人生の教科書



読み上げ動画・音声
自分磨き
声をかけに行くのではない。
褒めに行くのだ。
自分磨き
褒めることも、面白いネタの1つになる。
言葉
「ありがとう」
生き方
本当の勉強とは、意識を高めることである。

しいになる
30方法

お気に入り1 読んだ
19

しいは、
上手

しい人は、褒めるのが上手です。

話をするときは、褒める習慣を身につけましょう。

もちろん褒めることはなくても、楽しい会話はできます。

普通に面白いネタを紹介したり、にこにこしながら話したりするだけでも、会話は十分盛り上げていけるでしょう。

普通ににこにこしているだけでも、楽しい雰囲気が出るでしょう。

 

しかし、やはり積極的に褒めていくほうが、もっと楽しい会話にできます。

相手のよい点を見つけたら、褒めるチャンスです。

すかさず笑顔で褒めていきましょう。

  • 「かわいいですね」

  • 「肌がきれいですね」

  • 「おしゃれなバッグですね」

褒める点は、外見だけではありません。

相手の内面も褒めていきたい。

  • 「努力家ですね」

  • 「経験が豊富なのですね」

  • 「体力がすごいですね」

誰でも褒められると、嬉しいもの。

褒められると、自分の存在価値が認められた気がして、嬉しくなります。

褒めると相手をよい気分にさせることができます。

わざとらしく褒めるのではなく、あくまで自然な感じで褒めることがポイントです。

どんな人にも、1つはよいところがあります。

必ず褒めるところがある前提で探せば、意外とすぐ早く見つかります。

「この人にはどんなよいところがあるかな」とわくわくしながら相手と接すると、きっとすぐ見つかるでしょう。

褒めるといえば「優れた長所や素晴らしい美点でなければいけない」と思われがちですが、誤解です。

素晴らしいところではなくても、よいと思うところで十分。

 

たとえば、平均点を少しでも上回る点を取ったなら「すごい」と褒めることができるでしょう。

仕事のスピードが少し速いときでも「すごい」と褒めることができます。

相手の様子をきちんと見れば、褒めるべき点はたくさん見つかるはずです。

相手の身の回りに関することなら、すべて褒める対象

褒める対象は、相手の外見や内面ではありません。

相手のことに関するすべてが、褒める対象です。

「すてきだな」「すごいな」と思ったところだけでなく「いいな」「羨ましい」と思うことも、褒める対象です。

 

たとえば、相手の住んでいる場所を聞いたとします。

便利な立地に住んでいるなら「いいところに住んでいますね」と褒めることができるでしょう。

また、相手が波瀾万丈の人生を送っているとします。

たとえ不幸な事実があったとしても「経験が豊富なのですね」と褒めることもできるでしょう。

見方や発想を変えれば、ネガティブでもポジティブに褒めていくことが可能です。

褒めようと意識しているほうが見つけやすくなる

褒めるときは、やはり意識することが大切です。

偶然褒める点を見つけることもありますが、やはり褒めようと意識しているほうが見つけやすくなります。

人と接するときは「何か褒めることはないだろうか」と意識する癖をつけておきましょう。

あなたが発する言葉は、人を幸せにする力があります。

褒めて、褒めて、褒めまくる。

相手を喜ばせる気持ちになって、どんどん褒めていきましょう。

会話が褒め言葉から始まると、後に続く話も楽しくできます。

褒め上手になるにつれて、楽しい人になっていけるのです。

楽しい人になる方法 その19

  • 上手になる

同じカテゴリーの作品