人生の教科書



自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り2 読んだ
21

大切なのは、
会話のキャッチボール。
話してばかりはよくない。

大切なのは、会話のキャッチボール。話してばかりはよくない。 | 楽しい人になる30の方法

  • 「楽しい人になるために、面白い話をしよう」

そう思ったとき、たくさん話をしがちです。

 

たしかに楽しい人になるためには、楽しく話をすることが欠かせません。

失敗談を話してみたり、面白いネタを披露したり、ギャグやユーモアを言ってみたりなどです。

たくさん話をすることで、相手を楽しませることができるでしょう。

もちろんたくさん話をするのはいいですが、ここに注意があります。

話してばかりではいけないのです。

自分だけ一方的に話してばかりでは、相手を疲れさせます。

話を聞くことも、体力を使います。

人の話の詳細まで聞き取って、理解して、気の利いた返事をするのは、なかなか苦労が伴います。

ずっと話してばかりでは、相手は聞くのに疲れるでしょう。

相手は「私も話をしたい」と不満を募らせ、ストレスをためてしまいます。

楽しい人になるために大切なのは、会話のキャッチボールです。

会話のキャッチボールとは、お互い会話がテンポよく弾む状態です。

話題を振って、相手が話す。

相手から振られた話題を受け止め、話す。

会話の主役は、2人です。

話のボールが、一方に偏らず、お互いを行き交うことが大切です。

会話のキャッチボールを繰り返しながら、話題がどんどん変化していきます。

自分ばかりがするのではなく、お互いに話ができてこそ、楽しい会話が実現します。

普段から話してばかりの人は、特に注意が必要です。

楽しい話や面白いネタを披露するのは大いに結構ですが、きちんと聞き手になることも忘れないこと。

もし自分ばかりが話していることに気づいたら、意識的に少し口数を減らして、聞き役に回るといいでしょう。

しっかり相手の話を聞けば、自然と相槌が上手になり、返事もできるようになります。

聞き手になって、たっぷり話を聞くことでも、楽しく話をする条件です。

話すこと・聞くことのバランスが取れた会話を心がければ、お互い満足できるので、楽しくなるのです。

まとめ

楽しい人になる方法 その21
  • 自分ばかりが話しすぎず、
    会話のキャッチボールを意識する。
つまらないと感じるのはいい。
つまらない顔をするのがいけない。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品