同棲

同棲の幸せと魅力に気づく
30の言葉

  • 同棲は、
    2人で取り組む未知の冒険。
同棲の幸せと魅力に気づく30の言葉

もくじ
  1. 同棲は、2人で取り組む未知の冒険。

    同棲とは何か。
    「2人で一緒に暮らすこと」と思いますが、別の見方もできます。
    同棲とは、冒険なのです。

  2. 「1人の時間が減った」と嘆くのではない。
    「2人の時間が増えた」と喜ぼう。

    「1人の時間が減った」
    同棲でよくある悩みの1つです。
    一人暮らしから同棲を始めたなら、1人の時間が減って苦労するでしょう。

  3. 2人の時間は、自然と増えるものではなく、意識をして作るもの。

    同棲を始めたら、2人の時間を作りましょう。
    同棲すれば、2人の時間も自然と増えると思いがちです。
     

  4. 明るい1日は、カーテンを開けることから始まる。

    明るい同棲は、朝の自然光を利用しましょう。
    カーテンを閉め切ったまま、朝を過ごしていませんか。
    カーテンを開けなければいけない義務はありませんが、カーテンを閉めたままでは、自然光が部屋の中に入ってきません。

  5. 自由な時間が短くなった分だけ、質を高めればいい。

    同棲の悩みの1つが「自由な時間が減ること」です。
    実家暮らしや一人暮らしのときなら、自由な時間を確保できても、同棲では状況が変わります。
    2人で一緒に暮らす都合上、パートナーと会う時間が長くなります。

  6. 円満な同棲に必要なのは、運や偶然ではなく、努力と行動。

    円満な同棲を、運や偶然に任せるのはよくありません。
    「同棲がうまくいくかどうかは運次第」
    「同棲の成り行きは偶然が影響している」

  7. 寛大になることとは、思いやりを表現すること。
    重要なこと以外は、何でも譲れることを「寛大」と呼ぶ。

    同棲では、譲る気持ちが大切です。
    2人が一緒に暮らせば、考え方の対立は必ず起こります。
    そんなとき、無理やり自分の主張を押し通そうとすると、パートナーと対立して喧嘩に発展します。

  8. うまくいっていないことばかり見ていると、落ち込んでくる。
    うまくいっていることを見れば、自信が湧いてくる。

    「ああ、どうしてうまくいかないのだろう」
    同棲でうまくいかないことばかり見ていませんか。
    一緒に暮らしていると、同棲のデメリットやパートナーの悪いところばかりが目立ち、悩まされることがあります。

  9. 理想案は、意見をぶつけ合ってこそ生まれる。

    ルールや役割分担を決めるときには、話し合って決めます。
    すんなり決まればいいですが、時には相手の考えに抵抗を感じることもあるでしょう。
    そんなとき「反対したら機嫌が悪くなるかな」と不安になって、もやもやする。

  10. ワンルームでも1人になれる場所が、3つある。
    トイレ・浴室・ベランダ。

    ワンルームでの同棲は、1人になれる場所がありません。
    完全に1人になるなら、外出をする必要があります。
     

  11. 同棲に同じ日は1日もない。
    毎日少しずつ小さな変化をしている。

    同棲に慣れてくると、そこにあるのは平凡な日々。
    同じ毎日が淡々と繰り返されます。
    人間は慣れる生き物。

  12. 「いつもありがとう」という一言を、いつも言えるようにしておきたい。

    時間が経てば経つほど忘れやすい言葉。
    それは、感謝の言葉です。
    きちんとパートナーに感謝していますか。

  13. 最高の同棲を目指さない。
    普通の同棲で十分。

    最高の同棲を目指すのは、やめたほうがいいでしょう。
    夢を壊すようですが、現実的な考え方です。
    同棲は、夢の世界ではなく、あくまで現実の世界。

  14. 小さなずれは、一致と見なそう。

    同棲を始めると、2人の間に多くのずれが目立つことがあります。
    別々に暮らしていたころは気づかなくても、一緒に暮らし始めると、何らかのずれを見つけるのが普通です。
    価値観のずれ。

  15. 「いってきます」「いってらっしゃい」と言えるのは幸せ。
    「ただいま」「おかえり」と言えるのも幸せ。

    「いってきます」
    「いってらっしゃい」
    そう言える幸せを噛みしめましょう。

  16. 物を増やすのに、努力は不要。
    物を減らすには、努力が必要。

    同棲中は、自然と物が増える傾向があります。
    物を増やすのに、努力は不要です。
    デパートに行き、気に入ったものを見つけるたびに買うと、部屋はすぐ物でいっぱいになるでしょう。

  17. 自分のほうこそ、惰性やマンネリを加速させる振る舞いをしていないか。

    「同棲を始めたら、2人の関係が平凡になった」
    「同棲を始めてから、パートナーにときめくことが減った」
    「どんどん恋愛感情が冷めている」

  18. 同棲の本当のルールは、2人で作っていくもの。

    同棲のマニュアルには、数多くの基本ルールが載っています。
    「生活費は折半が基本」
    「家事の役割分担は公平を心がける」

  19. 同棲生活が長くなるにつれ、パートナーを見なくなる。
    パートナーは今日、どんな服を着ていましたか。

    同棲生活が長くなるにつれ、パートナーを見なくなる傾向があります。
    交際を始めたばかりのころは、相手に関心があり、足のつま先から頭のてっぺんまで細かく見ていました。
    髪を切ればすぐ気づいたり、靴や服装に注意を向けたりなどです。

  20. 話しかける言葉遣いで、2人の未来が決まる。

    同棲中、話しかける言葉遣いが大切です。
    「話しかける言葉遣いで、2人の未来が決まる」と考えてください。
    最近話しかけた言葉遣いを振り返ってみてください。

  21. 1日ごとに「今日も無事に過ごせた」と感謝しよう。

    就寝前、自分にこう感謝しましょう。
    「今日も無事に過ごせた」と。
    平和で快適な同棲は、1人の力だけでは実現できません。

  22. 「同棲はうまくいく」と信じることが、同棲がうまくいくコツ。

    「同棲はうまくいくと思いますか」
    そう聞かれたとき、あなたならどう答えますか。
    「さあね」

  23. 実は、ずっと一緒にいるわけではない。

    同棲は、その名のとおり、一緒に暮らす生活です。
    24時間365日、同じ部屋で衣食住を共にします。
    逃げることも隠れることもできない。

  24. 嬉しいこと・楽しいことだけでなく、悲しいこと・つらいことも含めて、同棲。

    同棲は、嬉しいことや楽しいことがたくさんあります。
    まだ結婚前とはいえ、2人で一緒に暮らせるのは嬉しいでしょう。
    2人の時間が圧倒的に増え、さまざまな時間を共有できるようになります。

  25. 実は、家事をしているほうが疲れない。

    同棲を始めたら、家事を避けては通れません。
    家事の基本は、炊事・掃除・洗濯ですが、ほかにもあります。
    買い物やごみ出しも、家事の一部。

  26. 家事を感謝し合えるカップルは、同棲がうまくいく。

    同棲を成功に導くコツを1つ挙げるなら、何でしょうか。
    それは、感謝することです。
    どんなときにも「ありがとう」とお礼を伝えること。

  27. 暴力・浮気・借金以外の問題は、小さなこと。

    同棲の問題にいらいらしていませんか。
    パートナーのおならが臭い。
    パートナーのごみの分別が間違っている。

  28. 寝る前は、やり残した家事がないか思い出そう。

    寝る前は、やり残した家事がないか思い出しましょう。
    ほんの1分程度、思い出すだけでかまいません。
    ベッドに入ってから思い出すより、ベッドに入る前に思い出すほうが動きやすくなります。

  29. 「同棲を楽しもう」と思えば、無限の力を手に入れたも同然。

    同棲を頑張っていませんか。
    もちろん一生懸命努力することは大切です。
    「頑張ってルールを守る」

  30. 同棲に慣れてきたら、2人の関係がレベルアップした証拠。

    同棲を始めたばかりのころは、驚きと発見の連続でしょう。
    パートナーの不思議な価値観に驚かされるでしょう。
    パートナーの変わった生活習慣に悩まされるでしょう。

同じカテゴリーの作品