人生の教科書



読み上げ動画・音声
同棲
同棲に抵抗があるなら、半同棲から始めるのも悪くない。
同棲
半同棲の主導権は、原則として部屋の契約者にある。
同棲
半同棲の5のメリット。
同棲
半同棲は、賃貸契約違反に要注意。
同棲
半同棲の公表は、なるべく控えるのが賢明。
同棲
半同棲でも、恥じらいは必要。

半同棲がける
30マナー注意点

お気に入り0 読んだ
30

半同棲中途半端すには、
正式同棲をするのが近道

同棲では、中途半端な状態になりがちです。

現実として半同棲は「遊び感覚」「泊まりに行く感覚」に陥りやすい特徴があります。

もちろん意識の高いカップルなら、半同棲でもしっかりできるでしょう。

きちんとルールを決めて、生活費も出し合い、2人が力を合わせて協力すれば、半同棲でもうまくいきます。

半同棲から結婚できたカップルも数多く存在しています。

しかし、すべてのカップルがきちんとできるとは限りません。

  • 「泊まりに行く感覚が抜けない」

  • 「どうしても遊びの気持ちになってしまう」

  • 「役割分担が曖昧」

  • 「お金のルールも中途半端」

  • 「結婚の話をしたくても、なかなか真剣に向き合ってくれない」

気持ちといい状態といい、中途半端なのは、気持ちよくありません。

何もかも中途半端になると、恋人関係まであやふやになります。

きちんとしたくても、中途半端な状態がなかなか改善しない悩みも多いのではないでしょうか。

もし半同棲の中途半端な状態に限界を感じたら「ある解決策」があります。

半同棲の中途半端な気持ちを正すなら、正式な同棲をするのが近道です。

半同棲の途中からでも、正式な同棲に移行ができます。

2人で新しい部屋を見つけ、引っ越しをして、一緒に暮らし始めます。

完全な同棲に移行すれば、遊び感覚や泊まりに行く感覚が消え、真面目な感覚が強くなるでしょう。

完全に2人の生活環境になるため、お金の折半もしやすくなります。

ルールも役割分担も、きちんと決めやすくなります。

形式がしっかりすれば、生活費の問題も曖昧な役割分担も、一気に解決するはずです。

同棲と半同棲を比較したとき、結婚にステップアップしやすいのは、やはり同棲です。

半同棲という形式に限界を感じたなら、同棲への移行を1つの選択肢として検討してみてください。

このままではよくないと思ったら、早めに相談を持ちかけるのが得策です。

半同棲で心がけるマナーと注意点 その30

  • 半同棲中途半端したいなら、
    正式同棲移行する
まとめ

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品