人生の教科書



読み上げ動画・音声
スキル
メモを取る習慣は、チャンスをつかむ習慣。
勉強法
いついかなる状況でも、勉強できる装備が整っていますか。
同棲
サプライズには、同棲のマンネリを吹き飛ばす力がある。
自分磨き
優しい人には、許す習慣がある。

しいになる
30方法

お気に入り1 読んだ
4

しいには、
しませる習慣がある

しい人になるためには、心がけたい習慣があります。

 

「人を楽しませる習慣」です。

 

楽しい人になるためには、まず自分が楽しむことが大切です。

趣味・遊び・スポーツなど、徹底的に好きなことを楽しむ。

楽しいことをすればするほど、幸せの量も増えます。

誰かに幸せを分け与えるには、まず自分が幸せでなくてはなりません。

心が幸せで満たされてこそ、誰かに分け与える余裕も出てきます。

 

しかし、自分だけ楽しんで終わりでは、中途半端です。

単なる自己満足・自己陶酔で終わってしまいます。

そこで大切なのは、人を楽しませる習慣です。

あなたの生活に「人を楽しませる」という行動習慣を追加しましょう。

相手を楽しませることを楽しめば、人と接するのも楽しくなります。

人を楽しませる方法なら何でもOKです。

もちろん相手を楽しませるために、無理をする必要はありません。

自分のできる範囲でかまわないので、どんどん人を楽しませていきましょう。

時間や労力が必要になることもありますが、その手間暇すら前向きに楽しみたい。

「こうすればきっと喜んでくれるだろう」と考えていると、いいアイデアが思い浮かびやすくなります。

お金がかからなくても、相手を楽しませる手段はいくつもあります。

 

たとえば、面白い話です。

面白い話をして笑顔にさせれば、相手を楽しませることができます。

面白いギャグやユーモアで相手を笑わせてみるのも、よいアイデアです。

大笑いをされなくても、くすっと笑わせることができれば、十分です。

相手が笑ってくれれば、楽しんでいる証拠です。

一緒に笑うことができれば、お互い充実した時間を送れます。

料理の腕に自信があれば、手料理をごちそうしてみるのもいいでしょう。

自宅に招いて手料理を振る舞うのもよし。

手作りのクッキーをプレゼントしてみるのもよし。

相手の腹を満たすことで、心まで幸せで満たせるはずです。

サプライズで相手の誕生日を祝ってみるのも、よいアイデアです。

事前に告知をして祝うのもいいですが、告知をせずに突然祝うと、喜びと驚きもひとしおです。

サプライズなら、印象にも思い出にも深く残るでしょう。

友達と一緒に協力すれば、盛大なサプライズも企画できるでしょう。

少々お金がかかったとしても、相手が喜んでくれるなら、人への投資になるため、価値のある使い方です。

「相手を楽しませることが、私の楽しみ」という状態になりたい。

相手を楽しませることをモチベーションにすることで、さらに毎日が楽しくなります。

人を楽しませることが日々の習慣になれば、自然とあなたは人気者になれるでしょう。

サービス精神を大切にすることが、人から愛されるコツなのです。

楽しい人になる方法 その4

  • しませることを、
    しみにする

同じカテゴリーの作品