読み上げ動画・音声

しいになる
30方法

お気に入り0 読んだ
その23

しいになるためには、
最低限マナーっておく必要がある

楽しい人になるためには、最低限のマナーを守っておく必要がある。 | 楽しい人になる30の方法

しい人になるためには、マナーも欠かせません。

楽しい人と無関係に思えるポイントですが、誤解です。

無関係どころか、大いに関係しています。

マナーの役割を思い出してください。

マナーとは、相手を不快にさせず、スムーズに一連の動作を行うことです。

社会で守ることが望まれる、態度や言葉遣いの決まりもあります。

いくら話が楽しくても、マナーが悪いと、さまざまな悪影響が及びます。

たとえば、会話のマナーです。

相手を笑わせようとして、悪口や誹謗中傷を言うのはマナー違反。

下品で悪質な発言が含まれると、一気に会話の雰囲気が悪くなります。

乱暴な言葉遣いが乱暴だったり、デリカシーのない発言をずけずけ言ったりすると、付き合いにくい雰囲気が出ます。

相手は笑っていても、心の中では「付き合いにくい」と思われ、じわじわ人間関係が孤立していくでしょう。

また、テーブルマナーも大切なポイントです。

食事中、テーブルマナーが乱暴では、一緒にいる相手は興ざめをするでしょう。

米粒をぼろぼろこぼす。

カトラリーの音が、かちゃかちゃうるさい。

スープを飲むとき、ずるずる音を立てる。

食事や会話を楽しみたくても、テーブルマナーが悪いと、気になって集中できなくなります。

人付き合いのマナーも大切です。

約束の時間に遅刻をしたり、非常識な言動が目立ったりすると、人間関係にひびを入れます。

「少しくらい大丈夫だろう」と思うかしれませんが、信頼関係を損ねるでしょう。

相手は平気の様子であっても、実際は傷ついている可能性がります。

このように、軽微なマナー違反なら許せても、程度がひどいと無視できません。

マナーが悪いと、相手を不快にさせるため、せっかく楽しい話も台無しです。

マナーが悪いと、一緒にいても気遣うことが増えます。

マナーがあまりにひどいと「一緒にいて恥ずかしい」「何だか落ち着かない」と思われるでしょう。

だからこそ、マナーを大切にしたい。

マナーが整っているからこそ、相手を心地よい気持ちにさせることができます。

会話の内容にも集中でき、盛り上がりやすくなるのです。

いま一度、正しいマナーを心がけましょう。

「マナー」と一言で言っても広範囲です。

すべてのマナーを100パーセント身につけるのは大変ですが、できる範囲から心がけていきましょう。

マナーは、完璧である必要はなく、常識の範囲で十分です。

少なくとも「相手を不快にさせない」というポイントだけは押さえておくのがいいでしょう。

会話なら、批判や悪口を言わないように心がけます。

食事をするときは、正しいテーブルマナーを意識します。

約束の時間には遅刻をせず、常識やルールにのっとった言動を心がけます。

会話のマナー、食事のマナー、人付き合いのマナー。

そのほか社会的なマナーもできるかぎり守りたい。

楽しい人になるためには、最低限のマナーを守っておく必要があります。

マナーを守っているからこそ、付き合いやすくなり、楽しい人になれるのです。

楽しい人になる方法 その23

  • きちんとマナー軽視せず、
    大切にする

【→次の記事】

親切の押し付けに要注意。
大切なのは、純粋なサービス精神。

もくじ
(楽しい人になる30の方法)

同じカテゴリーの作品