人生の教科書



同棲
ルールや役割分担を決めるときは、楽しむ気持ちになろう。
同棲
家事や節約を、頑張りすぎないこと。
同棲
半同棲の生活費を折半するときの基本的な考え方。
同棲
機嫌が悪いタイミングは避ける。
機嫌がいいタイミングを狙う。
同棲
無断で友達を自宅に招かない。
同棲
風邪を引いたとき、どうするか。
同棲

半同棲で心がける
30のマナーと注意点

お気に入り0 読んだ
18

私物の持ち込みが限度を超えると、
トラブルに発展するのは時間の問題。

私物の持ち込みが限度を超えると、トラブルに発展するのは時間の問題。 | 半同棲で心がける30のマナーと注意点

半同棲では、私物の持ち込みに注意しましょう。

もちろん生活に必要な範囲で私物を持ち込むのはいいのです。

半同棲をしようにも、私物を持ち込まないと実現できません。

衣類・家具・家電といった生活必需品を持ち込むのは自然なこと。

使用頻度が低くても、生活に欠かせないものなら持ち込む必要があるでしょう。

 

しかし、私物を持ち込むのはいいですが、限度には注意してください。

持ち込む範囲を念のため必要なものまで広げて考え始めると、持ち込む量が膨大になります。

「念のため、あれも持ち込もう」「万一のため、これも持ち込もう」と思うと、際限がありません。

私物の持ち込みが多くなればなるほど、相手の生活領域をどんどん占めてしまいます。

自分の部屋であるかのような使い方をすると、相手は眉をひそめるでしょう。

私物の持ち込みが限度を超えると、トラブルに発展するのは時間の問題です。

部屋を乗っ取られたかのような印象を受けるに違いありません。

私物の持ち込みは、限度を超えないよう心がけましょう。

使用頻度が低くても、重要なら持ち込む必要もありますが、さほど重要でないなら、考え直すことも必要です。

相手から借りて済ませられるなら、持ち込むものを1つ減らせます。

なくても何とか生活していけるなら、持ち込むのを控えます。

住まわせてもらっている立場なら、部屋の契約者に迷惑がかからない配慮が必要です。

何でも持ち込もうとするのではなく、限度を超えない程度を見極めておきましょう。

まとめ

半同棲で心がけるマナーと注意点 その18
  • 私物の持ち込みが、
    限度を超えないようにする。
気遣いと思いやりのある半同棲は、未来が明るい。

もくじ
(半同棲で心がける30のマナーと注意点)

同じカテゴリーの作品