人生の教科書



生き方
余裕があるように見えるポーズの取り方。
自分磨き
尊敬される人は、心と行動に余裕がある。
自分磨き
余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。
自分磨き
余裕のある生活を送ろう。
自分磨き

楽しい人になる
30の方法

お気に入り4 読んだ
26

余裕がなければ、
心は死んでいるも同然。

余裕がなければ、心は死んでいるも同然。 | 楽しい人になる30の方法

あなたの生活には「余裕」がありますか。

「なかなか自由な時間が取れない」

「多忙の日々が続いて、ゆっくりできる暇がない」

「毎日忙しい。残業も多い。休日出勤もある」

現代社会は、スピード社会でもあります。

すべてにスピードが求められ、なかなか生活に余裕を作りにくくなっています。

勉強や仕事で忙しいと、なかなか生活に余裕を作るのは難しいでしょう。

仕事なら、定時で帰宅できるとは限りません。

現代社会は、スピード社会でもあります。

時には、残業や休日出勤をしなければいけないこともあるでしょう。

勉強でも、マイペースで学べるとは限りません。

受験戦争は、競争でもあります。

試験前なら、夜遅くまで徹夜をすることもあるでしょう。

ビジネスでもプライベートでも、やらなければいけないことが山積みです。

なかなか自信を持って「生活に余裕がある」と言える人は少ないのではないでしょうか。

 

しかし、余裕のない生活ばかりでは、楽しい人になるのは難しい。

時には忙しいのもいいですが、いつも忙しいばかりではいけません。

本当に忙しくなると「楽しい」と感じる時間すらなくなります。

常に時間に追われている生活は、心も体も悲鳴を上げている状態です。

余裕がないと、楽しいことを話す余裕もないでしょう。

楽しい話をされても、素直に笑う余裕もないでしょう。

完全に余裕がなければ、心は死んでいるも同然。

楽しい人になることは不可能です。

ユーモアを話すにも、日々の幸せを感じるにも、一定の余裕が必要です。

楽しいことを話すにも、楽しい気分になるにも、余裕が欠かせません。

余裕があるからこそ、楽しいことを楽しめたり、素直に楽しい気分になったりできます。

生活に余裕を作りましょう。

今は昔とは違い、スピード社会です。

余裕は、自然とできるものではなく、作り出していくもの。

忙しい現代社会において、意識的に余裕を作り出していく必要があります。

余裕の時間は、無駄な時間ではありません。

暇な時間でも、不毛な時間でもありません。

余裕の時間は、疲れた心を癒し、栄養を与える時間です。

時間は短くてもかまいません。

のんびりする時間を作ることで、心の疲れが回復して、元気になっていきます。

余裕によって心が元気になると、ユーモアを言ったり、素直になれたり、楽しい話を笑えたりできます。

「時間がない」と言っているばかりでは解決しません。

知恵を絞って、何とか余裕を作る努力をしてください。

 

たとえば、仕事の進め方を工夫したり、スケジュール調整を心がけたりなどです。

同じ種類の仕事をまとめてみる。

午前と午後で、仕事の種類を変える。

仕事に取り組む順番を変えてみる。

複数の作業を並行して進めてみる。

本気で工夫を凝らせば、アイデアが浮かんで、余裕を作れるはずです。

10分の時間を短縮できれば、10分の余裕ができます。

たかが10分、されど10分。

たった10分の余裕でも、生活は変わります。

余裕があってこそ、心身が健全になり、楽しい人になれるのです。

まとめ

楽しい人になる方法 その26
  • 生活に余裕を作る。
次のページ >>
「つまらないことを楽しくする」という挑戦を楽しもう。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品