自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り0 読んだ
24

親切の押し付けに要注意。
大切なのは、
純粋なサービス精神。

親切の押し付けに要注意。大切なのは、純粋なサービス精神。 | 楽しい人になる30の方法

楽しい人になるとき、陥りがちな態度があります。

 

「親切の押し付け」です。

 

楽しい人になるためには、面白く話したり明るく接したりすることがポイントです。

楽しい人になろうと積極的になるのはいいですが、いつの間にか、高圧的な態度になっていることが少なくありません。

自分の様子を振り返ってみてください。

「笑わせてやる」

「楽しませてやる」

「話を聞いてやる」

こうした点に心当たりがあるなら、要注意です。

「○○してやる」という気持ちがあるのは、横柄になりかけている証拠です。

押し付けがましい印象があります。

相手を楽しませるのはいいですが、押し付けがましくなるのはよくありません。

表向きは、面白い話であっても、偉そうな態度や強引な話し方があると、嫌な感じがあります。

相手を楽しませようとする気持ちはあっても、強すぎると、いつの間にか押し付けがましい印象が出てしまう。

親切を押し付けられると、打算や下心が感じられるため、純粋に物事を楽しめなくなるのです。

大切なのは「純粋なサービス精神」です。

「相手を楽しませたい」という純粋な気持ちに集中して行動しましょう。

「笑わせてやる」ではなく「笑わせたい」

「楽しませてやる」ではなく「楽しませたい」

「話を聞いてやる」ではなく「話を聞かせてもらいたい」

純粋なサービス精神だからこそ、相手に純粋な気持ちが伝わります。

温かい心が伝わり、感動させるのです。

「できれば笑ってくれると嬉しい」という謙虚な気持ちも大切です。

純粋なサービス精神があると、温かい心が相手に伝わるので、話も盛り上がりやすくなります。

まとめ

楽しい人になる方法 その24
  • 純粋なサービス精神で、楽しく接するようにする。
前に話したことをきちんと覚えているか。

もくじ
楽しい人になる30の方法
親切の押し付けに要注意。大切なのは、純粋なサービス精神。 | 楽しい人になる30の方法

  1. 楽しい人は、楽観主義者。
  2. まず自分が楽しもう。
  3. 楽しい気持ちだから、楽しいことを考えるのではない。
    楽しいことを考えているから、楽しい気持ちになる。
  4. 楽しい人には、人を楽しませる習慣がある。
  5. 自分のことが嫌いだと、楽しい人になるのは難しい。
  6. 知的好奇心は、あなたを新しい世界に導く力がある。
  7. 好きなことを後回しにする必要はない。
    むしろ好きなことから選んでいこう。
  8. つまらない人は、決断も行動も遅い。
    楽しい人は、決断も行動も早い。
  9. 楽しい人は、積極的に話しかける習慣がある。
  10. 楽しい人は、会話上手。
    話し上手・聞き上手を心がけよう。
  11. つまらない人は、返事が暗い。
    楽しい人は、返事が明るい。
  12. 提案は「いいね」と肯定することから始めよう。
  13. 楽しい人は、心配りが上手。
  14. 理解力・共感力のある人は、必ずモテる。
  15. リアクションが小さいと、会話は盛り上がらない。
    大きなリアクションは、会話を盛り上げるスパイス。
  16. アドバイスはなくていい。
    悩みを解決しなくてもいい。
    じっくり話を聞いて、共感するだけでいい。
  17. ユーモアのセンスは、後天的要素。
    努力さえすれば、短期間で身につけられる。
  18. 楽しいネタは、自然と浮かぶものではなく、準備しておくもの。
  19. 楽しい人は、褒め上手。
  20. 下手な相槌では、盛り上がる話も盛り上がらない。
    大切なのは、話の調子を合わせた相槌。
  21. 大切なのは、会話のキャッチボール。
    話してばかりはよくない。
  22. つまらないと感じるのはいい。
    つまらない顔をするのがいけない。
  23. 楽しい人になるためには、最低限のマナーを守っておく必要がある。
  24. 親切の押し付けに要注意。
    大切なのは、純粋なサービス精神。
  25. 前に話したことをきちんと覚えているか。
  26. 余裕がなければ、心は死んでいるも同然。
  27. 「つまらないことを楽しくする」という挑戦を楽しもう。
  28. 元気が出るから、行動するのではない。
    行動するから、元気が出る。
  29. 過去も未来も幻想。
    生きているのは、今しかない。
  30. 楽しみを独り占めすると、幸せが半減する。
    楽しみを分かち合うと、幸せが倍増する。

同じカテゴリーの作品