人生の教科書



同棲
お金に関するルールだけは、きちんと決めておくこと。
同棲
同棲解消の相談相手は、慎重に選ぼう。
同棲
価値観や生活習慣が違っても、安易に否定しない。
同棲
同棲解消のとき、必ず話し合っておきたい5つの項目。
同棲

半同棲で心がける
30のマナーと注意点

お気に入り0 読んだ
27

半同棲が相手の親にばれたとき、
どうするか。

半同棲が相手の親にばれたとき、どうするか。 | 半同棲で心がける30のマナーと注意点

半同棲中、相手の親にばれることがあります。

ばれる状況はさまざまです。

  • 相手の親が、急に自宅を訪問してきた
  • 相手が口を滑らせて、親に話してしまった
  • 第三者が、相手の親に連絡をした

親に挨拶を済ませているなら問題ありませんが、半同棲では、挨拶が省いて行われる傾向があります。

半同棲の場合、親への挨拶は任意ですが、いざばれると、印象がよいとは言えません。

ここでどうするかがポイントです。

まず相手の親に半同棲がばれたら、きちんと事情を説明するのが得策です。

その場から逃げたり、対話を拒んだりするのは、ますます悪印象です。

中途半端な状態で交際を続けていると思われると「けじめのない人物」「遊び感覚の生活」と誤解されます。

いざ正式に結婚をする際、こじれる場合があります。

ばれてしまえば、覚悟を決めて、きちんと説明するのがいいでしょう。

親と会えるなら、時間を決めて会いに行き、きちんと事情を説明します。

親と会うことが難しいなら、せめて電話で事情を説明しておくのがマナーです。

いずれも「覚悟を決めてきちんと説明する」という点は共通です。

事後連絡にはなりますが、少しでも好印象を持ってもらうため、親と向き合う姿勢が大事です。

とりあえず悪く誤解されないよう、きちんと事情を説明することが大切です。

親に挨拶をしたからとはいえ、必ず結婚しなければいけないわけではないため、安心してください。

きちんと説明しておきたいポイントは、次の3つです。

  1. 交際相手として、ときどき泊まらせてもらっていること
  1. 遊びの気持ちで半同棲しているわけではないこと
  1. 2人で協力しながら、生活をしていること

親と話をするとき「同棲」や「半同棲」という言葉は禁句です。

「同棲」や「半同棲」という言葉に、ネガティブな印象を持つ親もいます。

「ときどき泊まらせてもらっている」「ときどき一緒に生活している」などの表現がいいでしょう。

大切なことは、誠意を見せること。

きちんと事情を説明することで、状況を理解してもらえるよう心がけることが大切です。

まとめ

半同棲で心がけるマナーと注意点 その27
  • 相手の親にばれたら、
    覚悟を決めて、
    きちんと事情を説明する。
喧嘩をしたら、すぐ解消するより、まず冷却期間。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品