人生の教科書



遠距離恋愛
テレビ電話できれいに映るための6つの準備。
自分磨き
楽しい人は、会話上手。
話し上手・聞き上手を心がけよう。
遠距離恋愛
話す話題を考えておくことも、デートの準備の1つ。
自分磨き
大切なのは、会話のキャッチボール。
話してばかりはよくない。
自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り1 読んだ
18

楽しいネタは、
自然と浮かぶものではなく、
準備しておくもの。

楽しいネタは、自然と浮かぶものではなく、準備しておくもの。 | 楽しい人になる30の方法

楽しい人は、楽しいネタを話すことが大切です。

会話をしながら、ふと楽しいネタが思い浮かぶこともあります。

楽しい会話は、連想ゲームになっています。

1つの話題から関連した別の話題につながって、さらにまた別の話題につながっていきます。

もちろんその場で思いついたネタを話すのもいいでしょう。

話の流れから、偶然過去の面白い出来事を思い出せば、話題のネタにできます。

 

しかし、会話の流れを運や偶然に任せるのは、少し不安定です。

楽しい話を実現させたいなら、ある程度ネタを準備しておくほうが便利です。

偶然に任せた話し方とネタを準備した話し方では、盛り上がり方が違います。

やはりネタを準備した話し方のほうが、話を面白く展開できるので、盛り上がりやすくなります。

テレビや舞台で活躍する芸人や司会者も、楽しく話ができるのは、話術が優れているだけではありません。

普段からたくさんの持ちネタを準備しているから、次々楽しい話をしていけます。

ネタが豊富になればなるほど、会話の守備範囲が広がるので、楽しい話がしやすくなります。

また、普段から楽しいネタ探しを習慣にしておくことも大切です。

「何か面白いことはないだろうか」と考えながら過ごせば、見つけやすくなります。

旅行の話、流行の話、おいしい料理の話。

何かを経験することは、話のネタを作るのと同じです。

話のネタを準備する気持ちがあれば、新しい挑戦も勇気が出やすくなります。

楽しい出来事に遭遇したら「よいネタを見つけた。今度これをネタにしよう!」と考えましょう。

楽しいネタができると、うずうず誰かに話したくなるので、人と接したくなります。

普段から新聞・雑誌・テレビなどを通して、情報収集をしておくことも大切です。

世間で賑わしているニュースも、ネタになります。

世の中の情報に詳しいほうが、話の受け皿が大きくなって、楽しく話がしやすくなります。

楽しいネタは、自然と浮かぶものではなく、準備しておくもの。

面倒と思わず、宝探しをするかのような気持ちになれば、楽しみながらネタを探していけます。

まとめ

楽しい人になる方法 その18
  • 普段から楽しいネタを準備しておく。
楽しい人は、褒め上手。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品