人生の教科書



同棲
同棲に抵抗があるなら、半同棲から始めるのも悪くない。
同棲
半同棲の5つのメリット。
同棲
同棲と半同棲の5つの違い。
同棲
半同棲の公表は、なるべく控えるのが賢明。
同棲
半同棲の主導権は、原則として部屋の契約者にある。
同棲
半同棲は、賃貸契約違反に要注意。
同棲

半同棲で心がける
30のマナーと注意点

  • 半同棲とは何か。
半同棲で心がける30のマナーと注意点

もくじ

1
★1

半同棲とは何か。

「熱愛発覚。アイドルの○○と○○が半同棲状態!」 ときどきメディアで、アイドルや芸能人による半同棲のニュースを見かけることがあります。 「同棲」という言葉になじみはあっても「半同棲」という言葉は聞き慣れない人も多いのではないでしょうか。 珍しい同棲形態に思えますが、公にならないだけで、実際は意外と私たちの知らないところで行われています。 半同棲とは何でしょうか。 半同棲とは、その名のとおり「半分だけ同棲をしている状態」です。 つまり「お泊まり以上、同棲未満の状態」です。 明確な定義はありませんが、半同棲には、以下の8つの特徴が見受けられます。 ▼半同棲に見られる8つの特徴 (1)正式な引っ越しは行われない (2)恋人の家に入り込んで世話になる (3)泊まる頻度が週に3日以上 (4)泊まりに行くタイミングが定期的 (5)お泊まりセットが恋人の部屋にある (6)ご両親への挨拶は行われない (7)生活拠点は変わらない (8)住民票の移動は行われない ▲ こうした状況が当てはまる場合、半同棲と呼びます。 特に「泊まる頻度が週に3日以上」という条件が当てはまれば「半同棲」と呼べる可能性が高くなります。 半同棲は、意識的に行われるとは限りません。 半同棲のつもりはなくても、いつの間にか半同棲になっていたケースもあります。 たとえば、パートナーの部屋に寝泊まりを繰り返しながら荷物を移動させているうちに、気づくと半同棲になっていたケースです。 半同棲は世間からネガティブな印象を持たれがちですが、悪い同棲とは限りません。 正式な同棲をしたくても、事情があってできないカップルもいるでしょう。 もちろん半同棲を経て結婚したカップルも数多くいます。 いきなり同棲するのに抵抗があるなら、まず半同棲から始めてみるのも1つの選択肢です。 半同棲の意味を理解する。

2
★0

同棲に抵抗があるなら、半同棲から始めるのも悪くない。

「半同棲」という言葉を聞いたことはありますか。 「同棲」という言葉はなじみがあっても「半同棲」という言葉は聞き慣れないかもしれません。 半同棲とは、パートナーの部屋に私物の一部を置いておき、自由に泊まれる関係です。 正式な同棲というわけではなく「お泊まり以上、同棲未満」という状態です。 正式な同棲の場合、強い覚悟や責任が伴います。 たとえば、ご両親への挨拶や引っ越しが必要になったり、期限付きや結婚前提が条件だったりです。 最初から同棲を始めるのは、心理的・経済的に難易度が高いと感じる人もいるはずです。 もし最初から正式な同棲を始めるのに抵抗があるなら、半同棲から始めてみてはいかがでしょうか。 半同棲なら、ご両親への挨拶は任意です。 大げさな引っ越しも不要です。 期限付きや結婚前提も絶対条件ではありません。 始めやすさで言えば、同棲より半同棲でしょう。 半同棲は聞き慣れない言葉かもしれませんが、実際によくある形です。 「いつの間にか半同棲状態になっていた」というカップルも珍しくありません。 世の中には、半同棲を通して結婚したカップルも大勢います。 お互いの考えが一致しているなら、同棲の前段階として、半同棲から始めるのも選択肢の1つです。 ただし、半同棲であっても、最低限の計画は必要です。 いくら始めやすいとはいえ、完全な無計画や遊びの気持ちといった半同棲はおすすめしません。 期限付き・結婚前提である必要はありませんが、2人でよく話し合い、将来の見通しは立てておくほうがいいでしょう。 いきなり同棲に抵抗があるなら、まず半同棲から始めてみる。

3
★0

同棲と半同棲の5つの違い。

同棲と半同棲は、似ていますが違います。 どちらもカップルが一緒に暮らすのは同じですが、細かな部分に違いがあります。 同棲と半同棲には、次の5つの違いがあります。 (違い1)同棲は毎日一緒に暮らし、半同棲はときどき一緒に暮らす 同棲は、毎日一緒に暮らすことになります。 喧嘩をしても嫌になっても、あくまで共同生活。 不仲になっても、破局で同棲解消にでもならないかぎり、ずっと一緒に暮らさなければなりません。 半同棲は、ときどき一緒に暮らします。 寝泊まりしたいときに泊まり、嫌になれば自分の本来の住所に戻れます。 あくまで生活拠点は変わらないため、体調が悪いときや試験勉強に集中したいときに、自宅に戻れます。 (違い2)同棲は期限付き・結婚前提が必須であり、半同棲は任意 同棲は「期限付き」「結婚前提」が一般的です。 同棲には覚悟と責任が伴うため、中途半端な気持ちではいけません。 常に誠実な対応が求められます。 半同棲では「期限付き」「結婚前提」は任意です。 期限付きや結婚前提で始めることもできますが、もともと気軽に始めた生活です。 条件はあっても、2人の覚悟や責任が弱いと、約束どおりに守られるとは限りません。 (違い3)同棲はご両親への挨拶が必要であり、半同棲は任意 同棲はご両親への挨拶が必要です。 男女が一緒に暮らすのは、親にしてみれば、わが子を他人に預けることになります。 そのため、きちんと手土産を持参の上、挨拶に行く必要があります。 半同棲は、正式な同棲ではないため、ご両親への挨拶は任意です。 もちろん挨拶をしたい人は、することもできます。 (違い4)同棲は住民票の移動が必要であり、半同棲は不要 同棲は、生活拠点を移動させて住所が1つになるため、一部の例外を除き、住民票が必要です。 半同棲は、生活拠点を移動させるわけではないため、住所は別々のままになります。 住民票の移動も不要です。 (違い5)同棲は始めにくくやめにくく、半同棲は始めやすくやめやすい 同棲は、始めにくくやめにくいのが特徴です。 ご両親への挨拶や引っ越しが必要です。 期限付きや結婚前提などの条件も欠かせません。 その点、半同棲は気楽です。 気軽に始めやすく、嫌になれば、すぐやめることができます。 破局になったとき、部屋からの撤退も容易です。 同棲と半同棲の5つの違いを理解しておく。

4
★0

お泊まり・半同棲・同棲の違い。

お泊まり、半同棲、同棲。 どれも一緒に寝泊まりする点では同じですが、厳密な意味は異なります。 ここでは、それぞれの違いについて見ていきます。 まず前提として、それぞれ定められた基準があるわけではありません。 そもそも半同棲という言葉は、辞書に載っていない言葉です。 ただし、それぞれの特徴に応じたある程度の区分けなら可能です。 正式に定められているわけではありませんが、社会的に以下のような基準で区別されています。 ●お泊まり お泊まりは、ときどき泊まりに行く関係です。 頻度は、月に数回程度。 タイミングも不定期です。 連泊も「まれにある」という程度です。 泊まりに行くときは、衣類や歯ブラシセットなどのお泊まりセットを持ち込んで、帰りの際は持ち帰ります。 宿泊が1回ごとに完結している状態です。 役割分担はないのが一般的です。 基本的に生活費の折半はありませんが、相手の負担を考え、任意で食費程度を出すことはあります。 ●半同棲 半同棲に明確な基準はありませんが、以下の3つの条件に当てはまると、半同棲の可能性が高いと言えるでしょう。 (1)泊まる頻度が週に3日以上 (2)泊まりに行くタイミングが定期的 (3)お泊まりセットがパートナーの部屋にある 中でも「泊まる頻度が、週に3日以上」の条件は重要なポイントです。 半同棲の場合、生活拠点は変わらないため住民票の移動は不要ですが、一部の生活費は折半することがあります。 衣類や歯ブラシなどのお泊まりセットだけでなく、完全な私物も一部持ち込むことがあります。 ルールや役割分担も不明確です。 決めている役割より、決めていない役割のほうが目立ちます。 ●同棲 同棲は、住所を1つにして、完全に生活を共にしている状態です。 「泊まりに行く」という関係ではなく「完全に毎日一緒に暮らす」という関係です。 衣類だけでなく、家具や電化製品など、生活に必要なものはすべて引っ越し先に持ち込みます。 ワンルームに2人で住むこともありますが、基本的に自分の個室を持ちます。 生活費の折半は基本です。 きちんと役割分担を決め、お互いが責任を持って取り組みます。 基本的に住民票の移動も必要ですが「同棲期間が1年未満」といった例外がある場合は、その限りではありません。 お泊まり・半同棲・同棲の違いを理解する。

5
★0

半同棲の5つのメリット。

半同棲には、どんなメリットがあるのでしょうか。 半同棲は多くのメリットがあり、魅力的な同居形態です。 普通の同棲にはない、半同棲ならではのメリットも、中にはあります。 半同棲の主なメリットは、以下の5つです。 (メリット1)2人の時間が増える 半同棲を始めることで、2人の時間が一気に増えます。 今までは別々に暮らしていましたが、半同棲を始めれば、好きな時間に2人で遊びや買い物に出かけられます。 一緒に料理を作ったり、同じベッドで寝たりできれば、2人で幸せを分かち合えるでしょう。 2人の時間が増えた分だけ、思い出も作りやすくなります。 一緒にいる時間が長くなることで愛着も深まり、結果として、絆や愛情を深めていけます。 (メリット2)気楽に始めることができる 同棲にはない、半同棲ならではのメリットの1つが、始めるときの気楽さです。 同棲の場合、ご両親への挨拶・引っ越し・住民票の移動が必要ですが、半同棲では条件が緩和されます。 半同棲の場合、正式な同棲ではないため、親への挨拶がなくても始められます。 大げさな引っ越しも不要であり、生活に必要な荷物の移動だけで済みます。 住民票の移動も、生活拠点が移動しなければ、必要ありません。 同棲を始めるまでの細かい手続きを省略できるのは、半同棲の大きなメリットの1つです。 (メリット3)お互いの私生活を確認できる 2人で一緒に暮らすので、お互いの私生活を確認できるようになります。 今まで知らなかった価値観や生活習慣といった点を確認しやすくなります。 中には驚かされることもありますが、半同棲を通して、結婚生活をシミュレーションできるのはメリットです。 (メリット4)好きなときだけ一緒にいれる 半同棲は、泊まる日・泊まらない日を自由に設定できます。 「もっと一緒にいたい」と思うなら、連続して寝泊まりできます。 逆に、試験や試合などの大事なイベントを控えているなら、半同棲を中断することもできます。 お互いの都合に合わせて、一緒にいたり離れたりできるのも、半同棲の便利な点と言えます。 (メリット5)逃げ場がある いざというとき逃げ場があるのも、半同棲のメリットの1つです。 たとえば、喧嘩です。 パートナーと喧嘩をして一緒にいたくないとき、自分の本来の生活拠点に戻れます。 また精神的に落ち込むこともあるでしょう。 1人にさせてほしいときも、逃げ場があると、落ち着けたり心の整理もしやすくなったりします。 同棲のメリットを確認する。

6
★0

半同棲の7つのデメリット。

気楽で気軽に始められる半同棲ですが、デメリットがあります。 夢のような生活を思い描きがちですが、現実は甘くありません。 実は総合的に考えると、半同棲は、メリットよりデメリットのほうが大きくなる場合があります。 一部のメリットだけに釣られて半同棲を始めると、後から大きな代償を払うことになるかもしれません。 半同棲を検討しているなら、メリットだけでなく、デメリットも把握しておきましょう。 メリットとデメリットをじっくり比較した結果、半同棲をすべきか判断するのが賢明です。 (デメリット1)けじめのない生活になりやすい 半同棲は、正式な同棲ではないため、けじめのない生活になりやすい特徴があります。 つまり、よくも悪くも、ぐだぐだしやすい。 泊まる日があったりなかったりするのは、メリットである一方、デメリットでもあります。 「正式な同棲ではない」という気持ちは、気楽・気軽である一方、心に緩みをもたらす原因にもなります。 ルールや役割分担を決めても、心に緩みがあると、守られにくくなります。 「期限付き」「結婚前提」の条件がないと、半同棲のゴールも見えず、ますますだらしない生活に陥るリスクが高まります。 結果として、別れを招いたり婚期を逃したりする可能性も出てくるのです。 (デメリット2)金銭的負担が増える 実のところ半同棲は、金銭的負担が減るどころか増えます。 泊まりに行く日は、自分の部屋を空けることになります。 使っていない部屋でも、契約上、家賃は発生します。 その上、他人の部屋に住まわせてもらっているので、家賃や水道光熱費を余分に支払う必要が出てきます。 使っていない部屋の家賃が発生する上、余分に生活費を支払うことになるため、金銭的負担が増えることになるのです。 (デメリット3)自由が制限される 2人で一緒に暮らす生活は、メリットである一方、自由を失うデメリットでもあります。 半同棲でも、ルールや役割分担を決めておくほうがいいでしょう。 しなければいけない家事があると、自由な時間や自由な行動が制限されます。 泊まりの日は、1人でのんびりすることも制限されます。 最初は「泊まりに行きたい」という気持ちだったのが「泊まりに行かなければいけない」という気持ちに変わることもあります。 (デメリット4)狭い部屋でストレスが増える 一般的に半同棲は、一方の部屋にもう1人が住むことになります。 一人暮らしなら「ワンルーム」「1K」「1DK」など、一部屋タイプが一般的でしょう。 一部屋に2人が住むと、部屋が狭く感じられます。 足の踏み場に困る部屋になることも珍しくありません。 個室がなく、プライベートが確保しにくくなるのは、疲れもストレスも増えるでしょう。 (デメリット5)自宅に友達を呼べなくなる 半同棲では、友達を部屋に呼ぶのはNGです。 そもそも半同棲には、誰かを呼べるほどのスペースがありません。 一部屋に2人が住んでいる生活環境は、友達を呼ぶのに快適とは言いがたいでしょう。 防犯面としても、やはり他人を気安く部屋の中に入れるのはよくありません。 (デメリット6)周囲からの印象がよくない 半同棲は、親や世間など、周囲からの印象がよくありません。 自分たちは真剣のつもりであっても、世間からは「遊び感覚」という印象を持たれる場合が少なくありません。 半同棲を公表することで、自分たちの印象や評価に悪影響が及ぶ場合があります。 (デメリット7)賃貸契約違反になる可能性がある 半同棲とはいえ、一人暮らし用の部屋に2人が暮らすのは、賃貸契約の違反になる可能性があります。 契約違反となった場合は、大家や管理会社から、退去を命じられるリスクがあります。 半同棲を始める前に、賃貸契約違反にならないか、確認しておくことが必要です。 半同棲のデメリットを確認する。

7
★0

半同棲は、賃貸契約違反に要注意。

半同棲の際に注意したいのは、賃貸契約違反です。 一人暮らし用の部屋で同棲をするのは明らかな賃貸契約違反ですが、半同棲の場合はどうなるのでしょうか。 完全な同棲ではないため、賃貸契約違反になるのか、判断に迷う場合が多いのではないでしょうか。 結論から言うと、一人暮らし用の部屋での半同棲は、賃貸契約違反になる可能性が高いと言えます。 一般的に半同棲は「週に3日以上宿泊する状態が継続的に続く状態」を言います。 自分たちは「ときどきお泊まりをする程度」という認識でも、大家や管理会社は違います。 大家や管理会社から見れば、半同棲は同棲と同じに見なすのが一般的です。 週の半分以上を一緒に暮らしている状態は、2人が暮らしているのと同じ状況と思われても仕方ありません。 最終的には大家や管理会社の判断によりますが、隠さずごまかさず、きちんと確認しましょう。 「ばれたときに対応すればよい」という考えはよくありません。 違反を指摘されて、すぐ退去勧告が出ることはないでしょうが、罰金や罰則のペナルティーを受ける可能性があります。 警告が出ているにもかかわらず改善されない場合、強制的な退去命令が出る可能性もあります。 賃貸物件は、あくまで借りているものですから、きちんと契約に従いましょう。 大家や管理会社に連絡して、きちんと確認しておくと安心です。 ●交渉次第で半同棲を許可して入れる場合もある 一人暮らし用の部屋でも、交渉すれば、条件付きで半同棲を許可してくれるところもあります。 たとえば「きれいに部屋を使う」「近所迷惑をかけない」といった約束を強調すれば、例外が認められる場合があります。 この場合、契約内容の変更手続きが必要になったり、賃料が上乗せになったりすることがあります。 面倒や不都合に感じても、賃貸物件は、あくまで貸主から借りているものです。 余計なトラブルを避けるためにも、きちんと貸主の指示に従いましょう。 半同棲の場合、大家や管理会社に相談する。

8
★0

同棲生活と夫婦生活は似ている。
同棲生活と半同棲生活は違いが大きい。

同棲生活・半同棲生活・夫婦生活。 この3つを「暮らし方」という点で比較したとき、注意したいことがあります。 まず同棲生活と夫婦生活は、暮らし方が似ています。 もちろん「婚姻関係」という法的な違いはありますが、暮らし方に関して言えば、ほぼ同じと言っても過言ではありません。 同棲生活も夫婦生活も「毎日一緒に暮らす」という点は同じです。 ルールも役割分担も、同棲時代と同じままで対応できます。 一般的に同棲生活も夫婦生活も、2LDKが一般的です。 自分の個室があり、リビングがあり、ダイニングがあります。 同棲生活と同じ調子のまま、夫婦生活を送れます。 同棲から結婚したカップルの大半は「結婚しても暮らし方は変わらない」といった意見が目立ちます。 戸籍や名字が変わる変化はありますが、暮らし方については、同棲時代と同じ調子を続けるだけです。 同棲生活と夫婦生活は、暮らし方が似ているのです。 しかし、同棲生活と半同棲生活は違います。 どちらも「同棲」という言葉があるため似ているように思えますが、暮らし方には大きな違いがあります。 同棲生活は、毎日家に帰らなければなりませんが、半同棲生活は、気分に任せて泊まる日を決められます。 部屋の間取りも、同棲生活は2部屋であり、半同棲生活は1部屋が一般的です。 半同棲生活の場合、自分の個室がないため窮屈になる上、プライベートも確保しにくくなります。 ルールも役割分担も、同棲生活と半同棲生活では、自覚や責任に差があると言っていいでしょう。 半同棲生活から結婚に進む場合、暮らし方が大きく変わることを覚悟しておく必要があります。 結婚してから「こんなはずではなかった」ということがないよう、前もって暮らし方の違いを注意しておくことが大切です。 半同棲生活のメリットは多いですが、きちんとした結婚生活のシミュレーションが希望なら、同棲生活が最適です。 同棲生活・半同棲生活・夫婦生活の暮らし方の違いを把握しておく。

9
★0

半同棲では「期限付き」と「結婚前提」の条件は必要なのか。

同棲には、2大条件があります。 「期限付き」と「結婚前提」です。 正式に同棲を始めるなら「期限付き」「結婚前提」の2つは必須です。 この2大条件が、あるのとないのとでは、覚悟も雰囲気も違います。 2大条件のない同棲は、失敗のリスクが一気に高まります。 「失敗をしに行くようなもの」と言っても過言ではありません。 期限付きと結婚前提さえあれば、必ず失敗を防げるわけではありませんが、失敗の可能性を下げる効果は強力です。 では、半同棲の場合、2大条件は不要でしょうか。 結論としては「できればあったほうがいい」と言えます。 半同棲という形式上、絶対必要な条件ではありませんが、ないよりあったほうが安心です。 期限がないと、だらだらした半同棲になりやすいため、婚期が遅れる可能性があります。 期限をつけておくほうが、区切りが明確になるため、結婚に向けて気持ちを引き締められます。 また、できるだけ結婚前提で始めたほうがいいでしょう。 ときどきお泊まりに行く関係とは違い、半同棲が実現できるのは、一歩進んだ男女関係と言えます。 結婚前提で半同棲を始めたほうが、将来に対する責任や覚悟が生まれます。 半同棲の場合も、できるだけ結婚前提で始めたほうが、失敗のリスクを下げることができます。 半同棲は、正式な同棲ではないため、堅苦しくなる必要はありませんが、リスクへの備えは大切です。 最終的にはパートナーとの話し合いになりますが、半同棲であっても、なるべく「期限付き」「結婚前提」で始めるのが得策です。 半同棲をするなら、なるべく「期限付き」と「結婚前提」で始めるようにする。

10
★0

価値観や生活習慣が違っても、安易に否定しない。

半同棲を始めると、価値観や生活習慣の違いが見えてきます。 今まで別々に暮らしているときには気づかなかった違いに気づくでしょう。 いびきや寝言がうるさい。 トイレの使い方にギャップがある。 トイレットペーパーの使用量が違う。 部屋での過ごし方に特殊な習慣がある。 使い終わったものを元の場所に戻さない。 お金の使い方に荒っぽいところがある。 酒癖が悪いことを知った。 虚言癖や怠け癖があることを知った。 今まで知らなかった趣味を知った。 半同棲を始めてから、パートナーの性格が露見していくでしょう。 中には「不自然」「非常識」「あり得ない」と驚かされることもあるはずです。 しかし、価値観や生活習慣が違っても、安易に否定しないことが大切です。 生まれも育ちも性格も違う男女ですから、違いがあって当然です。 自分の価値観や生活習慣のほうが正しいと思って押し付けると、パートナーを不快にさせ、喧嘩に発展します。 「正しい・間違っている」という考え方は、ひとまず横に置きます。 「そういう価値観・生活習慣なのだね」と一度受け入れる姿勢が大切です。 価値観や生活習慣の多少の違いは、寛大になって受け入れるのが、円満な半同棲のコツです。 いびきや寝言など、本人に悪気がないこともあります。 トイレの使い方にギャップがあっても、健康被害があるわけではありません。 トイレットペーパーの使用量が違って、何か困ることはあるのでしょうか。 半同棲の場合、家の持ち主のほうに主導権があります。 住まわせてもらっている側なら、許容範囲を広げておくほうが、衝突も喧嘩も減るでしょう。 ただし、迷惑になる価値観や生活習慣なら、一度話し合っておくといいでしょう。 半同棲とはいえ、結婚を意識した生活です。 結婚生活を含めた、今後の長い共同生活を考えた上で「改善が必要」と思うことは、きちんと伝えておくことも大切です。 価値観と生活習慣の違いを、前向きに受け入れる。

11
★0

半同棲は、プライバシーの侵害が起こりやすい。

半同棲では、プライバシーの侵害行為に注意してください。 狭い空間で一緒に暮らしていると、パートナーのプライバシーを確認しやすい状況になります。 たとえば、机の上に通帳が置いてあると、邪念が湧いて、こっそり見たい衝動に駆られるかもしれません。 相手宛ての手紙が届けば、魔が差して、勝手に封を開けたくなるかもしれません。 パソコンや携帯電話にロックがされていなければ、簡単にメールを見ることができるでしょう。 しかし、いずれも言語道断です。 断りなく、勝手に通帳を見たり手紙の封を開けたりメールを読んだりするのは、プライバシーの侵害です。 一緒に暮らしていたとしても、無断で相手のプライバシーに触れるのは避けたほうがいいでしょう。 半同棲とはいえ、まだ夫婦関係・婚姻関係ではありません。 プライバシーの侵害は、相手を傷つけるだけでなく、自分の信用まで落としてしまいます。 「魔が差した」というのは理由になりません。 悪意がなかったとしても、プライバシーを侵害した事実に変わりありません。 承諾のない行為はトラブルの原因になります。 「見えてしまうから仕方ない」という言い分もよくありません。 簡単に見える状況だとしても、見ない心がけが大切です。 たとえば、顔を背けたり覆いを作ったりするだけでも、見たい欲求を抑えられるでしょう。 どうしても見たいなら、相手に許可を取ればいいだけです。 「見てもいい?」という一言だけで、トラブルを避けることができます。 相手の許可があれば、秘密であってもプライバシーの侵害にはなりません。 財布もカバンも引き出しも、勝手に中を見ない。 特に注意したいのは、日記です。 日記は、お金に関係しなくても、大切なプライバシーの固まりです。 興味本位とはいえ、1ページでも勝手に見ないこと。 分別ができる年齢ですから、理性と自制心をコントロールしておかなければなりません。 半同棲は、相手のプライバシーに触れやすい環境ですが、最低限のマナーだけは守る心がけが必要です。 プライバシーを侵害に注意する。

12
★0

半同棲でも、所有物の扱い方を曖昧にしない。

半同棲では、所有物の境界線が曖昧になりがちです。 半同棲に対する意識があやふやだと、所有物に対する意識まであやふやになる傾向があります。 「まあいいか」「少しくらい大丈夫だろう」といった安易な考えが浮かびやすくなる。 相手の持ち物が、自分のものであるなど錯覚を覚えるかもしれません。 「半同棲をするほど親密な関係なら、自由に使ってもいいだろう」と、安易に自己判断をしがちです。 もちろん相手から「いちいち許可はいらない。いつでも自由に使ってよい」と言われているならいいのです。 前もって相手から許可が得られているなら、自分の好きに使っても問題はないでしょう。 しかし、一方の所有物であるかぎり、扱い方を曖昧にはできません。 一緒に暮らす生活には、2人の所有物が混在します。 大きさや重さは関係ありません。 2人でお金を出し合って買ったものを除けば、どちらかの所有物に該当するはずです。 所有物とはいえ、れっきとした財産です。 紙幣や貨幣ではありませんが、所有物もお金と同じ価値があります。 所有物の扱いはデリケートです。 「少しくらいいいだろう」と無断で使ったせいで、喧嘩に発展した話は数多くあります。 自分が大切にしているものを無断で使われると、誰でもいい気分はしないでしょう。 勝手に使った結果、なくしたり壊したりしてしまうと、謝るだけでは済まないこともあります。 パートナーの所有物を自分のものであるかのように、勝手に使うのはよくありません。 使う前には、きちんと許可の確認を取るのが適切です。 もし離れた場所にいるなら、メールで連絡すればいいことです。 一言断りを入れるかどうかで、トラブルが減るだけでなく、印象も変わります。 自分の所有物についても、無断で使われないように注意しておくことも大切です。 「勝手に使うことはないだろう」という信頼関係があったとしても、最低限のセキュリティーは必要でしょう。 重要なところには、施錠やパスワード設定をしておくほうが安心です。 半同棲という生活であっても、所有物の扱い方はきちんとしておきましょう。 半同棲であっても、相手の所有物を使うときは、一言断りを入れる。

13
★0

半同棲の部屋のストレスを減らす、5つの工夫。

半同棲で最も苦労することの1つが、部屋の狭さです。 2K以上の間取りならまだいいのです。 もともと部屋が2つあるなら、それぞれを個室にできるため、半同棲生活もいくぶん楽になるでしょう。 しかし、一人暮らしで2K以上の間取りの部屋に住んでいる人は、少数ではないでしょうか。 一人暮らしなら「ワンルームや1Kでも十分」という人も多いでしょう。 半同棲の場合、一部屋に2人が住む状態になるのが多いはずです。 すると問題になるのは、部屋の狭さです。 一方の部屋に転がり込むことになるため、自分用に使えるスペースが少ないでしょう。 1つの部屋に2人が住むことになるため、窮屈を感じる生活になるのは間違いありません。 そのため、1つの部屋で半同棲をするなら、ストレスを減らす工夫が必須です。 ストレスをゼロにするのは難しくても、知恵を働かせて、減らす工夫をしてみてください。 工夫にもさまざまありますが、次の5つの工夫を検討してみるといいでしょう。 (工夫1)収納を工夫する 少しでも収納を増やすため、畳み方や入れ方をしっかり工夫しましょう。 限られたスペースであっても、畳み方や入れ方で、収納できる数や量が変わります。 思いきって、収納が便利な棚を買うのもアイデアです。 少し費用はかかりますが「快適を買う」と考えれば、高いとは言い切れないでしょう。 (工夫2)折りたたみ式の家具を活用する 少しでも部屋を広くしたいなら、折りたたみ式の家具を活用しましょう。 たとえば、折りたたみ式の椅子やテーブルです。 使い終われば、畳んで隙間にしまえるので、部屋を広く使えます。 ブランドにこだわらなければ、格安で手に入れることができるでしょう。 (工夫3)ベッドより布団にする ベッドは、部屋の領域を占有します。 もし2人の好みが合うなら、ベッドではなく、布団にしてみるのもいいでしょう。 布団なら、使い終わってからたためます。 布団を畳み、2人分を1カ所に重ねれば、コンパクトにまとめることができます。 その分だけ部屋を広く使え、快適が得られるでしょう。 (工夫4)自分の趣味に使える机を置く ワンルームや1Kなど、どうしても1人になれない間取りなら、自分の趣味に使える小さな机を1つ置くだけでも違います。 部屋の片隅だけでもかまいません。 「ここは私の空間」というプライベートな領域があるだけで、気持ちとして部屋が広くなったような感覚になるでしょう。 (工夫5)音や光の対策には、耳栓やアイマスクを使う いびきや寝言で睡眠を妨げられることもあるでしょう。 自分は寝たくても、相手はまだテレビを見ていたいなら、音や光が気になることもあるはずです。 そんなときに活用したいのが、耳栓やアイマスクです。 耳栓やアイマスクを使えば、音や光を遮断しやすくなり、ストレスが半減するでしょう。 最初は違和感があるかもしれませんが、慣れてくると気にならなくなるでしょう。 少しでもストレスが減る工夫をする。

14
★0

半同棲でも、家事の分担は必要。

半同棲でも、家事の分担は必要でしょうか。 半同棲は、正式な同棲ではないため、家事の分担も中途半端でよいと考える人もいるかもしれません。 「家事の大半は、部屋の持ち主がするべきだ」 「寝泊まりするのはときどきだから、家事もときどき手伝えばいいだろう」 「気づいたときだけ、適当に手伝えばいいのではないか」 もちろん半同棲ですから、泊まりに来ない日もあります。 あくまで半同棲ですから、同棲のように細かく厳しく家事分担を決めるのは難しいかもしれません。 しかし、半同棲で役割分担を曖昧にすると、不和の原因になるでしょう。 半同棲であっても、一時的に2人で生活していることに変わりありません。 家事が偏ったりサボったりすると、不公平が生まれ、トラブルを招く原因になります。 半同棲には「結婚の予行演習」という意味もあります。 家事のルールを曖昧にすると、半同棲の意義も曖昧になります。 したがって、半同棲でも、家事の分担は必要です。 完全な同棲ではないため、厳密に決める必要はありませんが、大まかに決めておくといいでしょう。 たとえば、炊事・掃除・洗濯の担当です。 余裕があれば、買い出しやごみ出しの当番も決めておきたい。 「泊まりの日はこうしよう」という取り決めをしておくと、トラブルを防げます。 結婚を視野に入れて半同棲をしているなら、むしろ積極的に協力を名乗り出たい。 生活費との兼ね合いもあるため、2人でよく話し合い、お互いが納得した上で決めるようにしましょう。 そして一度決めた役割分担は、サボることがないよう実施することも大切です。 半同棲でも、家事の分担はきちんと決めておく。

15
★0

半同棲の主導権は、原則として部屋の契約者にある。

半同棲の主導権は、誰にあるのでしょうか。 同棲と半同棲は違います。 同棲で生活費を折半しているなら、主導権も2人にあります。 もちろん部屋の名義や生活費の割合で変わりますが、生活費を同じくらい出し合っているなら、主導権も2人にあります。 まさしく「2人の同棲環境」と言えるでしょう。 しかし、半同棲の場合は違います。 半同棲は「住まわせている」「住まわせてもらっている」という関係です。 新しく部屋を借りて住むわけではありません。 きっちり生活費を折半するわけでもありません。 そのため、半同棲の主導権は、原則として部屋の契約者にあると考えるのが妥当です。 半同棲は、形式上、明確な上下関係があります。 もし半同棲中、何らかの主張を争うことがあれば、部屋の契約者のほうが有利になります。 住まわせてもらっている側なら、あまり強くわがままを言えません。 住まわせてもらっている側なら、主張はしても、ずうずうしくなりすぎないよう注意することが大切です。 もし対立すれば、住まわせてもらっている側が謙虚に引き下がるほうが穏便にまとまるでしょう。 相手が部屋の名義人であり、生活費の大半を出してもらっているなら、主導権に偏りが出るのは仕方ありません。 主導権に偏って、公平が実現しにくいのは、半同棲のデメリットの1つです。 もし主導権の偏りが嫌なら、正式な同棲に移行するのが得策です。 あるいは、最初から正式な同棲で始めるのもいいでしょう。 正式な同棲なら、生活費を全額出している場合を除き、余計な主導権争いはなくなるでしょう。 半同棲の主導権は、原則として家の契約者にあると考える。

16
★0

お金に関するルールだけは、きちんと決めておくこと。

半同棲で欠かせないのは、お金に関するルールです。 たとえば、家賃・食費・水道光熱費です。 半同棲は、毎日一緒に寝泊まりするわけではないため、お金に関するルールも曖昧になりがちです。 「半同棲なら、お金を出さなくてもいいのではないか」という考えを持つ人もいるかもしれません。 完全に毎日相手の部屋に住んでいるわけではないため「生活費の折半はおかしい」と思う人もいるでしょう。 しかし、半同棲である以上、部屋の契約者にとって家賃は変わらなくても、食費や水道光熱費は高くなります。 部屋の契約者が、跳ね上がった生活費をすべて負担するのは厳しいでしょう。 お金に不公平ができると、一方が不満を持つことになるため、2人の関係もぎくしゃくします。 お金のトラブルは、人間関係を引き裂きます。 お金の問題がきっかけで人間関係が悪くなった例は数多く存在します。 正式な同棲でなくても、食費や光熱費に偏りがあるのはよくありません。 半同棲であっても、お金に関するルールだけは、きちんとしておくことをおすすめします。 半同棲に対する考え方は、人によって異なります。 「家賃は出さなくてもいいよ」と言う人もいれば「少しは家賃を出してもらいたい」という人もいるでしょう。 相手が「お金を出さなくてもいい」と言ってきたとしても、その優しさに甘えすぎないことです。 協力しようとする誠意を見せるためにも、少額でもいいので生活費を出しておくほうが無難です。 家賃や食費だけではありません。 水道光熱費やインターネットの通信費はどうするのか。 もちろん単純な折半でもいいですが、半同棲の場合では、2人の負担の割合を決めておくといいでしょう。 特に寝泊まりする日が不規則なら、折半の割合も慎重に話し合っておきたいところです。 半同棲であっても、お金に関するルールだけは、きちんと決めておくほうがトラブルを防げます。 お金に関することだけは、曖昧にせず、きちんと決めておく。

17
★0

半同棲の生活費を折半するときの基本的な考え方。

半同棲の生活費について、基本的な考え方をご紹介します。 もちろん以下の例は、あくまで一例です。 生活費の折半の仕方は、半同棲の状況だけでなく、2人の収入によっても変わります。 半同棲であっても、お金に関するルールだけは、きちんと決めておくほうがトラブルを防げます。 どれもデリケートな内容ですが、曖昧にせず、きちんと決めておくことをおすすめします。 ●家賃 半同棲における生活費の中で最も重要なのが、家賃です。 部屋の契約者に全額支払ってもらうことも可能ですが、半同棲なら、家賃の一部を出しておくほうがいいでしょう。 週に何日も寝泊まりさせてもらっているのですから、いくらか支払うのがマナーです。 支払う割合は、泊まる頻度に応じて考えます。 家賃に関しては、次の3つを決めておくと安心です。 (1)負担の割合はどうするか (2)支払い方法は現金か振り込みか (3)支払い時期はいつにするか 家賃は、生活費の中で最も比重が大きいため、きちんと決めておくことをおすすめします。 ●水道光熱費 半同棲で一気に高くなるのが、水道光熱費です。 水道光熱費には、ガス代も含めて考えます。 料理で電気やガスを使ったり、シャワーを浴びる頻度が多かったりすると、2倍以上跳ね上がることもあります。 季節に応じて使用量や使用頻度が変わりますが、2人の使い方に応じて大まかに決めておくといいでしょう。 ●通信費 2人で1台のパソコンを共有するなら、インターネットの通信費は、使用状況に応じて支払う割合を決めるといいでしょう。 携帯電話については、キャリアの乗り換えや料金プランを見直すと、むしろ安くなる場合もあります。 ●食費 別々に食事をする場合、自分の分は自分で出すのが無難です。 2人で一緒に料理を作るなら、折半が基本です。 ただし食費は、食材ごとに値段が違ったり、好き嫌いで食べる量が変わったりするでしょう。 食事は、人によって考え方が違うため、細かい点は2人で話し合っておくことをおすすめします。 あまり細かいことにこだわらない考え方も大切です。 ●交通費 公共の交通機関を利用するなら、特に折半は必要ないでしょう。 難しく考えず、自分の分は自分で出すのが基本です。 ただし、相手の車やバイクを借りることがあるなら、ガソリン代くらいは出すといいでしょう。 生活費の折半の仕方は、曖昧にせず、きちんと話し合う。

18
★0

私物の持ち込みが限度を超えると、トラブルに発展するのは時間の問題。

半同棲では、私物の持ち込みに注意しましょう。 もちろん生活に必要な範囲で私物を持ち込むのはいいのです。 半同棲をしようにも、私物を持ち込まないと実現できません。 衣類・家具・家電といった生活必需品を持ち込むのは自然なこと。 使用頻度が低くても、生活に欠かせないものなら持ち込む必要があるでしょう。 しかし、私物を持ち込むのはいいですが、限度には注意してください。 持ち込む範囲を念のため必要なものまで広げて考え始めると、持ち込む量が膨大になります。 「念のため、あれも持ち込もう」「万一のため、これも持ち込もう」と思うと、際限がありません。 私物の持ち込みが多くなればなるほど、相手の生活領域をどんどん占めてしまいます。 自分の部屋であるかのような使い方をすると、相手は眉をひそめるでしょう。 私物の持ち込みが限度を超えると、トラブルに発展するのは時間の問題です。 部屋を乗っ取られたかのような印象を受けるに違いありません。 私物の持ち込みは、限度を超えないよう心がけましょう。 使用頻度が低くても、重要なら持ち込む必要もありますが、さほど重要でないなら、考え直すことも必要です。 相手から借りて済ませられるなら、持ち込むものを1つ減らせます。 なくても何とか生活していけるなら、持ち込むのを控えます。 住まわせてもらっている立場なら、部屋の契約者に迷惑がかからない配慮が必要です。 何でも持ち込もうとするのではなく、限度を超えない程度を見極めておきましょう。 私物の持ち込みが、限度を超えないようにする。

19
★0

気遣いと思いやりのある半同棲は、未来が明るい。

半同棲では、気遣いと思いやりを大切にしましょう。 気遣いと思いやりは、人間関係では基本であり、当たり前のこと。 わざわざ大げさに言うほどでもないと思うかもしれません。 しかし、当たり前だからこそ、忘れがちになります。 特に半同棲の場合、正式な同棲ではないため、少し油断すると、すぐだらける傾向があります。 マナーやルールが適当になったり、役割分担や生活費の折半が中途半端になったりします。 半同棲に慣れてだらだらしてくると、当たり前の気遣いや思いやりを忘れやすくなります。 いま一度、気遣いと思いやりで半同棲をしましょう。 相手の様子から心中を察して、自分にできることを心がけるだけでいいのです。 ・相手が仕事で悩んでいるなら、たっぷり話を聞く ・相手が疲れているときは、そっと飲み物を差し出す ・相手が忙しそうなら、手伝いを申し出る ・落ち込んでいるときは、元気が出るように励ます ・頑張ったときには「お疲れ様」と労をねぎらう ・買い物のとき、相手が欲しいものを一緒に探す ・自分の帰宅時間が遅くなるなら「先に寝てていいよ」と連絡する ・風邪を引いたとき、献身的に看病をする ・部屋のエアコンの温度設定がおかしくないか聞いてみる ・誕生日には、気持ちのこもったプレゼントを贈る それぞれ小さな行為に思えますが、どれも気遣いと思いやりが表現された素晴らしい行動です。 気遣いも思いやりも、立派な愛情表現。 相手は「自分を大切にされている」と実感でき、喜んでくれるでしょう。 一つ一つが積み重なっていくことで、大きな愛を伝えられます。 相手への気遣いと思いやりは、半同棲にかかわらず、結婚してからの夫婦生活でも大切な心がけです。 半同棲に慣れても、気遣いと思いやりの行動だけは続けていきましょう。 気遣いと思いやりのある半同棲は、未来が明るいのです。 気遣いと思いやりのある行動を心がける。

20
★1

半同棲でも、恥じらいは必要。

半同棲では、恥じらいを忘れた行動をしがちです。 2人きりの時間が長くなればなるほど「別に見せてもいいよね」という気持ちが強くなるでしょう。 もちろんある程度なら自分の正直な価値観や生活習慣を見せていくのもいいでしょう。 せっかく半同棲をしているなら、ありのままの自分を見せることも必要です。 しかし、見せすぎないように注意してください。 下着だけで部屋の中を歩く。 2人の下着を一緒に洗う。 洗濯物を干すとき、まったく下着を隠さない。 パートナーの目の前で、メイク・美容パック・無駄毛処理をする。 使用済みの生理用品を、普通のごみ箱に捨てる。 これではいくら半同棲でも、魅力が半減します。 ある程度の生活感は仕方ありませんが、露骨に見せすぎるのも考えものです。 恥ずかしげもなく、現実を見せすぎると、異性としての魅力まで半減してしまうでしょう。 恋愛感情が冷めるのも早くなり、マンネリも加速するのです。 半同棲でも、恥じらいは必要です。 最低限の羞恥心は大切にしてください。 部屋の中では、最低限の衣類を身につける。 自分の下着は、自分で洗う。 下着は、見えにくいように干す。 メイク・美容パック・無駄毛処理は、相手の見えないところでする。 使用済みの生理用品は、きちんとサニタリーボックスに捨てる。 一つ一つは小さな心がけですが、異性としての魅力を維持するために大切な心がけです。 また半同棲を成功に導くための心がけでもあります。 半同棲でも、恥じらいを大切にした行動を心がける。

21
★0

共同生活において、我慢と諦めは、ネガティブよりポジティブに働く。

半同棲では、我慢と諦めも大切なポイントです。 「我慢」「諦め」と聞けば、ネガティブな印象を持つ人が多いのではないでしょうか。 我慢も諦めも、人生を悪い方向に導く悪習に思えます。 しかし、我慢や諦めがネガティブとは限りません。 共同生活において、我慢と諦めは、ネガティブよりポジティブに働きます。 我慢や諦めのない共同生活は、皆無と考えたほうがいいでしょう。 生まれも育ちも性格も違う2人が一緒に暮らしたとき、摩擦も違和感もなく暮らせることはありません。 価値観が違ったとき、無理やり自分の価値観を押し付けるのはよくありません。 価値観とは、生き方そのものです。 相手の生き方を尊重するため、我慢することも大切です。 時には、相手の不思議な生活習慣に驚いて、摩擦や違和感が生じることもあるでしょう。 幼いころから続いている生活習慣は、修正したくても難しいのが現実です。 本人が心地よいと感じている生活習慣を、自分が受け入れられないという理由だけでやめさせるのは厳しい注文です。 プライベートの侵害であり、暴挙な振る舞いと言えるでしょう。 相手の気持ちを考えるなら、生活習慣の改善を諦めることも大切です。 すべてを否定するのではなく、我慢と諦めをポジティブにとらえ、違和感を受け入れてみてください。 「個性の1つ」という考え方をすると納得しやすくなります。 完全に性格の一部となっていることは「修正不可能」と割り切って諦めることも美徳です。 心をコントールして、我慢と諦めが上手にできれば、半同棲は半分成功したも同然。 我慢と諦めは、円満な半同棲には欠かせないポイントなのです。 時には我慢と諦めも受け入れる。

22
★0

家事や節約を、頑張りすぎないこと。

半同棲では「頑張りすぎ」に注意しましょう。 もちろん真面目に家事や節約をこなす心がけはいいのです。 もともと半同棲は、だらけやすい生活になりやすい傾向があります。 家事や節約をサボりやすい。 ルールも役割分担も曖昧になりやすい。 正式な同棲ではないため、油断すると、すぐ生活が緩みます。 あまり生活が緩みすぎると、半同棲の破綻にもつながります。 半同棲を失敗させないためにも、きちんと家事をこなす姿勢は立派です。 しっかり家事をすれば、半同棲から結婚もスムーズになるでしょう。 しかし、頑張るのはいいですが、頑張りすぎには注意してください。 何もかも頑張ってしまうと、半同棲とはいえ、息切れしてしまいます。 いつも最高の料理を作るために頑張る。 ぴかぴかになるまで丁寧に掃除をする。 毎日欠かさず洗濯をする。 お金の節約も、あらゆる欲望を振り切り、厳しく心がける。 いくら半同棲とはいえ、頑張りすぎると、楽しみより苦しみのほうが増えるでしょう。 ストレスが増えてしまい、精も根も尽き果ててしまいます。 途中で燃え尽きる可能性があるのです。 家事を頑張るのはいいですが、頑張りすぎないようにしましょう。 目指したいのは「ほどほど」です。 常に最高の料理を作らなくても、普通の料理で十分です。 ぴかぴかになるまで掃除しなくても、気持ちよく生活できる程度の掃除でいい。 洗濯も、毎日するのではなく、数日に1回で間に合うでしょう。 節約も、常に心がけるのではなく、たまには贅沢をすることも大切です。 たとえ自分が行う家事にミスや失敗があっても、自分を責めません。 疲れたときは、いったん半同棲を中断するのも悪くありません。 頑張るのはいいですが、頑張りすぎないこと。 頑張りすぎないほうが、半同棲は長続きします。 家事も節約も、頑張りすぎないようにする。

23
★0

半同棲の公表は、なるべく控えるのが賢明。

半同棲の公表は慎重になりましょう。 恋人と一緒に暮らしていると、友達に話したくなるかもしれません。 自慢をして、うらやましがられたい。 同棲生活の幸せを話して、周囲からうらやましがられると、承認欲求を満足できるでしょう。 しかし、半同棲の公表は、信頼できる人を除き、なるべく控えておくのが賢明です。 信頼できる人に半同棲の悩みを相談するときならいいですが、自分からずけずけ話すのは注意したほうがいいでしょう。 安易に公表すると、思わぬ展開を招くことがあります。 理由は2つあります。 (理由1)半同棲に対する世間の評価が低い 一般的に半同棲に対する世間の評価は、あまり高くありません。 同棲ならまだいいのです。 期限付きと結婚前提の同棲なら、計画的で真面目な印象があります。 結婚に向けて歩んでいる印象があるので、周囲から応援されることが多いでしょう。 しかし、半同棲の場合は、世間からは「遊び感覚」という目で見られる傾向があります。 半同棲を「恥ずかしい行為」と考える人は一定数存在します。 普通に公表しただけのつもりが、思わぬ誤解をされるのは不本意でしょう。 疑わしく思われるならまだいいほうで、時には非難や悪口を言われることもあるため、注意が必要です。 (理由2)トラブルに波及することがある 半同棲を自慢することで、思わぬトラブルに波及する場合があります。 たとえば、会社の上司に知られて、交通費の支給が変更になる可能性があります。 パートナーの親にばれて、大きな話に発展することもあるでしょう。 パートナーのプライバシーが外部に漏れて、2人の関係にひびが入ることもあります。 むやみに公表をすると、人づてに話が伝わります。 噂は、デリケートな内容ほど、伝わるのが早い特徴があります。 半同棲の公表は、人を選んで、十分注意しておく。

24
★0

以心伝心にも限界がある。
何から何まで「言わなくても分かる」で済ませない。

半同棲が長く続くにつれて、お互いの理解が深まっていきます。 最初は驚いた価値観や生活習慣の違いも、しばらく経つと慣れてきます。 半同棲を通して、お互いの私生活が分かることで、より深く理解ができるでしょう。 最初は慣れなくても、ある程度時間が経つと、同じことの繰り返しになります。 すると、言わなくても分かることがだんだん増えてきます。 言わなくても、私の習慣を分かってくれる。 言わなくても、考えていることを察してくれる。 もちろん以心伝心ができるのは、素晴らしいこと。 以心伝心は、深く理解し合っているからこそ可能になるコミュニケーションです。 日常の軽微な範囲なら、以心伝心に頼るのもいいでしょう。 分かりきったルールをいちいち確認すると、煩わしさが目立ち、現実的ではありません。 しかし、何から何まで「言わなくても分かる」で済ませるのはよくありません。 以心伝心に頼りすぎると、コミュニケーションが不足して、誤解・すれ違いを招きやすくなります。 たとえば、感謝を伝えるとき「言わなくても分かる」で済ませるのはよくありません。 きちんと「ありがとう」と言葉に出して伝えるようにしましょう。 感謝は、どんなに2人が深い関係になったとしても必要な習慣です。 たとえ結婚して夫婦になったとしても、感謝だけはきちんと言葉に出して伝えることが大切です。 折り入って伝えたいことがあるとします。 このときも「言わなくても察してくれる」で済ませるのはよくありません。 きちんと言葉で伝えないと、思っているだけでは相手に伝わりません。 大事なことであればあるほど、以心伝心に頼らず、きちんと言葉に出して伝えましょう。 コミュニケーションの過度の省略は、関係悪化を招く原因になります。 何でも以心伝心に頼るのではなく、重要なことであればあるほど、言葉に出して伝えることが大切です。 何から何まで「言わなくても分かる」で済ませるのではなく、大事なことはきちんと言葉に出して伝える。

25
★0

原則として、半同棲では自宅に友達を招かないのが無難。

半同棲では、自宅に友達を招かないほうがいいでしょう。 同棲ならまだいいのです。 同棲なら、あくまで2人の生活環境です。 ルールや役割分担を決め、生活費も折半しているなら、半分は自分の環境と言えるでしょう。 もちろん同棲でも無断で友達を呼ぶのはよくありませんが、事前にパートナーの許可があれば、許容範囲内と言えるでしょう。 しかし、半同棲の場合は違います。 住まわせてもらっている立場なら、あくまで相手の生活環境です。 相手に迷惑をかけながら住まわせてもらっている状態なので、友達を呼ぶのはずうずうしいと言えるでしょう。 友達が自分の知っている人でも、他人が部屋に入ってこられるのは抵抗があるもの。 たとえ住まわせている立場であっても、友達を呼ぶには、あまりに余裕のない環境と言えるでしょう。 2人でさえ狭い部屋に友達を招く余裕はほとんどないはずです。 生活費を折半していたとしても、油断は禁物です。 プライバシーやセキュリティーの問題もあるため、安易に呼ぶのはリスクがあります。 自分の部屋だと思い込んで、身勝手な判断や振る舞いをしていると、トラブルを招く原因になります。 原則として、半同棲では自宅に友達を招かないのが無難です。 ただし、例外もあります。 人間関係の輪を広げたい場合もあるでしょう。 半同棲でも、部屋の間取りに十分な余裕がある場合もあるでしょう。 相手から「自宅に呼んでもよい」という許可があれば、その限りではありません。 半同棲の場合、自宅に友達を招かないようにする。

26
★0

風邪を引いたとき、どうするか。

半同棲中に難しいのは、風邪を引いたときです。 半同棲中、風邪を引くことがあるでしょう。 自分が風邪を引くこともあれば、相手が風邪を引くこともあります。 普通に考えるなら「風邪を引いたら、治るまでは半同棲を中断」と思うかもしれません。 都合が悪くなったとき、すぐ中断できるのは、半同棲のメリットの1つです。 ところが、実際にその状況になると、意外と判断に悩む場合が少なくありません。 「看病をするため一緒にいたい。こういうときこそ、一緒にいてあげたい」と思う人もいるでしょう。 体調が悪いときこそ、献身的に看病をすれば、一気に心の距離を近づけるチャンスになります。 一方、風邪を移されたくないから、しばらく半同棲を中断させたい人もいるでしょう。 2人とも風邪を引くと、ぶり返しやすくなるため、完治まで長引く可能性があります。 看病をするため半同棲を続けるべきか。 風邪を移されたくないから、しばらく半同棲を中断すべきか。 どちらも自由に選択できる半同棲だからこそ、かえって悩ましい問題なのです。 結論から言うと、ケース・バイ・ケースです。 風邪を移されてもいいのか、移されたくないのかで、対処が変わります。 ●看病をしに行く場合 「風邪を移されてもいいから、そばで看病をしたい」という人もいるでしょう。 看病をしに行くなら、風邪を移されない工夫をしておくのがいいでしょう。 たとえば、マスクを着用したり、うがいや手洗いをしたりなどです。 移される可能性をゼロにはできませんが、注意することならできます。 「看病をしに行くが泊まるのは避ける」という中間で対処するのも、1つの方法です。 相手が弱っているときこそ、献身的に看病をすれば、絆や愛情を深める機会になります。 ●半同棲を中断する場合 試験や試合など、近日中に大事なイベントがあって、絶対病気を避けたい場合もあるでしょう。 進路や進学に影響する場面では、慎重になる必要があります。 確実に病気を避けたいなら、相手の理解を得た上で、完治するまで半同棲を中断させるのも英断です。 「本当は看病に行きたいが、大切な時期なので分かってほしい」 丁寧に事情を説明すれば、きっと理解してもらえるでしょう。 一緒にいたい気持ちがあったとしても、我慢も必要です。 しばらく会わない時間を作ったほうが、恋愛感情を長く保つコツになります。 風邪を引いたときは、状況に応じて対処を考える。

27
★0

半同棲が相手の親にばれたとき、どうするか。

半同棲中、相手の親にばれることがあります。 ばれる状況はさまざまです。 ・相手の親が、急に自宅を訪問してきた ・相手が口を滑らせて、親に話してしまった ・第三者が、相手の親に連絡をした 親に挨拶を済ませているなら問題ありませんが、半同棲では、挨拶が省いて行われる傾向があります。 半同棲の場合、親への挨拶は任意ですが、いざばれると、印象がよいとは言えません。 ここでどうするかがポイントです。 まず相手の親に半同棲がばれたら、きちんと事情を説明するのが得策です。 その場から逃げたり、対話を拒んだりするのは、ますます悪印象です。 中途半端な状態で交際を続けていると思われると「けじめのない人物」「遊び感覚の生活」と誤解されます。 いざ正式に結婚をする際、こじれる場合があります。 ばれてしまえば、覚悟を決めて、きちんと説明するのがいいでしょう。 親と会えるなら、時間を決めて会いに行き、きちんと事情を説明します。 親と会うことが難しいなら、せめて電話で事情を説明しておくのがマナーです。 いずれも「覚悟を決めてきちんと説明する」という点は共通です。 事後連絡にはなりますが、少しでも好印象を持ってもらうため、親と向き合う姿勢が大事です。 とりあえず悪く誤解されないよう、きちんと事情を説明することが大切です。 親に挨拶をしたからとはいえ、必ず結婚しなければいけないわけではないため、安心してください。 きちんと説明しておきたいポイントは、次の3つです。 (1)交際相手として、ときどき泊まらせてもらっていること (2)遊びの気持ちで半同棲しているわけではないこと (3)2人で協力しながら、生活をしていること 親と話をするとき「同棲」や「半同棲」という言葉は禁句です。 「同棲」や「半同棲」という言葉に、ネガティブな印象を持つ親もいます。 「ときどき泊まらせてもらっている」「ときどき一緒に生活している」などの表現がいいでしょう。 大切なことは、誠意を見せること。 きちんと事情を説明することで、状況を理解してもらえるよう心がけることが大切です。 相手の親にばれたら、覚悟を決めて、きちんと事情を説明する。

28
★0

喧嘩をしたら、すぐ解消するより、まず冷却期間。

半同棲中に、喧嘩をすることもあるでしょう。 価値観の押し付けや不快な生活習慣だけとは限りません。 態度や言葉遣いが悪くて、相手を不快にさせることもあるでしょう。 嘘をつかれることもあれば、裏切られることもあるでしょう。 不快な出来事が起これば、感情的になって、喧嘩に発展することもあるはずです。 喧嘩をしたとき、すぐ半同棲を解消したくなるかもしれませんが、ちょっと待ってください。 理性と自制心を失っているときは、本当の自分ではありません。 勢いに任せて、半同棲を解消すると、後悔する可能性があります。 では、どうするか。 喧嘩をしたら、まず冷却期間を置きましょう。 こういうときこそ、半同棲のメリットが生かせる場面です。 いざとなったとき、自分の生活拠点に戻ることができます。 緊急事態が発生したとき、お互いに自分の生活拠点があるのは、半同棲ならではのメリットです。 半同棲を中断して、しばらく会わない時間を作ると、だんだん気持ちが落ち着いてくるでしょう。 冷静になれば「つまらないことで喧嘩をしていたな」と気づくこともあるでしょう。 自分が間違っていたことに気づくこともあるはずです。 時間は、あらゆる興奮を静める特効薬。 時間を置くことで、自分の反省を促したり、言動を改善したりすることもできるようになります。 正常な思考状態に戻れば、正常な関係にも戻りやすくなるのです。 喧嘩をしたら、すぐ解消するより、まず冷却期間を置くようにする。

29
★0

半同棲を解消するときの3つのポイント。

すべての半同棲が幸せな結果を迎えるとは限りません。 中には、悲しい結果に終わることもあるでしょう。 半同棲を通して相手と相性を確認した結果「結婚できない」と判断したら、解消です。 半同棲の解消は、一般的な同棲の解消より容易ではありますが、油断は禁物です。 半同棲であっても、いいかげんな解消の仕方をすると、やはりこじれることがあります。 引き際が肝心です。 半同棲を解消するなら、次の3つのポイントを心がけましょう。 (ポイント1)まず落ち着いて話し合う 喧嘩であろうと何であろうと、感情的になって、急な解消はよくありません。 ある日突然いなくなったり、荷物を持って急に家を飛び出したりするのは、できるだけ避けたい終わり方です。 暴力や虐待など緊急性がある場合を除いて、半同棲の解消は、冷静な話し合いから始めるのが得策です。 2人の余裕があるタイミングに、半同棲を解消したいことを伝えましょう。 いきなり話し始めるのではなく、きちんと話し合いの場を設けて伝えるほうがいいでしょう。 「とにかく半同棲を解消する」と自分の主張だけ言い張るのではなく、丁寧に事情を話した上で解消したい旨を伝えましょう。 相手が納得してくれなくても、冷静を保って話を続けます。 別れ際がこじれると、生活費の日割り計算などの話し合いがしにくくなるだけでなく、嫌な思い出までできてしまいます。 きちんと理由を説明して、相手の同意を得てから、半同棲の解消をするのが得策です。 (ポイント2)所有物や生活費の計算の話し合いをする 半同棲の解消で重要なのが、お金に関することです。 家賃や水道光熱費など、お金を出さないまま同棲解消をするのはよくありません。 きちんと金額を計算して、必要な支払いを済ませた上で同棲を解消するようにします。 もし2人でお金を出し合って購入したものがあるなら、どちらが引き取るか話し合いましょう。 ペットに関しては、命を持った生き物なので、慎重に話し合ってください。 (ポイント3)最後は必ず感謝を伝える 原因が何であれ、最後はきちんと感謝を伝えてから終わりにしましょう。 最後に暴言を吐いたり悪態をついたりするのは、社会人としてふさわしくない態度です。 短い期間であっても、幸せな半同棲生活を築けたのは事実です。 たとえ喧嘩をして険悪な仲になっていたとしても、最後はきちんと感謝を伝えるのが礼儀です。 今までのことに感謝を伝えてから別れると、余韻のよい終わり方ができます。 半同棲を解消するときのポイントを抑えておく。

30
★0

半同棲の中途半端を正すには、正式な同棲をするのが近道。

半同棲では、中途半端な状態になりがちです。 現実として半同棲は「遊び感覚」「泊まりに行く感覚」に陥りやすい特徴があります。 もちろん意識の高いカップルなら、半同棲でもしっかりできるでしょう。 きちんとルールを決めて、生活費も出し合い、2人が力を合わせて協力すれば、半同棲でもうまくいきます。 半同棲から結婚できたカップルも数多く存在しています。 しかし、すべてのカップルがきちんとできるとは限りません。 「泊まりに行く感覚が抜けない」 「どうしても遊びの気持ちになってしまう」 「役割分担が曖昧」 「お金のルールも中途半端」 「結婚の話をしたくても、なかなか真剣に向き合ってくれない」 気持ちといい状態といい、中途半端なのは、気持ちよくありません。 何もかも中途半端になると、恋人関係まであやふやになります。 きちんとしたくても、中途半端な状態がなかなか改善しない悩みも多いのではないでしょうか。 もし半同棲の中途半端な状態に限界を感じたら「ある解決策」があります。 半同棲の中途半端な気持ちを正すなら、正式な同棲をするのが近道です。 半同棲の途中からでも、正式な同棲に移行ができます。 2人で新しい部屋を見つけ、引っ越しをして、一緒に暮らし始めます。 完全な同棲に移行すれば、遊び感覚や泊まりに行く感覚が消え、真面目な感覚が強くなるでしょう。 完全に2人の生活環境になるため、お金の折半もしやすくなります。 ルールも役割分担も、きちんと決めやすくなります。 形式がしっかりすれば、生活費の問題も曖昧な役割分担も、一気に解決するはずです。 同棲と半同棲を比較したとき、結婚にステップアップしやすいのは、やはり同棲です。 半同棲という形式に限界を感じたなら、同棲への移行を1つの選択肢として検討してみてください。 このままではよくないと思ったら、早めに相談を持ちかけるのが得策です。 半同棲の中途半端を正したいなら、正式な同棲に移行する。

同じカテゴリーの作品