読み上げ動画・音声
同棲
最も結婚できない同棲のパターンとは。
同棲
同棲の2大条件「期限付き」「結婚前提」を拒む人の心理とは。
同棲
同棲の2大条件。
「期限付き」「結婚前提」。
同棲
「結婚前提」と「婚約」は、似て非なるもの。
同棲
同棲に抵抗があるなら、半同棲から始めるのも悪くない。
同棲
結婚に関する質問は、曖昧に答えないこと。

半同棲がける
30マナー注意点

お気に入り0 読んだ
その9

半同棲では
「期限付
「結婚前提」条件必要なのか

半同棲では「期限付き」と「結婚前提」の条件は必要なのか。 | 半同棲で心がける30のマナーと注意点

棲には、2大条件があります。

 

「期限付き」と「結婚前提」です。

 

正式に同棲を始めるなら「期限付き」「結婚前提」の2つは必須です。

この2大条件が、あるのとないのとでは、覚悟も雰囲気も違います。

2大条件のない同棲は、失敗のリスクが一気に高まります。

「失敗をしに行くようなもの」と言っても過言ではありません。

期限付きと結婚前提さえあれば、必ず失敗を防げるわけではありませんが、失敗の可能性を下げる効果は強力です。

では、半同棲の場合、2大条件は不要でしょうか。

結論としては「できればあったほうがいい」と言えます。

半同棲という形式上、絶対必要な条件ではありませんが、ないよりあったほうが安心です。

期限がないと、だらだらした半同棲になりやすいため、婚期が遅れる可能性があります。

期限をつけておくほうが、区切りが明確になるため、結婚に向けて気持ちを引き締められます。

また、できるだけ結婚前提で始めたほうがいいでしょう。

ときどきお泊まりに行く関係とは違い、半同棲が実現できるのは、一歩進んだ男女関係と言えます。

結婚前提で半同棲を始めたほうが、将来に対する責任や覚悟が生まれます。

半同棲の場合も、できるだけ結婚前提で始めたほうが、失敗のリスクを下げることができます。

半同棲は、正式な同棲ではないため、堅苦しくなる必要はありませんが、リスクへの備えは大切です。

最終的にはパートナーとの話し合いになりますが、半同棲であっても、なるべく「期限付き」「結婚前提」で始めるのが得策です。

半同棲で心がけるマナーと注意点 その9

  • 半同棲をするなら
    なるべく、
    「期限付
    「結婚前提」めるようにする

【→次の記事】

価値観や生活習慣が違っても、安易に否定しない。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品