人生の教科書



ストレス対策
好きなことをやっていたほうがいい。
生き方
好きなことでも、やる気が出ないときもある。
自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り3 読んだ
7

好きなことを後回しにする必要はない。
むしろ好きなことから選んでいこう。

好きなことを後回しにする必要はない。むしろ好きなことから選んでいこう。 | 楽しい人になる30の方法

複数の選択肢があるとき、何から選ぶかです。

取り組む仕事を選ぶとき。

回転寿司のネタを選ぶとき。

海外旅行の行き先を選ぶとき。

そんなとき、好きなことを後回しにしていませんか。

「好きなことから始めるのは、何だか申し訳ない」

「最初に好きなことから始めると、楽しみがなくなってしまう」

「好きなことは後回しにして、楽しみとして取っておきたい」

 

たしかに楽しみとして取っておきたい考え方も一理あります。

楽しみを取っておけば、わくわくした時間を長く楽しめるでしょう。

やる気やモチベーションを維持しやすい意味では、効果があるのも事実です。

また、つつましく生きてきた人なら「好きなことから始めるのは下品」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、ここに落とし穴があります。

わざわざ一番好きなことを後回しにするのは、楽しい考え方ではありません。

一番好きなことを後回しにすると、楽しみやチャンスを生かせない可能性が出てくるからです。

 

たとえば、仕事です。

好きな仕事を後回しにしていると、だんだん状況が変わってきます。

仕事を取り巻く環境が変わっていることもあれば、仕事の条件が変わっていることもあるでしょう。

後になると、時間や体力に余裕がなくなって、集中しにくくなっているかもしれません。

そもそも仕事のチャンスがなくなっているかもしれません。

後回しにすると、ろくなことになりません。

段取りの都合もあると思いますが、やはり好きなことから着手するほうがいいでしょう。

お寿司のネタを選ぶ場面ではどうするか。

好きなネタは、後回しにするのではなく、最初に食べたほうがいいでしょう。

好きなものを後回しにしていると、鮮度が落ちて、品質が下がってしまうでしょう。

ネタがなくなっているかもしれません。

おなかがいっぱいで食べられなくなってしまうかもしれません。

海外旅行の行き先を決める場面では、どうするか。

やはり一番行きたいところから選ぶのが正解です。

後回しにしていると、その国の情勢が悪化して、旅行に行きにくくなっているかもしれません。

家庭や仕事の事情で、行く時間がなくなっているかもしれません。

そもそも旅行に行くお金がないかもしれません。

後になればなるほど、想定外や不確定要素が増えやすいため、コントロールが難しくなるのです。

ストレートに生きたほうが、人生を楽しめます。

まず好きなことから選びましょう。

好きなことから選ぶのは、わがままでも自己中心的でもありません。

素直な自分を表現した選び方です。

一番好きなことから選ぶのが、一番楽しい選び方です。

もちろん段取りやスケジュールの都合で希望どおりにいかないこともあるでしょうが、できるだけ心がけてみてください。

好きなことは、後回しにするのではなく、最初に選ぶこと。

好きなことから選ぶのが、楽しい人の考え方です。

まとめ

楽しい人になる方法 その7
  • 好きなことは、後回しにせず、最初に選ぶ。
次のページ >>
つまらない人は、決断も行動も遅い。
楽しい人は、決断も行動も早い。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品