人生の教科書



自分磨き
優しい人は、3つの配慮がある。
目配り・気配り・心配り。
自分磨き
気遣いも気配りも、限度を超えると、迷惑になる。
告白
相手を心配する気持ちが、射止める矢になる。
ファッション
細かい気配りができる女性になろう。
自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
13

楽しい人は、
心配りが上手。

楽しい人は、心配りが上手。 | 楽しい人になる30の方法

楽しい人になるためには、心配りを意識しましょう。

心配りとは、相手の心情を察して、細かいところまで注意を行き届かせることを言います。

心配りといえば、難しくて大変そうに思えますが、誤解です。

心配りは、相手の立場に立って気づいた配慮。

大切なのは、おもてなしの心です。

  • 「相手を不快にさせたくない」

  • 「相手に喜んでもらいたい」

  • 「もっともっと、満足してもらいたい」

おもてなしの心を意識すると、自然と心配りもできるようになります。

相手の立場を想像しながら接していくと、細かい点まで気づきやすくなります。

細かく行き届いた心配りがあってこそ、楽しい会話も実現できます。

 

たとえば、ある話題を持ち出したとき、相手が急に嫌がる表情に変わったとします。

表情が悪くなったことから、触れてほしくない話題であることが考えられます。

あまり深い話には触れず、やんわり別の話題に変えたほうがいいでしょう。

また話をしているとき、急に相手がそわそわし始めたとします。

腕時計を見たり、落ち着かない様子だったりする様子が目立てば「ほかに用事があるのかな」と思うでしょう。

早めに話を切り上げたほうが、相手に喜ばれるでしょう。

ある話題を持ち出したとき、相手が前のめりになったら「もっと詳しく聞きたい」という意思表示かもしれません。

興味関心のある話は、自然と目がきらきらしたり嬉しそうな表情になったりします。

さらに詳しく話を進めていけば、相手と楽しい会話が実現できるでしょう。

相手の態度や表情はすべて、心を読み解く手がかりです。

相手の心の中を直接見ることはできなくても、態度や表情などの手がかりから読み解いていくことは可能です。

心配りができると、余計なトラブルを減らせます。

会話もスムーズになるため、楽しく話をしやすくなるのです。

時には誤解や勘違いをすることもありますが、少なくとも優しい気持ちがあることは伝わるでしょう。

心配りができる人は、心の優しい人でもあります。

まとめ

楽しい人になる方法 その13
  • 人と接するときは、
    心配りを大切にする。
理解力・共感力のある人は、必ずモテる。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品