人生の教科書



読み上げ動画・音声

しいになる
30方法

お気に入り2 読んだ
5

自分のことがいだと、
しいになるのはしい

自分のことが嫌いだと、楽しい人になるのは難しい。 | 楽しい人になる30の方法

なたは自分が好きですか。

  • 「自分が嫌い」

  • 「自分が好きではない」

  • 「好きでもないが、嫌いでもない」

欠点や短所があって、気になることもあるでしょう。

顔立ちや体形が気に入らないこともあるでしょう。

悪い点が目立てば、なかなか自分を好きになれないのも無理はない。

自信を持って堂々と「自分が好き」と言える人は少ないかもしれません。

しかし、自分のことが嫌いだと、楽しい人になるのは難しい。

自分が嫌いということは、自分を否定していることになります。

自分を否定していると、嫌悪感や抵抗感が生まれ、ストレスになります。

心にしこりが生まれ、ネガティブな気持ちになってしまいます。

なかなかポジティブなパワーが生まれにくくなり、楽しく振る舞うための元気やパワーも生まれないのです。

楽しい人になるためには、まず自分を好きになることが必要です。

自分を好きになって、どんどん自己愛・自己肯定感・自己効力感を高めること。

元気もやる気も、自分を好きだからこそ生まれてくるパワー。

明るい気持ちも前向きな考え方も、自分を好きだからこそ生まれてくるパワーです。

自分が好きだからこそ、自己愛・自己肯定感・自己効力感が高まり、結果として明るく楽しく振る舞えます。

自分を好きになることは、楽しい人になるための基本です。

自分を好きになると、自然と言葉・態度・表情に表れます。

言葉は前向きになり、態度は柔らかくなり、表情は明るくなるのです。

どんどん自分を好きになりましょう。

手段は何でもいいので、とにかく自分を好きになってください。

なかなか自分が好きないなら、自分の美点だけ注目するようにしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、欠点は無視して、美点だけ集中して見るようにしましょう。

不得意や短所は見ないようにして、得意や長所だけ見るようにする。

よいところだけ注目すると「自分は素晴らしい」という気持ちが強くなり、だんだん自分を好きになっていけます。

そのほか「家がある」「健康がある」「友達がいる」などありきたりなことも、どんどん認めていくといいでしょう。

自分への抵抗感が和らぐ一方、好感や期待感が高まっていき、次第に自分を好きになっていけます。

自分を好きになると、自然と表情も明るくなり、楽しい人になっていけるのです。

楽しい人になる方法 その5

  • できるだけ自分きになる努力をする
知的好奇心は、あなたを新しい世界に導く力がある。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品