人生の教科書



同棲
風邪を引いたとき、どうするか。
同棲
同棲を始めて最初の1カ月は、我慢の時期と心得る。
同棲
同棲の9つのメリット。
同棲
住民票を世帯別に登録していても、会社に同棲がばれるケースもある。
同棲

同棲を始めたらすぐ取り組みたい
30のこと

  • お互いとも同棲の初心者。
同棲を始めたらすぐ取り組みたい30のこと

もくじ

1
★0

お互いとも同棲の初心者。

同棲をするからには「100点」を目指したいでしょう。 トラブルを1つも起こさず、スムーズな同棲を実現させたいと思うでしょう。 もちろんお互いとも過去に同棲を経験したことがあるなら、ある程度スムーズにいくでしょう。 一度経験したことがあるなら、二度目は失敗を避けやすくなります。 しかし、お互いとも同棲が初めてなら「お互いとも同棲の初心者」という意識が大切です。 初めて取り組む経験なら、思いどおりにいかないことがあって普通です。 最初から100点を目指すのは立派な心がけですが、実際は非現実的です。 初めて取り組む経験なら「手探り」や「チャレンジ」といった状態になるはずです。 同棲の基本的な心得も注意点も分からないでしょう。 ルールや役割分担のポイントが分からず、困ることもあるでしょう。 どうしていいか分からなくて、あたふたすることもあるでしょう。 時には喧嘩をすることもあるでしょう。 そんなときこそ「お互いとも同棲の初心者」という言葉を思い出したい。 お互いとも初心者マークをつけたドライバーのようなもの。 初めて経験することなら、ぎこちないこともあって当然です。 心がけや注意点が分かっていないのも普通。 思いどおりにいかないことがあるのも普通。 時には喧嘩をするのも普通。 「お互いとも同棲の初心者だから仕方ないよね」 大きな気持ちで同棲を始めたほうが、心に余裕が持てます。 いらいらすることがあっても「そういうこともあるよね」と思えるはずです。 「パートナーに迷惑をかけることがあるだろう」という謙虚な気持ちにもなれるはずです。 だから、あまり自分を追い込まないでください。 無理をせず、マイペースで同棲を続けましょう。 お互いとも同棲の初心者なのですから。 お互いとも同棲の初心者であることを意識しておく。

2
★0

同棲を始めて最初の1カ月は、我慢の時期と心得る。

同棲は、生活が一変する出来事です。 住む場所も、生活環境も、生活サイクルも大きく変わります。 生まれも育ちも異なる男女が一緒に暮らし始めると、価値観や生活習慣の違いに驚くでしょう。 いくら相性のよい2人であっても、別々で暮らすのと一緒に暮らすのとでは、事情が異なります。 ストレスを感じることが多く、いらいらすることも多いはずです。 思うようにいかなくて、いらいらすることもあるでしょう。 幻滅することもあれば、失望することもあるでしょう。 すれ違うこともあれば、対立することもあるでしょう。 最初はストレスが多くて、苦しい同棲に感じるかもしれません。 同棲に違和感が多いと、別れや同棲解消という悪い考えを浮かべてしまうこともあるでしょう。 しかし、大変であっても、1カ月も経たないうちに同棲を解消するのは注意が必要です。 始めたばかりのころは、お互いが不慣れなのです。 価値観も生活習慣も、まだお互いとも、ペースがつかめていないだけかもしれません。 今までにない経験なので、大げさに感じているだけかもしれません。 同棲を始めて最初の1カ月は、我慢の時期と心得てください。 同棲の山場は最初にあります。 ストレスが多くて大変であっても、ひとまず我慢を貫いてください。 耐えて、耐えて、また耐える。 本当に相性を確かめるには、しばらく様子を見ることが必要です。 人間は慣れる生き物です。 最初は違和感のあった価値観や生活習慣も、だんだん慣れてきて、ストレスが軽くなるでしょう。 時間が経つにつれて、お互いちょうどよい接し方や距離感がつかめてくるでしょう。 同棲を始めて最初の1カ月は、我慢の時期。 ひとまず1カ月は続けましょう。 最初の1カ月を乗り越えれば、同棲生活もだいぶ落ち着いているはずです。 同棲を始めて最初の1カ月は、大変であっても、ひとまず我慢を貫く。

3
★0

立場や年収が違っても、同棲の主役は、あくまで2人。

同棲を始めるにあたり、まず同棲の主役を考えましょう。 同棲の主役は誰でしょうか。 主役と聞けば「権限や経済力のある人がなるもの」という印象があるかもしれません。 体力のある人・発言力が強い人・家事能力が高い人がなるものと考える人もいるでしょう。 たしかに力が大きく偏っていると、ギャップが生まれ、自然と上下関係が生まれやすくなります。 立場の高い人のほうが主役と考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、いずれも誤解です。 立場や年収が違っても、同棲の主役は、あくまで2人です。 同棲は、2人が存在してこそ実現する生活だからです。 1人で生活するなら、一人暮らしと同じです。 2人で支え合い、助け合ってこそ同棲が成り立ちます。 そのため、ルールも家事も、2人が分担してこなすことが大切です。 大きな決断が必要な場面では、独断は避け、前もって相談が必要です。 困難がやってきたときも、1人ではなく、2人で協力して越えるようにします。 2人が話し合って、納得して決めていくから、2人らしい同棲が実現できます。 一方が生活費を全額支払っていたり、家事をすべて賄っていたりしても、主役は2人であることに変わりありません。 「同棲の主役は2人」という認識が欠けているなら、あらためて意識合わせをしておきましょう。 「どんなときも2人で一緒に頑張っていこう」という一言で、気持ちを1つにできるでしょう。 仮に主役が偏っているなら「2人が主役」という状態になるよう調整しましょう。 「同棲の主役は2人」という意識を共有できれば、お互いに責任感が生まれ、自発的な行動を促せます。 同棲のモチベーションも高まり、意欲的に家事を取り組めるようになります。 悩みもトラブルも、常に同棲の主役は2人であることを意識しながら解決していきましょう。 「立場や年収が違っても、同棲の主役は2人」という意識を共有する。

4
★0

引っ越ししたら、ご近所に挨拶をしよう。

引っ越ししたら、ご近所に挨拶をしましょう。 昔に比べると人間関係が希薄になりました。 ご近所付き合いを嫌煙しているためか、引っ越し後の挨拶をする人も減りました。 たしかにご近所への挨拶は義務ではありません。 アパートの家賃を払っていれば、挨拶がなくても問題なく住めます。 わざわざ挨拶をしなくても、廊下でばったり会ったとき、自然と知り合うこともあるでしょう。 「自分はご近所付き合いをしないから関係ない」と最初から決めている人もいるはずです。 挨拶が面倒で、省きたくなる人も多いのではないでしょうか。 しかし、ご近所付き合いがあってもなくても、できるだけ挨拶をしておくほうがいいでしょう。 アパートでもマンションでも、隣に誰かが引っ越してくると、気になります。 隣に人が住んでいれば、自動的にご近所付き合いが始まることがあるでしょう。 いきなり見ず知らずの人が、何の挨拶もなく住み始めると、お互いが少し不安です。 不安を少しでも解消するためだけでなく「顔を見せる」という意味でも、一言でも挨拶をしておくほうがスムーズです。 スムーズに新生活を始めたいなら、挨拶は無駄になりません。 長々と挨拶をする必要はなく、一言の簡単な挨拶で十分です。 「先日から隣に引っ越してきた○○と申します。お騒がせすることもあるかもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします」 時間にして1分程度でしょう。 この一手間があるかないかで、今後のご近所付き合いの成り行きが決まると言っても過言ではありません。 「隣の人と挨拶ができた」と分かるだけでも、精神的な不安が小さくなります。 新生活を気持ちよく始められるでしょう。 どの部屋まで挨拶をするかは状況にもよりますが、最低でも両隣の部屋は挨拶の対象です。 もちろん余裕があれば、同じ階の人たちすべてに挨拶することも悪くありません。 ご近所付き合いは、第一印象が大切です。 第一印象がよければ、ご近所付き合いもスムーズに始められるでしょう。 引っ越ししたら、ご近所に挨拶をする。

5
★0

余った家具や生活用品は、すぐ処分しないほうがいい。

別々のアパートに住んでいたカップルが同棲を始める際、家具や生活用品が余るときがあります。 炊飯器やトースターが2つあっても仕方ありません。 鍋やフライパンが2つあっても、使うのは1つだけでしょう。 大きなテーブルが2つあるのは便利ですが、部屋の広さに限りがあるため邪魔になります。 2つを平行して使う用事がないかぎり、基本的には余分でしょう。 部屋のスペースも限られているため、どちらか一方を処分しようと考えるかもしれませんが、ちょっと待ってください。 このとき注意したいことがあります。 すぐ処分するのは避け、しばらく実家で保管しておくことをおすすめします。 後から必要になるかもしれないからです。 たとえば、使っている家電や家具が急に壊れることもあるでしょう。 あるいは同棲の結果、別れや同棲解消になることもあるでしょう。 そうした事態になったとき、足りないものは買い直さなくてはなりません。 買い直すお金や手間暇がかかり、生活費が苦しくなるでしょう。 家電や家具は高価なものもあるため、ものによっては、買い直すのは大きな出費になるはずです。 急な破損や同棲解消に備えるのは、縁起が悪く思えますが、実際にあり得る話です。 「絶対大丈夫」と思っていても、いざ一緒に暮らし始めてみると、思わぬ事情が発生することは珍しくありません。 こうした不測の事態に備え、余った家具や生活用品は、しばらく実家に保管しておくのが賢明です。 完全に必要ないものなら処分してもいいですが、必要になる可能性があるなら、念のため実家に保管しておくほうが安心です。 家具や生活用品を実家に移動する際、配送料がかかる場合もありますが「保険料」として考えれば安いものです。 常に万一を考えながら行動することで、後悔を減らせます。 慎重な判断と計画的な行動は、親も感心してくれるはずです。 余った家具や生活用品は、万一に備え、しばらく実家に保管しておく。

6
★0

ごみに関するルールは、早めに話し合っておこう。

生活をしていると、毎日欠かさず出てくるもの。 それは、ごみです。 ごみは待ってくれません。 普通に生活をしているだけで、毎日何らかのごみが出ます。 ごみをまったく出さない生活は理想的ですが、現実では困難です。 ましてや2人が一緒に暮らす同棲なら、ごみの量も2倍に増えるでしょう。 ごみのルールが決まっていないと、毎日増えるごみの処理に困り、部屋が散らかる原因になります。 ごみの問題を放置しておけば、ほんの数日で部屋はごみの山になるでしょう。 もちろん異臭・悪臭の原因にもなります。 ごみは、生活に直結する問題であるため、曖昧や中途半端にできないところ。 そのため、ごみに関するルールは、早めに話し合っておくようにしましょう。 ごみに関するルールは、意外とたくさんあります。 ・ごみ箱を置く場所 ・ごみ袋の種類 ・ごみを捨てるタイミング ・たまったごみの保管場所 ・生ごみの処理方法 ・ごみ出しの当番 ・ごみの処理の仕方 ・粗大ごみの出し方 ごみの分別についても見逃せません。 ごみの正しい分別は、廃棄物の減量につながる取り組みです。 2人とも最初から正しく分別ができていればいいですが、どちらかの分別が間違っていることもあるでしょう。 燃えないごみを燃えるごみにしたり、燃えるごみを燃えないごみにしたりです。 パートナーの分別が間違っているなら、早めに指摘しておくのがベターです。 最初に指摘しておかないと、後になればなるほど言いにくくなります。 ごみの分別基準も、地域によって異なる場合があるため、確認が必要です。 毎日何らかのごみが出るため、早めに話し合っておくのがベターです。 ごみに関するルールは、できれば同棲の初日から話し合っておきたい。 お互いの考えがぶつかるかもしれませんが、生活に必要な基本ルールの1つ。 ごみに関するルールがきちんと決まると、快適な生活に近づけます。 ごみに関するルールは、早めに話し合っておく。

7
★0

譲れないことがあれば、前もって伝えておくとスムーズ。

同棲では譲り合いの精神が大切です。 理想としては、どんなことでも譲れる状態にしておけばいいでしょう。 わがままや自己主張が多いと、同棲生活は長続きしません。 自分が気にしないことなら、快く相手に譲ったほうが、余計な衝突やトラブルも避けることができます。 しかし人には、譲れないことが1つや2つあるのが普通です。 譲れないことが1つもあってはいけないと思いますが、実際は難しい。 こだわりやプライドなど、価値観に関することもあるでしょう。 病気やアレルギーなど、体質に関することもあるでしょう。 そもそも生理的に受け付けないこともあるかもしれません。 譲れないことがあるのは仕方ありません。 大切なことは、譲れないことの伝え方です。 譲れないことがあれば、前もって伝えておくとスムーズです。 たとえば「趣味だけは邪魔されたくない」というこだわりがあるとします。 「趣味に関しては1人にさせてほしい」と伝えておけば、相手はあなたの考えを尊重してくれるはずです。 アレルギー体質の関係で、食べられない食材もあるでしょう。 敏感肌の都合で、専用のタオルを使わなければいけない場合もあるでしょう。 余計な誤解をされないためにも、事情があるなら、前もって伝えておくと安心です。 「これだけは譲れない」とシンプルに伝えるより、譲れない理由も添えて説明すると、パートナーも納得しやすくなります。 丁寧に理由を説明すれば、相手も快くうなずいてくれるでしょう。 ただし、譲れないことは多くなりすぎないよう注意してください。 譲れないことがたくさんあると、生活が条件や制限ばかりになり、窮屈になります。 譲れないことを伝えるなら、本当に重要なことに絞って伝えるのが賢明です。 譲れないことがあれば、前もって伝えておく。

8
★0

家事の役割分担は、同棲の最も大事な作業の1つ。

同棲を始めたら、まず家事の役割分担を決めましょう。 名付けて「家事の役割分担会議」です。 役割分担を決めるプロセスは、同棲の最も大事な作業の1つであり、避けては通れません。 「できる人がすればいい」 「気づいた人がすればいい」 「いちいち決めなくても何とかなる」 安易な考え方はよくありません。 同棲は、2人の協力によって成り立つ生活です。 きちんと家事の役割分担を決めないと、同棲生活が混乱するのは間違いありません。 不公平な偏りが生まれ、不満とストレスの多い生活になるでしょう。 役割分担すら決められないと、同棲生活だけでなく、今後の結婚生活も先行きが怪しくなります。 そのため同棲を始めたら、役割分担の話し合いが欠かせません。 家事といえば、炊事・洗濯・掃除の3つが代表的ですが、ほかにもたくさんあります。 買い物・ごみ出し・食器洗い・アイロン掛け・裁縫・布団干し・クリーニング。 雪国なら、除雪が必要になることもあります。 地域によっては、回覧板を回すところもあります。 こうしたことは、きちんと決めておかないと、揉める原因になります。 小さな家事は、そのときに決めてもいいですが、大きな家事は早めに決めておくのが得策です。 役割分担だけでなく、当番制にするのか輪番制にするのかも決めておきましょう。 きちんと家事の役割分担が決まると、自分がするべき仕事が明確になります。 無駄な対立も喧嘩も減り、同棲のストレスが減ります。 家事の役割分担は、曖昧にせず、きちんと話し合って決める。

9
★0

同棲のルールは、多いより少ないほうがいい。

同棲のルールは、多いほうがいいのか、少ないほうがいいのか。 正解は明らかです。 同棲のルールは、多いより少ないほうがベターです。 「同棲のルールは、増やさなければいけない」と思っているなら要注意です。 もちろん必要なルールは、きちんと決めなければいけません。 役割分担や家事の仕方は不可欠なルール。 特に生活費や貯蓄といったお金に関するルールは、曖昧にせず、はっきり決めておく必要があります。 同棲に欠かせないルールは、きちんと話し合って決めておくことが大切です。 ルールを決めておけば、いちいち悩んだり話し合ったりする手間暇が省けます。 適度なルールが、快適な同棲に役立つのは間違いありません。 しかし理想を言えば、同棲のルールは、多いより少ないほうがいいのです。 ルールは、便利である反面、多すぎると制限になります。 ルールに縛られた同棲は、誰にとっても窮屈です。 「自由が制限される」「自主性を妨げる」「疲れやすくなる」など、同棲に悪影響を与えることがあります。 ルールを作るなら、むやみに増やすのではなく、なるべく必要最小限を心がけましょう。 少ないルールの中で生活するほうが、お互い行動しやすくなって快適です。 ルールによる制限や不自由が少なくなる上、お互いの自主性を高められるでしょう。 時には、あえて決めないことも選択肢です。 たとえば「細かいことは気づいた人がする」ということにしておけば、ルールの数を減らせるでしょう。 のびのび快適に過ごせる生活のほうが、ストレスが減ります。 笑顔の数も増えます。 現実においても、同棲が成功したカップルには「同棲のルールが少ない」という特徴が目立ちます。 ルールをゼロにするのは困難ですが、多くなりすぎないように注意してください。 ルールは、むやみに増やすのではなく、なるべく必要最小限に抑える。

10
★0

仲直りのルールは、喧嘩が起こる前に決めておくほうがいい。

同棲のルールでは、生活しながら決めようと思うものがあります。 同棲では、想定外も数多くあります。 そのときになってみないと分からない状況も多いため、前もって決めにくいルールがあるのも事実。 もちろん細かいルールは、その都度決めれば間に合うでしょう。 しかし、たとえ状況が分からなくても、前もって決めておくほうがいいルールがあります。 「仲直りのルール」なのです。 仲直りのルールは、その都度決めるのではなく、前もって決めておくのが賢明です。 喧嘩をしてから考えればよいと思っても、実際はなかなかうまくいかないことが多い。 いざ喧嘩で不仲になると、ぴりぴりした険悪な雰囲気が漂います。 2人の間に溝ができ、面と向かって話し合うのは難しい。 抵抗感や嫌悪感が強い状況の中、冷静に話し合ってルールを決めるのは困難です。 喧嘩が始まってから仲直りのルールを決めようと思っても、なかなか難しいのが現実なのです。 そのため同棲を始めたら、早めに仲直りのルールを決めておくのが得策です。 仲直りのルールを決めておけば「喧嘩をしたら仲直りをする」という意識合わせもできます。 仲直りのルールは、喧嘩をしてから決めるのではなく、喧嘩が起こる前に決めるから意味があります。 ▼仲直りのルールの例 ・喧嘩をしても、食事のときは一緒に食べること ・不仲になっても、同じベッドで一緒に寝ること ・2人にトラブルが起これば、お互い誠意をもって友好的に話し合い、きちんと解決すること ▲ ルールは、2人の愛情や恋愛に関する内容がいいでしょう。 前もって仲直りのルールを作っておけば、いざ喧嘩をして仲が悪くなっても、仲直りしやすくなります。 本当にルールが守られるかは2人次第ですが、少なくとも、ないよりあったほうがいいのは間違いありません。 喧嘩が起こったときの目安程度・参考程度にはなるはずです。 「ルールを守らなければいけない」という気持ちが少しでも強くなれば、喧嘩の後の仲直りもスムーズになります。 仲直りのルールは、喧嘩が起こる前に決めておく。

11
★0

契約者の決め方は軽視できない。
契約者をどちらにするか、きちんと話し合っておく。

同棲で話し合っておきたいのは、生活費の折半だけではありません。 見落としがちなのは「契約者をどちらにするか」という問題です。 「お金を支払う人」と「契約をする人」は別問題です。 支払うのは折半でも、契約者はどちらか1人を決めなければいけません。 「どちらでもいいではないか」と思うかもしれませんが、油断できません。 後から問題に発展する可能性があるため、軽視できない課題です。 想定したいのは「別れのとき」です。 もし別れることになって同棲を解消することになれば、契約変更が必要です。 別れるとき、スムーズにいくとはかぎりません。 大喧嘩をして、部屋から飛び出していくように同棲が解消されると、契約変更の手続きも苦労します。 契約者の変更は、契約者本人が行うのが基本です。 別れ方によっては「話したくない。会いたくない。顔すら見たくない」という状況になるかもしれません。 お互い接触したくない状況になれば、契約者の変更手続きに苦労します。 場合によっては、相手の家族にお願いしなければいけない状況も考えられます。 賃貸の契約だけでなく、水道・ガス・電気・電話・インターネットなど、数多くの契約変更が必要になると手間暇もかかります。 口座振替の場合、契約変更がスムーズにいかなければ、別れてからも契約者の口座からお金を引き落とされ続けます。 すると今度は、お金のトラブルに発展するのです。 「そんなことはあり得ない」と思うかもしれませんが、実際は何が起こるのか分かりません。 生活費の折半は簡単でも、契約者の変更は手間暇がかかります。 契約者は、軽い気持ちで決める傾向がありますが、実際は大変重要です。 デリケートなので話しにくいかもしれませんが、万一のためにも、きちんと話し合っておくことをおすすめします。 契約者を決めるなら「別れたとき、どちらが部屋に住み続けるか」という点で考えることが大切です。 後先のことを考えたとき、部屋に住み続ける人を契約者にしたほうが安心です。 契約者をどちらにするか、きちんと話し合っておく。

12
★0

同棲では表札をどうするか。

同棲では表札をどうするかが問題です。 表札を出すと、住んでいる人の氏名が分かるようになるので、抵抗を感じる人も多いのではないでしょうか。 インターネットが普及して、個人の特定が容易になっている時代です。 「個人情報が心配」「周りに名前を知られたくない」と考える人も多いでしょう。 表札を出さなくても法律上は問題ないため、個人の自由です。 物騒な世の中です。 複雑な社会事情を考慮して、表札を出さない選択をするのも自由です。 ただし、一人暮らしの状況とは違い、同棲となると、少し状況が異なります。 同棲の場合、異なる氏名の男女が1つの部屋に住むことになります。 表札がないと、配送業者の方は、該当の部屋を見つけるのが大変になります。 配送物の到着が遅くなったり、届かなかったりする可能性もあります。 時には大家や隣近所に確認の連絡が入り、迷惑をかけることもあるでしょう。 同棲は、一人暮らしのときとは違い、配送業者への負担が大きくなることが考えられます。 そのため、同棲では、できるだけ表札を掲げておくほうがいいでしょう。 表札に抵抗はあるかもしれませんが、配送業者の配慮を考えるなら、きちんと表札を出しておくほうが便利です。 もし個人情報が不安なら、名字の記載だけでもかまいません。 名字があるだけでも、配送業者は識別が楽になります。 表札に名字の異なる2人の名前があれば、それを見た近隣住民は不思議に思うかもしれませんが、気にしないことです。 むしろマナーの面で考えれば、きちんと表札を出している人のほうが丁寧と言えます。 表札を掲げることは、同棲をスムーズにするマナーの1つです。 事情がないかぎり、できるだけ表札を掲げておく。

13
★0

騒音による近所迷惑には要注意。

引っ越し後の騒音には注意しましょう。 引っ越しが終わって晴れて同棲が始まると、うきうきした気分になるでしょう。 部屋探しと引っ越しを頑張った分だけで、いざ同棲が始まると、嬉しい気持ちでテンションも上がります。 「ついに2人だけの生活が始まった」という気持ちで、いても立ってもいられなくなるでしょう。 気持ちが抑えられず、部屋の中で走ったり飛び跳ねたりすることもあるかもしれません。 しかし、近所に響き渡るような音には要注意です。 部屋の中ではしゃいでいると、いつの間にか音が大きくなっていることがあります。 左右や上下の部屋に生活音が響いて、迷惑がかかります。 そのため、できるだけ生活音を抑える配慮や工夫をしておくほうがいいでしょう。 歩いたとき、音が響きやすい床なら、カーペットを敷くのもよい工夫です。 ある程度の生活音は仕方ありませんが、できるだけ小さく抑える配慮や工夫が大切です。 騒音で注意したい場面は、ほかにもあります。 ●テレビや音楽 テレビを見たり音楽をかけたりするとき、楽しむのはいいですが、大音量は控えます。 特に壁が薄い部屋の場合、小さな音でも響きやすいため、いっそう注意が必要です。 どうしても大音量で楽しみたいなら、イヤホンやヘッドホンを利用するといいでしょう。 ●大きな音が出る家事 大きな音が出る家事は、できるだけ昼間に済ませるのがいいでしょう。 たとえば、掃除や洗濯です。 掃除機をかけると、うるさい音が響きます。 洗濯機を回すと、大きな音は避けられません。 掃除や洗濯をするなら、昼間のうちに済ませ,夕方以降は避けたほうがいいでしょう。 仕事の都合で昼間が難しいなら、休日の昼間にまとめるのも1つの工夫です。 ●自宅でパーティー 自宅でパーティーをする場合も注意が必要です。 パーティーが禁止というわけではありませんが、どんちゃん騒ぎには注意しましょう。 自宅でパーティーをするなら、静かに楽しむようにします。 もし近所から騒音の苦情が出れば、素直に受け止め、注意しましょう。 快適な同棲を送るためにも、騒音には十分注意してください。 騒音で近所迷惑をかけないよう注意する。

14
★0

お揃いの食器は、同棲の成功を導くツールになる。

同棲を始めたら、まずお揃いの食器を買ってみませんか。 すでに普段から使っている食器もあるでしょう。 「必要性を感じない」「節約したい」「すでに食器ならある」といった意見も多いはずです。 たしかにそのとおりですが、せっかく同棲を始めたなら「同棲を始めた記念品」という考え方はいかがでしょうか。 2人で同じ食器を使うのも悪くありません。 もちろん無理に揃える必要はありませんが、記念となるものが1つくらいあってもいいでしょう。 それが、お揃いの食器です。 念願の同棲が始まったことを祝って、記念となるものがあれば、同棲の喜びも嬉しさも倍増します。 お揃いの食器を使っていると、仲良しで親密な雰囲気が出るでしょう。 食器は、毎日触れるものでもあります。 お揃いの食器を使っていると、仲間意識や一体感が得られるでしょう。 2人が結ばれている感覚を、食器を通して実感できます。 同棲では、2人で一緒に食事をすることになります。 たとえば、朝食のとき、2人が同じ食器で食事を楽しみます。 同じ食器で、同じ時間に、同じ朝食を食べる。 共通点の多い時間は、贅沢なひとときです。 きっといつもより話が弾みやすくなるでしょう。 2人の意見が合えば、お揃いの食器を買ってみましょう。 2人でデパートに行き、好みに合った食器を決めるといいでしょう。 お箸・お茶碗・マグカップ・ナイフ・フォークなど、何でもかまいません。 費用はかかりますが「2人の将来への投資」と考えれば安いものです。 お揃いの食器は、同棲の成功を導くツールになるはずです。 お揃いの食器を買って、毎日2人で使う。

15
★0

同棲の食事は、自炊が基本。
自炊こそ、大きな節約効果を生み出す。

同棲の食事は、自炊が基本です。 たしかに自炊は面倒です。 労力と時間がかかるため、忙しい生活を送っている人にとっては、厳しい挑戦かもしれません。 お弁当を買ってきたほうが、手間もなく楽です。 疲れているときは、なかなかやる気もでなくて、重い腰も上がらないでしょう。 しかし、それでも何とか自炊を心がけてみてください。 同棲生活は、節約生活でもあります。 同棲を始めたら節約を心がけますが、自炊をするだけで大きな節約効果を発揮できます。 同棲における生活費の中で大きな割合を占めるのは、家賃に次いで食費が一般的です。 家賃は固定費なので節約のしようがありませんが、食費は変動費なので、努力次第で節約が可能です。 水道光熱費は節約しても効果の程度は小さいですが、食費は努力次第で大きく変わります。 自炊には手間暇がかかりますが、工夫次第で軽くできます。 たとえば、作り置きです。 まとめて調理して冷蔵庫に保存しておけば、手間を最小限にできるでしょう。 食べるときに電子レンジで温めれば、すぐ温かい料理を食べることができます。 買い物の手間暇も、学校や会社の帰り道を利用すれば、意外と少なくて済むはずです。 また週単位でメニューを考えたり、買い物は週1回にしたりするのもよい工夫です。 あらかじめ大きめの冷蔵庫を買っておくと、まとめ買いや作り置きに便利です。 自炊が面倒に感じるなら「気分転換」と考えてはいかがでしょうか。 面倒と思うから、ますます面倒に感じます。 気分転換と考えれば、自炊が癒しやリラックスの時間に変わります。 「できるだけ安い食材で、できるだけおいしい食事を作る」と思えば、ゲーム感覚も楽しめます。 料理の楽しみに気づけば、調理をするのが快感に変わるでしょう。 習慣になれば、ほとんど苦労も感じなくなります。 同棲の食事は、自炊を基本としつつ、たまに外食をする程度がいいでしょう。 同棲中に自炊を頑張れば、お金も貯まりやすくなり、どんどん結婚が近づくのです。 同棲の食事は、自炊を基本とする。

16
★0

同棲中の生理を、彼に伝えるべきかどうか。

同棲中の生理を、彼に伝えるべきかどうか。 同棲中に悩む問題の1つではないでしょうか。 まず明確な答えが決まっているわけではありません。 「毎月あることだから、わざわざ言うほどでもない」と思い、黙ったままの女性もいるでしょう。 「迷惑をかけるかもしれないから念のため」と思い、きちんと伝える女性もいるでしょう。 「聞かれたら答える」という女性もいれば、意地でも隠し通す女性もいるかもしれません。 この点については個人の自由であり、状況に応じて臨機応変に対応することも可能です。 ただし、生理による体調不良がひどいなら、無理に隠さず、正直に伝えることも検討してください。 生理が2人の同棲に影響するなら、やはり伝えておくほうがいいでしょう。 生理の痛みがひどいと、家事や仕事にもダイレクトに影響するでしょう。 情緒不安定になって、いらいらしやすくなったり体力や集中力が低下したりします。 自分はよくても、相手に迷惑をかけてしまうかもしれません。 生理であると分からなければ、彼もサポートのしようがありません。 黙ったりごまかしたりすると「どうして言ってくれなかったの?」と思われ、信頼関係を傷つける場合もあります。 生理だと分かれば、彼も優しくサポートしやすくなります。 「どうせ言っても分かってもらえない」と思うかもしれませんが、黙ったままでは、ずっと分かってもらえません。 彼の理解を促すのも、女性の役目。 性別が違うから理解されないと諦めるのではありません。 性別が違っているからこそ、きちんと伝えておくほうがいい場合もあります。 完全に理解されなくても、少しでも理解を促す努力が大切です。 彼に理解され、優しくされれば、女性にとっても同棲が快適になるはずです。 生理の痛みがひどいなら、無理に隠したりごまかしたりせず、伝える努力をする。

17
★0

同棲とはいえ、最低限の恥じらいは必要。

同棲を始めてから、だんだん薄らいでいくもの。 それは、恥じらいです。 同棲を始めると、だんだん恥じらいが減っていく傾向があります。 「今さら恥じらいを見せても仕方ない」 「自分の本性は早めに見せておいたほうがいい」 「いずれ結婚するのだから、何でもさらけ出しておくほうがいい」 たしかに同棲は、結婚に向けた具体的な段階です。 ゆくゆくは結婚が見えている段階なら、ある程度は自分をさらけ出していくことも大切です。 普段の自分をきちんと見せておくことも必要でしょう。 しかし、完全に恥じらいをなくすのはよくありません。 相手の目の前でメイクをする。 入浴後、裸のまま部屋を歩き回る。 寝るときは、パジャマを着ないで、下着のまま。 どれもありのままの自分かもしれませんが、要注意です。 一人暮らしや実家暮らしのときは大丈夫だったかもしれませんが、同棲となると違います。 恥じらいのない同棲生活を送ると、すべてを見せすぎてしまい、相手を幻滅させるでしょう。 照れも遠慮も迷いもなく、自由奔放な振る舞いをしている姿は、野性的と思わせます。 同棲の緊張感を失うだけでなく、恋愛感情の減退まで促してしまうのです。 同棲とはいえ、最低限の恥じらいは必要です。 少しでもいいので、恥ずかしい気持ちを大切にしながら同棲をしましょう。 メイクをするときは、できるだけ相手に見られないようにする。 お風呂から上がった後は、きちんとパジャマに着替えてから部屋を歩く。 寝るときはきちんとパジャマを着る。 最低限の恥じらいがあってこそ、同棲も長続きします。 同棲中でも、性的な魅力を保つ心がけが必要です。 恥ずかしい気持ちは、品格を保つために必要です。 恥ずかしい気持ちを大事にするからこそ、適度な緊張感と性的な魅力が保たれます。 結果として、同棲生活も引き締まるのです。 同棲を始めても、最低限の恥じらいは持ち続ける。

18
★1

お風呂は、毎日一緒に入らないほうがいい。

同棲中のお風呂はどうしますか。 カップル同士ですから「毎日一緒に入りたい」と考える人が多いのではないでしょうか。 毎日2人でお風呂に入るのは、同棲だからこそ実現できるメリットの1つ。 2人でお風呂に入るのは、仲良しの証しのようにも思えます。 2人で体を洗い合ったり背中を流し合ったりする時間は、癒しと安らぎのひとときにもなるでしょう。 スキンシップの機会も増えて、理想的に思えるかもしれませんが、ここに注意ポイントがあります。 実のところ、毎日2人で風呂に入るのは、あまり好ましくない習慣です。 毎日2人で風呂に入ると、裸に見慣れるのが早くなるからです。 日常的にさらけ出すと、特別感がなくなります。 裸の魅力も半減します。 最初はどきどきしていた裸も、見慣れてしまうと、魅力も興奮も感じなくなるでしょう。 その結果、恋愛感情が冷めるのも早くなってしまうのです。 同棲中であっても、お風呂は、別々に入るのが得策です。 2人でお風呂に入るのは、特別なときに限定するのがいいでしょう。 あるいは、記念日だけにしておくのもよい工夫です。 パートナーから不思議に思われたときは、きちんと理由を説明すれば、納得してくれるはずです。 何でもさらけ出せばいいわけではありません。 同棲では、賢く出し惜しみをしたい。 裸を見せるのは限られた機会にしておくほうが、賢いと言えます。 上手に出し惜しみするのが、恋愛と同棲を長続きさせるコツです。 2人でお風呂に入るのは、特別なときだけにする。

19
★1

自分の下着は自分で洗うのがベスト。

洗濯の役割分担を決めるとき、注意したいことがあります。 一般的な衣類なら、相手に洗ってもらうのもいいですが、例外として1つだけ注意したい洗濯物があります。 下着です。 できるだけ自分の下着は、自分で洗うのがベターです。 下着は、身につける衣類の中で最もデリケートなもの。 特に女性にとって下着は、セクシーのシンボルでもあります。 大事な下着を相手に洗ってもらうと、下着に対する神秘性と価値観が低下して、恋愛感情に悪影響を与えることがあります。 下着の魅力が失われると、性的な感情が湧きにくくなり、大切な場面での魅力が半減するでしょう。 恋愛関係という実感が失われるのも早くなる。 ゆくゆくマンネリや倦怠感を招く原因につながることもあるのです。 同棲中は、結婚前のデリケートな時期です。 あらゆる洗濯物の中でも、下着だけは特別と考えてください。 同棲の成功を考えるなら、少し手間ですが、自分の下着は自分で洗うようにするのがベストです。 自分の下着は自分で洗うようにするようにすれば、下着の神秘性と価値観が保たれ、恋愛感情が長く続きます。 相手が病気で寝込んでいる場合は仕方ありませんが、できるだけ自分の下着は自分で洗うようにします。 相手に下着を洗ってもらうなら、せめて結婚してからがいいでしょう。 できるだけ自分の下着は自分で洗うようにする。

20
★0

住所が変われば、郵便物の転送サービスを利用しよう。

同棲を始めて住所が変われば、郵便物の転送サービスが便利です。 同棲を始めてしばらくは、旧住所に荷物が送られることがあります。 関係各所に住所変更の手続きをしても、情報の反映までに時間がかかり、旧住所に荷物が送られることがあります。 行き違いで荷物が旧住所に送られることもあるでしょう。 中には重要な荷物もあって、不安な人も多いはずです。 いちいち旧住所に荷物を取りに行くのは、交通費も手間暇もかかって大変です。 旧住所に送られる荷物が気がかりの人も多いのではないでしょうか。 そんなときに利用したいのが「郵便物の転送サービス」です。 これは旧住所に送られた郵送物を、新住所に転送するサービスです。 手続きは簡単です。 近所の郵便局の窓口に行き、本人確認書類の提示と転居届を提出するだけで、手続きは完了です。 サービスの利用料金は無料であり、維持費もかかりません。 有効期間は、原則1年間。 ただし、更新手続きを行えば、1年後も移転先へ転送してくれます。 転送サービスの申し込みは、インターネットからも可能です。 忙しくて郵便局に行けない場合は、インターネットからの申し込みを利用するといいでしょう。 もちろん転居届に記載された情報が、行政機関・企業などの第三者に提供されることはありません。 維持費もかからず、手続きも簡単です。 便利なサービスであるにもかかわらず、意外と知らない人も多くみられます。 デメリットはないサービスなので、事情がないかぎり、基本的に利用するのがいいでしょう。 必要性を感じない人でも、費用はかからないサービスなので、念のため利用しておくほうが安心です。 引っ越しのことで頭がいっぱいですが、忘れずに手続きを行いましょう。 住民票の変更手続きと一緒に手続きを行えば、漏れがなく、スムーズです。 しなければいけない仕事の1つとして、あらかじめリストアップしておくことをおすすめします。 同棲で引っ越しをしたら、郵便物の転送サービスを利用する。

21
★0

占いや風水を家に取り入れるなら、限度に注意する。

同棲を始めたとき、占いや風水を頼りにする人もいるでしょう。 占い師にラッキーカラーやラッキーアイテムを占ってもらい、備品を買うときの参考にする。 家具や家電の配置は、風水を参考にして決める。 たしかに適度の範囲なら、占いや風水も悪くありません。 占いは、非科学的ではあるものの、気持ちに影響を与える効果はあるでしょう。 あくまで2人が信じるなら、自信ややる気を高める効果もあるはずです。 風水は、一部に科学的根拠も認められているため、まったく役立たないとも言い切れません。 たとえば、風水では「南向きのリビングは、縁起のよい間取り」とされています。 リビングが南を向いていると、自然に太陽光を取り入れることができ、日当たりがよくなります。 適度に活用するぶんには、運気アップにつながるでしょう。 しかし、占いや風水を家に取り入れるなら、限度に注意してください。 占いも風水も、迷信の領域を抜けていないのが現実です。 科学的根拠が十分立証されていないため、疑わしい内容も数多く存在します。 すべてを占いや風水に頼りすぎると、部屋に統一感がなくなったり、余計な備品が増えたりする可能性があります。 浪費や無駄遣いを増やして、節約の妨げにもなるでしょう。 貯金も部屋のスペースも限りがあります。 占いも風水に依存すると、かえって快適な同棲を妨げることになるのです。 占いや風水を取り入れるなら、あくまで参考程度・適度の範囲にとどめることが大切です。 もし気になりだすと止まらない性格なら、最初から参考にしないのも1つの選択肢です。 部屋の快適さを決めるのは、あくまで2人です。 家具の配置も必要なものも、2人が現実的に考えて決めること。 占いや風水より、2人の感覚と思考のほうが、はるかに重要です。 占いや風水を取り入れるなら、限度に注意する。

22
★0

同棲の住民票は、2人とも世帯主になるのが一般的。

同棲で住民票を異動する場合、世帯主はどう設定すればいいのでしょうか。 主に3つの選択肢があります。 (1)2人とも世帯主になる(世帯を別々にする場合) (2)世帯主と同居人の関係で、同一世帯にする(世帯を一緒にする場合) (3)住民票を移動せず、古い住所のままにする この中で最も定番なのは「2人とも世帯主になる」という選択肢です。 同棲で住民票を異動するなら、事情がないかぎり、2人とも世帯主になっておくのが無難でしょう。 同じ住所で2人とも世帯主になれるのかと思いますが、もちろん可能です。 違法でもないので安心してください。 同じ住所で家族以外の人が一緒に暮らすことは、日常でよくあること。 たとえば、同棲のほか、ルームシェアやハウスシェアの際にもよく使われる方法です。 たとえ賃貸物件の契約者でなくても、世帯主になれます。 賃貸物件の契約に住民票は関係しないため、問われることもないはずです。 ただし、一人暮らし用の部屋に2人が住むのは、賃貸契約違反になるため注意してください。 世帯主と同居人という関係で同一世帯にすることも法的に可能ですが、同棲はまだ不安定な段階です。 後から世帯を分けることになったとき、住民票の欄に同居人の名前が残る場合があるため、注意が必要です。 万一を考えるなら、2人とも世帯主にしておくのが好都合でしょう。 親・大家・管理会社から住民票について質問されたときは、正直に答えましょう。 嘘をついても、後からこじれる原因になります。 2人とも世帯主になっているからといって「結婚する気がない」と誤解されることもありません。 誤解されたとしても、きちんと事情を説明すれば、納得してもらえるはずです。 堂々としておくほうが、安心して同棲ができます。 同棲で住民票を異動するなら、事情がないかぎり、2人とも世帯主になっておく。

23
★0

住民票を世帯別に登録していても、会社に同棲がばれるケースもある。

住民票は「世帯単位」で管理されています。 会社に同棲を秘密にしておきたいなら、2人の住民票は別々に登録するほうがいいでしょう。 まれに会社から住民票の提出を求めることがあります。 あなたと恋人が別々の世帯なら、住民票に相手の名前が記載されることはありません。 住民票を見るだけでは、同棲していることは分からないため、会社にばれることはないでしょう。 ところが、この方法を使ったとしても、会社に同棲がばれる意外なケースがあります。 それは、社内恋愛です。 職場に迷惑がかかってはいけないため、正式に結婚が決まるまでは、内密に交際を進めるケースがあるでしょう。 住民票の登録は別々でも、会社は従業員の住所を把握しています。 事務処理の際、結婚もしていない2人が同一の住所なら、不自然に思われるでしょう。 このとき、社内恋愛や同棲がばれてしまう可能性があるのです。 社内恋愛で同棲するなら、1つの可能性として把握しておくといいでしょう。 無申告で後からばれた場合、トラブルに発展する可能性があります。 たとえば、会社から交通費や住宅手当などが支給されている場合、金額が変わることがあるため、注意が必要です。 ばれないか不安におびえながら同棲するくらいなら、最初から会社に事実を伝えておくほうがスムーズかもしれません。 社内恋愛で同棲する場合、住民票を世帯別で登録しても、ばれる可能性を把握しておく。

24
★0

同棲で引っ越したら、会社に報告する義務があるのか。

同棲を始める際、引っ越しを伴うことがあります。 どちらかの部屋に引っ越すこともあれば、2人で新しい部屋を見つけて引っ越すこともあるでしょう。 事情でもないかぎり、会社が正確な住所を確認してくることはないでしょう。 報告が面倒だから、何も言わないで済ませようと考える人もいるかもしれません。 同棲で引っ越したら、会社に報告する必要はあるのでしょうか。 結論から言うと、報告が必要です。 会社には、従業員の管理を行う義務があります。 重要書類を送付する際は、正しい住所が必要です。 会社が登録している緊急連絡先も、変更が必要になるでしょう。 交通費を支給されている場合、引っ越しで住所が変わると、再計算をしなければいけません。 また住民税の支払いも、給与から天引きをして会社が納付していますが、従業員の住所によって変わる場合があります。 安易な気持ちで報告を省くと、後からトラブルに発展する可能性があります。 口頭の注意だけで済むとは限らず、減給や降格に至ることもあります。 最悪の場合、解雇される可能性もゼロではありません。 会社に知られたくない事情があっても、従業員なら会社の規則に従うのが第一です。 そのため、同棲で引っ越したら、きちんと会社に報告するようにしましょう。 もしほかの社員に同僚や引っ越しの事情を知られたくないなら、上司と相談して、配慮をお願いするといいでしょう。 信頼できる上司なら、きちんと事情をくみ取ってくれるはずです。 同棲で引っ越したら、きちんと会社に報告する。

25
★0

同棲していることを、会社の上司や同僚に報告すべきか。

まず同棲を始めて住所が変わった場合、会社への報告が必要です。 会社から従業員に書類を郵送する場合、正しい住所が必要です。 住所が変わることで、交通費・住宅手当・住民税が変わる場合もあります。 住所を変更すれば、同棲であれ何であれ、遅滞なく会社に報告が必要です。 では、会社の上司や同僚に同棲の報告は必要でしょうか。 これは、ケース・バイ・ケースです。 正解はなく、状況によってふさわしい対応が異なります。 まずプライベートなことですから、上司や同僚に報告しなければいけない義務はありません。 会社への報告は必要ですが、職場の人には、隠すのも打ち明けるのも自由です。 結婚するまで秘密を隠し続けるのも、気を遣うでしょう。 「いつかばれるのではないか」と不安を抱えながら仕事をするのは、精神を消耗します。 隠し通すのが苦で、仕事がしにくい人もいるでしょう。 オープンを好むなら、正直に打ち明けてもかまいません。 一方、社内に噂や悪口を好む人たちがいるなら、慎重になったほうがいいでしょう。 安易に打ち明けると、陰で噂のネタにされたり、同棲の邪魔をされたりすることも考えられます。 自分にとって不都合になりそうなら、同棲を秘密にしておくのも悪くありません。 場合によっては、特定の人だけ打ち明けるのも1つの選択肢です。 たとえば、信頼できる同僚や上司です。 社内に自分を理解してくれる人が1人でもいれば、心理的にも楽になるでしょう。 正直に伝えるのもよし。 秘密にしておくのもよし。 特定の人だけ打ち明けるのもよし。 自分にとって都合のよい選択をすることが可能です。 会社の人に打ち明けるかは、状況を見ながら判断する。

26
★0

会社に引っ越しの連絡をしないなら、両家の親に事情を話しておくのは必須。

同棲で引っ越したら、会社に報告が必要です。 会社は、従業員の管理をする義務があります。 同棲で住所が変わると、交通費・住宅手当・住民税も変更が伴う場合があります。 何らかの書類を住所に郵送するにも、正しい住所を会社に伝えておく必要があります。 もし事情があって、会社に住所変更の連絡をしない場合は、両家に報告しておくのがマナーです。 何らかの都合で、会社から実家に連絡が行く場合があるためです。 会社から実家に急な連絡があれば、親に迷惑をかけることになるでしょう。 会社と親との間で会話の際、話が思わぬ方向に進む可能性があります。 「実家の親にばれてから話せばいいか」という考えはよくありません。 会社に引っ越しの連絡をしないなら、信用問題に関わることなので、親に事情を話して理解を得ておきましょう。 自分の親だけでなく、必ず両家の親に事情を話しておくのが安心です。 会社に住所変更の連絡をしないなら、両家の親に事情を話して、理解を得ておく。

27
★0

同棲で引っ越したとき、住民票を異動させる必要があるのか。

同棲で引っ越したとき、住民票を異動させる必要があるのでしょうか。 まず法律上の解釈から確認します。 法律上は「住み始めた日から14日以内に転入届の提出が必要」とされています。 手続きは、役所の窓口で行う方法のほか、郵送で行うことも可能です。 違反した場合、懲役や罰金刑などの罰則が設けられています。 そのため引っ越しで住所が変更すれば、できるだけ早めに新しい住所を管轄している役所で手続きが必要です。 ただし、以下の状況に該当する場合、過去の判例から、住民票を異動させなくても合法の範囲とされています。 (1)生活拠点が移動しない場合 (2)新住所に住む期間が1年未満と分かっている場合 たとえば、学生が学校近くの寮に住んで通学する場合、生活拠点が移動しないため、住民票の異動は不要です。 また転勤期間が1年未満と分かっている場合も、例外に該当するため、住民票の異動は必要ありません。 同棲の住民票の異動についても、上記の状況を踏まえて考えると、判断がスムーズです。 あらかじめ同棲期間が1年未満と決まっているなら、住民票の異動は不要でしょう。 たとえ同棲期間が1年以上になる可能性があっても、生活拠点が移動しないなら、住民票の異動は必要ありません。 住民票の異動の必要性は、自分たちの状況に応じて判断してください。 実際のところ、同棲で引っ越しても、住民票を実家のままにしているケースは珍しくありません。 もちろん例外に関係なく、法律に従って普通に住民票を異動させてもかまいません。 住民票は、住む場所に置くのが原則です。 住民票を異動させることで、区や市が提供している健診や施設などのサービスを利用できるようになるメリットもあります。 しばらく同棲の様子を見てから判断するのもいいですが、先送りをしすぎないよう注意が必要です。 法律に従うのは当然ですが、メリットとデメリットを比較した上で、総合的に判断するといいでしょう。 同棲の状況に応じて、住民票の異動の必要性を判断する。

28
★0

同棲で、同一世帯にすることは可能なのか。

同棲で、同一世帯にすることは可能なのでしょうか。 結論から言うと、もちろん可能です。 婚姻関係でなくても、世帯を同一にすることは可能です。 法律上は「住み始めた日から14日以内に転入届の提出が必要」とされています。 この転入届の手続きの際「○○さんと同じ世帯に転入する」という内容で届け出れば、同一世帯にできます。 単なる同居なのか事実婚なのか見分けられないように思えますが、きちんと区別する方法があります。 手続きの際「同居人」と「未届の夫(未届の妻)」で区別して記載ができます。 この記載によって、同居なのか事実婚なのか、書面上で区別ができます。 この方法なら、破局や同棲解消をすることがあっても、戸籍に傷は付きません。 ただし、注意点もあります。 もし別れた場合、一本線による訂正がされて、住民票に記録が残ります。 引っ越し先が住民票を管轄している地域内であるかぎり、記録が残り続けてしまうため注意が必要です。 住民票から同居人がいた痕跡を消したいなら、住民票を管轄している地域の外に引っ越せば、可能です。 同一世帯にするときの注意点を把握する。

29
★0

住民票を移さないときの6つのデメリット。

基本的に引っ越しをして住所が変われば、住民票の異動が必要です。 法律上は「住み始めた日から14日以内に転入届の提出が必要」とされています。 ただし、以下の状況に該当する場合、過去の判例から、住民票を異動させなくても合法の範囲とされています。 (1)生活拠点が移動しない場合 (2)新住所に住む期間が1年未満と分かっている場合 上記の場合に該当するなら、住民票を移さない選択肢もあるでしょう。 移さないほうが得ではないかと思うかもしれませんが、油断は禁物です。 便利なことばかりではなく、不便もあります。 もし住民票を移さないなら、次の6のデメリットがあることに注意してください。 (デメリット1)郵便物を取りに行く手間暇が増える 役所から発行される書類は、住民票の住所に郵送されるのが一般的です。 たとえば、住民票の住所を実家にしている場合、郵便物を取りに行く手間暇が増えるでしょう。 実家から郵送してもらうなら、紛失のリスクが高くなったり、到着までに時間がかかったりします。 (デメリット2)新住所の市区町村の各種行政サービスを受けられない場合がある 新住所の市区町村が提供している図書館や体育館などの公共施設が利用できない、もしくは有料になる場合があります。 また、健診・育児・介護に関する福祉サービスが受けられない場合もあります。 (デメリット3)新住所の地域の選挙権・被選挙権が行使できない 選挙権・被選挙権は、住民票に登録されている住所に基づいています。 投票用紙は、住民票のある旧住所に届きます。 また選挙権・被選挙権の発生には、転入届の日から3カ月以上の在住が必要です。 住所を移動させても、4カ月間は、変更前の住所で選挙権・被選挙権があります。 (デメリット4)運転免許証の更新が、旧住所地でないとできない 更新の案内ハガキは、旧住所に届きます。 運転免許の更新は、旧住所地の更新場所で行います。 ただし、ゴールド免許の場合は、ほかの都道府県でも手続きが可能です。 (デメリット5)確定申告は、旧住所の管轄の税務署になる 確定申告は、旧住所の管轄の税務署に対して行います。 医療費還付や副業などで確定申告が必要になる人は、注意が必要です。 ただし、確定申告は、郵送やインターネットによる受付も行っています。 (デメリット6)公的書類の発行は、旧住所地でないとできない 公的書類の発行は、旧住所地でないとできないのが基本です。 たとえば、住民票・印鑑証明書・所得証明書などの各種証明書類の発行は、旧住所の役所で行います。 住民票を移さないデメリットを確認しておく。

30
★0

一生隠し通せることなら、黙っておくのもいい。
いずればれることなら、早めに言っておくほうがいい。

同棲では、正直に言うべきか、迷う場面があります。 もちろん完全にプライベートなことなら、黙っておくのもいいでしょう。 たとえば、美容整形です。 好奇心や向上心で、美容整形の経験を持つ人もいるでしょう。 現在ではメスを使わない安価な美容整形が登場したこともあり、以前より広く普及しました。 気軽に試しやすくなりましたが、世間ではまだまだ偏見も多く存在します。 「正直に打ち明けにくい」と思う人も多いのではないでしょうか。 秘密にしても、相手に不利益を与えるわけでもなければ、迷惑をかけるわけではありません。 大きな借金があるわけでもなく、重大な病気にかかっているわけでもない。 最終的には本人の気持ち次第ですが、一生隠し通せることなら、黙っておくのも1つの選択肢です。 しかし、いずればれることなら、早めに言っておくほうがいいでしょう。 プライベートなことであっても、話しておくほうがいいこともあります。 たとえば「離婚歴がある」「家系に重病者がいる」「親族に暴力団関係者がいる」といった内容です。 これらは、一生隠し通したくても限界があります。 結婚すれば、夫婦関係にも影響する内容です。 結婚してから急に打ち明けると、思わぬトラブルに発展することがあります。 いつばれるのか不安の日々を送るのも、神経を消耗するでしょう。 ゆくゆく夫婦関係にも関係することなら、同棲中の段階で、早めに言っておくのが得策です。 振られることを恐れて打ち明けにくいかもしれませんが、本当に愛されているなら大丈夫です。 相手が愛情深くて心の広い人なら、きっと理解してもらえるはずです。 いずればれることなら、早めに言っておく。

同じカテゴリーの作品