人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
同棲
半同棲の生活費を折半するときの基本的な考え方。
同棲
同棲の生活費が足りない場合、どう補うか。
同棲
同棲生活は、借金なしで始めたい。
同棲
2人の時間は、自然と増えるものではなく、意識をして作るもの。
同棲
お金の話ができないカップルは、長く続かない。
同棲
半同棲でも、所有物の扱い方を曖昧にしない。

半同棲がける
30マナー注意点

お気に入り0 読んだ
16

するルールだけは、
きちんとめておくこと

同棲で欠かせないのは、お金に関するルールです。

 

たとえば、家賃・食費・水道光熱費です。

半同棲は、毎日一緒に寝泊まりするわけではないため、お金に関するルールも曖昧になりがちです。

「半同棲なら、お金を出さなくてもいいのではないか」という考えを持つ人もいるかもしれません。

完全に毎日相手の部屋に住んでいるわけではないため「生活費の折半はおかしい」と思う人もいるでしょう。

 

しかし、半同棲である以上、部屋の契約者にとって家賃は変わらなくても、食費や水道光熱費は高くなります。

部屋の契約者が、跳ね上がった生活費をすべて負担するのは厳しいでしょう。

お金に不公平ができると、一方が不満を持つことになるため、2人の関係もぎくしゃくします。

お金のトラブルは、人間関係を引き裂きます。

お金の問題がきっかけで人間関係が悪くなった例は数多く存在します。

正式な同棲でなくても、食費や光熱費に偏りがあるのはよくありません。

半同棲であっても、お金に関するルールだけは、きちんとしておくことをおすすめします。

半同棲に対する考え方は、人によって異なります。

「家賃は出さなくてもいいよ」と言う人もいれば「少しは家賃を出してもらいたい」という人もいるでしょう。

相手が「お金を出さなくてもいい」と言ってきたとしても、その優しさに甘えすぎないことです。

協力しようとする誠意を見せるためにも、少額でもいいので生活費を出しておくほうが無難です。

家賃や食費だけではありません。

水道光熱費やインターネットの通信費はどうするのか。

もちろん単純な折半でもいいですが、半同棲の場合では、2人の負担の割合を決めておくといいでしょう。

特に寝泊まりする日が不規則なら、折半の割合も慎重に話し合っておきたいところです。

半同棲であっても、お金に関するルールだけは、きちんと決めておくほうがトラブルを防げます。

半同棲で心がけるマナーと注意点 その16

  • することだけは、
    曖昧にせず、
    きちんとめておく
半同棲の生活費を折半するときの基本的な考え方。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品