人生の教科書



同棲
同棲解消の3つのメリット。
同棲
メリットが感じられなければ、同棲を省いて結婚する選択肢もある。
同棲
同棲の9つのメリット。
同棲
実家で同棲をするときのメリットとデメリット。
同棲
お泊まり・半同棲・同棲の違い。
同棲
半同棲の7つのデメリット。
同棲

半同棲で心がける
30のマナーと注意点

お気に入り0 読んだ
5

半同棲の5つのメリット。

半同棲の5つのメリット。 | 半同棲で心がける30のマナーと注意点

半同棲には、どんなメリットがあるのでしょうか。

半同棲は多くのメリットがあり、魅力的な同居形態です。

普通の同棲にはない、半同棲ならではのメリットも、中にはあります。

半同棲の主なメリットは、以下の5つです。

(メリット1)
2人の時間が増える

半同棲を始めることで、2人の時間が一気に増えます。

今までは別々に暮らしていましたが、半同棲を始めれば、好きな時間に2人で遊びや買い物に出かけられます。

一緒に料理を作ったり、同じベッドで寝たりできれば、2人で幸せを分かち合えるでしょう。

2人の時間が増えた分だけ、思い出も作りやすくなります。

一緒にいる時間が長くなることで愛着も深まり、結果として、絆や愛情を深めていけます。

(メリット2)
気楽に始めることができる

同棲にはない、半同棲ならではのメリットの1つが、始めるときの気楽さです。

同棲の場合、ご両親への挨拶・引っ越し・住民票の移動が必要ですが、半同棲では条件が緩和されます。

半同棲の場合、正式な同棲ではないため、親への挨拶がなくても始められます。

大げさな引っ越しも不要であり、生活に必要な荷物の移動だけで済みます。

住民票の移動も、生活拠点が移動しなければ、必要ありません。

同棲を始めるまでの細かい手続きを省略できるのは、半同棲の大きなメリットの1つです。

(メリット3)
お互いの私生活を確認できる

2人で一緒に暮らすので、お互いの私生活を確認できるようになります。

今まで知らなかった価値観や生活習慣といった点を確認しやすくなります。

中には驚かされることもありますが、半同棲を通して、結婚生活をシミュレーションできるのはメリットです。

(メリット4)
好きなときだけ一緒にいれる

半同棲は、泊まる日・泊まらない日を自由に設定できます。

「もっと一緒にいたい」と思うなら、連続して寝泊まりできます。

逆に、試験や試合などの大事なイベントを控えているなら、半同棲を中断することもできます。

お互いの都合に合わせて、一緒にいたり離れたりできるのも、半同棲の便利な点と言えます。

(メリット5)
逃げ場がある

いざというとき逃げ場があるのも、半同棲のメリットの1つです。

 

たとえば、喧嘩です。

パートナーと喧嘩をして一緒にいたくないとき、自分の本来の生活拠点に戻れます。

また精神的に落ち込むこともあるでしょう。

1人にさせてほしいときも、逃げ場があると、落ち着けたり心の整理もしやすくなったりします。

まとめ

半同棲で心がけるマナーと注意点 その5
  • 同棲のメリットを確認する。
半同棲の7つのデメリット。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品