人生の教科書



生き方

人生まるごと青春時代に変える
30の方法

お気に入り17 読んだ
8

勝ち負けにこだわるより、
楽しんでいる人のほうが、
輝いている。

勝ち負けにこだわるより、楽しんでいる人のほうが、輝いている。 | 人生まるごと青春時代に変える30の方法

私の祖母(母方の母)は、いまだに若いです。

すでに80歳を超えているにもかかわらず、ダンスや川柳をして、毎日楽しんでいます。

私が電話をしても、ほとんど家にいません。

そのくらい外で何か習い事をしたり、人と会ったりしているということです。

私の祖母は、ダンスや川柳を楽しいからやっているといいます。

年を取っても若々しくしていられるのは、毎日に楽しいことがあるからなんだなと思いました。

勝ち負けにこだわらず、ただ純粋に楽しんでいるわけです。

スポーツや勉強、仕事もそうですが、普通はつい勝ち負けを意識してやってしまいがちです。

勝ち負けがあるから、やる気が出るということもあるでしょう。

勝てば相手の不幸を喜び、負ければ自分の不幸に悲しむという、感情の波が激しくなってしまうことは言うまでもありません。

勝ち負けを目標とするより、楽しむことを目標としていけばいいのです。

イチロー選手は、アメリカ大リーグで、年間安打262本を達成して、事実上世界一になりました。

日本からは国民栄誉賞を授与するという申し出を断りました。

イチロー選手は「モチベーションを大切にしたいから」と言って、断りました。

まさに、イチロー選手の場合こそ、勝ち負けにこだわっているのではなく、野球を楽しんでいる姿です。

楽しむことを大切にしているからこそ、モチベーションややる気を出せ、素晴らしい成績を残すことができたのです。

素晴らしい生き方とは、勝ち負けにこだわる生き方のことではありません。

そのときそのときを、楽しむ生き方のことなのです。

まとめ

人生まるごと青春時代に変える方法 その8
  • 勝ち負けより、
    楽しむことに、
    こだわる。
「面倒」と言う人は、オヤジくさい人。

もくじ
(人生まるごと青春時代に変える30の方法)

同じカテゴリーの作品