人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
サプライズには、同棲のマンネリを吹き飛ばす力がある。
同棲
プライベートの仕切り線を話し合っておこう。
同棲
同棲に慣れたころにやって来るトラブル。
それは、マンネリ。
同棲
人生プランは話し合うのに、早すぎることはない。

半同棲がける
30マナー注意点

お気に入り0 読んだ
11

半同棲は、
プライバシー侵害こりやすい

同棲では、プライバシーの侵害行為に注意してください。

狭い空間で一緒に暮らしていると、パートナーのプライバシーを確認しやすい状況になります。

 

たとえば、机の上に通帳が置いてあると、邪念が湧いて、こっそり見たい衝動に駆られるかもしれません。

相手宛ての手紙が届けば、魔が差して、勝手に封を開けたくなるかもしれません。

パソコンや携帯電話にロックがされていなければ、簡単にメールを見ることができるでしょう。

 

しかし、いずれも言語道断です。

断りなく、勝手に通帳を見たり手紙の封を開けたりメールを読んだりするのは、プライバシーの侵害です。

一緒に暮らしていたとしても、無断で相手のプライバシーに触れるのは避けたほうがいいでしょう。

半同棲とはいえ、まだ夫婦関係・婚姻関係ではありません。

プライバシーの侵害は、相手を傷つけるだけでなく、自分の信用まで落としてしまいます。

「魔が差した」というのは理由になりません。

悪意がなかったとしても、プライバシーを侵害した事実に変わりありません。

承諾のない行為はトラブルの原因になります。

「見えてしまうから仕方ない」という言い分もよくありません。

簡単に見える状況だとしても、見ない心がけが大切です。

 

たとえば、顔を背けたり覆いを作ったりするだけでも、見たい欲求を抑えられるでしょう。

どうしても見たいなら、相手に許可を取ればいいだけです。

「見てもいい?」という一言だけで、トラブルを避けることができます。

相手の許可があれば、秘密であってもプライバシーの侵害にはなりません。

財布もカバンも引き出しも、勝手に中を見ない。

特に注意したいのは、日記です。

日記は、お金に関係しなくても、大切なプライバシーの固まりです。

興味本位とはいえ、1ページでも勝手に見ないこと。

分別ができる年齢ですから、理性と自制心をコントロールしておかなければなりません。

半同棲は、相手のプライバシーに触れやすい環境ですが、最低限のマナーだけは守る心がけが必要です。

半同棲で心がけるマナーと注意点 その11

  • プライバシー侵害注意する
半同棲でも、所有物の扱い方を曖昧にしない。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品