人生の教科書



読み上げ動画・音声
プラス思考
反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。
自分磨き
楽しい人は、楽観主義者。
自分磨き
完璧主義は、改善できる性格。
プラス思考
完璧ではない人間が完璧主義を目指すのは、そもそも無理がある。
自分磨き
完璧主義は、嫌われるのか。
プラス思考
よく落ち込む人が、一番成長する。

気持ちがぱっとるくなる
30方法

お気に入り32 読んだ
25

楽観主義とは、
反省改善をきちんとすること

から元気を出すためには「楽観主義が大切だ」と言います。

 

たしかに楽観主義は大切です。

前向きにプラスに考えることで元気も出やすくなるでしょう。

 

しかし、間違った楽観主義を貫いている人がいます。

現実の悪い出来事を無視して、反省も改善もしない人です。

人間なら誰でも失敗をしますし、落ち込みます。

そういうときに、悪い出来事について考えないように目を背けています。

考えるのが面倒なこともあるのでしょう。

一見すれば楽観的に思えます。

 

しかし、実は、これを「間違った楽観主義」といいます。

反省も改善もしないのでは、また同じ失敗を繰り返すことでしょう。

同じことがいつ起こってもおかしくない状態であるため、怯える日々になります。

反省も改善もしないことで、背後霊のようにいつまでも不安が付きまといます。

なかなか元気が出にくいです。

楽観主義のふりをして「大丈夫」と思っても、反省と改善がなければ同じことを繰り返し、成長も進歩もありません。

あなたはいかがでしょうか。

間違った楽観主義になっていませんか。

本当の楽観主義とは、失敗を反省し、改善することです。

起こった出来事のありのままを受け止め、自分の行いを省みます。

どこが悪かったのかを分析して、二度と起こらないように改善することです。

きちんとした改善ができれば、同じような失敗を繰り返すことがなくなります。

だから、悪い出来事から解放されて、元気が出やすくなります。

きちんと目を向けて、考えます。

きちんと考えることで、ストレスをなくし、心を軽くさせること。

これが真の楽観主義なのです。

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法 その25

  • 楽観主義になる
著者:水口貴博
反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。

もくじ
(暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品