プラス思考

暗い気持ちがぱっと明るくなる
30の方法

読んだ お気に入り36
25

真の楽観主義とは、
反省と改善をきちんとすること。

真の楽観主義とは、反省と改善をきちんとすること。 | 暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

昔から元気を出すためには「楽観主義が大切だ」と言います。

 

たしかに楽観主義は大切です。

前向きにプラスに考えることで元気も出やすくなるでしょう。

 

しかし、間違った楽観主義を貫いている人がいます。

現実の悪い出来事を無視して、反省も改善もしない人です。

人間なら誰でも失敗をしますし、落ち込みます。

そういうときに、悪い出来事について考えないように目を背けています。

考えるのが面倒なこともあるのでしょう。

一見すれば楽観的に思えます。

 

しかし、実は、これを「間違った楽観主義」といいます。

反省も改善もしないのでは、また同じ失敗を繰り返すことでしょう。

同じことがいつ起こってもおかしくない状態であるため、怯える日々になります。

反省も改善もしないことで、背後霊のようにいつまでも不安が付きまといます。

なかなか元気が出にくいです。

楽観主義のふりをして「大丈夫」と思っても、反省と改善がなければ同じことを繰り返し、成長も進歩もありません。

あなたはいかがでしょうか。

間違った楽観主義になっていませんか。

本当の楽観主義とは、失敗を反省し、改善することです。

起こった出来事のありのままを受け止め、自分の行いを省みます。

どこが悪かったのかを分析して、二度と起こらないように改善することです。

きちんとした改善ができれば、同じような失敗を繰り返すことがなくなります。

だから、悪い出来事から解放されて、元気が出やすくなります。

きちんと目を向けて、考えます。

きちんと考えることで、ストレスをなくし、心を軽くさせること。

これが真の楽観主義なのです。

まとめ

暗い気持ちがぱっと明るくなる方法 その25
  • 真の楽観主義になる。
反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。

もくじ
暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法
真の楽観主義とは、反省と改善をきちんとすること。 | 暗い気持ちがぱっと明るくなる30の方法

  1. 見返りを期待しないほうが落ち込みにくくなる。
  2. 失ったものが「命」でさえなければ、やり直しはいくらでもできる。
  3. 人間は、ぎりぎりの状態でいい名案を出す。
  4. 諦めない心こそ、本当の才能。
  5. かっとなって頭から吹き上がる水蒸気を、パワーに変える。
  6. 忙しくなれば、嫌なことも忘れられる。
  7. 背伸びをすると、悪循環から抜け出せる。
  8. 元気を出す方法は実に単純。
    おいしいものを食べるだけでいい。
  9. 性格は明るくても暗くてもいい。
    大切なことは元気であること。
  10. 落ち込んだ経験は、心が強くなる転機になる。
  11. すべてうまくいかないときは、神様からの「休憩しろ」というメッセージ。
  12. 「うん」となっているときは、無意識のうちに呼吸が浅くなっている。
  13. 足りないのは、自分を褒める習慣。
  14. 一度に多くのことに手を出さない。
    確実にできる1つのことから始める。
  15. なぜ俳優は、いつも元気なのか。
  16. 深く落ち込んだときは、この世と人生について深く考える機会になる。
  17. 本屋は心の病院だった。
  18. 元気がないときこそ、フレッシュでナチュラルなフルーツがおすすめ。
  19. 早く回復しようとすればするほど、余計に焦って回復しにくくなる。
  20. 体調がいいと、落ち込みにくく、元気も出やすくなる。
  21. 行き詰まったときは、とりあえず寝るのが一番。
  22. 散歩が習慣の人は、落ち込まない。
  23. 数字がカウントされている様子を目にすると、元気が出てくる。
  24. 陶酔することは、元気のないところから抜け出す突破口になる。
  25. 真の楽観主義とは、反省と改善をきちんとすること。
  26. 反省と改善ができれば、きっぱり忘れていい。
  27. 「限界」という言葉は、人生には不要。
  28. 波長を無理やり変えるのではなく、今の波長に合った行動をする。
  29. ペットショップほど、癒される場所はない。
  30. 完璧ではない人間が完璧主義を目指すのは、そもそも無理がある。

同じカテゴリーの作品