人生の教科書



同棲
喧嘩と仲直りも、同棲の予行演習の一環。
同棲
喧嘩の余韻は、長く引きずらない。
同棲
相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなる。
同棲
相手の状態が悪いときに、仲直りをするのは難しい。
同棲

同棲中の喧嘩で仲直りをする
30の方法

  • 喧嘩をしたら、
    きちんと仲直りをする。
    喧嘩と仲直りは1セット。
同棲中の喧嘩で仲直りをする30の方法

もくじ

1
★0

喧嘩をしたら、きちんと仲直りをする。
喧嘩と仲直りは1セット。

同棲では、喧嘩をすることもあるでしょう。 何でも笑って済ませるわけにはいきません。 何から何まで「そういう考え方もあるね」と納得するわけにもいきません。 人生に関わる重要なことなら、譲れないこともあるでしょう。 大切なことなら、本音を言わなければいけないこともあるでしょう。 「明らかにおかしい」と思うことは言わなければいけません。 不満に感じることがあれば、正直に言うことも大切です。 お互いの本音を言い合うと、時に対立が生まれる。 そして、喧嘩に発展するのです。 喧嘩はあっていいのです。 同棲では、喧嘩も必要です。 きちんと喧嘩をしておくと、お互いの本音を確認できます。 本音を押し殺したままでは、幸せな結婚生活を送ることはできません。 喧嘩ばかりはいけませんが、たまにはOKです。 大切なのは、喧嘩の後です。 喧嘩をして、ほうっておくのはよくありません。 2人の関係が冷めてしまい、不仲が悪化して、そのまま破局と同棲解消になってしまいます。 喧嘩をしたら、きちんと仲直りをしましょう。 喧嘩と仲直りは1セットです。 喧嘩の後は、そのままにするのではなく、仲直りを心がけてください。 喧嘩の直後は興奮していますが、しばらく時間が経つと、だんだん落ち着いてきます。 冷静になると「ささいなことで言い合っていたな」と気づけるでしょう。 同棲は、結婚に向けて動き始めている段階です。 同棲中に喧嘩をしたら、ほったらかしで済ませるわけにはいきません。 早速仲直りに向けて動き始めましょう。 必要なのは、勇気と行動だけ。 余計な見栄やプライドを捨てれば、仲直りは難しくありません。 あなたから仲直りを心がければ、パートナーも態度が柔和になり、心を開いてくれるでしょう。 「少し言いすぎたね。ごめんね」という一言だけで、簡単に仲直りができることもあります。 仲直りができれば、喧嘩をする前より仲良くなれます。 喧嘩をしたら、そのままにせず、きちんと仲直りを心がける。

2
★1

同棲中の喧嘩には、2つの意味がある。
「本音を言い合う機会」と「本性を確かめる機会」。

同棲中は喧嘩も経験しておきましょう。 喧嘩は、避けたほうがよいと思われがちですが、徹底的に避けるのもよくありません。 無理に喧嘩を我慢していると、不平不満を抱え込んだままになります。 言いたいことが言えなくなり、ストレスもたまります。 不満を抱え続け、結婚後に爆発させて離婚になっては、同棲した意味がありません。 結婚後に大喧嘩をして離婚するくらいなら、同棲中に話し合っておくほうが賢明です。 同棲中こそ、喧嘩が必要です。 同棲中の喧嘩には、2つの意味があります。 「本音を言い合う機会」と「本性を確かめる機会」です。 ●本音を言い合う機会 喧嘩は、別の見方をすると、本音を言い合う機会です。 同棲は、2人の相性を確認する意味があるのですから、本音を言い合うことは大切です。 思っているだけでは、パートナーに伝わりません。 伝えるためには、やはりきちんと言葉に出して言うことが大切です。 本当の考えや気持ちを伝えるからこそ、精神的な距離を近づけることができます。 きちんと本音で話し合っておけば、後から驚くことが少なくなります。 ●本性を確かめる機会 人の本性は普段、隠されていて分かりません。 お互いの仲がいいうちは、なかなか確認しにくいのが現実です。 感情的になったときのパートナーの態度は、喧嘩をしてこそ分かります。 暴力を振るうタイプなのか、物を投げるタイプなのか。 素直に謝るタイプなのか、頑固に謝らないタイプなのか。 仲直りをしようとするタイプなのか、不仲を放置するタイプなのか。 喧嘩をしたときの反応は、喧嘩をしてみないと分かりません。 喧嘩のやりすぎは避けるべきですが、適度の範囲なら、相手の本性を確かめる機会になります。 同棲中こそ喧嘩をして、本音と本性を確認しておく。

3
★1

喧嘩をした翌朝こそ、元気よく「おはよう」と挨拶しよう。

同棲中に喧嘩をすることもあります。 特に注意したいのは、夜の喧嘩です。 夜の喧嘩は、昼の喧嘩に比べて、ネガティブな感情が増幅されやすいため、大きく発展しやすい傾向があります。 喧嘩をすれば、翌朝はお互いとも無視をしがちです。 挨拶をしない。 話もしない。 目を合わせることすらしない。 これはよくありません。 お互いが無視し合っていると、暗くて冷たい印象のままになります。 すねてばかりでは、仲直りできません。 2人とも大人なのですから、意地を張っていても仕方ありません。 仲直りのチャンスがなく、そのまま別れの方向に向かう可能性があるのです。 そこで大切なのが、挨拶です。 そんな気持ちではないかもしれませんが、嘘でも演技でもかまいません。 喧嘩をした翌朝こそ、元気よく「おはよう」と挨拶をしましょう。 険悪な雰囲気は挨拶で吹き飛ばします。 気持ちを振り絞って、元気よく挨拶をすれば、硬直した雰囲気がぱっと明るくなります。 最初の一言さえ出れば、明るい雰囲気が出るので、次の言葉も続いて出てきます。 会話がしやすくなれば、ほかの話題も話しやすくなるでしょう。 挨拶には、仲直りを促す役割もあります。 挨拶を通して話しかけるきっかけを作れば、仲直りもしやすくなります。 喧嘩をした翌朝こそ、元気よく「おはよう」と挨拶をする。

4
★0

喧嘩の余韻は、長く引きずらない。

同棲中に喧嘩をしたら、余韻に注意です。 同棲中、不愉快なことがあって喧嘩に発展することがあります。 喧嘩をした直後は、2人に険悪な雰囲気が漂います。 ぴりぴりした空気が漂い、息苦しさを感じるでしょう。 気の抜けない状態が続くと、居心地が悪く、誰でも疲れます。 せっかく明るかった同棲が暗くなり、身も心も重苦しく感じます。 しかし、喧嘩の余韻は長く引きずらないことです。 険悪な雰囲気に任せてお互いが無視し合っていると、無視をし合うことが普通になります。 無視し合うことが普通になると、仲直りの機会も失います。 コミュニケーションが極端に少ない状態が続くと、恋人関係がどんどん冷める一方。 仲直りができなければ、別れと同棲解消という結末を迎えることになるのです。 「謝ったら負け」と意地を張っていると、いつまで経っても仲直りができません。 つまらない意地を張っているのは「自分はつまらない人間」と言っているのと同じです。 プライドがあるのではなく、恥をかくのが怖いだけ。 喧嘩の後の険悪な雰囲気は、できるだけ早く解消させましょう。 つまらない意地を張るのはやめて、素直に謝ったほうが、仲直りは早くできます。 喧嘩の余韻を引きずらないコツは「明るく振る舞うこと」に尽きます。 明るく挨拶をする。 明るく話しかける。 にこにこした笑顔を見せる。 抵抗感があって難しいかもしれませんが、喧嘩の余韻の解消には効果的です。 明るい雰囲気を自分の内側から出していきましょう。 抵抗感が邪魔なら、役者になった気分でもかまいません。 明るい行動を演じれば、後から明るい気持ちになっていきます。 明るく振る舞えば、思考の切り替えが早くなり、喧嘩の余韻を打ち消せます。 喧嘩の余韻を長く引きずらないよう、明るく振る舞う。

5
★0

仲直りの余計な先延ばしは不要。

できるだけ早い仲直りを心がけましょう。 もちろん険悪な雰囲気なら、一時休戦は必要です。 感情が高ぶっているなら、落ち着きを取り戻すまで時間を置くのもいいでしょう。 気持ちに余裕ができると、頭が整理できるようにもなります。 自分の未熟な点に気づき、反省によって心が成長することもあるはずです。 しかし、意味のある先延ばしはよくても、無意味な先延ばしはよくありません。 「今度話すときに謝ろう」 「気が向いたときに謝ればいい」 「いつか自然と仲直りできるだろう」 こうした考え方には要注意です。 不快な出来事が心の中で増幅されると、記憶として定着して、忘れたくても忘れにくくなります。 また、仲直りが遅くなると、無視することが特別な状態から当たり前の状態になります。 不仲の状態が固定してからでは、謝りたくても謝りにくくなります。 謝ることが遅くなればなるほど、スムーズに仲直りがしにくくなる。 仲直りをするまで、お互い不快を感じたり耐えたりしなければいけなくなり、負担が増えるのです。 そのため、仲直りをするなら、できるだけ早めに行うようにしましょう。 早めに謝ったほうが、わびる気持ち・申し訳ない気持ちが伝わりやすくなるので、仲直りの成功率が高くなります。 仲直りをするなら、明後日より明日、明日より今日です。 理想は、今すぐです。 仲直りを早くしたほうが、同棲の居心地も早く改善します。 仲直りは、できるだけ早めに行う。

6
★1

やめてほしいことは「命令」ではなく「お願い」をする。

同棲を始めると、相手にやめてほしいことが出てきます。 我慢できることならいいですが、明らかな迷惑なら、やめてもらわなければなりません。 このようなとき「やめなさい」という命令で注意しがちです。 厳しい口調で言ったほうが、重大であることがよく伝わり、すぐやめてもらえると思う。 しかし、命令で伝えると、言い分は正しくても、パートナーは反抗したい気持ちが強くなります。 パートナーに何かをやめてもらうときは、言い方が大切です。 やめてほしいことは「命令」ではなく「お願い」をするのがポイントです。 命令よりお願いのほうが、口調が柔らかいので、相手は受け入れやすくなります。 たとえば、パートナーが部屋の中でタバコを吸っているとしましょう。 自分が禁煙者である場合、タバコの煙が我慢できないので、外で吸ってもらいたいと思います。 不快な気持ちの勢いで「外で吸いなさい!」と命令したくなりますが要注意です。 命令は、相手にストレスを与え、不快にさせることがあります。 こういうときは「命令」ではなく「お願い」で伝えましょう。 「タバコは外で吸ってほしいな」 「タバコは外で吸ってくれると嬉しいな」 このように「○○してほしい」「○○してくれると嬉しい」という言い方にすれば、とげがなくなって優しい響きになります。 優しくお願いする言い方なら、パートナーは自分の不注意に気づき、スムーズに受け入れてもらえるでしょう。 言葉は言い方が大切です。 「正しいかどうか」より「相手がどう感じるか」を重視するのが得策です。 厳しい言葉でストレスを与えるのではなく、相手にとって受け入れやすい言葉を使ったほうが、同棲もスムーズになります。 やめてほしいことは「命令」ではなく「お願い」をする。

7
★1

昔のメッセージを読み返すと、仲直りをしたい欲求を高まってくる。

いらいらが収まらないときは、昔のメッセージを読み返してみましょう。 手持ちの携帯電話には、昔のメッセージのやりとりが残っているはずです。 最近のメッセージではなく、交際初期のメッセージを読み返してみましょう。 メールなら、送信済みもメールボックスです。 会話形式のショートメッセージでもかまいません。 昔のやりとりを読み返すと、有意義で幸せな時間を過ごしていたことが分かります。 「そうそう。面白いやりとりをしていたな」 「そうだ。こんな楽しい話もしていたよね」 「懐かしい。この頃はお互いとも恋愛に夢中だったよね」 「いつも私のことを大事に考えてくれていたよね」 「毎日が恋愛で一色だったなあ」 中には愛を伝え合うメッセージも残っているでしょう。 メッセージを読み返しながら、昔の記憶や懐かしい感情がよみがえります。 昔にしたメッセージのやりとりを見ていると、だんだん怒りが収まるでしょう。 そして、当時の初々しい気持ちを思い出すでしょう。 昔のメッセージを読んでいるうちに、きっと朗らかな気持ちに包まれるはずです。 懐かしい気持ちだけではありません。 楽しい気持ち・嬉しい気持ち・優しい気持ち・恥ずかしい気持ち。 当時の気持ちが次々思い出され、初心に返る力があります。 「あれ。どうして私は今、こんなことで喧嘩しているのだろう。さっさと仲直りしてしまおう」 きっとそんな気持ちになるはずです。 昔のメッセージを読み返しているうちに「早く仲直りをしたい」「また親しくなりたい」という気持ちが高まるのです。 昔のメッセージを読み返し、仲直りをしたい欲求を高める。

8
★0

ほかのカップルをうらやむ気持ちは、仲直りを促すモチベーションに変わる。

仲直りをしたいなら、ほかのカップルを見てください。 ほかのカップルを見て、うらやましい気持ちになるだけでいいのです。 基本的にどのカップルでもいいのですが、できるだけ仲のよさそうなカップルを見るのがいいでしょう。 未婚のカップルでもよし。 仲むつまじい夫婦でもよし。 憎んだり恨んだりするのではなく、うらやましがることに集中することがポイントです。 ほかのカップルを見たところで仲直りと無関係に思えますが、誤解です。 仲直りと関係があります。 ほかのカップルを見てうらやましい気持ちになると、心の中に変化が生まれていくでしょう。 「仲がよさそうでうらやましい。自分もあんなふうに体を寄せ合いたい」 うらやましい気持ちが強くなるにつれて、気持ちが引き寄せられていきます。 同調したい心理作用が働くようになる。 結果として、仲直りしたいモチベーションが高まるのです。 うらやましく思う気持ちは、パワーです。 自分もそうありたいと願うと、体の内側から絶大なパワーが生まれます。 ほかのカップルを見て、うらやましい気持ちになるだけでいい。 恥ずかしさが気にならなくなり、まっすぐな気持ちが強くなるでしょう。 もっともっと、うらやましがりましょう。 ほかのカップルをうらやむ気持ちは、仲直りを促すモチベーションに変わるのです。 ほかのカップルを見て、うらやましがって、仲直りをしたい気持ちを高める。

9
★0

相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなる。

まず相手の気持ちを理解しましょう。 まだ謝っていなくてもかまいません。 まだ仲直りの方法を決めていなくてもかまいません。 相手の気持ちを理解するだけでいいのです。 「相手の気持ちなんて理解できない。考えたくもない。想像するなんて吐き気がする」 嫌がる人も多いのではないでしょうか。 たしかに喧嘩直後は、怒りや恨みが強くて、相手の気持ちを考えるどころではないかもしれません。 興奮が大きいと、感情が邪魔をして、冷静に考えるのも難しいでしょう。 相手を理解しようとしたところで、お互いの立場が違うので、限界もあるでしょう。 しかし、頑固の一点張りはよくありません。 心が落ち着いてきたら、できるだけ相手の立場を想像して、気持ちの理解に努めてみてください。 完全に理解できなくてもいいので、できるだけ想像力を働かせて、相手の気持ちを理解してみましょう。 時間がなくて、仕方なかったこと。 ストレスが多くて、余裕がなかったこと。 体調が悪くて、ぎりぎりの状態だったこと。 相手の立場を想像しているうちに、気持ちも理解できるようになっていくでしょう。 心の中で「大変だっただろうな」という同情の気持ちが湧くでしょう。 「申し訳ないことをした」という後悔が強くなるでしょう。 「自分のほうが悪かった」と反省の念も生まれるでしょう。 同情・後悔・反省が強くなるにつれて、仲直りに対する抵抗感や嫌悪感も小さくなっていくはずです。 そして、仲直りをしたい気持ちがぐっと強くなっていくでしょう。 気づけば、身も心も仲直りしやすい状態になっているはずです。 3分だけでいいのです。 3分すら長いなら、1分でもいい。 「もし相手の立場だったらどうなっていただろう」と考えてみましょう。 相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなります。 相手の気持ちを理解する。

10
★1

普通に「ありがとう」と言うのではない。
嬉しそうに「ありがとう」と言おう。

喧嘩の後、生活の中で「ありがとう」という機会があるでしょう。 料理を作ってくれたり洗濯物を畳んでくれたり買い物に行ってくれたりです。 喧嘩の有無にかかわらず、助けられたとき「ありがとう」と感謝しましょう。 決まり文句でもかまいません。 たとえ喧嘩の後でも、とにかく感謝する習慣だけは続けることが大切です。 このとき心がけたいポイントがあります。 普通に「ありがとう」と言うのではありません。 嬉しそうに「ありがとう」と言いましょう。 できるだけにこにこしながら「ありがとう」と言うようにしてください。 目尻にしわを寄せ、口角を上げ、声のトーンを上げる。 嬉しそうに「ありがとう」と言うと、明るい雰囲気が漂います。 喧嘩の後のどんよりした雰囲気が、あなたの笑顔によって吹き飛ぶでしょう。 笑顔だけで仲直りができるわけではありませんが、険悪な雰囲気を和らげる効果は抜群です。 険悪な雰囲気が和らげば、仲直りもしやすくなります。 「喧嘩の後は笑顔になれない」と思うかもしれませんが、抵抗感を振り切って、頑張ってみてください。 口の口角を少し上げるだけでも、印象がよくなります。 あなたから嬉しそうに「ありがとう」と言えば、相手も嬉しそうに「どういたしまして」と返してくれるでしょう。 険悪な雰囲気が和らぎ、仲直りのきっかけをつかみやすくなります。 嬉しそうに「ありがとう」と言うようにする。

11
★0

助けを求めれば、2人で一緒に協力する機会を作れる。

仲直りをするには、まず相手と接触する必要があります。 接触しなければ話ができず、話ができなければ仲直りもできません。 喧嘩の後には、険悪な雰囲気が漂います。 お互いが無視を貫いていると、なかなか仲直りのきっかけをつかめません。 少しでも緊張をほぐすために、まず相手と接触する機会を増やし、普通に話ができる状態になりましょう。 では、相手と自然に接触するには、どうアプローチをすればいいのか。 その1つが「助けを求める」という方法です。 相手に助けを求めて、2人で一緒に仕事をする機会を作ってみましょう。 たとえば、1人ではできない仕事があるふりをして、相手に助けを求めます。 頑張れば自分でできる仕事であっても、余裕がないことにして、わざと相手に助けを求めます。 「余裕がないから、一緒に手伝ってほしい」 「家事が大変だから、一緒に手伝ってもらえないかな?」 助けを求めれば、相手も断りにくいでしょう。 特に重要なポイントは「一緒に」です。 あくまで2人で一緒に仕事をする機会を作ることが大切です。 2人で一緒に何かをする機会を作れば、2人で協力する機会にもなります。 つまり、2人の気持ちや動作がうまく噛み合うことになる。 2人で力を合わせる機会を作ることで、自然とコミュニケーションが生まれ、堅苦しい雰囲気も和らぐでしょう。 「頼りになるね」と褒めるチャンスができたり「ありがとう」と感謝をする機会もできたりします。 結果として、仲直りしやすい雰囲気が作り出せるのです。 自分一人で対応する余裕がないときこそ、仲直りのチャンスです。 せっかく一緒に暮らしているのですから、声をかけやすい状況を生かしましょう。 相手に助けを求めて、2人で一緒に仕事をする機会を作る。

12
★0

関係がこじれたときは、肩たたきで仲直り。

相手と関係がこじれたら、肩たたきです。 肩たたきは、肩の凝りをほぐすだけでなく、不仲の改善にも役立ちます。 相手の不機嫌がなかなか治らないなら、そっと肩をたたいて、機嫌を直してもらいましょう。 一緒に暮らしているなら、肩たたきをするチャンスもたくさんあります。 不仲の改善には、自分から相手に近づき、自分から優しさを表現していくことが大切です。 肩たたきは「癒し」「気遣い」「スキンシップ」の3つを同時に表現できる手段。 肩を叩くだけですが、不仲の改善にはうってつけです。 肩たたきを通して、不仲の改善のきっかけをつかみましょう。 ●癒し 肩を叩くだけなら、資格もテクニックも必要なく、誰でも簡単にできます。 相手の肩を叩くと、体の疲れが取れていくでしょう。 相手を癒すお手伝いをすることで、心も体も元気になっていくでしょう。 ●気遣い 肩たたきを通して、優しさを表現できます。 優しく接してもらっていることが分かると、相手の不機嫌も少しは収まるでしょう。 相手は優しい気持ちに包まれ、心が癒されるでしょう。 あなたから先に優しい心を表現することで、パートナーもあなたに優しい心を表現してくれるようになります。 ●スキンシップ 両手で軽く肩を叩くだけですが、直接パートナーの体に触れることには意味があります。 肩たたきは、スキンシップの1つです。 スキンシップは、愛情を直接伝える表現方法です。 肌の感触・優しい圧迫感・柔らかなぬくもり。 スキンシップを通した心地よい刺激によって、離れていた心が再び近づくようになります。 肩たたきで不仲の改善のきっかけをつかむ。

13
★1

仲直りに回りくどい言い方は不要。
シンプルでストレートに言うのが一番よい。

仲直りをするとき、回りくどい言い方に注意しましょう。 回りくどい言い方のほうが、とげがなく、穏便に表現できる気がするかもしれません。 恥ずかしい気持ちがあると、言葉を濁したくなることもあるでしょう。 しかし、回りくどい言い方をすると、話が分かりにくくなるため、仲直りを妨げます。 謝りたいにもかかわらず「謝るのは会ってからにする」と曖昧な言い方をする。 仲直りをしたいにもかかわらず「もう別れるしかないのかな」と不安をあおる言い方をする。 また会いたいにもかかわらず「あまり強がらないほうがいいよ」と強がった言い方をする。 表現が遠回しであったり分かりにくかったりすると、きちんと言葉が相手に伝わりません。 きっと相手は「何が言いたいの?」と思うに違いありません。 回りくどい言い方は、誠意や真心が伝わりにくいだけでなく、誤解される可能性もあります。 複雑な表現は、言い訳がましく聞こえるだけ。 誤解を生むと、話がややこしくなり、ますます仲直りを妨げます。 仲直りに回りくどい言い方は不要です。 仲直りをするなら、回りくどい言い方ではなく、シンプルでストレートな言い方を心がけましょう。 謝りたいなら「本当にごめんなさい」と伝える。 仲直りをしたいなら「仲直りをしよう」と伝える。 また会いたいなら「また会いたいな」と伝える。 飾り気のない一言でいいのです。 シンプルな言葉で十分。 ぱっと頭に思い浮かんだ一言を言えばいいのです。 恥ずかしさがあったとしても、シンプルでストレートな一言に勝るものはありません。 正直な気持ちをありのまま表現した言葉だからこそ、相手の心に響きます。 あなたがシンプルでストレートに表現すると、相手もシンプルでストレートに返事がしやすくなります。 仲直りでは、回りくどい言い方は避け、シンプルでストレートな言い方を心がける。

14
★0

仲直りの話し合いでは、冗談もジョークも不要。
真面目な態度だけでいい。

仲直りの話し合いでは、冗談やジョークは不要です。 照れや緊張があるのは、まだいいのです。 照れや緊張は、冗談でもジョークでもないため、悪印象はありません。 むしろ真剣になっていることが分かるため、好印象につながりやすいでしょう。 しかし、冗談やジョークはいただけません。 冗談を言いながら謝る。 ジョークを交えながら誤解を解く。 これではせっかくの仲直りも台無しです。 仲直りは、2人の将来を決める大事な場面。 大切な場面で不誠実な言動は不適切です。 仲直りの話し合いで心がけたいのは「真面目な態度」です。 余計な笑顔は見せず、神妙な面持ちで話をします。 謝るにせよ誤解を解くにせよ、誠実な態度で話すことが大切です。 真面目な態度があると、謝罪の言葉に重みが出て、相手の心を動かします。 たとえば、謝罪の言葉を伝えるとします。 謝罪の言葉は同じでも、冗談交じりで言うのと、真面目に言うのとでは、印象が違います。 どれだけ謝罪の言葉がきれいであっても、へらへらしながら言われると、相手は納得しないでしょう。 場合によっては、かえって怒らせるかもしれません。 一方、謝罪の言葉が少し雑であっても、誠実と本気が感じられるなら、相手は重く受け止めてくれるでしょう。 真面目に言ったほうが、誠実と本気の気持ちがしっかり伝わります。 「何を言うか」より「どう言うか」です。 仲直りといえば「言葉」に注意が向きがちですが、実際にもっと大切なのは「態度」です。 仲直りでは、言葉より態度のほうがはるかに重要です。 真面目に伝えることで、謝罪の言葉に反省が込められ、仲直りが円滑に進みます。 仲直りの話し合いでは、冗談やジョークは避け、真面目な態度を心がける。

15
★1

相手の状態が悪いときに、仲直りをするのは難しい。

仲直りの話をするなら、相手の状態を確認しましょう。 確認したいのは「心と体の状態」です。 仲直りの話は、時間に余裕のあるタイミングがよさそうに思えますが、そうとは限りません。 時間に余裕があったとしても、相手の心や体の状態が悪いなら、スムーズな仲直りは難しいでしょう。 たとえば、相手がいらいらしているときです。 会社で何か嫌なことがあったのかもしれません。 誰かに心が傷つく一言を言われたのかもしれません。 人なら誰でも、何らかの事情でいらいらすることがあります。 不機嫌なときは、神経が高ぶっていて、小さな不快感にも敏感になっています。 空気に緊張が張り詰め、居心地の悪い雰囲気が漂っているでしょう。 そんなときに仲直りの話を持ちかけられても、冷静に話すのは難しい。 むしろ不機嫌を助長し、2回目の喧嘩に発展する可能性もあります。 相手の機嫌が悪いときは、仲直りの話を持ち出すのは避けるのがいいでしょう。 また、相手が疲れているタイミングも要注意です。 その日の仕事は、特別大変だったのかもしれません。 考え事が多くて、精神をすり減らしているのかもしれません。 疲れているときは、体がだるくて、気力も湧きにくい。 相手が疲れているとき、仲直りの話をしたくても、思考力が低下している状態では冷静に会話ができないでしょう。 相手が疲れているときも避けておくのが賢明です。 スムーズに仲直りをするには、心と体に余裕が必要です。 相手の様子を見て、状態が悪そうなら、仲直りの話は別の機会に回すのが得策です。 むしろ相手の状態が悪いなら、できる範囲でいたわるのがいいでしょう。 おいしい料理を作ったり、肩を叩いたり、早めの睡眠を促したりです。 話を聞いてあげるだけでも喜ばれるでしょう。 相手の状態が悪いなら、仲直りの話は別の機会に回す。

16
★0

誤解を解くのはよくても、言い訳はよくない。
言い訳をしないほうが、仲直りの近道になる。

仲直りをするとき、言い訳に注意してください。 言い訳ではなく、誤解を解くならいいのです。 相手の解釈が誤っているなら、きちんと誤解を解く必要があるでしょう。 たとえば、していないことを「した」と思われたり、言っていないことを「言った」と思われたりです。 勘違いや思い込みでトラブルになるのは不本意でしょう。 何らかの思い違いがあるなら、きちんと説明して、誤解を解くことが大切です。 誤解が原因の喧嘩なら、誤解を解くだけで仲直りができるでしょう。 しかし、誤解はよくても、言い訳はよくありません。 言い訳とは、自分を正当化させるための発言です。 つまり「自分は悪くない」とアピールするのと同じことになります。 自分の立場を守るための説明は、保身や自己顕示が強く、聞き苦しいだけ。 言い訳をすると、相手は残念な気持ちになるでしょう。 場合によっては、ますます相手を怒らせることもあります。 結果として、できる仲直りもできなくなってしまうのです。 仲直りをしたいなら、言い訳は厳禁です。 言い訳をしたくても、ぐっとこらえて我慢します。 自分が悪いなら、きちんと認めて、素直に謝るのが一番。 素直に謝るのは、見苦しいことではありません。 余計な弁明をしないで素直に謝れるのは、むしろ潔くて好印象です。 「素直になろう」「しっかり謝ろう」という気持ちが伝われば、相手の怒りも早く収まるでしょう。 そして建設的な話し合いができ、未来に向けた関係が築けます。 言い訳をしないほうが、仲直りの近道になるのです。 仲直りでは、言い訳をしない。

17
★0

謝罪の言葉が、ワンパターンになっていないか。

同棲中、パートナーに謝る場面があるでしょう。 パートナーを傷つけたり迷惑をかけたりしたときは、きちんと謝ることが必要です。 「自分はきちんと謝ることができている」と思う人でも、振り返ってほしいことがあります。 謝罪の言葉が、ワンパターンになっていませんか。 たとえば「ごめんね」という一言です。 謝るときは「ごめんね、ごめんね」と言う。 まだ素直に謝れるだけいいのですが、何でも「ごめんね」と謝ればいいわけではありません。 謝罪の言葉がワンパターンでは、決まり文句で言っている印象が出ます。 「投げやり」「反省していない」「心がこもっていない」と思われても仕方ありません。 同じ言葉の繰り返しでは、相手の心に響かず、むなしく素通りするだけになるでしょう。 謝罪の言葉がワンパターンでは、自分では真面目に謝っていても、不本意な誤解を招く可能性があります。 謝るとき、謝罪の言葉がワンパターンになっていないか振り返ってみてください。 「ごめんね」という言葉もいいですが、時には別の表現に置き換えてみましょう。 謝罪の言葉は、ほかにも数多くあります。 「悲しませてしまったね」 「つらい思いをさせてしまったね」 「失礼いたしました」 「今後は十分気をつけます」 「次はきちんとする」 「本当に自分が恥ずかしい」 「深く反省しています」 「申し訳ない気持ちでいっぱい」 「ごめんね」の代わりになる言葉はたくさん思い浮かびます。 謝罪の言葉は、さまざまな表現を使ったほうが、丁寧な印象が生まれます。 言葉にバリエーションを作ることで、謝罪の気持ちもより伝わりやすくなります。 謝罪の度合いに応じて言葉を使い分けると、なお良好です。 パートナーも快くうなずいて、謝罪の言葉に納得してくれるでしょう。 怒りも早く収まるのです。 謝罪の言葉は、ワンパターンで済ませず、別の表現を使う。

18
★1

「ごめんなさい」の言葉が抜けていては、謝罪が曖昧になる。

謝るときの言葉は何でしょうか。 もちろん「ごめんなさい」という一言ですね。 ビジネスでは「申し訳ございません」「失礼いたしました」が使われますが、日常では「ごめんなさい」が一般的です。 「ごめんなさい」と言うからこそ、謝罪や反省の気持ちをしっかり伝えられます。 子供でも言える基本的な言葉です。 ところが謝るとき、照れや緊張のせいで「ごめんなさい」が抜けていることがよくあります。 「何だかいろいろあったけど、許して」 「自分もそれなりに悪いと思っているよ」 「迷惑をかけてしまって、自分が恥ずかしい」 とりあえず謝ってはいるものの、肝心の「ごめんなさい」が抜けています。 これではきちんと謝っていることになっていません。 聞き方によっては、自分の言い訳がましく聞こえることもあるでしょう。 「ごめんなさい」という言葉が抜けていては、謝罪が曖昧になってしまうのです。 謝るときは、きちんと「ごめんなさい」という言葉を含めるようにしましょう。 申し訳ない気持ちがあるなら、思うだけでなく、きちんと言葉に出すことが大切です。 それが「ごめんなさい」の一言です。 謝罪における、一番大事な言葉であり、欠かせない言葉です。 「ごめんなさい」が含まれていてこそ、謝罪や反省の気持ちが相手に伝わります。 あなたが「ごめんなさい」と言えば、相手も「ごめんなさい」と言いやすくなります。 一番大切な言葉を言い忘れないように注意してください。 「ごめんなさい」という言葉を使って、きちんと謝る。

19
★0

ため息は、仲直りの妨げになる。

喧嘩の後は、ぴりぴりした雰囲気が漂います。 どんよりした空気で、息苦しさを感じるでしょう。 雰囲気が悪いと、小さなことで疲れを感じやすくなるでしょう。 そんなとき、ふと出るのがため息です。 仲直りでは、ため息に注意してください。 会話中はもちろん、会話をしていないときも、ため息には気をつけたい。 自分では息を吐いただけかもしれませんが、相手に与える印象を考えてください。 話の途中でため息をつくと「嫌だ」「面倒だ」「いらいらする」といったネガティブな印象を与えます。 あるときは疲れのサインになり、あるときは失望のサインになります。 あるときは心配のサインになり、あるときは不快のサインになります。 けげんな表情でため息をつけば、怒っている様子にも見えるでしょう。 どの状況でも、ネガティブな印象しかないのがため息です。 ため息を聞いた相手は気持ちが萎えます。 たった1回のため息が相手を傷つけることもある。 たった1回のため息で雰囲気が悪くなり、仲直りの妨げになることがあります。 ため息の怖いところは、無意識のうちに出やすい点です。 たとえ悪気はなくても、印象が悪くて誤解もされやすいため、油断は禁物です。 特に普段からため息が癖になっている人は注意が必要です。 吸った息を吐くときは、口からではなく、鼻からです。 鼻から息を吐くときも、ゆっくりの動作を心がけます。 これだけで、ため息の問題は解消されます。 ため息には注意する。

20
★0

外で話し合ったほうが、スムーズにいくこともある。

仲直りの話をどこでするか。 部屋の中で話し合うのがベストとは限りません。 「一緒に暮らしているのだから、部屋の中で話せばいい」と思いますが、デメリットもあります。 部屋の中は緊張感がなかったり独特の静けさがあったりして、かえって話しにくい場合があります。 また閉鎖された空間だからこそ、感情的になりやすいこともあります。 そんなときは選択肢の1つとして、外で話し合うことも検討してみてください。 仲直りの話は、外のほうが好都合という場合があります。 たとえば、居酒屋の個室などです。 居酒屋なら、独特の空間で、お酒を飲みながら話し合えるでしょう。 アルコールの力を借りれば、緊張がほぐれ、話しやすい雰囲気になるはずです。 個室なら、プライベートな環境も保てるので話しやすいでしょう。 外で話し合えば、新鮮な雰囲気と適度な緊張感があるおかげで、話し合いが円満に進みやすくなるでしょう。 また、落ち着いた喫茶店やレストランも悪くありません。 喫茶店やレストランでは、人目が気になりますが、その人目がプラスに作用することもあります。 周りに人がいたほうが、適度な緊張感があって、引き締まった会話を促してくれます。 おいしい料理を食べながら話をすれば、元気が出て、気分もよくなります。 言いにくい一言を言いやすくなって、仲直りを促してくれるでしょう。 外で話をするなら、喧嘩の状況や2人の性格などを考慮して、適切な場所を選ぶといいでしょう。 「部屋の中で話し合う」という固定観念を外しましょう。 外で話し合うことはできないか考えてみてください。 2人の間に深い溝があっても、場所を変えて話し合うと、あっさり仲直りできるかもしれません。 外で話し合う選択肢も考慮する。

21
★0

誠意のない謝罪は、意味がない。
余計に相手を怒らせることもある。

喧嘩をして早く仲直りするためには、早めに謝ること。 謝ることは、仲直りの近道です。 自分が悪いなら、きちんと謝ることで、仲直りもスムーズにできます。 たとえ自分に非がなくても、ひとまず謝ることで、相手の怒りを収めることができます。 では、とにかく謝りさえすればいいかというと、それは違うのです。 へらへら笑いながら謝る。 「ごめん、ごめん」とふざけたように謝る。 謝っていても、態度は偉そう。 これはよくありません。 誠意のない謝罪だからです。 謝っていても「申し訳ない」という気持ちが感じられません。 表面上の言葉だと分かるので、きちんとした謝罪になっていません。 気持ちのこもっていない言葉は、表向きは謝罪であっても、本当の謝罪ではありません。 「謝りさえすればいいだろう」という安易な考えが相手に伝わると、謝っている意味がなくなります。 表面上の謝罪は、いいかげんな印象を与えるため、かえって相手を怒らせることもあります。 大切なのは、表面上の謝罪ではなく、誠意のある謝罪です。 深々と頭を下げながら、申し訳なさそうな表情で、心から謝罪の言葉を言う。 謝罪は「申し訳ない」という気持ちが伝わってこそ、意味があります。 誠意のある謝罪ができてこそ、相手の怒りも収まり、仲直りもスムーズにいきます。 表面上の謝罪ではなく、誠意のある謝罪を心がける。

22
★0

相手の指摘は、できるだけ素直に受け止めること。

同棲中、相手から指摘を受けることがあります。 よい指摘ならいいですが、悪い指摘は厄介です。 「玄関の靴が散らかっているよ」 「引き出しが空けたままになっているよ」 「鍵を閉め忘れているよ」 指摘をされた瞬間は、むっとするかもしれません。 特に厳しい言い方をされると、叱られたような気分になり、複雑な気持ちになるでしょう。 あるいは、自信や自尊心を傷つけられたとして、腹立たしい気持ちになることもあるでしょう。 反抗したい気持ちが湧いて「うるさい」と言い返したくなることもあるのではないでしょうか。 しかし、相手の指摘は、できるだけ受け止めることが大切です。 相手の指摘が正しいなら、自分に落ち度があると言えるでしょう。 玄関の靴が散らかっていることを指摘されたら、素直に受け止め、きちんと靴を揃えるようにする。 引き出しが空けたままになっていることを指摘されたら、素直に受け止め、きちんと閉めるようにする。 鍵を閉め忘れていることを指摘されたら、素直に受け止め、きちんと閉めるようにする。 特にセキュリティーに関することは、財産に関係するため、しっかり注意することが必要です。 指摘をされたら、成長できるチャンスでもあります。 素直に指摘を受け止めて改善すれば、自分の行動がスマートになり、公私共に役立つはずです。 ゆくゆく結婚して、生まれるであろう子供の教育にも役立ちます。 「指摘されるだけありがたい」と思うことです。 失望されて、完全に期待をされなくなると、指摘すらされなくなります。 パートナーから指摘されるうちは、同棲に希望と未来がある証拠。 お互いが気づいたところを指摘し合い、お互いが改善していけば、どんどんよい同棲に向上していけます。 きちんと指摘を反映していけば、いずれ指摘されることもなくなります。 狭い視野ではなく、広い視野を持ちましょう。 小さな心ではなく、大きな心を持ちましょう。 指摘を素直に受け止めた先に待っているのは、結婚です。 相手の指摘は、できるだけ素直に受け止める。

23
★0

話し合いが行き詰まったときは、一度中断するのが得策。

お互いの考えが異なったとき、話し合いが大切です。 悩ましい問題は、1人で押し進めて決めるのではなく、2人で話し合って決めることが大切です。 ルールや役割分担を決めるときも話し合い。 大きな決断をするときも、話し合いです。 喧嘩をして仲直りをするときも、話し合いです。 一人暮らしのときとは違い、常に2人の同意を意識した行動が大切です。 しかし、いつも話し合いがスムーズに進むとは限りません。 どうしても妥協ができず、譲れないこともあるはずです。 時にはお互いが一歩も引かず、話し合いが平行線になることもあるでしょう。 決着がつくまで徹夜で話し合えばいいわけではありません。 精神論には限界があります。 もし話し合いが行き詰まったときは、無理やり話し合いの決着をつけるのではなく、一時中断するのが得策です。 時間の置き方は自由ですが、少なくとも2人の気持ちが落ち着く程度がいいでしょう。 時間を置くと、感情の乱れが落ち着き、冷静になれます。 心に余裕ができて、考えや気持ちを整理できるようになります。 あらためて考えると、自分の誤解や未熟に気づくこともあるでしょう。 時間を置くことで別の見方に気づき、名案が思い浮かぶこともあります。 別の機会を設けて話し合いを再開すれば、以前とは違い、スムーズに進みやすくなっているはずです。 話し合いが行き詰まったときは、一度中断して、別の機会を設けるのが得策です。 話し合いが行き詰まったときは、一度中断して、別の機会を設ける。

24
★1

謝罪は「ごめんなさい」から始まり「ごめんなさい」で終わらせるのが一番。

自分が悪くて謝るときは「ごめんなさい」という一言が大切です。 「ごめんなさい」は、謝罪の最も重要な言葉。 申し訳ない気持ちや反省している気持ちを伝えることができます。 このとき、わびる気持ちを強調して伝える方法があります。 謝罪の最初と最後を「ごめんなさい」にすることです。 最初に「ごめんなさい」という言葉から始まり、それから自分の落ち度や反省について伝えます。 そして最後にもう一度「ごめんなさい」と言って締めくくります。 サンドイッチのように「ごめんなさい」という言葉で挟むイメージです。 こうすれば、少なくとも「ごめんなさい」を2回は言うことができます。 一番大切な言葉を最初と最後に言うことで、強調効果が生まれます。 「しっかり謝っている」という印象が強くなるため、相手の心に謝罪の言葉が響き渡ります。 相手が怒っていても、許してもらいやすくなるのです。 この謝り方は、過失の大半が自分にあるとき、特に効果的です。 許してくれるかどうかは相手しだいですが、申し訳ない気持ちはしっかり伝えられるでしょう。 謝罪は「ごめんなさい」から始まり「ごめんなさい」で終わらせるのが一番なのです。 自分が悪くて謝るときは「ごめんなさい」から始まり「ごめんなさい」で終わらせる。

25
★3

実は頑固な相手ほど、仲直りがしやすい。

「相手が頑固で、なかなか仲直りがスムーズにいかない」 ときどきそんな声が聞かれます。 たしかに相手が頑固や強情だと、話し合いもスムーズに進みにくいでしょう。 「なかなか自分の主張を取り下げない」「素直に自分の非を認めない」など、仲直りに手こずります。 しかし、頑固な相手とは仲直りができないわけではありません。 むしろ逆です。 実は頑固な相手ほど、仲直りがしやすい。 頑固な人は、頭が固いがゆえに、行動パターンが単純です。 頑固な人の行動パターンは予想しやすいため、思いどおりにコントロールしやすくなります。 頑固な人に「ある一言」を使うだけで、簡単に仲直りができます。 それは「まだ怒っているの?」という一言です。 考えられる返事は「まだ怒っている」「怒っていない」の2とおりです。 どちらのパターンであっても、仲直りに向けた攻略が可能です。 もし無視されても、根気よく質問を続ければ、どちらかの返事が返ってきます。 ●「まだ怒っている」という返事の場合 「まだ怒っている」という返事があれば、少し甘えた返事をしましょう。 「そろそろ許してよ」 「どうすれば許してくれるの?」 「いいかげん許してくれないと、今後はこっちが怒るよ」 優しい言い方なら、相手のプライドを傷つけずに話しかけられます。 低姿勢でかわいい言い方をすれば、頑固な相手も心が緩むでしょう。 あなたがかわいい一言をかけると、心の器の大きさを表現できます。 何度か声をかけているうちに、いつまでも頑固になっている自分が恥ずかしくなり、態度が軟化していくはずです。 心の隙をつけば、意外と簡単に心を開いてくれます。 ●「怒っていない」という返事の場合 相手が頑固なら、強がって「怒っていない」と答える場合もあるでしょう。 そうすれば自然な流れで、仲直りに向けて話を進めていけます。 「怒っていないなら、どこか食べに行こうよ」 「怒っていないなら、一緒にお出かけしようよ」 こうすれば、次のアクションに進めることができます。 相手も「怒っていない」と答えたからには、次のステップに進まざるを得なくなるでしょう。 この場合も、あっさり仲直りができてしまうのです。 頑固な人には「まだ怒っているの?」と聞いて、次のアクションを促す。

26
★0

話し合って仲直りができないのは、話し合いが足りないだけではないか。

「話し合っても、話が前に進まない」 「話し合ったが、仲直りができなかった」 「話し合っても、許してもらえなかった。理解されなかった。無駄だった」 仲直りには話し合いが欠かせません。 心の中で思うだけでは、仲直りはできません。 きちんと会って、謝ったり許したり誤解を解いたりしてこそ、仲直りができます。 しかし、話し合いをした結果、残念ながら、仲直りができないこともあるでしょう。 「話し合いをしても無駄だった」と思って仲直りを諦めそうになるかもしれませんが、ちょっと待ってください。 話し合いをしたことにとらわれていませんか。 話し合って仲直りができないのは、実はまだ話し合いが足りないだけではないでしょうか。 生まれも育ちも性格も違う2人です。 2人のギャップを短時間のコミュニケーションで埋めるのは困難です。 話し合えばいいわけではありません。 十分に話し合うことが大切です。 話し合って仲直りができないなら、もっと話し合ってみてください。 前回は理解してもらえなくても、次回なら理解してもらえるかもしれません。 コミュニケーション量を増やすと、意思疎通が深くなり、誤解が解けたり理解してもらえたりする可能性があります。 もし話し合いが行き詰まっているなら、場所やタイミングを変えれば、スムーズに進むことがあります。 たとえば、夜景の見える場所で話し合えば、美しい景色の影響で、ポジティブな話をしやすくなるでしょう。 話し合いが平行線なら、何か工夫を加えてみてください。 妥協案や改善案など、何らかの方策があれば、行き詰まった話が再び進み始めるのはよくあること。 話し合って仲直りできなくても、諦めるのはまだ早い。 話し合って仲直りができないときは、話し合いが足りないことに気づいてください。 とことん話し合いましょう。 もっともっと話し合いましょう。 仲直りの基本は、話し合いです。 どんな喧嘩も仲直りができるようになっています。 話し合いを重ねれば、きっと仲直りができる光が見えてくるはずです。 実は、まだ話し合いが足りないことに気づく。

27
★0

2人だけで解決できない場合は、親に介入してもらう方法もある。

同棲でトラブルが発生すれば、まず2人で解決するのが基本です。 同棲は、あくまで2人の事情です。 2人の問題は、2人が話し合って解決するのが望ましいと言えます。 しかし、自分からのアプローチでは、なかなか解決が難しいこともあるでしょう。 自分から注意しても軽く受け止められ、真剣に取り合ってもらえない。 もしくは、話がもつれて行き詰まり、動きが取れなくなっている状態もあります。 たとえば「貸したお金を貸してくれない」「何度言ってもルールを守ってくれない」などです。 同棲するほど慣れ親しんだ関係ですが、慣れ親しんでいるからこそ、注意や警告を雑に扱われることがあります。 2人の問題ですから2人で解決するのが理想ですが、限界を感じたときは、別の選択肢も検討してください。 その方法とは「親による介入」です。 困った問題があり、2人だけで解決が困難である場合は、親に介入してもらう方法が効果的です。 第三者を通したアプローチなら、物事がスムーズに進む場合があります。 パートナーに余裕があるタイミングを見計らうのが得策です。 怒鳴り散らすような言い方より、諭したり気づかせたりする言い方をお願いしておくといいでしょう。 親の威厳を借りれば、パートナーは問題の重大さに気づき、反省を促せるでしょう。 結果として、行き詰まっていた話し合いが再び進み始める可能性があります。 ただし、親に介入してもらうなら十分慎重になってください。 あくまで行き詰まったときの手段であり、最初から親に頼るのはよくありません。 親に頼るとはいえ、相手を威圧して、無理やり従わせるような方法は逆効果になるでしょう。 場合によっては、パートナーを不快にさせたり怒らせたりする場合もあります。 気軽に試せる方法ではありませんが、問題が行き詰まったときの選択肢の1つとして検討してみるといいでしょう。 2人だけで解決できない場合は、親に介入してもらう。

28
★1

「仲直りができた」という3つのサイン。
握手・ハグ・ハイタッチ。

仲直りができたら、サインを表現しましょう。 「仲直りができた」という意思表示です。 サインを表現しないまま仲直りをすることもできますが、誤解を生むことがあります。 自分は仲直りをしたつもりなのに、相手はまだ喧嘩中と思っているかもしれません。 自分はまだ喧嘩中のつもりでも、相手はもう仲直りができたと誤解することもあるでしょう。 こうしたすれ違いがないよう「仲直りができた」と思ったら、明確なサインを心がけておくと安心です。 「仲直りができた」というサインがあれば、心の切り替えもうまくいきます。 仲直りのサインの種類に決まりはありませんが「仲直りができた」と明確に伝わるものがいいでしょう。 仲直りができたサインとして代表的な表現方法が、3つあります。 「握手」「ハグ」「ハイタッチ」です。 どれも仲直りができたことを「形」で表現できるので、誤解がなくなります。 ●握手 握手は、親愛のしるしだけでなく、和解のしるしにもなります。 にっこりしながら互いに手を握り合えば「もう仲直りができたね。これからまた仲良しだね」という雰囲気になるでしょう。 仲直りをした後も、自然に以前と同じ関係に戻れるでしょう。 ●ハグ ハグは、仲直りをしないとできない行為です。 ぎゅっと抱きしめれば、体全身で仲直りのサインを表現できます。 ハグは大きなスキンシップにもなるので、以前のような親しい関係にすぐ戻れるはずです。 仲直りの後の仲良しもスムーズになるでしょう。 ●ハイタッチ カジュアルに表現するなら、ハイタッチもおすすめです。 ハイタッチといえば、スポーツ選手が仲間と勝利を分かち合うときによく見られますが、仲直りでも応用できます。 お互いの手のひらを打ち合わせれば「仲直りができたね。仲良しに戻れたね」という雰囲気を表現できるでしょう。 § 握手・ハグ・ハイタッチのどれを表現してもOKです。 雰囲気が許すなら、握手・ハグ・ハイタッチをすべて表現してもOKです。 仲直りができたとサインが伝えられるだけでなく、仲直りの後の仲良しまでスムーズになるでしょう。 仲直りができたら、きちんとサインを表現する。

29
★0

2人で出かけたとき、本当に仲直りができたことになる。

仲直りをしたことに満足していませんか。 険悪な雰囲気はなくなった。 普通に話せるようになった。 きちんと仲直りの握手もできた。 たしかに表向きは、仲直りができたように思えるかもしれません。 しかし、これだけではまだ本当に仲直りをできたかどうか判断できません。 仲直りをしたつもりになっているだけかもしれません。 ここで1つ、振り返ってみてほしいことがあります。 仲直りの後、2人で出かけたことがあるでしょうか。 2人でデートをしたり買い物をしたりなどです。 仲直りの後、まだ2人で出かけることができていないなら、仲直りが中途半端の状態です。 仲直りをしたつもりになっている可能性があります。 本当の仲直りは、2人で出かけられるようになった状態のことを言います。 仲直りの後、2人で出かけましょう。 2人で行動を共にしながら、言葉を一言ずつ交わしていくことが大切です。 最初はまだ違和感が残っているかもしれませんが、だんだん慣れて、雰囲気もよくなります。 2人でデートをするのもよし。 2人で買い物をするのもよし。 2人でスポーツを楽しむのもよし。 ちょっとした運動で、2人で近所を散歩するだけでもかまいません。 共に行動していると、雑談がしやすくなります。 雑談をすれば、一緒に笑う機会も生まれます。 一緒に笑えば、有意義なひとときを過ごしたことになります。 2人で出かけたとき、本当に仲直りができたことになるのです。 仲直りしただけで満足せず、2人で出かける。

30
★1

仲直りの後は、終わった喧嘩の話を持ち出さないこと。

仲直りの後は、終わった喧嘩の話を持ち出さないようにしましょう。 ささいなことがきっかけで、昔に2人がした喧嘩の話を持ち出したくなるかもしれません。 「そういえば、あのときの喧嘩は本当に腹が立ったよ」 「どうしてあんなひどいことをしたの?」 「今思い出したけど、まだこの件を謝ってもらっていなかったよね」 歯がゆかった出来事を思い出すかもしれません。 まだ許していなかったことがあることに気づくかもしれません。 喧嘩中に生じた食い違いを思い出すかもしれない。 しかし、すでに終わった話とはいえ、デリケートな話題です。 終わった喧嘩の話を持ち出すと、当時の不快な感情がよみがえります。 怒り・恨み・嫉妬・憎しみ。 会話がたどたどしくなり、再び険悪な雰囲気が漂うでしょう。 昔の喧嘩の話を持ち出したばかりに、再び喧嘩に発展する可能性があります。 昔の喧嘩に触れるのは、わざわざトラブルを掘り起こすようなもの。 仲直りが終わった後、今さら責めたところで仕方ありません。 過去は過去です。 たとえ悪ふざけや興味本位だとしても、安易に持ち出してはいけない話題です。 一度仲直りが済めば、それで終わりです。 仲直りができたなら、終わった喧嘩の話は持ち出さないように心がけてください。 言いたくても、ぐっとこらえることも必要です。 デリケートな話題を避けることで、不毛なトラブルを避けることができます。 仲直りができれば、もう過去のいざこざは忘れましょう。 明るい未来をイメージしながら、これからの生き方に集中しましょう。 そのほうが、お互いにとって明るく建設的な関係を築いていけます。 仲直りの後は、終わった喧嘩の話を思い出しても、持ち出さないようにする。

同じカテゴリーの作品