人生の教科書



生き方

人生まるごと青春時代に変える
30の方法

お気に入り12 読んだ
10

上を向いて、
歩こう。

上を向いて、歩こう。 | 人生まるごと青春時代に変える30の方法

坂本九の名曲に『上を向いて歩こう(作曲:中村八大/作詞:永六輔)』という歌があります。

海外でも「SUKIYAKI」と名前を変えて発売され、日本初の世界的ミリオンセラーとなりました。

ここまで世界的にヒットしたということは、もちろん理由があります。

この「上を向いて歩く」という考え方は、すべての人に共通した明るい考え方だからです。

すべての人に共通しているからには、世界中で愛されるのも分かります。

上を向いて歩いているとき、その人は青春時代を送っていることになります。

ただ上を向いてさえいれば、気持ちが上向きであることを意味します。

気持ちが上向きになっているとき、人は元気になります。

気持ちが上向いている人は、一生老けることはありません。

いつも上を向いているから、いつも明るい状態でいられます。

落ち込んでいるときは、つい下を見てしまいがちになります。

でも、本当は落ち込んだときこそ、上を向いて歩かなければならないのです。

落ち込んだ気持ちを少しでも上向かせるように、顔を上に向けましょう。

気持ちまでだんだん上向きになります。

上を向いて歩いているから、心が上向きになります。

名曲『上を向いて歩こう』は、そんな明るい人生を歌った曲なのです。

まとめ

人生まるごと青春時代に変える方法 その10
  • 上を向いて歩く。
最近、何も失敗がない人は、何もやっていない人。

もくじ
(人生まるごと青春時代に変える30の方法)

同じカテゴリーの作品