人生の教科書



自分磨き
厳しいコメントを言ってくれる友達を、大事にする。
自分磨き
尊敬される人は、見栄・体裁・プライドにこだわらない。
プラス思考
性格は明るくても暗くてもいい。
大切なことは元気であること。
自分磨き
自分のことが嫌いだと、楽しい人になるのは難しい。
自分磨き
プラス思考を、勉強していませんか。
自分磨き
横柄な態度は控える。
謙虚な態度を心がける。
自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り0 読んだ
11

つまらない人は、
返事が暗い。
楽しい人は、
返事が明るい。

つまらない人は、返事が暗い。楽しい人は、返事が明るい。 | 楽しい人になる30の方法

会話の流れを決める1つが、返事です。

返事の内容によって、会話を明るくさせることもあれば、暗くさせることもあります。

深く考えることなく安易に答えがちですが、発言前に会話への影響を考えることが大切です。

  • 「あり得ない」

  • 「どうせ無理だよ」

  • 「できないに決まっている」

  • 「ださいね」

  • 「時間の無駄」

  • 「何の意味もない」

  • 「くだらない話だね」

暗い返事をしていませんか。

率直な言葉・正直な意見なのかもしれませんが、注意が必要です。

ストレートな表現ですが、言葉にとげがあります。

暗い返事をすると、話を否定することになるため、なかなか会話が続きません。

どんどん話が暗くなっていき、雰囲気も悪くなり、つまらなくなります。

楽しい会話をしたくても、返事が暗いと、なかなか難しい。

暗い返事は、相手を傷つけることもあります。

相手の価値観や考え方を否定することになるため、悪気はなくても、相手の心にダメージを与える可能性があります。

会話の雰囲気を大事にしたい。

楽しい会話をしたいなら、やはり返事も前向きであることが大切です。

楽しい人になりたいなら、明るい返事を心がけましょう。

相手の言葉を受け入れ、肯定することが大切です。

明るい返事なら、内容は何でもかまいません。

  • 「いいね」

  • 「面白い話だね」

  • 「いいアイデアだね」

  • 「さすがだね」

  • 「大丈夫だよ」

  • 「きっとうまくいくよ」

  • 「素晴らしい!」

明るい返事をすると、どんどん話が前に進み、テンションが上がっていきます。

にこにこしながら明るい返事ができれば、完璧です。

明るい返事と明るい笑顔で、会話に花が咲くでしょう。

自分の話を肯定していくので、どんどん話を盛り上げていけるのです。

同意しにくい意見もあるかもしれませんが、できるかぎり明るい返事を心がけてください。

1パーセントでも同意できる点があれば、受け入れることができるはずです。

相手も、自分の話が受け入れられると、認められた気がして、もっと話がしたくなるでしょう。

どんどん話が進んでいき、どんどん会話が盛り上がります。

たかが返事、されど返事。

返事の内容は、会話の流れを決める重要なポイントです。

返事が明るいと、楽しい人になれるのです。

まとめ

楽しい人になる方法 その11
  • 暗い返事ではなく、
    明るい返事を心がける。
提案は「いいね」と肯定することから始めよう。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品