人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

楽しい人になる
30の方法

お気に入り0 読んだ
22

つまらないと感じるのはいい。
つまらない顔をするのがいけない。

つまらないと感じるのはいい。つまらない顔をするのがいけない。 | 楽しい人になる30の方法

会話では、ときどきつまらない会話になることがあります。

当たり前の話。

誰でも知っている話。

専門的で難しい話。

興味のない分野の話。

虚栄に満ちた自慢話。

こうした話が出てくると、普通は退屈で仕方ないでしょう。

相手に悪気があるとは限りません。

相手にとっては楽しく面白いネタのつもりでも、自分にとっては退屈で仕方ないときもあるでしょう。

興味関心のない話では、気の利いた返事も相槌も難しい。

もちろんつまらないと感じるのはいいのです。

強引に楽しいと感じるのは無理があるでしょう。

つまらないと感じることは仕方ない。

つまらない話を「つまらない」と感じるのは誰でも共通です。

 

しかし、つまらないと感じるのはいいですが、つまらない顔をするのはよくありません。

露骨に退屈な表情を見せると、相手に不安や不快感を与えてしまいます。

明らかに会話を楽しんでいないことが伝わると、相手をがっかりさせるでしょう。

相手は話を続けにくくなり、一気に会話の雰囲気が悪くなります。

たとえあくびが出そうでも、ぐっと我慢したほうがいい。

我慢しにくい場面もありますが、できるだけ我慢するのが得策です。

つまらない話でも、できるだけ楽しそうな顔をしましょう。

心の中では「つまらない」と感じていても、にこにこしながら話を聞きましょう。

軽くほほ笑みながら、話の調子に合わせて相槌を打ちます。

楽しくなくても、楽しそうなふりをする。

ため息をつくなら、態度に出すのではなく、心の中ですることです。

にこにこしながら楽しそうに話を聞けば、テンションを下げることもなく、雰囲気を悪くさせることもありません。

相手は、話を最後まで話しきることができ、満足できます。

不思議なことにつまらない話でも、にこにこしていると、楽しく感じてくることがあります。

「これは楽しい話だ」と思いながら聞くと、ポジティブのスイッチが入るため、次第に楽しく感じてくることがあります。

「少しは役立つ情報かもしれない」という期待を持ってみるのもいいでしょう。

わずかでも役立つかもしれないと思えば、話に興味が湧きやすくなるので、楽しく話を聞きやすくなります。

最初は思い込みでも、前向きな気持ちを意識しているうちに、だんだん気持ちが変わってくるのです。

どうしてもにこにこができないなら、せめて普通の表情だけでもしておきたい。

ポジティブな表情ではありませんが、つまらない顔をするよりはベターです。

楽しい人になる方法 その22

  • つまらない話でも、
    楽しそうな顔をする。
楽しい人になるためには、最低限のマナーを守っておく必要がある。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品