人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
原則として、半同棲では自宅に友達を招かないのが無難。
同棲
半同棲の生活費を折半するときの基本的な考え方。
同棲
同棲を解消する6つの理由。
同棲
半同棲の5つのメリット。
同棲
半同棲は、賃貸契約違反に要注意。
同棲
風邪を引いたとき、どうするか。

半同棲がける
30マナー注意点

お気に入り0 読んだ
29

半同棲解消するときの3つのポイント

べての半同棲が幸せな結果を迎えるとは限りません。

中には、悲しい結果に終わることもあるでしょう。

半同棲を通して相手と相性を確認した結果「結婚できない」と判断したら、解消です。

半同棲の解消は、一般的な同棲の解消より容易ではありますが、油断は禁物です。

半同棲であっても、いいかげんな解消の仕方をすると、やはりこじれることがあります。

引き際が肝心です。

半同棲を解消するなら、次の3つのポイントを心がけましょう。

(ポイント1)
まず落ち着いて話し合う

喧嘩であろうと何であろうと、感情的になって、急な解消はよくありません。

ある日突然いなくなったり、荷物を持って急に家を飛び出したりするのは、できるだけ避けたい終わり方です。

暴力や虐待など緊急性がある場合を除いて、半同棲の解消は、冷静な話し合いから始めるのが得策です。

2人の余裕があるタイミングに、半同棲を解消したいことを伝えましょう。

いきなり話し始めるのではなく、きちんと話し合いの場を設けて伝えるほうがいいでしょう。

「とにかく半同棲を解消する」と自分の主張だけ言い張るのではなく、丁寧に事情を話した上で解消したい旨を伝えましょう。

相手が納得してくれなくても、冷静を保って話を続けます。

別れ際がこじれると、生活費の日割り計算などの話し合いがしにくくなるだけでなく、嫌な思い出までできてしまいます。

きちんと理由を説明して、相手の同意を得てから、半同棲の解消をするのが得策です。

(ポイント2)
所有物や生活費の計算の話し合いをする

半同棲の解消で重要なのが、お金に関することです。

家賃や水道光熱費など、お金を出さないまま同棲解消をするのはよくありません。

きちんと金額を計算して、必要な支払いを済ませた上で同棲を解消するようにします。

もし2人でお金を出し合って購入したものがあるなら、どちらが引き取るか話し合いましょう。

ペットに関しては、命を持った生き物なので、慎重に話し合ってください。

(ポイント3)
最後は必ず感謝を伝える

原因が何であれ、最後はきちんと感謝を伝えてから終わりにしましょう。

最後に暴言を吐いたり悪態をついたりするのは、社会人としてふさわしくない態度です。

短い期間であっても、幸せな半同棲生活を築けたのは事実です。

たとえ喧嘩をして険悪な仲になっていたとしても、最後はきちんと感謝を伝えるのが礼儀です。

今までのことに感謝を伝えてから別れると、余韻のよい終わり方ができます。

半同棲で心がけるマナーと注意点 その29

  • 半同棲解消するときのポイントえておく

同じカテゴリーの作品