人生の教科書



読み上げ動画・音声
成功哲学
会話の相槌は、一度だけでいい。
ビジネスマナー
見えなくても、相槌の動きはしたほうがいい。
恋愛がしたい
恋愛は、相槌の大きさで、決まる。
会話
バリエーションのある相槌を打とう。

しいになる
30方法

お気に入り0 読んだ
20

下手相槌では、
がるがらない
大切なのは、
調子わせた相槌

しく会話をするには、相槌がポイントです。

相手の話の途中で、うなずいたり短い一言を入れたりすると、話がどんどん弾みます。

テレビや舞台で活躍する芸人や司会者も、相槌が上手です。

大きくうなずいたり「なるほど」「そうですね」という一言を入れます。

相槌は、会話を盛り上げるために必要な動作。

相槌を打つ・打たないでは、会話の進み方が変わります。

相槌を打ったほうがスムーズに話が進んで弾みやすくなり、楽しくなっていくのです。

 

では、ただ相槌を打てばいいかというと、ここがポイントです。

ただ相槌を打てばいいわけではありません。

相槌を打っても、いいかげんでは効果も半減します。

下手な相槌は、不自然なのですぐばれます。

不自然な相槌は、違和感が大きいため、なかなか話が盛り上がりません。

時に下手な相槌は、失礼になることもあるため、注意が必要です。

うなずき方がしつこいと、話をうっとうしく感じているように見えます。

「はい、はい」「分かった、分かった」などの一言は、いくら相槌とはいえ、雑で乱暴な印象があります。

下手な相槌では、盛り上がる話も盛り上がらないのです。

大切なのは、話の調子を合わせた相槌です。

話の区切りでうなずく。

理解をできてから「なるほど」と言う。

同意ができる話のとき「そうだね」と言う。

話のリズムやテンポに合わせた相槌を打つことが大切です。

相手の話の調子に合わせた相槌を打つと「話を受け入れました」「きちんと理解しました」というメッセージを送れます。

相手は、自分の話が理解されていると分かるので、もっと話がしたくなる。

どんどん話が盛り上がっていき、楽しくなるのです。

話の調子に合わせた相槌は、音楽に合わせて踊るダンスのようなもの。

動きと雰囲気が一致するから、気分もテンションも上がり、盛り上がるのです。

ただ相槌を打つのではなく、話の調子に合わせた相槌を意識してください。

下手な相槌と上手な相槌は、同じ相槌でも、似て非なるもの。

下手な相槌は話のテンションを下げますが、上手な相槌は会話のテンションを上げます。

相槌の「質」を高めましょう。

あくまで話の調子に合わせた相槌が大切なのです。

楽しい人になる方法 その20

  • ただ相槌つのではなく、
    調子わせた相槌がける

同じカテゴリーの作品