人生の教科書



自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り2 読んだ
10

楽しい人は、
会話上手。
話し上手・聞き上手を心がけよう。

楽しい人は、会話上手。話し上手・聞き上手を心がけよう。 | 楽しい人になる30の方法

楽しい人には「会話上手」という特徴があります。

舞台やテレビで活躍する芸人や司会者はみんな、会話が上手です。

明るく面白い話をすると、相手を楽しませることができます。

楽しい人になるためには、会話上手になりましょう。

できるだけ暗いテーマは避け、明るいテーマを選ぶようにします。

楽しい話題のほうが、にこにこしながら会話ができます。

また、愚痴・悪口・誹謗中傷など、ネガティブな話題を避けるようにしましょう。

ネガティブな話題は、相手に不快感を与え、暗い気持ちにさせます。

できるだけ明るい話題を選んだほうがお互い楽しめます。

特に自分の失敗談は、絶好のネタです。

自分の失敗談は、誰も傷つけずに、笑いを取れます。

にこにこしながら失敗談を話せば、楽しい会話になります。

余裕があれば、身ぶり手ぶりなどのボディーランゲージも含めてみるといいでしょう。

話に臨場感が生まれ、ますます楽しさがアップします。

話術は、努力によって身につけるもの

  • 「自分には話術がない」

  • 「もともと自分は会話が下手」

  • 「コミュニケーション能力が低い」

そう思う人もいるかもしれませんが、誤解があります。

話術は最初から身についているものではなく、努力によって身につけるものです。

生まれてきたときから話せる赤ちゃんはいません。

会話能力は後天的な要素。

上手な会話は、スポーツに似ているところがあり、トレーニングが必要です。

舞台やテレビで活躍する芸人や司会者も、会話のトレーニングをしているから、話術を身につけることができました。

舞台やテレビで活躍する芸人を参考にして、上手な話し方を真似てみるといいでしょう。

面白いネタは必要とは限らない

楽しく会話をするには、面白いネタと思われがちですが、ここにも誤解があります。

もちろん面白いネタがあればベターですが、必要とは限りません。

普通のネタでも、にこにこしながら明るく話すだけでも、楽しい会話は実現できます。

「笑わせる会話」ではなく「笑顔になる会話」と意識しましょう。

笑いはなくても、笑顔になるような会話ができれば、十分です。

楽しく話をするコツは、笑顔

普通のネタでも、面白おかしく話をするよう努力することが大切です。

楽しく話をするコツは「笑顔」です。

笑顔は、会話を楽しくするスパイスです。

にこにこしながら話をすると、普通のネタでも、不思議と楽しく感じやすくなります。

ぜひ、にこにこしながら話をする習慣を身につけましょう。

話すだけでなく、聞くことも大切

会話上手といえば「話すこと」を思い浮かべますが、そればかりではありません。

自分の話ばかりぺらぺら話すのでは、会話上手にはなれません。

話すばかりでは、相手を疲れさせてしまいます。

会話上手になるためには、話すことだけでなく、聞くことも大切です。

相手の話を理解するからこそ、上手に話せます。

相手の話に集中して、きちんと内容を理解しましょう。

話を聞きながら、適度に相づちを打ちます。

話の調子に合わせてうなずく。

「そうだね」「なるほど」と言葉を返す。

聞き上手になれば、ますます相手は話をしてくれ、会話も盛り上がります。

日々の会話が、練習であり本番

会話上手は、一晩でなれるものではありません。

日々の会話が、練習であり本番です。

場数がなければ、向上のしようがありません。

場数ですべてが決まるわけではありませんが、場数がゼロで会話を上達させるのは不可能です。

上手な会話を意識しながら、少しでも場数を増やしていきましょう。

「会話がうまくなりたい」という気持ちを持ってコミュニケーションをするほうが、上達も早くなります。

まとめ

楽しい人になる方法 その10
  • 上手な会話を心がける。
つまらない人は、返事が暗い。
楽しい人は、返事が明るい。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品