶつかったときは、こうつぶやこう。<br>「これだから人生は面白い」
    壁にぶつかったときは、こうつぶやこう。
    「これだから人生は面白い」
  3. 不可能の壁に当たったら、人生のターニングポイントにする。
    不可能の壁に当たったら、人生のターニングポイントにする。
  4. 文句を我慢しても、精神衛生上よくない。<br>限度を超えた迷惑は、きちんと言ったほうがいい。
    文句を我慢しても、精神衛生上よくない。
    限度を超えた迷惑は、きちんと言ったほうがいい。
  5. 外に出たくない日もあっていい。<br>家にいないとできないことを楽しめばいい。
    外に出たくない日もあっていい。
    家にいないとできないことを楽しめばいい。
  6. 「楽しまなければいけない」と思うと、逆に楽しめない。<br>「楽しもう」と思うと、スムーズに楽しめる。
    「楽しまなければいけない」と思うと、逆に楽しめない。
    「楽しもう」と思うと、スムーズに楽しめる。
  7. 付き合いが長くなるにつれて、相手のことを見なくなっていませんか。
    付き合いが長くなるにつれて、相手のことを見なくなっていませんか。
  8. 「ダメかもしれない」と考えたところで、いいことは1つもない。
    「ダメかもしれない」と考えたところで、いいことは1つもない。
  9. 時には誰かに甘えることもあっていい。<br>強がってばかりでは、心や体が持たない。
    時には誰かに甘えることもあっていい。
    強がってばかりでは、心や体が持たない。
  10. トラブルが起こったら、こう叫ぼう。<br>「ナイス、トラブル!」
    トラブルが起こったら、こう叫ぼう。
    「ナイス、トラブル!」
  11. 「驚いたら負け」と思っている人は、楽しい人生を送れない。
    「驚いたら負け」と思っている人は、楽しい人生を送れない。
  12. 仲直りは、まず心の中で「ごめんなさい」と謝ることから始まる。
    仲直りは、まず心の中で「ごめんなさい」と謝ることから始まる。
  13. いらいらしたときは、とにかく歩こう。<br>歩いた距離に比例して、気持ちが静まってくる。
    いらいらしたときは、とにかく歩こう。
    歩いた距離に比例して、気持ちが静まってくる。
  14. 人に挨拶することは、人生に挨拶すること。<br>人に明るく声をかければ、運気が高まる。
    人に挨拶することは、人生に挨拶すること。
    人に明るく声をかければ、運気が高まる。
  15. 人のトラブルを、すべて自戒にする一言。<br>「自分も人のことは言えない」
    人のトラブルを、すべて自戒にする一言。
    「自分も人のことは言えない」
  16. ごみを拾えば拾うほど、心がきれいになって運もよくなる。<br>ごみを拾うだけで、あなたは神様になれる。
    ごみを拾えば拾うほど、心がきれいになって運もよくなる。
    ごみを拾うだけで、あなたは神様になれる。
  17. アクシデントが起こったら、今まで一番つらかったことを思い出そう。
    アクシデントが起こったら、今まで一番つらかったことを思い出そう。
  18. 勧められたことは、すぐ試さないと、意味がない。
    勧められたことは、すぐ試さないと、意味がない。
  19. ブルーになったら、ブルーを見よう。<br>不思議と心が落ち着くだろう。
    ブルーになったら、ブルーを見よう。
    不思議と心が落ち着くだろう。
  20. 不機嫌を認めないから、なかなか不機嫌が直らない。<br>素直に不機嫌を認めたほうが、早く機嫌が直る。
    不機嫌を認めないから、なかなか不機嫌が直らない。
    素直に不機嫌を認めたほうが、早く機嫌が直る。
  21. 勉強のときだけ、吸収を意識するのではない。<br>体験のときも、意識すると吸収力が高まる。
    勉強のときだけ、吸収を意識するのではない。
    体験のときも、意識すると吸収力が高まる。
  22. 逃げ切れないとわかったら、真っ向から立ち向かえ。
    逃げ切れないとわかったら、真っ向から立ち向かえ。
  23. 「大丈夫。<br>こんなに空が青いのだから」と言うだけで、前向きになれる。
    「大丈夫。
    こんなに空が青いのだから」と言うだけで、前向きになれる。
  24. お金を使ったとき「消えたね」と思わないこと。
    お金を使ったとき「消えたね」と思わないこと。
  25. 安易なアドバイスなら、最初からしないほうがいい。
    安易なアドバイスなら、最初からしないほうがいい。
  26. 頭の働きが悪くなったときは、肩と首を回すだけでいい。
    頭の働きが悪くなったときは、肩と首を回すだけでいい。
  27. 人生は、ちょっとの差で変わる。<br>「もうちょっとだけ頑張ろう」を繰り返そう。
    人生は、ちょっとの差で変わる。
    「もうちょっとだけ頑張ろう」を繰り返そう。
  28. 周りの期待に応えすぎると、疲れる。
    周りの期待に応えすぎると、疲れる。
  29. できなくて諦めているのではない。<br>ほとんどの人は、やる前から諦めている。
    できなくて諦めているのではない。
    ほとんどの人は、やる前から諦めている。
  30. いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。<br>ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。
    いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。
    ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION