人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
同棲をゴールにしないこと。
同棲はあくまで通過点。
同棲
同棲に失敗はない。
同棲
同棲と半同棲の5つの違い。
同棲
半同棲の5のメリット。
同棲
同棲するかどうかを最後に決めるのは、2人。
重大な判断を他人に委ねないこと。
同棲
同棲に適した5つのタイミング。

半同棲がける
30マナー注意点

お気に入り0 読んだ
2

同棲抵抗があるなら、
半同棲からめるのもくない

同棲に抵抗があるなら、半同棲から始めるのも悪くない。 | 半同棲で心がける30のマナーと注意点

同棲」という言葉を聞いたことはありますか。

「同棲」という言葉はなじみがあっても「半同棲」という言葉は聞き慣れないかもしれません。

半同棲とは、パートナーの部屋に私物の一部を置いておき、自由に泊まれる関係です。

正式な同棲というわけではなく「お泊まり以上、同棲未満」という状態です。

正式な同棲の場合、強い覚悟や責任が伴います。

たとえば、ご両親への挨拶や引っ越しが必要になったり、期限付きや結婚前提が条件だったりです。

最初から同棲を始めるのは、心理的・経済的に難易度が高いと感じる人もいるはずです。

もし最初から正式な同棲を始めるに抵抗があるなら、半同棲から始めてみてはいかがでしょうか。

半同棲なら、ご両親への挨拶は任意です。

大げさな引っ越しも不要です。

期限付きや結婚前提も絶対条件ではありません。

始めやすさで言えば、同棲より半同棲でしょう。

半同棲は聞き慣れない言葉かもしれませんが、実際によくある形です。

「いつの間にか半同棲状態になっていた」というカップルも珍しくありません。

世の中には、半同棲を通して結婚したカップルも大勢います。

お互いの考えが一致しているなら、同棲の前段階として、半同棲から始めるのも選択肢の1つです。

ただし、半同棲であっても、最低限の計画は必要です。

いくら始めやすいとはいえ、完全な無計画や遊びの気持ちといった半同棲はおすすめしません。

期限付き・結婚前提である必要はありませんが、2人でよく話し合い、将来の見通しは立てておくほうがいいでしょう。

半同棲で心がけるマナーと注意点 その2

  • いきなり同棲抵抗があるなら、
    まず半同棲からめてみる
同棲と半同棲の5つの違い。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品